エレクトロニクスソサイエティ

特別企画

プレナリーセッション

大会委員会企画

TK-2.留学生と国際セクション代表者によるWelcome Party

TK-3.国際標準化とビジネス戦略

TK-4.都市と市民のためのCPS(サイバーフィジカルシステム)の姿を描く

TK-5.大学におけるサイバーセキュリティ対策のアウトソース

TK-6.IoT:「つなぐ」ことで創出する価値と今後の課題

TK-7.トップが語る研究開発の新たなスタイル:ICTの明日はどっちだ?

TK-8.若手技術者のための研究の進め方 - I-Scoverプロジェクト企画 -

TK-9.2046年からの招待講演者

TK-10.教育の改革に向けて

TP-1.大学におけるラーニングアナリティックスの利活用

ソサイエティ特別企画

CK-1.エレクトロニクスソサイエティ プレナリーセッション

CK-2.Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2015 / Vietnam-Japan MicroWave(VJMW)2015優秀発表賞特別セッション

CK-3.IoTシステムの技術動向と実用化

チュートリアルセッション

CT-1.超伝導コンピュータの新展開

依頼シンポジウム

CI-1.光エレクトロニクス研究会(OPE)学生表彰式

CI-2.有機光デバイス技術の最新動向

CI-3.新しい光源技術と応用的研究・開発

CI-4.ソフトマテリアル・印刷デバイスの最近の進展

CI-5.テラヘルツ技術とそのシステム応用に関する動向と進展

BCI-1.空間分割多重技術のさらなる発展に向けて

 

ソサイエティ特別企画

CK-1. エレクトロニクスソサイエティプレナリーセッション
(エレクトロニクスソサイエティ運営委員会)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 15:00~17:00 センター2号館 3F 2307 司会 岡田 顕(NTT)

15:00~
 15:05
ソサイエティ会長挨拶 会長 橋本 修(青山学院大)
15:05~
 15:30
表彰式
・エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰
・エレクトロニクスソサイエティ学生奨励賞
15:30~
 16:15
特別講演1
「ストレージメディアと8Kストレージ機器の開発動向」
  講師 宮下 英一 氏(NHK放送技術研究所)
概要: 8K映像は現行のHD映像に比べ、空間解像度で16倍、ビット深度で1.2倍、フレームレートで4倍の情報量を持つ。このため、8K映像の収録・編集には、HDよりもはるかに高速・大容量なストレージメディア、ストレージシステムが求められている。また、映像記録には、データ記録にはない要求条件もある。そこで、8K映像の収録や編集を行う際に必要とされる記録性能やシステム要件などについて解説する。また、最近のストレージメディアの研究動向と、8Kストレージ機器の開発の動向について紹介する。
16:15~
 17:00
特別講演2
「東京オリンピック・パラリンピックを支えるストレージ技術」
  講師 藤原 忍 氏(日本IBM)
概要: 国際的なスポーツイベントがメディア産業の発展を牽引してきた。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックも例外ではなく、4K/8Kの普及を推進している。4K/8Kはその映像品質に注目が集まるが、そのバックエンドでは大量のデータが生成され処理される必要がある。業務用品質での8Kの1時間当たりの映像データ量は現行High Definition(HD)のおよそ100倍になり、従来IT技術の単純な拡張では対応が困難と言える。この大量の映像データを蓄積、搬送、処理、保管する事が可能なエンタープライズ・ストレージ技術を紹介する。更に、これら技術を使ったワークフロー構成の実証実験的デモの内容について紹介する。
CK-2. Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2015 / Vietnam-Japan MicroWave(VJMW)2015優秀発表賞特別セッション
(マイクロ波研専)

3月17日 13:30〜16:20 センター2号館 2F 2214 座長 西川健二郎(鹿児島大)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CK-2-1 Latest trends of microwave technology in Thailand
  Krairiksh Monai(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)
CK-2-2 Recent Activities on Microwave Technologies and Its Related Fields and Applications in Vietnam
  Giang Truong Vu Bang(Vietnam National Univ.)

休 憩(15分)  座長 伊東健治(金沢工大)

CK-2-3 Combination of Substrate Integrated Waveguide and Microstrip Structure for Controllable Wideband Bandpass Filters
  ○Chudpooti Nonchanutt(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)・Chaimool Sarawuth(Udon Thani Rajabhat Univ.)・Akkaraekthalin Prayoot(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)
CK-2-4 Microwave Sensor for Defected-Fruit Classification
  ○Prapan Leekul・Chinarong Kittiyanpunya・Sorawat Chivapreecha・Monai Krairiksh(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)
CK-2-5 Dual-band Dual-pole Antenna for compatibility of MPT with communication
  ○Naoki Hasegawa(Kyoto Univ.)・Ju Hyeonjae(JAXA)・Satoshi Yoshida(Kagoshima Univ.)・Akihira Miyachi・Makoto Matsunoshita(JAXA)・Kenjiro Nishikawa(Kagoshima Univ.)・Naoki Shinohara(Kyoto Univ.)・Shigeo Kawasaki(JAXA)
CK-2-6 MIMO制御技術を用いた近距離WiCoPTシステムにおける電力伝送効率と電力伝送領域の拡張効果
  ○桑原達朗・西川健二郎(鹿児島大)・川崎繁男(JAXA)
CK-3. IoTシステムの技術動向と実用化
(集積回路研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 9:30〜12:33 センター2号館 2F 2204 座長 中島雅逸(ソシオネクスト)

  講演時間:各60分
座長挨拶:3分
CK-3-1 IoTシステムの技術動向と実用化に向けた取り組み
  松井 進(阪工大)
CK-3-2 モノのインターネット(IoT)の不都合な真実
  松本直人(さくらインターネット)
CK-3-3 ベトナムエビ養殖場水質モニターから見たIoTの課題と効果
  ◎石橋孝一郎(電通大)・Thinh Tran Ngoc・Hieu Bui Van・Anh Pham Hoang(Ho Chi Minh City Univ. of Tech.)

チュートリアルセッション

CT-1. 超伝導コンピュータの新展開
(超伝導エレクトロニクス研専)

3月15日 13:30〜17:10 センター2号館 2F 2205 座長 山梨裕希(横浜国大)

  講演時間:各40分
座長挨拶:5分
CT-1-1 超伝導コンピュータへの道
  藤巻 朗(名大)
CT-1-2 量子アニーリング〜計算アルゴリズムの観点から〜
  田中 宗(早大)
CT-1-3 超伝導量子アニーリングマシンのハードウエア概説
  前澤正明(産総研)

休 憩(15分)  座長 赤池宏之(名大)

CT-1-4 磁性/超伝導ハイブリッド構造の物理とコンピューティング応用
  山下太郎(NICT)
CT-1-5 超伝導デバイスによる可逆計算
  竹内尚輝(横浜国大)

依頼シンポジウム

CI-1. 光エレクトロニクス研究会(OPE)学生表彰式(セッションとしての予稿あり)
(光エレクトロニクス研専)

3月16日 11:00〜12:35 センター2号館 2F 2207 座長 石榑崇明(慶大)

  講演時間:各90分
座長挨拶:5分
CI-1 1.2015年度OPE研究会学生優秀研究賞授与
2.受賞者による特別記念講演(3件)
CI-2. 有機光デバイス技術の最新動向
(光エレクトロニクス研専、有機エレクトロニクス研専、ポリマー光回路時限研専、電子ディスプレイ研専 共催)

3月17日 13:30〜17:15 センター2号館 2F 2206 座長 加藤和利(九大)

  講演時間:指定以外各30分
CI-2-1 チュート リアル:OLEDの基礎から最先端まで-材料・デバイス・アプリケーション-(60分)
  安達千波矢(九大)
CI-2-2 ソフトな有機・高分子フォトニック結晶レーザー
  古海誓一(東京理科大)
CI-2-3 プラスチック光ファイバを用いた車載高速光通信への応用
  ○斎藤恒聡(古河電工)・高橋 聡(POF Promotion)・杉原興浩(宇都宮大)

休 憩(15分)  座長 小林潤也(NTT)

CI-2-4 ポリマー光導波路:モスキート法による新たな光配線の可能性
  石榑崇明(慶大)
CI-2-5 マイクロ光共振器研究の最新動向 -トリリオンセンシングと付加的製造-
  興 雄司(九大)
CI-2-6 PDMSコンパウンド光学技術のスマートデバイスと連携した小型分析装置への展開
  森田金市(ウシオ電機)
CI-3. 新しい光源技術と応用的研究・開発
(レーザ・量子エレクトロニクス研専、光エレクトロニクス研専 共催)

3月15日 13:30〜16:50 センター2号館 2F 2206 座長 藤原直樹(NTT)

  講演時間:各30分
座長挨拶:5分
CI-3-1 フォトニック結晶ナノ−レーザのバイオ・医療応用
  馬場俊彦(横浜国大)
CI-3-2 網膜走査型レーザアイウェア:ロービジョンエイドからスマトグラまで
  ○菅原 充・鈴木 誠・荒川康彦(東大)
CI-3-3 Tunable VCSEL技術を用いたSS-OCT用光源
  ○諫本圭史・山下清隆・M. Khan・鍋野清輝・戸塚剛毅・鄭 昌鎬(santec)・西山伸彦(東工大)・年吉 洋(東大)

休 憩(15分)  座長 柳生栄治(三菱電機)

CI-3-4 AlNナノフォトニック構造による深紫外LEDの光取出し効率向上技術
  井上振一郎(NICT)
CI-3-5 中赤外・テラヘルツ領域における二重上位準位量子カスケードレーザの広帯域動作
  ○藤田和上・道垣内龍男・伊藤昭生・日髙正洋・枝村忠孝(浜松ホトニクス)
CI-3-6 長距離量子暗号通信を実現する1.5μm帯単一光子源技術
  ○竹本一矢(富士通研)・南部芳弘(NEC)・宮澤俊之(東大)・三木茂人・山下太郎・寺井弘高・藤原幹生・佐々木雅英(NICT)・佐久間芳樹(物材機構)・高津 求・山本剛之(富士通研)・萬 伸一(NEC)・荒川泰彦(東大)
CI-4. ソフトマテリアル・印刷デバイスの最近の進展
(有機エレクトロニクス研専)

3月16日 13:30〜17:10 センター1号館 4F 1407 座長 坂口幸一(佐賀大)

  講演時間:指定以外各20分
座長挨拶:5分
CI-4-1 薄膜デバイスの進化:重厚長大、軽薄短小から柔効超彩(じゅうこうちょうさい)へ(40分)
  八瀬清志(産総研)
CI-4-2 有機無機ペロブスカイトを用いた高移動度トランジスタ
  ○松島敏則・Sunbin Hwang・Atula S. D. Sandanayaka・Chuanjiang Qin(九大)・藤原 隆(九州先端科技研)・安達千波矢(九大)
CI-4-3 有機薄膜太陽電池作製に適した溶液プロセス可能な材料開発
  ○辛川 誠(阪大)・永井隆文・足達健二(ダイキン)・家 裕隆・安蘇芳雄(阪大)
CI-4-4 液晶性有機半導体を用いた高品質な有機トランジスタ
  ○飯野裕明・半那純一(東工大)
CI-4-5 静電塗布法を用いた有機薄膜の分子配向制御
  ○福田武司・戸田明日来・高比良和也・鈴木勝己・平原実留(埼玉大)

休 憩(15分)  座長 福田武司(埼玉大)

CI-4-6 プッシュコート法による可溶性n型有機半導体薄膜の作製とトランジスタ特性
  近松真之(産総研)
CI-4-7 共役高分子の純度による有機薄膜太陽電池特性の変化
  ○安田 剛(物材機構)・桑原純平(筑波大)・韓 礼元(物材機構)・神原貴樹(筑波大)
CI-4-8 金属微粒子ナノシートの大面積パターニング
  ○龍崎 奏・斎藤 昴・pangpang wang・岡本晃一・玉田 薫(九大)
CI-4-9 印刷技術による素子作製を目指したグラフェンのインク化
  ○坂口幸一・大竹亜紗美・内野聖子・島 靖卓・黒木 惟・白鳥 武・平川あい・牛島政也・滝澤 登(佐賀大)
CI-5. テラヘルツ技術とそのシステム応用に関する動向と進展
(テラヘルツ応用システム時限研専、電子デバイス研専、マイクロ波・ミリ波フォトニクス研専、光エレクトロニクス研専、レーザ・量子エレクトロニクス研専 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 13:30〜17:05 センター2号館 2F 2206 座長 野竹孝志(理研)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CI-5-1 ミリ波・テラヘルツ波カロリーメータによるパワー測定
  ○木下 基・飯田仁志・島岡一博・雨宮邦招(産総研)・藤井勝巳(NICT)
CI-5-2 100GHz–300GHz帯スペクトラム計測の現状と展望
  ○待鳥誠範・布施匡章・河村尚志・木村幸泰・野田華子(アンリツ)
CI-5-3 THz分光と高分子の構造
  保科宏道(理研)
CI-5-4 テラヘルツ分光法の医薬結晶分析への応用
  ○味戸克裕・中村昌人・田島卓郎・小泉 弘(NTT)

休 憩(10分)  座長 鈴木左文(東工大)

CI-5-5 テラヘルツ波を用いた送電鉄塔塗装材の腐食計測
  ◎布施則一・福地哲生(電中研)・水野麻弥・福永 香(NICT)
CI-5-6 テラヘルツフォトニック結晶とテラヘルツダイオードとの融合
  冨士田誠之(阪大)
CI-5-7 InP-HEMT MMICによる300 GHz帯20 Gbit/s超ASK送信モジュール
  ◎濱田裕史・小杉敏彦・ホジン ソン・矢板 信・アミン エルムタワキル・松崎秀昭・野坂秀之(NTT)
CI-5-8 InP-HEMTを用いた280GHz帯、20Gbps受信モジュール
  ○川野陽一・松村宏志・芝 祥一・佐藤 優・鈴木俊秀・中舎安宏・高橋 剛・牧山剛三(富士通)・岩井大介(富士通研)・原 直紀(富士通)
BCI-1. 空間分割多重技術のさらなる発展に向けて
(光通信インフラの飛躍的な高度化に関する時限研専、光通信システム研専、光ファイバ応用技術研専、フォトニックネットワーク研専、光エレクトロニクス研専 共催)

3月17日 13:30〜17:30 西講義棟 2F 第2講義室  座長 佐藤功紀(古河電工)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
BCI-1-1 マルチコア/モード光ファイバの最新動向と将来へ向けた課題
  林 哲也(住友電工)
BCI-1-2 マルチコア/マルチモード評価技術
  ○佐々木雄佑・斉藤翔太・丸山 遼・竹永勝宏・愛川和彦(フジクラ)・齊藤晋聖(北大)・中島和秀(NTT)・大橋正治(阪府大)

  座長 廣田栄伸(NTT)

BCI-1-3 マルチコア/モード光増幅器の最新動向と将来へ向けた課題
  杉崎隆一(古河電工)
BCI-1-4 マルチコア/マルチモード接続技術の最新動向
  長瀬 亮(千葉工大)

休 憩(10分)  座長 山本貴司(NTT)

BCI-1-5 数モードファイバにおけるモードとは? - モード合分波とモード分析の課題と将来展望 -
  國分泰雄(横浜国大)
BCI-1-6 マルチコア/モード伝送技術の最新動向と将来へ向けた課題
  水野隆之(NTT)

  座長 釣谷剛宏(KDDI研)

BCI-1-7 空間分割多重光ネットワーク制御技術と将来へ向けた課題
  宮澤高也(NICT)

休 憩(10分)

 座長 浜本貴一(九大)

パネル討論(40分)16時50分から開始です。講演者全員による討論となります。

エレクトロニクス1・エレクトロニクス2の冊子論文集に掲載されているセッション

CK-2. Thailand-Japan MicroWave(TJMW)2015 / Vietnam-Japan MicroWave(VJMW)2015優秀発表賞特別セッション
(マイクロ波研専)

3月17日 13:30〜16:20 センター2号館 2F 2214 座長 西川健二郎(鹿児島大)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CK-2-1 Latest trends of microwave technology in Thailand
  Krairiksh Monai(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)
CK-2-2 Recent Activities on Microwave Technologies and Its Related Fields and Applications in Vietnam
  Giang Truong Vu Bang(Vietnam National Univ.)

休 憩(15分)  座長 伊東健治(金沢工大)

CK-2-3 Combination of Substrate Integrated Waveguide and Microstrip Structure for Controllable Wideband Bandpass Filters
  ○Chudpooti Nonchanutt(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)・Chaimool Sarawuth(Udon Thani Rajabhat Univ.)・Akkaraekthalin Prayoot(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)
CK-2-4 Microwave Sensor for Defected-Fruit Classification
  ○Prapan Leekul・Chinarong Kittiyanpunya・Sorawat Chivapreecha・Monai Krairiksh(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)
CK-2-5 Dual-band Dual-pole Antenna for compatibility of MPT with communication
  ○Naoki Hasegawa(Kyoto Univ.)・Ju Hyeonjae(JAXA)・Satoshi Yoshida(Kagoshima Univ.)・Akihira Miyachi・Makoto Matsunoshita(JAXA)・Kenjiro Nishikawa(Kagoshima Univ.)・Naoki Shinohara(Kyoto Univ.)・Shigeo Kawasaki(JAXA)
CK-2-6 MIMO制御技術を用いた近距離WiCoPTシステムにおける電力伝送効率と電力伝送領域の拡張効果
  ○桑原達朗・西川健二郎(鹿児島大)・川崎繁男(JAXA)
CK-3. IoTシステムの技術動向と実用化
(集積回路研専)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 9:30〜12:33 センター2号館 2F 2204 座長 中島雅逸(ソシオネクスト)

  講演時間:各60分
座長挨拶:3分
CK-3-1 IoTシステムの技術動向と実用化に向けた取り組み
  松井 進(阪工大)
CK-3-2 モノのインターネット(IoT)の不都合な真実
  松本直人(さくらインターネット)
CK-3-3 ベトナムエビ養殖場水質モニターから見たIoTの課題と効果
  ◎石橋孝一郎(電通大)・Thinh Tran Ngoc・Hieu Bui Van・Anh Pham Hoang(Ho Chi Minh City Univ. of Tech.)
CI-2. 有機光デバイス技術の最新動向
(光エレクトロニクス研専、有機エレクトロニクス研専、ポリマー光回路時限研専、電子ディスプレイ研専 共催)

3月17日 13:30〜17:15 センター2号館 2F 2206 座長 加藤和利(九大)

  講演時間:指定以外各30分
CI-2-1 チュート リアル:OLEDの基礎から最先端まで-材料・デバイス・アプリケーション-(60分)
  安達千波矢(九大)
CI-2-2 ソフトな有機・高分子フォトニック結晶レーザー
  古海誓一(東京理科大)
CI-2-3 プラスチック光ファイバを用いた車載高速光通信への応用
  ○斎藤恒聡(古河電工)・高橋 聡(POF Promotion)・杉原興浩(宇都宮大)

休 憩(15分)  座長 小林潤也(NTT)

CI-2-4 ポリマー光導波路:モスキート法による新たな光配線の可能性
  石榑崇明(慶大)
CI-2-5 マイクロ光共振器研究の最新動向 -トリリオンセンシングと付加的製造-
  興 雄司(九大)
CI-2-6 PDMSコンパウンド光学技術のスマートデバイスと連携した小型分析装置への展開
  森田金市(ウシオ電機)
CI-5. テラヘルツ技術とそのシステム応用に関する動向と進展
(テラヘルツ応用システム時限研専、電子デバイス研専、マイクロ波・ミリ波フォトニクス研専、光エレクトロニクス研専、レーザ・量子エレクトロニクス研専 共催)
一般公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月16日 13:30〜17:05 センター2号館 2F 2206 座長 野竹孝志(理研)

  講演時間:各25分
座長挨拶:5分
CI-5-1 ミリ波・テラヘルツ波カロリーメータによるパワー測定
  ○木下 基・飯田仁志・島岡一博・雨宮邦招(産総研)・藤井勝巳(NICT)
CI-5-2 100GHz–300GHz帯スペクトラム計測の現状と展望
  ○待鳥誠範・布施匡章・河村尚志・木村幸泰・野田華子(アンリツ)
CI-5-3 THz分光と高分子の構造
  保科宏道(理研)
CI-5-4 テラヘルツ分光法の医薬結晶分析への応用
  ○味戸克裕・中村昌人・田島卓郎・小泉 弘(NTT)

休 憩(10分)  座長 鈴木左文(東工大)

CI-5-5 テラヘルツ波を用いた送電鉄塔塗装材の腐食計測
  ◎布施則一・福地哲生(電中研)・水野麻弥・福永 香(NICT)
CI-5-6 テラヘルツフォトニック結晶とテラヘルツダイオードとの融合
  冨士田誠之(阪大)
CI-5-7 InP-HEMT MMICによる300 GHz帯20 Gbit/s超ASK送信モジュール
  ◎濱田裕史・小杉敏彦・ホジン ソン・矢板 信・アミン エルムタワキル・松崎秀昭・野坂秀之(NTT)
CI-5-8 InP-HEMTを用いた280GHz帯、20Gbps受信モジュール
  ○川野陽一・松村宏志・芝 祥一・佐藤 優・鈴木俊秀・中舎安宏・高橋 剛・牧山剛三(富士通)・岩井大介(富士通研)・原 直紀(富士通)