特別企画

 

特別企画

 プレナリーセッション
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月17日 9:30〜12:30 椎木講堂

オープニングセッション(9:30〜10:20)
  次の100年:持続可能な学会に向けて
  小柴正則 電子情報通信学会会長
大韓電子工学会会長挨拶
  Professor Yong Seo Koo 大韓電子工学会会長
サイバーセキュリティを理解する(10:30〜12:00)
  政府のサイバーセキュリティ政策について
  藤田 清太郎 内閣サイバーセキュリティセンター
昨今のサイバーセキュリティインシデントの傾向~悪質化しているAPT攻撃について~
  西本 逸郎 株式会社ラック
サイバーセキュリティへの取組みと人材育成~2020年までにやるべきこと
後藤 厚宏 情報セキュリティ大学院大学
学術奨励賞表彰(12:00〜12:30)

 大会委員会企画

TK-2. 留学生と国際セクション代表者によるWelcome Party
(国際委員会)
現役の留学生あるいは日本への留学後日本国内に就職された先輩と国際セクション代表者とがコミュニケーションできる場を提供するためにWelcome Partyを開催します。是非ご参加下さい。
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月17日 15:30〜17:00 センター2号館 3F 2302

  国際委員会委員長挨拶
  笹瀬 巌(慶大)
  プレゼンテーション
・国際セクション代表者(3min×3名)
・現役留学生(5min×2名)
・日本国内に就職された先輩(5min×2名)
国際セクションのポスター展示(12sections)
TK-3. 国際標準化とビジネス戦略
(規格調査会、超高速フォトニックネットワーク開発推進協議会(PIF) 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 9:30〜12:45 センター1号館 4F 1403 座長 淺谷耕一(南開大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:5分
TK-3-1 情報通信技術の国際標準化戦略
  藤田和重(総務省)
TK-3-2 アジア太平洋地域における標準化活動
  近藤勝則(アジア太平洋電気通信共同体)
TK-3-3 ITU-Tにおける国際標準化動向;2020年に向けた研究課題
  前田洋一(情報通信技術委員会)

休 憩(10分)

TK-3-4 2020年代の移動通信システムに向けた取り組み
  中村隆治(富士通)
TK-3-5 NFV/SDN時代に向けたオープン化と標準化、技術チャレンジ
  林 通秋(KDDI研)
パネル討論(30分)12時15分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-4. 都市と市民のためのCPS(サイバーフィジカルシステム)の姿を描く
(プログラム委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月15日 9:30〜12:30 センター1号館 4F 1403 座長 村上和彰(九州先端科技研)

  講演時間:各30分
セッション資料
TK-4-1 都市OSに関する国内外動向
  是久洋一(九大)
TK-4-2 九大COI「都市OS」で実現する「共進化社会」
  松尾久人(九大)
TK-4-3 オープンデータとクルマビッグデータを組み合わせたデータ駆動イノベーション
  長田 祐(トヨタITC)
TK-4-4 モバイル行動認識の研究動向
  井上創造(九工大)
パネル討論(60分)11時30分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-5. 大学におけるサイバーセキュリティ対策のアウトソース
(プログラム委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 9:30〜12:30 センター1号館 4F 1405 座長 岡村耕二(九大)

  講演時間:各25分
TK-5-1 九州大学におけるセキュリティ対策の紹介
  岡村耕二(九大)
TK-5-2 2015年に発生したセキュリティ事件から学ぶこと
  川口 洋(ラック)
TK-5-3 サイバーセキュリティの世界的最新動向と、産官学連携による対策の実現
  西原敏夫(シスコシステムズ)
TK-5-4 大学におけるサイバーセキュリティ対策と次世代ファイヤウォール(原稿なし)
  早川浩平(パロアルトネットワークス)
TK-5-5 迫り来るサイバー脅威と自動化された標的型攻撃対策
  西澤伸樹(フォーティネットジャパン)

休 憩(10分)

パネル討論(45分)11時45分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-6. IoT:「つなぐ」ことで創出する価値と今後の課題
(企画室)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 13:30〜17:00 センター1号館 4F 1403

  講演時間:指定以外各20分
オーガナイザー挨拶:5分
TK-6-1 IoTがもたらす価値創造とセキュリティ・プライバシー課題への対応(25分)
  後藤厚宏(情セ大)
TK-6-2 組込み系の展望とセキュリティ対策
  福田 晃(九大)
TK-6-3 クルマが関わるIoT
  小熊 寿(トヨタITC)
TK-6-4 家電のIoT化の展望と課題
  梶本一夫(パナソニック)

休 憩(10分)

TK-6-5 軽量暗号と認証システムの展望と課題〜BLE と産業ネットワークを題材とした軽量暗号の性能評価〜
  ○鈴木大輔・菅原 健・松井 充(三菱電機)
TK-6-6 IoTに関するセキュリティ政策の動向
  中西悦子(総務省)
パネル討論(70分)15時50分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-7. トップが語る研究開発の新たなスタイル:ICTの明日はどっちだ?
(ビジネス創造チャレンジ企画WG)

3月15日 13:30〜16:40 西講義棟 2F 第1講義室  座長 森川博之(東大)・川村龍太郎(NTT)

  講演時間:各20分
座長挨拶:10分
TK-7-1 イノベーションに向けたR&D変革
  栄藤 稔(NTTドコモ)
TK-7-2 IoT時代のビジネスモデル創造
  島田啓一郎(ソニー)
TK-7-3 顧客協創によるイノベーション創生
  鈴木教洋(日立)
TK-7-4 IoT時代の価値創造に向けて
  望月康則(NEC)
TK-7-5 将来研究のマネージメント
  堀 修(東芝)
TK-7-6 フィールドから始まる情報学
  石田 亨(京大)

休 憩(10分)

パネル討論(50分)15時50分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-8. 若手技術者のための研究の進め方 - I-Scoverプロジェクト企画 -
(I-Scover プロジェクト)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月15日 13:30〜16:45 センター1号館 4F 1405 座長 千村保文(OKI)

  講演時間:指定以外各20分
座長挨拶:5分
TK-8-1 I-Scoverはイノベーションテーマ発掘の宝箱(30分)
  井上友二(トヨタITC)
TK-8-2 作るための発想(30分)
  宇野毅明(NII)
TK-8-3 論文執筆のための44個のコツ〜検索され読まれ引用される論文を執筆するための虎の巻〜
  五味 弘(OKI)
TK-8-4 I-Scoverを用いた時系列・技術要因分析システムの活用法
  ◎槇 俊孝・若原俊彦(福岡工大)
TK-8-5 企業における研究活動の推進〜学会貢献と企業活動の両立を目指して〜
  岩村相哲(NTT)

休 憩(10分)

パネル討論(60分)15時45分から開始です。TK-8-3〜TK-8-5の講演者3人による討論となります。
TK-9. 2046年からの招待講演者
(イノベーショングランプリ企画WG)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 13:30〜17:30 センター2号館 4F 2407 座長 川原圭博(東大)

  講演時間:各40分
座長挨拶:10分
TK-9-1 インターネット上での友達が部屋に出てくる2046年の通信
  秦 崇洋(NTT)
TK-9-2 コンピュータの新しい形
  猿渡俊介(静岡大)

休 憩(10分)

TK-9-3 ヘルスケアの30年
  大内一成(東芝)
TK-9-4 魔法の世紀へ:映像と物質を超えて
  落合陽一(筑波大)

休 憩(10分)

パネル討論(50分)16時40分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-10. 教育の改革に向けて
(ヒューマンコミュニケーショングループ/プログラム委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 9:30〜12:45 センター2号館 4F 2407 座長 安浦寛人(九大)・小粥幹夫(日経大)

  講演時間:各25分
セッション資料
TK-10-1 高大接続改革の理念と方向性
  小林 浩(リクルート)
TK-10-2 高校の授業改善とアクティブラーナの育成
  ◎安田賢二・和田美千代(福岡県教育センター)
TK-10-3 自立と協働、創造を促すアクティブラーニング型授業の高校における実践
  溝上広樹(熊本県立苓明高等学校)
TK-10-4 大学におけるラーニングアナリティクスに基づく授業改善と教育革新
  ◎緒方広明・殷 成久・大井 京・大久保文哉・島田敬士・小島健太郎・山田政寛(九大)
TK-10-5 博士リーダーの育成 ‐博士課程教育リーディングプログラム「ヒューマンウェアイノベーション」紹介‐
  増澤利光(阪大)

休 憩(5分)

パネル討論(65分)11時40分から開始です。講演者全員と菊川律子(放送大)、原島 博(東大名誉教授)、北尾大介(九大)による討論となります。

パネルセッション

TP-1. 大学におけるラーニングアナリティックスの利活用
(プログラム委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 13:30〜17:25 センター1号館 4F 1405 座長 緒方広明(九大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:5分
TP-1-1 国際的なコミュニティに依拠した100% オープンなラーニングアナリティクス環境
  梶田将司(京大)
TP-1-2 オープンエデュケーションとラーニングアナリティクスの関わり 〜MOOCを活用した学習環境の改善に向けて
  重田勝介(北大)
TP-1-3 eポートフォリオとラーニングアナリティクス
  森本康彦(学芸大)

休 憩(10分)  座長 梶田将司(京大)

TP-1-4 ラーニングアナリティクスと標準化
  田村恭久(上智大)
TP-1-5 九州大学基幹教育におけるラーニングアナリティクスの研究と実践
  ○島田敬士・大久保文哉・殷 成久・大井 京・小島健太郎・山田政寛・緒方広明(九大)

休 憩(10分)

パネル討論(60分)16時25分から開始です。講演者全員による討論となります。