電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-2-8
シミュレーションと安価な受信機を用いた、衛星測位システムGalileo の評価実験
◎古川 玲・江森洋都・吉敷由起子(構造計画研)・久保信明(東京海洋大)
近年GPSをはじめとする測位衛星測位システムGNSSは、年々打ち上げられており、最近ではEUによりGalileoの運用が開始された。
Galileoは信号品質が担保された商用サービスが予定されており、またGPS等と同じく中心周波数が1.575GHzであるため、RFやアンテナモジュールはGPS等と共用できると考えられ、既存のシステムに追加し易く、活用が期待出来る。
 本稿では、自動車のナビゲーション等に使われるような安価なGNSS受信機や電波伝搬解析により、現在のGalileoの実験的な評価を行った。