情報・システムソサイエティ

 
シンポジウムセッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

DS-1. COMP-ELC 学生シンポジウム
(コンピュテーション研専)

3月15日 13:30〜16:15 センター1号館 4F 1408 座長 山田敏規(埼玉大)

DS-1-1 無線モデムを利用したアドホック・ネットワークにおけるデータ収集プロトコル
  ○伊藤宏朗・大村知士・太田 聡(富山県立大)
DS-1-2 分散型オンライングラフ探索問題
  ◎八神貴裕・山内由紀子・来嶋秀治・山下雅史(九大)
DS-1-3 (依頼講演)Oscillations in Population Protocols
  ○Anissa LAMANI・Masafumi Yamashita・Yukiko Yamauchi(Kyushu Univ.)

休 憩(15:00 再開)  座長 真鍋義文(工学院大)

DS-1-4 (依頼講演)選択関数付き秘書問題
  ○河瀬康志(東工大)
DS-1-5 A Fixed-Parameter Algorithm for the List Coloring Reconfiguration Problem
  ◎Tatsuhiko Hatanaka・Takehiro Ito・Xiao Zhou(Tohoku Univ.)
DS-1-6 準同期自律移動ロボット群による平面形成問題
  ◎上原太一・山内由紀子・来嶋秀治・山下雅史(九大)
DS-2. サイバーセキュリティのための人工知能技術
(人工知能と知識処理研専)

3月15日 13:30〜16:40 センター1号館 4F 1403 座長 八槇博史(東京電機大)

DS-2-1 人工知能技術を用いた標的型サイバー攻撃に関する一考察
  ○八槇博史(東京電機大)
DS-2-2 サイバー空間における攻撃と防御の共進化シミュレーション
  ◎石川博也・阿部慎也・八槇博史(東京電機大)
DS-2-3 Amazon EC2クラウドサービスを利用したネットワークシミュレーションシステムの構築
  ◎早乙女 優・大石恵輔・中山能之・岩東佑季・八槇博史(東京電機大)
DS-2-4 サイバー攻撃実験のための仮想ネットワーク自動構成方式の検討
  ◎大石恵輔・中山能之・岩東佑季・早乙女 優・八槇博史(東京電機大)
DS-2-5 仮想ネットワークシステムにおける自動攻撃と監視システムの実装
  ◎中山能之・宮本貴義・大石恵輔・岩東佑季・早乙女 優・八槇博史(東京電機大)

休 憩(15:50 再開)

DS-2-6 出現頻度が急変するアイテムを検出するストリームアルゴリズム
  ◎木下 毅・高橋規一(岡山大)
DS-2-7 線形プランナを用いたサイバー攻撃手順の自動生成
  ◎齊藤悠希・八槇博史(東京電機大)
ADS-1. 言語学習とその支援
(教育工学研専、思考と言語研専 共催)

3月17日 15:15〜16:20 総合学習プラザ 2F 第12講義室 座長 鈴木雅実(KDDI研)

ADS-1-1 W-DIARY:過去の写真を利用する日記スタイル単語アプリケーションの開発
  ◎菊池 開・長谷川 忍(北陸先端大)
ADS-1-2 スケルトンモデルを用いた動作映像の作成による身体スキル言語化支援
  ○小尻智子・橋本遼太(関西大)
ADS-1-3 ジェスチャーと音声のズレが発話者に対する印象に及ぼす影響
  ○近藤公久・石井湧人(工学院大)