基礎・境界ソサイエティ

 
一般セッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

A-1. 回路とシステム

3月23日 9:30〜12:00 共通講義棟南 403 座長 新津葵一(名大)

A-1-1 生体計測システムに用いる基準信号回路の検討
  ○古賀圭祐・深井澄夫・野口卓朗・吉田煕長(佐賀大)
A-1-2 ピーク電流モード制御を適用した双方向DC-DCコンバータ
  宮本昌和・滝口麗王・◎種林洋佑・今岡 淳・庄山正仁(九大)
A-1-3 LSIテストに向けた電源インピーダンス模擬
  ◎寺尾直樹・名倉 徹(東大)・石田雅裕(アドバンテスト)・池野理門(東大)・日下 崇(アドバンテスト)・飯塚哲也・浅田邦博(東大)
A-1-4 モータコントローラの放射線耐性試験
  ○旗持卓美・渡邊 実(静岡大)

休 憩(10:45 再開)  座長 高橋俊彦(新潟大)

A-1-5 力学モデルを用いた特定のノードを中心に据えるグラフ描画手法
  ○竹之内洋樹・塩田茂雄(千葉大)
A-1-6 A Note on the Largest Common Subgraph Problem
  ○Hiroki Katsumata・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)
A-1-7 A Note on the Subgraph Isomorphism Problem
  ◎Kotaro Mure・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)
A-1-8 重矩形分割の探索のための一考察
  ◎横田真樹・藤吉邦洋(東京農工大)
A-1-9 L型領域でのPDA設計問題における解の存在条件
  ○鶴岡秀樹・藤吉邦洋(東京農工大)

3月23日 13:00〜17:00 共通講義棟南 403 座長 山口 基(ルネサスシステムデザイン)

A-1-10 R-2Rラダーを用いた積分型逐次比較A/D変換器
  ◎青木勇樹・井岡惠理・稲垣雄志・松谷康之(青学大)
A-1-11 容量センサ用A/D変換回路の一検討
  ◎米川 陸・井岡惠理・稲垣雄志・松谷康之(青学大)
A-1-12 ΔΣ変調を適応したTDCの検討
  ◎神戸友毅・稲垣雄志・井岡惠理・松谷康之(青学大)
A-1-13 フェーズインクリメンタルADCの低電圧化の検討
  ◎三浦智也・井岡惠理・稲垣雄志・松谷康之(青学大)
A-1-14 H∞制御理論によるバンドパス型デルタシグマ変調器の設計手法
  ○喜田健司・上野大二郎(東洋大)・石川博康(日大)・鮫島俊哉(九大)・篠永英之(東洋大)

休 憩(14:30 再開)  座長 松谷康之(青学大)

A-1-15 キャパシタDACのリセット回数削減による電力効率改善
  ○床並宏次郎・小平 薫・石黒仁揮(慶大)
A-1-16 サブレンジTI-ADCにおける各チャネル間スキューとENOBの比較
  ○石嶋優貴・小平 薫・石黒仁揮(慶大)
A-1-17 牛の生体データ解析,および分娩時期推定アルゴリズム
  ◎永井駿也(徳島大)・久保田爽雅・大屋英稔(東京都市大)・吉岡耕治(農研機構)
A-1-18 災害時用インターネット通信の電源供給に関する研究
  伊與田大暉・○須田 潤(中京大)・湯瀬裕昭(静岡県立大)
A-1-19 スペクトルの特徴量に基づいた心電図波形識別アルゴリズム
  ○岡井貴之・大屋英稔(東京都市大)・荻野義大・中野和司(電通大)・星 義克(東京都市大)

休 憩(16:00 再開)  座長 佐藤弘樹(ソニーLSIデザイン)

A-1-20 不確かさを含む大規模複合システムに対する分散可変ゲインロバストコントローラの構成法
  ◎畑本浩孝・大屋英稔・星 義克(東京都市大)
A-1-21 ラベリング信号伝送システムにおける受信回路高速化の検討
  ◎香田夏幸・古市康祐・植村宙夢・荒内航貴・野村幸平・岸根桂路(滋賀県立大)
A-1-22 FPGAによるフレーム信号変調システムの検討
  ◎野村幸平・植村宙夢・古市康祐・岸根桂路(滋賀県立大)
A-1-23 25-Gb/sCDRの低消費電力化を目指したD-FFの比較検討
  ◎野口凌輔・岸根桂路・古市康祐・植村宙夢(滋賀県立大)・桂井宏明・中野慎介・野坂秀之・野河正史(NTT)

3月24日 13:00〜16:30 共通講義棟南 403 座長 関根敏和(岐阜大)

A-1-24 結合非線形MEMS共振器による電界強度測定に関する一検討
  ◎李 文尭・引原隆士(京大)
A-1-25 イジングモデルのソフトウェア実装による最大カット問題の求解性能評価
  岡本浩尚・業天英範・○廣本正之・佐藤高史(京大)
A-1-26 イジングモデルのFPGA実装とそれを用いたスピン更新方法の検討
  ◎業天英範・廣本正之・佐藤高史(京大)
A-1-27 ハイブリッド近似法によるtanh活性化関数回路を有するDeep Belief Networkの効率的なハードウェア実装
  ○武藤陽子・徐 祖楽・河原尊之(東京理科大)

休 憩(14:15 再開)  座長 高橋康宏(岐阜大)

A-1-28 CMOS可逆論理回路の低消費エネルギー化の研究
  ◎安井雄紀・吉川信行(横浜国大)
A-1-29 MOSFETを用いたVCO高速化設計技術の検討
  ○高橋泰志・各務智裕・竹内裕基・長谷川拓也・森下拓海・山内恒征・石井 清(中部大)
A-1-30 入力信号の漏洩低減に向けたトラックホールド回路に関する一検討
  ○三浦直樹・竹谷 勉・福山裕之・桂井宏明・野河正史・野坂秀之(NTT)
A-1-31 マルチ位相検出器を用いたPLL高速安定化手法
  ◎矢代真之・熱海 健・石堂勝利(富士通)

休 憩(15:30 再開)  座長 越田俊介(東北大)

A-1-32 ステップ応答を基にする入力または出力応答の直接推定
  ◎松下優斗・関根敏和・高橋康宏(岐阜大)
A-1-33 微小信号のキャンセラに適した自己相関演算に関する検討
  ○浜野充晴(富士通)
A-1-34 Passivity and Dissipativity Considerations for Controlling Dispersed Converter Systems
  ◎Rutvika Nandan Manohar・Takashi Hikihara(Kyoto Univ.)
A-1-35 高周波電力パケットによるモータ駆動のための回路構成
  ◎持山志宇・高橋 亮・引原隆士(京大)
A-2. 情報理論

3月22日 13:00〜15:15 共通講義棟北 N401 座長 和田山 正(名工大)

A-2-1 GF(p)上第2種Chebyshev多項式の次数周期
  ◎広田明夢・吉岡大三郎(崇城大)
A-2-2 差分進化法を用いた Zigzag Decodable 噴水符号の次数分布の最適化
  ◎立田維吹・野崎隆之(山口大)
A-2-3 非対称多重アクセス通信路のための(3q, q, 2q)2元符号の構成
  ○鈴木健太郎・路 姍・鎌部 浩(岐阜大)
A-2-4 クラスタリングを用いたセンサネットワークの情報収集における誤り率特性
  ◎周 龍飛・岡 育生・阿多信吾(阪市大)

休 憩(14:15 再開)  座長 八木秀樹(電通大)

A-2-5 LDPC符号を用いたRB-HARQ方式における計算量削減
  ◎川上大輔・新家稔央・斉藤友彦(東京都市大)
A-2-6 2値化自己符号化器を用いた非可逆圧縮手法の提案
  ◎今西真之・和田山 正(名工大)
A-2-7 分割制約条件付きLasso回帰によるスパース重ね合わせ符号の性能評価
  ◎寺田哲彦・和田山 正(名工大)
A-2-8 最大クリーク探索に基づく誤り訂正能力を持つ容量性クロストーク制約符号の構成法
  ◎平田和哉・和田山 正(名工大)

3月23日 10:30〜11:45 共通講義棟北 N401 座長 野崎隆之(山口大)

A-2-9 On Block Codes Constructed by Tail Biting Unit Memory Trellis Codes
  ○Shigeichi Hirasawa(Waseda Univ.)・Hideki Yagi(The Univ. of Electro-Communications)・Manabu Kobayashi(Shonan Inst. of Tech.)・Masao Kasahara(Waseda Univ.)
A-2-10 逐次除去リスト復号と連接したCRCによる復号特性への影響
  ◎村田拓海・落合秀樹(横浜国大)
A-2-11 BCH 符号に基づく格子符号の構成法に関する検討
  ◎松峯利樹・落合秀樹(横浜国大)・Brian M. Kurkoski(北陸先端大)
A-2-12 Construction Aに基づく非二元Repeat-Accumulate符号を用いた格子の構成に関する一検討
  ○原 郁紀・石橋功至(電通大)
A-2-13 LDPC符号のBit-fliping復号法による特性検証
  ◎△酒井龍馬・山口和彦(電通大)
A-3. 信頼性

3月23日 9:15〜10:15 共通講義棟南 503 座長 弓削哲史(防衛大)

A-3-1 センサ情報の収集を特徴とする保守作業向けガイダンスシステムの評価
  ◎峯 慎吾・阿倍博信・前田慎司・若土剛之・小泉賢一(三菱電機)
A-3-2 通信設備に用いられる鋼材の土壌中での腐食速度評価
  ○大木翔太・峯田真悟・水沼 守・東 康弘・加々見 修(NTT)
A-3-3 繰り返し2乗法を用いたシステム信頼度算出方法
  ◎中村太信・山本久志(首都大東京)・新里 隆(一橋大)・肖 霄(首都大東京)
A-3-4 摩耗故障を考慮した安全関連系の安全性評価
  ○柳 繁・弓削哲史(防衛大)
A-4. 超音波

3月22日 13:00〜17:00 共通講義棟南 503 座長 遠藤信行(神奈川大)

A-4-1 コンクリート内の超音波画像測定に関する検討
  ○原 六蔵・木村友則・西岡泰弘・宮下裕章(三菱電機)
A-4-2 送信波および測定系の影響を考慮した位相干渉に基づく測距法を利用した超音波画像装置における伝播時間推定
  ○篠原寿広・中迫 昇・上保徹志(近畿大)・中山雅人(立命館大)
A-4-3 共振器の縦属接続としてモデル化される超音波伝送の検討
  ○橘 馨太・田川憲男(首都大東京)
A-4-4 超音波照射によって海綿骨で発生する圧電信号の観測
  ○細川 篤(明石高専)
A-4-5 アルギン酸ナトリウムを用いた超音波人体擬似ファントムのゲル化構造の解析
  ◎杉山友大・青柳 稔(日本工大)

休 憩(14:30 再開)  座長 伊藤洋一(日大)

A-4-6 バンパ裏面取り付け超音波センサにおけるサイドローブ抑圧の実験検証
  ○井幡光詞・原 六蔵・木村友則・西岡泰弘・宮下裕章・井上 悟(三菱電機)
A-4-7 FDTD法を用いた静電型アクチュエータ内の音場と放射解析
  ◎△猪飼亮介・柴又賢史・黒澤 実(東工大)
A-4-8 振動発電用圧電バイモルフ振動子の発電解析
  ◎古賀丈裕・黒澤 実(東工大)
A-4-9 単結晶PZT/PTエピタキシャル薄膜を用いた周波数切り替え可能な共振子
  ○森 剛志・高柳真司(名工大)・清水貴博・柳谷隆彦(早大)
A-4-10 琵琶湖北湖の音速(2015年3月)
  ○北村暁晴・土屋隆生(同志社大)・坂本眞一(滋賀県立大)・小山大介・松川真美・渡辺好章(同志社大)

休 憩(16:00 再開)  座長 畑中信一(電通大)

A-4-11 位相反転素子構成の超音波スピーカーによる放射方位制御
  笹川陽祐・藤井俊一・○土屋健伸・遠藤信行(神奈川大)・松本さゆり・片倉景義(港湾空港技研)
A-4-12 高強度空中超音波の音圧計測
  ○伊藤洋一(日大)
A-4-13 横波型弾性表面波センサを用いたオイル中の異物計測
  小林沙耶・○近藤 淳(静岡大)
A-4-14 グラスハープの振動解析
  ○小塚晃透(愛知工業大)・畑中信一(電通大)
A-5. 応用音響

3月23日 10:30〜11:45 共通講義棟北 N502 座長 武藤憲司(芝浦工大)

A-5-1 逆フィルタ型音場再現システムにおけるプリエコー/アフターエコーの抑圧に関する検討
  ◎牧野雅弘・立蔵洋介(静岡大)
A-5-2 逆フィルタ型個別音像生成の音像定位表現における頭部運動の影響
  ◎蜂須賀大登・立蔵洋介(静岡大)
A-5-3 MIDI楽器を用いた演奏曲の拍に着目したリズム評価法に関する研究
  ◎川崎大輔・臼杵 潤(神奈川工科大)
A-5-4 移動音源を用いたバイノーラルとステレオ聴取の比較
  ◎甲斐幹康・武藤憲司・細野 優(芝浦工大)
A-5-5 ECTF周波数特性の変動による頭外音像定位精度への影響
  ◎小野寺祐哉・工藤彰洋(苫小牧高専)

3月23日 13:00〜15:45 共通講義棟北 N502 座長 水町光徳(九工大)

A-5-6 映像視聴時の画面サイズが騒音の印象に与える影響
  ○武藤憲司・石井七海・細野 優(芝浦工大)・徳永泰伸(舞鶴高専)
A-5-7 騒音環境下の骨伝導マイクロホン通話における振動の減衰特性計測
  ◎稲垣未知・武藤憲司・髙橋康次郎(芝浦工大)
A-5-8 固有声による声質制御法に基づく騒音環境下における音声の明瞭性改善
  ○竹内太法・立蔵洋介(静岡大)
A-5-9 類似音識別における音響イベント検出手法の性能比較
  ○塚本紫門・立蔵洋介(静岡大)
A-5-10 インパルス応答測定用純白色疑似雑音生成アルゴリズムの高速化の検討
  ○森 健太郎・金田 豊(東京電機大)

休 憩(14:30 再開)  座長 立蔵洋介(静岡大)

A-5-11 屋内生活活動時の広帯域音響信号の確率モデル化に関する一検討
  入江健悟・○田中元志(秋田大)
A-5-12 音環境の可視化技術―音模様を用いた音環境可視化の事例―
  ○河本 満・幸島明男・冨田修一・車谷浩一(産総研)
A-5-13 指向性雑音除去に適したマイクロホン配置に関する一検討
  ◎田中信秋・山崎貴司・阿部芳春・塚原 整(三菱電機)
A-5-14 空間平均法とMUSICによる海底の物体形状測定―実測データを用いた評価―
  ◎藤島泰郎(三菱重工)
A-5-15 装着型多チャンネルマイクロホンによる音源方向推定について
  ○澤田夕暉・増田恵子・吉田孝博・半谷精一郎(東京理科大)
A-7. 情報セキュリティ

3月23日 13:00〜16:30 共通講義棟南 503 座長 大東俊博(東海大)

A-7-1 非同期式NoCルータへのハードウェアトロイ挿入に関する研究
  ◎稲葉光太郎・金本俊幾・黒川 敦・今井 雅(弘前大)
A-7-2 機械学習を用いたAndroidマルウェア解析の検討
  ◎前原一樹(東京電機大)・笠間貴弘(NICT)・宮保憲治(東京電機大)
A-7-3 一様漏えい鍵共有完全二部グラフに関する一考察
  ◎佐々木達也(東北大)・林 優一(東北学院大)・水木敬明・曽根秀昭(東北大)
A-7-4 カードベース暗号におけるコピーに必要な最小枚数
  ◎宮原大輝(東北大)・林 優一(東北学院大)・水木敬明・曽根秀昭(東北大)

休 憩(14:15 再開)  座長 駒野雄一(東芝)

A-7-5 グループにおける秘匿マッチングプロトコル
  ◎茨木拓也・真鍋義文(工学院大)
A-7-6 結託攻撃に対する耐性を有する秘匿マッチングプロトコル
  ◎村山和也・真鍋義文(工学院大)
A-7-7 加算準同型暗号を用いた秘匿類似検索プロトコルの閾値に関する一検討
  ◎山口啓介・藤沢匡哉(東京理科大)
A-7-8 二値の大小比較プロトコルについての考察
  ◎三本知明・清本晋作(KDDI総合研究所)・Nuttapong Attrapadung・花岡悟一郎(産総研)

休 憩(15:30 再開)  座長 水木敬明(東北大)

A-7-9 排他的論理和演算を用いた秘密分散法に関する一考察
  ◎佐藤真之・栃窪孝也(日大)
A-7-10 ブロックチェーンと秘密分散を使用した電子投票
  ◎山川凌平・真鍋義文(工学院大)
A-7-11 GUIを用いた暗号開発環境へのハッシュ関数開発機能の追加実装
  ◎中村聡宏・岩井啓輔・松原 隆・黒川恭一(防衛大)
A-7-12 公開鍵暗号(RSA暗号)の難解読性を安全性の根拠に持つストリーム暗号の二方式
  ○三森基輝(個人研究家)
A-8. 信号処理

3月22日 10:30〜11:30 共通講義棟南 506 座長 渡邊 修(拓殖大)

A-8-1 三味線演奏の自動採譜
  ◎△正木啓太・松本哲也(名大)・竹内義則(大同大)・工藤博章・大西 昇(名大)
A-8-2 音響シーンの周期変化モデルに基づく異常検出
  ◎小松達也・近藤玲史(NEC)
A-8-3 時系列解析を用いた人の危険行為検知
  ○出町和之・陳 実・川崎祐典(東大)・兼本 茂(会津大)
A-8-4 Detection of Malicious Behaviors for Nuclear Security by using Kinect v2
  ○Shi Chen・Kazuyuki Demachi・Yusuke Kawasaki・Yutaro Nakashima(The Univ. of Tokyo)

3月22日 13:00〜17:00 共通講義棟南 506 座長 宮田高道(千葉工大)

A-8-5 離散時間3次安定多項式の係数空間の可視化
  ○松本直樹(明大)
A-8-6 L1正則化を用いた時系列データ判別手法の提案
  ◎福島亜梨花・高 明淑・植野 研(東芝)
A-8-7 LASSO回帰や圧縮センシングの結果を重み関数とする最適内挿近似理論に基づくMRI画像再構成法
  ○木田雄一(奥羽大)・木田拓郎(東工大)
A-8-8 A Stabilization of Algebraic Phase Unwrapping along the Unit Circle with Self-Reciprocal Subresultant
  ◎Daichi Kitahara・Isao Yamada(Tokyo Tech)

休 憩(14:30 再開)  座長 相川直幸(東京理科大)

A-8-9 車線変更予測に必要な特徴量抽出
  ◎浅山和宣・久保孝富(奈良先端大)・森 真貴・人見謙太郎・武藤健二(デンソー)・池田和司(奈良先端大)
A-8-10 Automatic Gain Control with a Constant Background-Noise Level
  ○Akihiko Sugiyama(NEC)・Ryoji Miyahara(NEC Engineering)
A-8-11 拡散LMSアルゴリズム高速化の一検討
  ◎中井彩乃・林 和則(京大)
A-8-12 転移学習による鎚起銅器テクスチャの合成パラメータ推定
  ◎栢森翔太・村松正吾(新潟大)・阿部淑人(新潟県工業技術総合研究所)

休 憩(16:00 再開)  座長 村松正吾(新潟大)

A-8-13 通過域が平たんな阻止域可変FIRフィルタの一設計法
  ○宮田統馬(サレジオ高専)・相川直幸(東京理科大)
A-8-14 遺伝的アルゴリズムを用いた阻止域可変FIRフィルタの設計法
  ◎竹内 想・宮田統馬(サレジオ高専)・相川直幸(東京理科大)
A-8-15 FPGAを用いたFIRフィルタによる脈波センサ信号の雑音除去
  ◎荒内航貴・森本安紀・作田 健・植村宙夢・香田夏幸・岸根桂路(滋賀県立大)
A-8-16 変調重複変換を用いた多重解像度指向性フレームの設計
  ◎野村優介・小川龍太郎・京地清介(北九州市大)・鈴木大三(筑波大)
A-9. ワイドバンドシステム

3月24日 13:00〜17:00 共通講義棟南 502 座長 齋藤将人(琉球大)

A-9-1 次世代地上波テレビ放送のためのLDM部分受信方式の一検討
  布施卓哉・大坪弘明・◎中村 聡・伊丹 誠(東京理科大)
A-9-2 Power Optimization for Interleave Division Multiple Access in 5G
  ○Roya Ebrahim Rezagah・Tatsuya Yoshioka・Nobuo Suzuki(ATR)
A-9-3 ブラインド時変通信路推定法のOFDMへの適用
  ◎△村上直人・宮嶋照行(茨城大)
A-9-4 MUSIC法を用いた高分解能79GHzステップドFMレーダ
  ◎小川拳史・梶原昭博(北九州市大)
A-9-5 自己符号化器を用いた高齢者の見守りセンサの実験的検討
  ◎松隈聖治・梶原昭博(北九州市大)
A-9-6 ステップドFM-UWBセンサによる複数人呼吸モニタリング
  ◎七種貴紀・梶原昭博(北九州市大)
A-9-7 車載用超広帯域レーダ間干渉の検討
  ◎宮本直哉・高山育健・小川拳史・梶原昭博(北九州市大)

休 憩(15:00 再開)  座長 羽渕裕真(茨城大)

A-9-8 スペクトログラム化した受信信号を用いた通信信号検出技術
  ○能田康義・山下靖貴・谷 重紀・元吉克幸・岡村 敦(三菱電機)
A-9-9 干渉の度数分布を用いた2.4GHz帯電波環境の局所性に関する評価
  ○鈴木和雅・佐野裕康・岡村 敦(三菱電機)
A-9-10 汎用カメラを用いた可視光通信のための位相推定法
  ◎木原 渉・圓道知博(長岡技科大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・山里敬也・岡田 啓(名大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)
A-9-11 受信シンボルの周期性を用いたイメージセンサ可視光通信の同期法
  ◎△渡邉誠司・近藤那樹・中條 渉(名城大)
A-9-12 逐次推定法によるイメージセンサ可視光通信のシンボル同期改善
  ◎△陣田拓哉・近藤那樹・中條 渉(名城大)
A-9-13 イメージセンサ可視光通信の高速化のための伝送方式の初期検討
  ◎亀川智史・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)
A-9-14 車輌振動測定に基づくITS イメージセンサ通信における通信路変動のパラメータ推定
  ◎木下雅之・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)
A-9-15 ITS イメージセンサ通信における互いに非同期な複数光源からの情報同時受信手法に関する実験系の構築
  ◎新井雄大・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(岡山理科大)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)
A-10. システム数理と応用

3月23日 10:30〜11:30 共通講義棟北 N301 座長 橋爪 進(名大)

A-10-1 深層強化学習を用いた車両系の最適経路探索
  ○増田直之・潮 俊光(阪大)
A-10-2 分散協調型最適化を用いた企業間で連携する生産及び物流の最適化
  ○高橋 悟・樋口博之・竹林知善(富士通研)・永原正章(北九州市大)
A-10-3 家庭用蓄電池の充放電計画最適化に適した電力需要予測
  ◎飯村由信(富士通研)
A-10-4 カーリング各国代表チームの定量的実力評価手法の提案
  ○小中英嗣(名城大)

3月24日 14:00〜14:45 共通講義棟北 N505 座長 小中英嗣(名城大)

A-10-5 M-行列を用いた複合システムの分散事象駆動型制御系の設計
  ◎福田健一・潮 俊光(阪大)
A-10-6 分散制御系に基づく情報結合と物理結合を考慮したマニピュレータの制御
  ◎南房航哉・桂 誠一郎(慶大)
A-10-7 マルチエージェントシステムの動的ピニング合意制御
  ◎坂口聡範・潮 俊光(阪大)
A-11. 思考と言語

3月22日 10:00〜11:30 共通講義棟北 N402 座長 鈴木雅実(KDDI総合研究所)

A-11-1 ニンテンドーDSを用いた工学部学生の英語学習に関する研究
  ○伴 浩美(長岡技科大)
A-11-2 A Note on Serious Problems of Machine Translation from Japanese to Arabic
  ○△Ibrahim Albohassan・Saori Aida・Hiroyuki Kameda(Tokyo Univ. of Tech.)
A-11-3 NIRSによる前頭葉広域脳活動を考慮に入れたストレス指標の提案
  ◎竹中將司・栗原陽介・鏑木崇史(青学大)・松本 隆(早大)
A-11-4 光トポグラフィを用いた左右性指標と心拍変動の検討
  ○小野哲治(読売理工医福専)・伊藤憲治・関本荘太郎・角田晃一(東京医療セ)
A-11-5 乱数生成課題における音声の階層的韻律特徴の解析
  ○伊藤憲治(東京医療セ)・板垣文彦(亜細亜大)・丹羽真一(福島医大)
A-11-6 移動する視聴覚刺激による注意誘導効果
  鈴木佑基・○近藤公久(工学院大)・内海 章・須佐見憲史(ATR)
A-12. 技術と社会・倫理

3月22日 13:00〜14:45 共通講義棟南 501 座長 岡田仁志(NII)

A-12-1 オンライン授業のネット送信の課題について
  ○児玉晴男(放送大/総研大)
A-12-2 インフィード広告における不快要素に関する一検討
  ◎平井裕心・河野和宏(関西大)
A-12-3 リーチサイトが及ぼす著作権侵害の誘発に関する考察
  ◎山上夏実・河野和宏(関西大)
A-12-4 コンピュータウィルス対策への実行意思に関する日豪認知比較の検討
  ◎新保佳奈・吉開範章(日大)
A-12-5 e-learningによる情報モラル教育の課題
  ○東 るみ子(日大)・勝谷紀子・根本悠佑・稲積宏誠(青学大)
A-12-6 省エネ省資源を目指した環境配慮型情報通信装置の提案(1)
  ◎庭 正樹・櫻井 敦・山下暢彦・斉藤景一(NTT)
A-12-7 通信機械室の運用改善化の取り組み(1)
  ◎長尾友美・庭 正樹・櫻井 敦・山下暢彦・斉藤景一(NTT)
A-13. 安全性

3月23日 10:30〜11:45 共通講義棟南 503 座長 木村昌臣(芝浦工大)

A-13-1 GSN適用による安全技術の体系化
  ◎三栖詢也・平尾裕司(長岡技科大)
A-13-2 海上におけるアクティブ型RFIDタグの受信電力測定及び解析
  ○川合菜月・鰐部勢也・山中仁昭・佐藤寧洋・松浦義則・島田康平(海上保安大)
A-13-3 電子タグを利用した船舶情報管理システムの実装
  ◎鰐部勢也・川合菜月・佐藤寧洋・山中仁昭・松浦義則・島田康平(海上保安大)
A-13-4 同時平行進入における航空機対の占有率の推定
  ○天井 治(電子航法研)
A-13-5 ラインスキャンカメラを用いた急速載荷試験における杭の変位の計測法
  ◎水倉静矢・鏑木崇史・栗原陽介(青学大)
A-14. ITS

3月22日 14:00〜16:30 共通講義棟南 502 座長 高取祐介(神奈川工科大)

A-14-1 ドローンを用いたITS融合ネットワークの構築
  ○根川雅也・藤井 知(沖縄高専)・吉川憲昭(サイバー創研)・谷藤正一・Suriyon Tansuriyavong(沖縄高専)
A-14-2 隠れマルコフモデルに基づく運転操作を誘発する対象の取捨選択手法の検討
  ○福田晃己・橋本幸二郎・松尾和典(熊本高専)・舟洞佑記・道木慎二(名大)
A-14-3 タブレットPCを用いた区画線認識によるAGVの自律走行制御
  ◎佐藤裕幸(岩手県立大)・柴田 剛(トヨタ自動車東日本)
A-14-4 An Evaluation Method of Road Illuminance Levels Using Road Lights and Landmarks
  ○Siya Bao・Masao Yanagisawa・Nozomu Togawa(Waseda Univ.)

休 憩(15:15 再開)  座長 間邊哲也(埼玉大)

A-14-5 自動車用ミリ波FMCWレーダにおけるレーダ間干渉抑圧法
  ◎野澤拓也・牧野祐也・高谷信幸・梅比良正弘・武田茂樹(茨城大)・黒田浩司(日立AMS)
A-14-6 LIDAR設計のためのターゲット反射率の測定
  ◎藤井 瞳(長岡技科大)・西川直希・高橋成五(トリマティス)・圓道知博(長岡技科大)
A-14-7 多周波ステップCPC方式のための76GHz帯レーダ無線部開発
  ○小河昇平・山田雅也・谷本雄大(住友電工)・稲葉敬之(電通大)
A-14-8 10/24/79GHz帯における車両と人のRCS特性比較
  ◎本村俊樹・内山一樹・梶原昭博(北九州市大)
A-14-9 マイクロ波・ミリ波帯による自動車ガラスの減衰特性
  ◎内山一樹・本村俊樹・小川拳史・梶原昭博(北九州市大)

3月23日 13:30〜16:15 共通講義棟南 502 座長 今尾勝崇(三菱電機)

A-14-10 FIXアルゴリズムの最適化による低コストRTKの測位性能改善について
  久保信明・◎小林海斗(東京海洋大)
A-14-11 東南アジア地域における、将来のGNSS利用を見据えた測位精度の評価
  ○高橋 漱・樋口志樹・久保信明(東京海洋大)
A-14-12 距離センサと地図情報を用いたGNSS測位の一検討
  ◎村上佑輝・羽多野裕之(宇都宮大)
A-14-13 Moving base RTKを用いた車両と人の接近推定に関する研究
  ◎中三川大貴・羽多野裕之(宇都宮大)
A-14-14 近隣車両を利用したDGPS測位の効果に関する研究
  ◎YEARLOR PATOU・羽多野裕之(宇都宮大)

休 憩(15:00 再開)  座長 橋浦康一郎(秋田県立大)

A-14-15 P-VCASSのための圧力センサと方位センサを用いた歩行者飛び出し予測アルゴリズム
  ○中村健人・河合 進・和田友孝(関西大)
A-14-16 眼鏡型ウェアラブル端末を用いた屋外歩行者ナビゲーションに適したPDR手法
  ○矢野椋也(早大)・新田知之・石川和明・柳澤政生(ゼンリンデータコム)・戸川 望(早大)
A-14-17 腕時計型ウェアラブル端末向け略地図への現在地表示と自動切り替えの検討
  ○河野圭亮(早大)・新田知之・石川和明(ゼンリンデータコム)・柳澤政生・戸川 望(早大)
A-14-18 5Gにおける車車間通信の伝搬特性について
  ◎森松旦陽・高山育健・梶原昭博(北九州市大)
A-14-19 インフラ協調型自動運転向け路車間通信における送信遅延ダイバーシチを活用した不感地帯削減方式の無線伝送実験結果
  ○栗田 明・山下靖貴・早馬道也・落合麻里・元吉克幸・岡村 敦(三菱電機)
A-15. スマートインフォメディアシステム

3月22日 10:00〜11:30 共通講義棟北 N505 座長 辻 裕之(神奈川工科大)

[知能化制御(Intelligent Control)]

A-15-1 高性能とロバスト性を両立する新しいモデル予測制御「DNNモデル予測制御(DNN-MPC: DNN Model Predictive Control)」の提案
  ○広津鉄平・堀口辰也・中村敏明(日立)・岩谷直樹・田向 権(九工大)
A-15-2 DNN-MPC:シフト加算によるDeep Neural Networks圧縮方式
  ○中村敏明(日立)・岩谷直樹(九工大)・広津鉄平・堀口辰也(日立)・田向 権(九工大)
A-15-3 DNN-MPC: Deep Neural Networksによるモデル予測制御システムのFPGA実装
  ◎岩谷直樹(九工大)・広津鉄平・中村敏明・堀口辰也(日立)・田向 権(九工大)
A-15-4 組み込みシステム向け異常検知方式
  ◎中川慎二(日立)
A-15-5 25GHz 回線による簡易降雨センサの開発
  金子裕哉・東野武史・ズオンクオン タン・油谷 曉・○岡田 実(奈良先端大)
A-15-6 パーティクルフィルタを用いた降雨予測システムの検討
  ◎小原一貴・岡田 実・東野武史(奈良先端大)

3月22日 13:30〜16:15 共通講義棟北 N505 座長 東野武史(奈良先端大)

A-15-7 多値構造要素の最適化を考慮したモルフォロジカル勾配に基づく画像の正則化
  ○池下雄大・棟安実治(関西大)・中静 真(千葉工大)・吉田 壮(関西大)
A-15-8 ニューラルネットワークによるインパルス検出器の一設計手法
  ○阿部誠也・棟安実治・吉田 壮(関西大)
A-15-9 射影に基づいた二次元ヒストグラム指定法
  ◎植田祥明(山口大)・古賀崇了(徳山高専)・末竹規哲・内野英治(山口大)
A-15-10 RGB色空間での色相・彩度は不変で明度のみを処理する方法
  ◎神山美奈子・田口 亮(東京都市大)
A-15-11 符号化歪みの抑制を可能とする画像の補間拡大法に関する検討
  ◎河野太一希・木村誠聡・辻 裕之(神奈川工科大)

休 憩(15:00 再開)  座長 仲地孝之(NTT)

A-15-12 次世代ホテルICT化の一検討
  ○松本 浩(NECエンジニアリング)
A-15-13 利用者による楽曲と色の関連付けの学習による楽曲推薦
  ○佐久間一生・亀山啓輔・鈴木大三(筑波大)
A-15-14 RFID位置測定における電波遮断シートを活用した通路列特定技術の一検討
  ○波多野達也・池田 剛・洞井晋一・塩見なぎさ(NTT西日本)
A-15-15 利用者の描画入力に基づく対話型進化計算による三次元物体デザインシステム
  ◎枡野優輝・佐々木海斗・坂本龍海・加藤輔舟・荒川 薫(明大)
A-15-16 利用者の作成図案に基づく対話型進化計算によるグラフィックデザインシステム
  ◎半藤健太・荒川 薫(明大)
A-17. 高信頼制御通信

3月22日 13:00〜14:30 共通講義棟南 505 座長 加川敏規(NICT)

A-17-1 移動物体間の最尤推定を用いた時刻同期法
  ◎松井康祐・原 晋介(阪市大)
A-17-2 分散制御型D2Dネットワークにおけるデバイスの早期発見について
  ○李 還幇・三浦 龍・児島史秀(NICT)
A-17-3 近似メッセージ伝搬法を用いた離散値ベクトルの再構成
  ◎早川 諒・林 和則(京大)
A-17-4 予測値に基づく優先プラントの選択方法に関する一検討
  ◎枩本賢太・石井光治(香川大)
A-17-5 セクタアンテナを用いた合意形成の一検討
  ◎大西健太・石井光治(香川大)
A-17-6 産業用無線LANシステムにおけるFPGA実装検証
  ○浜田 允・坂元恭士郎・釣田真琴・Kurniawati Astri Maria・Nguyen Tran Thi Thao・長尾勇平・黒崎正行・尾知 博(九工大)
A-18. バイオメトリクス

3月23日 9:45〜11:30 共通講義棟南 402 座長 市野将嗣(電通大)

A-18-1 CSRR-BPFを用いた偽装物検出における精度向上を目的とした検出アルゴリズム
  ○大矢佑磨・飯島主匡・前田忠彦(立命館大)
A-18-2 On Time-invariance of EEG-based Person Identification
  ○Felix Putra Sjamsudin・Mutsumi Suganuma・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)
A-18-3 映像圧縮による歩容特徴量の劣化に関する一考察
  ○西川博文(三菱電機)・関口俊一・村松大吾・槇原 靖(阪大)
A-18-4 shape contextによる手のひらの静脈パターンを用いた生体認証
  ○杉原伊織・鈴木大三・亀山啓輔(筑波大)
A-18-5 畳み込みニューラルネットワークを用いた非接触型指静脈認証の精度向上に関する研究
  ○岡澤 諭・鈴木裕之・小尾高史・大山永昭(東工大)
A-18-6 スマートデバイスのタッチパネルを利用した生体ビット列の生成手法に関する一考察 〜日本語漢字署名とイニシャルの比較〜
  ○山神 亮・峙 泰稀・砂田 賢・山崎 恭(北九州市大)・大木哲史(産総研)
A-18-7 タブレット端末によるオンライン受験における上方カメラを利用した複数種類のタッチジェスチャでの継続的な替え玉防止
  藤井菜摘・村上 徹・小方博之・◎中村祐文(成蹊大)
A-19. 安全・安心な生活とICT

3月22日 13:00〜17:00 共通講義棟東 203 座長 行田弘一(芝浦工大)

A-19-1 土砂災害監視システムにおける危険度検出を目的とした画像分類
  ◎太田裕亮・新 浩一・西 正博(広島市立大)
A-19-2 土砂災害監視システムのためのガスセンサの評価
  ◎小里春来・古川達也・新 浩一・西 正博(広島市立大)
A-19-3 二次元サービスモデルにおける情報フローティングの送信可能領域の数と大きさに関する考察
  ◎皆川広夢・宮北和之・中野敬介(新潟大)
A-19-4 交通量と速度の相関が情報フローティングに与える影響に関する考察
  ○宮北和之・中野敬介(新潟大)
A-19-5 地域防災への活用を目指した都市避難シミュレータの構築
  ◎玉井拓之・山﨑達也(新潟大)・大和田泰伯・服部聖彦(NICT)

休 憩(14:30 再開)  座長 山崎達也(新潟大)

A-19-6 SNS の災害前兆キーワードを用いた災害警報マップ
  ◎大槻 明・井上 諒(日大)
A-19-7 緊急救命避難支援システム(ERESS)のための眼電位センサと皮膚電位計を用いた非常状態判定法
  ○中嶋真悟・松本航輝・小牧 健・和田友孝(関西大)・大月一弘(神戸大)
A-19-8 Twitterを用いた災害時安否確認システムT-@npiの改良
  ◎阿部満里子・眞中絢美・内田 理・長 幸平・宇津圭祐(東海大)
A-19-9 熊本地震におけるニュース投稿のリツイート後の投稿に着目した災害関連情報の収集
  ◎須崎綾巴・堤 雅菜・眞中絢美・染谷拓巳・小野寿平・児玉史緒里・内田 理・宇津圭祐(東海大)
A-19-10 熊本地震におけるニュース投稿のリツイート後の投稿に着目した災害関連情報の自動収集に関する考察
  ◎徳永柊作・澁谷 樹・眞中絢美・中振弘貴・阿部満里子・内田 理・宇津圭祐(東海大)

休 憩(16:00 再開)  座長 和田友孝(関西大)

A-19-11 複合災害対策システムのためのスケーラブルなサーバ運用
  ◎櫛田雅之・櫻井宏章・水野 修(工学院大)
A-19-12 複合災害対策システムにおける情報提示方式
  ◎櫻井宏章・櫛田雅之・水野 修(工学院大)
A-19-13 積極的な災害時情報提供を促すための貢献度決定機構の設計
  ◎園部達也・高橋晶子(仙台高専)
A-19-14 社会的弱者見守りのための地域コミュニティ形成支援手法の設計
  ◎山田直史・小林秀幸・高橋晶子・千葉慎二・藤木なほみ・早川吉弘(仙台高専)

3月23日 10:00〜11:45 共通講義棟東 203 座長 宮北和之(新潟大)

A-19-15 車車間通信用無線アドホックネットワークプロトコルiFORP-Sの改良
  ◎齊藤和貴・行田弘一(芝浦工大)
A-19-16 無線メッシュネットワークを利用した環境音による異常検出技術の一検討
  ◎渡辺良人・荘司洋三(NICT)
A-19-17 不通区間を残した運転整理案の作成
  ○香取照臣.・鈴木智大・島村優太・泉 隆(日大)
A-19-18 心理状況を考慮した避難行動の考察
  ◎楠橋 淳・田村 裕(中大)
A-19-19 釧路地域における GPS/BeiDou システムによる複合測位精度
  ○山形文啓(釧路高専)・小熊 博(富山高専)・亀田 卓・末松憲治(東北大)
A-19-20 輪郭図形を用いたCSK秘匿通信システムの検討
  ○北脇孝太・渡井公介・宮保憲治(東京電機大)
A-19-21 ディザスタ・リカバリ技術を応用したセキュア電子メール方式
  ◎黒田高希・上野洋一郎・宮保憲治(東京電機大)
H-2. ヒューマン情報処理/ヒューマンコミュニケーション基礎/イメージ・メディア・クオリティ

3月23日 9:00〜12:00 共通講義棟北 N405 座長 川崎真弘(筑波大)

H-2-1 Home Appliances Control Using Smartphone with Multiple User Interfaces
  ◎△Jiarong Chen・Takanobu Miwa・Guillermo Enriquez・Shuji Hashimoto(Waseda Univ.)
H-2-2 基礎律動による楽曲聴取順序の識別に関する一検討
  ○澁田留奈・菅沼 睦・亀山 渉(早大)
H-2-3 口腔内設置型インタフェースを利用した電気的刺激による基本味の知覚効果
  ○塚本和樹・山口友之(筑波大)
H-2-4 顔の特徴点分析による自動的な疲労検出手法の提案
  ○今田 潤・金盛克俊・西山裕之(東京理科大)
H-2-5 生体情報による映像視聴者の感情分類分析に関する検討
  ○傅 櫻・橋本稜平・田上結衣・菅沼 睦・亀山 渉(早大)・サイモン クリピングデル(NHK)
H-2-6 鼻部皮膚温度を利用した映像視聴時の感情推定分析手法の検討
  ○橋本稜平・傅 櫻・田上結衣・菅沼 睦・亀山 渉(早大)・サイモン クリピングデル(NHK)

休 憩(10:45 再開)  座長 高嶋和毅(東北大)

H-2-7 複数人対話における注視に基づく次話者予測―母語と第二言語間の比較研究―
  ○堀内保大・加藤恒夫(同志社大)・馬田一郎(KDDI総合研究所)・山本誠一(同志社大)
H-2-8 人型ロボットを用いた第二言語学習支援システムにおける質問の繰り返しによる表現習得の分析
  ◎石田 充・AlBara Khalifa・加藤恒夫・山本誠一(同志社大)
H-2-9 仮想世界内でのノンバーバルコミュニケーションに関する一検討
  ◎成宮 良・河野和宏(関西大)
H-2-10 自閉症児のコミュニケーション促進を目的としたヒューマン-ロボットインタラクション
  ○田崎義人・間野一則(芝浦工大)
H-2-11 遠隔プレゼンテーション支援のためのロボットアバタ
  ◎安達遼平・西口敏司・橋本 渉・水谷泰治(阪工大)・村上正行(京都外大)

3月23日 13:00〜17:00 共通講義棟北 N405 座長 岡本 淳(NTT)

H-2-12 ディープラーニングによる瞳孔径の対光反射補正方式に関する検討
  ○加藤敦士・菅沼 睦・亀山 渉(早大)
H-2-13 時間差提示を用いた中心視と周辺視のカテゴリ識別における機能差の検討
  ○田邊喜一(松江高専)
H-2-14 円柱のリムを注視した時の眼球運動と水晶体の屈折度数の同時計測
  ○工藤博章(名大)・山田光穗(東海大)・大西 昇(名大)
H-2-15 A Study of Controlling Head Movement with Using Inaudible Sound
  ○Takashi Kanemaru・Hidenori Sakaniwa・Nobuhiro Fukuda(Hitachi)
H-2-16 認知地図生成のためのランドマークによる座標の統合
  ◎樋口千唐・香取照臣.・泉 隆(日大)
H-2-17 操作実行タイミング確率分布に基づく操作切り替え判断の曖昧さの定量的評価
  ◎橋本幸二郎(熊本高専)・道木加絵(愛知工業大)・道木慎二(名大)
H-2-18 若年自転車運転者の運転特性
  ◎△䄅 颯翔・米村恵一(木更津高専)
H-2-19 Control Moment Gyroscopeを用いたパッティングのスイング矯正
  ○△森 貴大・エンリケズ ギエルモ(早大)・ヤップ フェイ イー(LP-Research)・三輪貴信・橋本周司(早大)

休 憩(15:15 再開)  座長 唐山英明(富山県立大)

H-2-20 強迫傾向による自己主体感に関する脳メカニズム
  ◎伊與木菜生・川崎真弘(筑波大)
H-2-21 うつ傾向に関係する脳波同期ネットワーク
  ◎相場邦宏・宮内英里・川崎真弘(筑波大)
H-2-22 日常生活におけるドライ電極を用いた脳波計測の可能性の検討
  ◎△黒澤茅広・川崎真弘(筑波大)
H-2-23 簡便な脳波計による方向指示意図の判別
  ◎石橋和大・佐鳥 新(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)
H-2-24 聴覚刺激による12名集団のP300を用いた多数決
  ◎藤田晃佑・唐山英明(富山県立大)
H-2-25 高齢者の日常生活の自立を支援する視覚シンボルの基礎的研究
  ○高橋雅延(聖心女子大)・井上智義(同志社大)・北神慎司(名大)
H-2-26 交互協調タッピング課題における移動エントロピーを用いたリーダー・フォロワーの特定
  ○高見澤賢侍・川崎真弘(筑波大)

3月24日 13:00〜16:00 共通講義棟北 N405 座長 清河幸子(名大)

H-2-27 映像視による視線動揺の時間推移について
  ○岡崎秀俊・柏本将孝(大島商船高専)
H-2-28 作業者視点映像と視線計測に基づく注視重要度推定の予備検討
  ◎日比雅仁・工藤博章・松本哲也(名大)・竹内義則(大同大)・大西 昇(名大)
H-2-29 運転者教育のための注視行動レベル判定手法
  ◎岡 直輝・猿田和樹・寺田裕樹・陳 国躍(秋田県立大)
H-2-30 能動的な足踏み運動による体外離脱感覚の誘発
  ○山田武義・唐山英明(富山県立大)

休 憩(14:15 再開)

H-2-31 高感度静電誘導型センサを用いた着座・退座動作検出技術
  ○栗田耕一・服部絋明(近畿大)
H-2-32 変位と圧力を同時測定可能なセンサブロックシステム
  ○宮田千加良(鹿児島高專)・神野栄一(A・R・P)・上薗 剛(鹿児島県工技セ)・楠原良人・野口紘史(鹿児島高專)
H-2-33 乳幼児用超小型圧縮ロードセル駆動型丸棒状握力計測システムの開発
  ○山田貴志(香川大)・渡辺富夫(岡山県立大)
H-2-34 親指ジェスチャーによる文字入力手法の改良-入力領域の自動縮小機能の実装-
  ◎秋田光平・田中敏光・佐川雄二(名城大)
H-2-35 スマートウォッチのバンドに付ける1辺2cmの文字入力ボード
  ○坂 香太朗・田中敏光・佐川雄二(名城大)
H-2-36 スマートフォンの長時間利用抑止を目的としたうながしホームアプリの試作
  ○本庄 勝・齋藤長行・橋本真幸(KDDI総合研究所)
H-2-37 生体計測データ向け多変量解析エンジンの開発
  ○恵木正史・福井大輔(日立)・桂 卓成(日立ハイテクノロジーズ)・田中 毅(日立)
H-3. マルチメディア・仮想環境基礎

3月25日 13:00〜16:00 共通講義棟南 506 座長 平山高嗣(名大)

H-3-1 AR技術を利用した車道横断能力検査システムの開発およびその能力の評価
  ○青山真也・寺田裕樹・猿田和樹・陳 国躍(秋田県立大)
H-3-2 仮想環境を利用した遠隔お点前指導の支援
  ◎池田佳弘・野間春生・田中弘美(立命館大)
H-3-3 室内空間中での人による把持や移動を伴う物体の追跡
  ○大美卓也・角所 考(関西学院大)・飯山将晃(京大)・西口敏司(阪工大)
H-3-4 干渉熱流を考慮した流入熱量の推定
  ◎木村優志・桂 誠一郎(慶大)
H-3-5 レーザポインタを用いたジェスチャによる家電操作システム
  ◎下村駿平・Guillermo Enriquez・三輪貴信・橋本周司(早大)

休 憩(14:30 再開)  座長 飯山将晃(京大)

H-3-6 広視野仮想2層スクリーンによる没入型配信提示システムの構築
  ○徳永徹郎・巻口誉宗・外村喜秀・高田英明(NTT)
H-3-7 複数のカメラとHMDを用いたAR環境の構築
  ○橋本周平・福井千晶・宮下悠生・藤村真生(阪工大)
H-3-8 短時間で構築可能な360°VR投映環境の開発
  ○前田涼佑・高野加奈絵・藤村真生(阪工大)
H-3-9 歩行のヒューマンアニメーションにおける1/fゆらぎの効果
  ○山田光宏・天谷優太・玉川心一朗・佐藤千那(茨城大)
H-3-10 仮想書道システムのための運動力学に基づく毛筆モデルの提案
  ○金山知俊(南山大)
H-3-11 ネットワーク負荷の影響を受ける立体映像のオプティカルフローを用いた映像内の動きの定量評価
  ○牧原 将・寺田裕樹・猿田和樹・陳 国躍(秋田県立大)
H-4. 福祉情報工学

3月25日 9:30〜12:00 共通講義棟北 N502 座長 酒向慎司(名工大)

H-4-1 Kinect を用いた歩行解析システムの精度に関する検討
  ○稲垣 潤・春名弘一・昆 恵介・岡崎哲夫・本郷節之(北科大)
H-4-2 ディスプレイまでの視距離調整による作業効率の改善効果
  ○石原真紀夫(福岡工大)・石原由紀夫(島根大)
H-4-3 3Dグラスを用いた簡易な眼位検査システムの開発に向けて
  ○内田憲之(九州保健福祉大)・高塚佳代子・日隈光基・平田木乃美(宮崎大)・中澤篤志(京大)・岡崎直宣(宮崎大)

休 憩(10:30 再開)  座長 若月大輔(筑波技術大)

H-4-4 患者・高齢者の離床時の転倒事故防止を目的とするDepthセンサを利用した離床予測システムの提案
  ○島田拓磨・金盛克俊・西山裕之(東京理科大)
H-4-5 枕内蔵型ピエゾセンサによる生体情報モニタリング
  ○中正和久・間所洋和・齋藤俊哉・下井信浩(秋田県立大)
H-4-6 離床予測のための姿勢判定アルゴリズム比較検討
  ◎齋藤俊哉・間所洋和・中正和久・下井信浩(秋田県立大)
H-4-7 Bluetoothビーコンを利用したデバイスフリー屋内測位システム
  ◎杉野恭兵・大囿忠親・新谷虎松(名工大)
H-4-8 運動自由度向上を実現する新規対戦型ゲームを導入した転倒予防システムの印象および安全性評価
  ◎野口颯太・青木 塁・北越大輔(東京高専)・鈴木健太郎(杏林大)・鈴木雅人(東京高専)
H-4-9 浮遊風船の把持が立位姿勢制御に及ぼす影響の評価
  ◎佐藤 元・島 圭介(横浜国大)・島谷康司(県立広島大)

3月25日 13:00〜16:00 共通講義棟北 N502 座長 布川清彦(東京国際大)

H-4-10 高等専門学校におけるWebアクセシビリティの経年的変化に関する調査
  ○平中和恵(宇部高専)・元木章博(鶴見大)
H-4-11 画像を入力とした点字の認識アルゴリズム
  ○伊藤祥一・藤澤義範(長野高専)
H-4-12 DPマッチングから得られた認識対象のクラス絞り込みによるHMMを用いた手話認識精度の向上
  ◎小澤辰典・柴田紘俊・田中 博・西村広光(神奈川工科大)・小林大輔・岩本典夫・加藤秀司(ケイ・シー・シー)
H-4-13 聾唖者のための子音発声トレーニングシステムの開発について
  ○田口翔夢・増田恵子・吉田孝博・半谷精一郎(東京理科大)
H-4-14 クラウドソーシング型情報保障におけるタスク分割の基礎的検討
  ○若月大輔・張 建偉・白石優旗(筑波技術大)・熊井克仁・森嶋厚行(筑波大)

休 憩(14:30 再開)  座長 和田親宗(九工大)

H-4-15 遠隔操作機能を併用したリハビリテイション支援型車椅子走行訓練システムの開発
  ○上杉一秀・新谷洋人(熊本高専)・足達義則(中部大)・合志和洋・清田公保(熊本高専)
H-4-16 ウェアラブル加速度センサと頭部動作を用いた電動車いす操作手法の基本検討
  ◎早川裕和・田中 博(神奈川工科大)
H-4-17 タブレットPC による肢体不自由者の入力操作測定用アプリケーション
  ◎細川良輔・吉本定伸(東京高専)・金森克浩(特総研)・佐野将大(高松養護学校)
H-4-18 Androidタブレット端末を用いた認知機能評価に有用なデータ収集の試み
  ○渥美亮祐・松岡利人(東京高専)・小久保奈緒美(国立精神・神経医療研究センター)・吉本定伸(東京高専)
H-4-19 妨害刺激を含んだワーキングメモリ課題構築とその影響に関する基礎的検討
  ◎山田純圭・長嶋祐二(工学院大)
H-4-20 認知機能評価アプリ運用に向けた施設内ガイドライン作成の試み
  ○△小久保奈緒美(国立精神・神経医療研究センター)・渥美亮祐・松岡利人・吉本定伸(東京高専)・和田圭司・堀越 勝(国立精神・神経医療研究センター)