通信ソサイエティ

特別企画

プレナリーセッション

大会委員会企画

TK-2.留学生と国際セクション代表者によるWelcome Party

TK-3.国際標準化とビジネス戦略

TK-4.都市と市民のためのCPS(サイバーフィジカルシステム)の姿を描く

TK-5.大学におけるサイバーセキュリティ対策のアウトソース

TK-6.IoT:「つなぐ」ことで創出する価値と今後の課題

TK-7.トップが語る研究開発の新たなスタイル:ICTの明日はどっちだ?

TK-8.若手技術者のための研究の進め方 - I-Scoverプロジェクト企画 -

TK-9.2046年からの招待講演者

TK-10.教育の改革に向けて

TP-1.大学におけるラーニングアナリティックスの利活用

ソサイエティ特別企画

BK-1.通信ソサイエティWelcome Party

BK-2.論文の書き方講座

パネルセッション

BP-1.見えてきた5G無線アクセス

BP-2.情報指向ネットワーク技術の展望

BP-3.5G/IoTに向けた エッジコンピューティングの技術動向

BP-4.デザイン思考による新たなスマート無線技術の開拓と展開

BP-5.IoT時代の無線システムのあり方

BP-6.ICT標準化と技術イノベーション

BP-7.5G時代に向けたコアネットワークと無線通信の連携

チュートリアルセッション

BT-1.ミリ波帯・マイクロ波帯に適した無線通信技術

BT-2.情報通信分野におけるシミュレーション技術

BT-3.マルチキャリアを見据えたVNO の現状と課題

依頼シンポジウム

BI-1.新たな衛星通信・放送・無人航空機プロジェクトの動向と将来展望

BI-2.アジアから世界に広がるノイズ抑制シートの現状と展望

BI-3.サイバーセキュリティとプライバシー問題

BI-4.光無線通信技術の最新研究動向 – 可視光通信から光衛星通信まで –

BI-5.無線通信の物理的品質とQoE ‐WCQへの誘い‐

BI-6.ユーザの心理・通信行動とコミュニケーションクオリティ

BI-7.SDN/NFV がもたらすトランスポートネットワークの将来像 〜5G/IoT 時代に求められるネットワークアーキテクチャ・通信装置の姿〜

BI-8.光ファイバセンサの現状と将来動向

BI-9.知的環境とレジリエントな防災・減災

BI-10.未来の医療・医学を抜本的に変革し、ICTの可能性を大きく拓かせる戦略提案コンペティション

BCI-1.空間分割多重技術のさらなる発展に向けて

 
シンポジウムセッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

BS-1. 人体周辺における無線システムを実現するアンテナ・伝搬技術
(アンテナ・伝播研専、ヘルスケア・医療情報通信技術研専 共催)

3月16日 9:30〜12:15 センター2号館 4F 2406 座長 長 敬三(千葉工大)

BS-1-1 WBANに適用可能な薄型板状アンテナの小型化検討
  ○井上和弘・大石崇文(東芝)
BS-1-2 ヘルメット折り返しダイポールアンテナ
  ○西山直人・道下尚文・森下 久(防衛大)
BS-1-3 広帯域ウェアラブルアンテナの放射効率の改善を目的とした刺繍構造の検討
  ○吉川貴之・前田忠彦(立命館大)

休 憩(11:00 再開)  座長 高橋応明(千葉大)

BS-1-4 BAN用指輪型ウェアラブルデュアルバンド逆Fアンテナの回転や位置による影響
  ◎野田直宏・岩崎久雄(芝浦工大)
BS-1-5 液剤中で動作する微小円形ループアンテナによる磁界強度の距離特性の較正
  ○石井 望(NICT/新潟大)・武笠 龍・鶴間さつき(新潟大)・浜田リラ・チャカロタイ ジェドヴィスノプ・和氣加奈子・渡辺聡一(NICT)
BS-1-6 腕部に装着されたウェアラブルコイルの磁界結合を利用するボディエリアネットワーク
  ○越地福朗・藤田佑輔(東京工芸大)・越地耕二(東京理科大)

3月16日 13:30〜17:30 センター2号館 4F 2406 座長 森下 久(防衛大)

BS-1-7 3.5GHz帯4×4MIMO対応端末用アンテナの開発
  ○佐野達也・佐藤 浩・小柳芳雄(パナソニック)
BS-1-8 人体周辺における近距離無線通信のためのフリーアクセス伝送線路
  ◎大倉拓也・篠崎友花・T. Lan Tran・新井宏之(横浜国大)
BS-1-9 人体貼り付け型偏波切替ダイバーシティアンテナの屋内実験
  ◎佐藤弘康・朱 一文・陳 強(東北大)・須藤 隆・大石崇文・鈴木琢治(東芝)
BS-1-10 ウェアラブル機器間の伝搬特性に関する研究
  ◎小井田佳緒梨・常光康弘・前山利幸(拓殖大)
BS-1-11 大地面上kHz帯無線電力伝送システム近傍の人体ばく露評価
  ○青木悠平(東京農工大)・チャカロタイ ジェドヴィスノプ・和氣加奈子・藤井勝巳(NICT)・有馬卓司(東京農工大)・渡辺聡一(NICT)・宇野 亨(東京農工大)

休 憩(15:50 再開)  座長 本田和博(富山大)

BS-1-12 RSSIと無給電アンテナを用いたマイクロ波生体方向推定法
  ◎佐々木克海・米澤真也・本間尚樹(岩手大)・中山武司(パナソニック)
BS-1-13 MIMOセンサによる行動パターン推定の基礎検討
  ○西森健太郎・佐藤健斗(新潟大)・本間尚樹(岩手大)・山田寛喜(新潟大)・牧野秀夫(岩手大)
BS-1-14 定在波レーダに独立成分分析を適用した心拍・呼吸モニタリング
  ○松本大樹・桑原義彦(静岡大)
BS-1-15 Bit-Error-Rate OTA Testing of BAN Antennas Based on Shadowing-Fading Hybrid Effects
  ○Kun Li・Keisuke Murata・Kazuhiro Honda・Koichi Ogawa(Toyama Univ.)
BS-2. ネットワーク技術特別ポスターセッション
(ネットワークシステム研専、情報ネットワーク研専 共催)

3月17日 13:30〜15:45 センター2号館 2F 2215 座長 小松 潔(富士通)

BS-2-1 ネットワークソフトウェア技術動向
  ○奥谷武則・北野雄大(NTT)・新津善弘(芝浦工大)
BS-2-2 キャッシュ競合制御方式の検討 -NetroSphere構想実現に向けて-
  ◎中村哲朗・高田直樹・奥谷武則(NTT)
BS-2-3 解像度階層化とIPルーティングによる映像信号分配
  ○小田周平・川本潤一郎・倉掛卓也・遠藤洋介(NHK)
BS-2-4 Bluetooth Low Energyを用いたアドホックネットワークの構築
  ◎加藤拓也・伊藤 篤・藤井雅弘・羽多野裕之・渡辺 裕(宇都宮大)・宇都宮栄二(KDDI研)
BS-2-5 Opportunistic Routingにおけるホップ数と近傍関係に基づく冗長パケット削減手法
  ○山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)・朝香卓也(首都大東京)・田中良明(早大)
BS-2-6 情報指向型ネットワーク方式に基づくセンサネットワークにおける動的経路変更法
  ◎小池将史・改田高大・水野 修(工学院大)
BS-2-7 Android端末によるBluetooth Low Energyを用いたMANET構築におけるデータ分割転送技術の実装
  ◎梶川伸廣・南 雄也・河野英太郎・角田良明(広島市立大)
BS-2-8 無線センサネットワークにおけるセキュア分散データ転送による複数ゲートウェイの活用に関する実験的考察
  ◎谷 隆磨・河野英太郎・角田良明(広島市立大)
BS-2-9 VANET環境におけるモバイルエージェントを用いたセキュア情報配信手法に関する検討
  ◎伊藤良太・橋本健志・大田知行・角田良明(広島市立大)
BS-3. Advanced Networking Technologies for Innovative Information Networks
(ネットワークシステム研専)

3月15日 11:00〜12:15 センター2号館 2F 2212 座長 平田孝志(関西大)

BS-3-1 Subcarrier Sharing in a Star-Ring-based OFDM-RoF Access Network for Future 5G Communications
  ◎Sheng Xu・Filippos Balasis・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-2 Minimizing Cost in Multi-Core Fibre Optical Networks
  ○Filippos Balasis・Sheng Xu・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-3 Performance Improvement of Optical Networks with Waveband Virtual Links
  ◎Yusaku Ito・Yojiro Mori・Hiroshi Hasegawa・Ken-ichi Sato(Nagoya Univ.)

3月15日 13:30〜17:10 センター2号館 2F 2212 座長 上山憲昭(阪大/NTT)

BS-3-4 Intra-Domain Video Caching in Content Centric Network with Normalized Popularity
  Zhi Liu・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・○Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-5 Location-Aware Contents Delivery Service Utilizing GPS Real-time Tracking and Geo-fencing
  ◎Pratama Putra・Ping Du・Shu Yamamoto・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)
BS-3-6 Energy Efficient Data Downloading Scheme for C-RAN
  ○ Zin Ko Ko Win・Di ZHANG・Takuro SATO(Waseda Univ.)
BS-3-7 Analysis of Transmission Efficiency Based on Social Big Data
  ○Qiaozhi Hua・Di Zhang・Xin Qi・Takuro Sato(Waseda Univ.)

休 憩(15:30 再開)  座長 須永 宏(阪工大)

BS-3-8 A High-secure IoT-based Lifestyle Monitoring System in the Context of Ageing Society
  ○Ping Du・Pratama Putra・Shu Yamamoto・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)
BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)
BS-3-10 Performance Evaluation A Multipath Routing Method using Available Bandwidths on OpenFlow Networks
  ○Tomoyuki Kamiyama・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)
BS-3-11 Performance Evaluation of Secure Inter-Data Center Communication based on SDN
  ◎Masahiro Furukawa・Kouki Kuroda・Youichirou Ueno・Noriharu Miyaho(Tokyo Denki Univ.)

3月16日 10:20〜12:00 センター2号館 2F 2212 座長 横平徳美(岡山大)

BS-3-12 Performance Evaluation of Secure Connection Assistance Architecture for M2M/IoT Devices
  ◎Mika Mori・Yoshiko Sueda・Masao Aihara(NTT)
BS-3-13 Analyzing the Traffic Correlation-Based Attacks on Tor
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Celimuge Wu・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)
BS-3-14 Design of HELIOS, a Network Anomaly Visualization Tool
  ◎Matthias Gusenbauer(TU Wien)・Romain Fontugne(IIJ)・Johan Mazel・Kensuke Fukuda(NII)
BS-3-15 5G Strategy by Korean Mobile Operator LG U+
  ○Hee Dong KIM(Hankuk Univ. of Foreign Studies)

3月16日 13:30〜17:10 センター2号館 2F 2212 座長 橘 拓至(福井大)

BS-3-16 Optimal Pricing Strategy for Service Provisioning in the Monopoly Cloud Context with Heterogeneous Users
  ○Xianwei Li・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-17 A NEW GENERAL MODEL OF THE LIMITED-AVAILABILITY GROUP
  ○Mariusz Glabowski・Hanczewski Slawomir(Poznan Univ. of Tech.)
BS-3-18 Multiservice queuing system with elastic traffic
  ○Maciej Stasiak・Slawomir Hanczewski・Damian Kmiecik(Poznan Univ. of Tech.)・Joanna Weissenberg(Kazimierz Wielki Univ.)
BS-3-19 A Targeted Drug Delivery Approach using Molecular Communication
  ◎Yao Sun・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)
BS-3-20 Non-diffusion-based Molecular Communication Using Adhesive Molecules
  ◎Takuya Obuchi・Tadashi Nakano・Yutaka Okaie・Takahiro Hara(Osaka Univ.)

休 憩(15:55 再開)  座長 水野 修(工学院大)

BS-3-21 SP: A Smooth Playback Scheme for SVC Video Streaming over Vehicular Networks
  ◎Ruijian An(SOKENDAI)・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Hao Zhou(NII)・Yusheng Ji(NII, Sokendai)
BS-3-22 A Study on the Audiovisual Cross-Modal Effect in Multi-View Video and Audio IP Transmission
  ○Toshiro Nunome・Kazunori Sako(Nagoya Inst. of Tech.)
BS-3-23 Traffic Analysis on P2PTV Based on User Behavior
  ◎Naoki TAKEUCHI・Takumi MIYOSHI(Shibaura Inst. of Tech.)・Olivier FOURMAUX(UPMC Sorbonne Univ.)

3月17日 13:55〜17:10 センター2号館 2F 2212 座長 布目敏郎(名工大)

BS-3-24 Exploiting the Dynamics of Rayleigh Fading Channels for Wireless High-Dense Networks with Multiple Relays
  ◎Khoirul Anwar(JAIST)
BS-3-25 Tackling eNB RLC Buffer Overflow by AQM based Congestion Control in 4G/LTE Network
  ◎Anup Kumar Paul・Hidehiko Kawakami・Atsuo Tachibana・Teruyuki Hasegawa(KDDI R&D Labs.)
BS-3-26 Interference suppressing performance of a sub-band selection based MIR UWB system
  ○LIN QI(Harbin Engineering Univ.)・Masaaki Katayama(Nagoya Univ.)
BS-3-27 Empty Scene and Non-empty Scene Detection from Wi-Sun Acceleration Sensor
  ◎Zhi Liu(Waseda Univ.)・Stephan Sigg(Aalto Univ.)・Toshitaka Tsuda・Hiroshi Watanabe(Waseda Univ.)

休 憩(15:55 再開)  座長 田中良明(早大)

BS-3-28 Experimental Evaluation of a Virtual Overlay Network On Top Of Dynamic Topology Reformation in Wi-Fi Peer-to-Peer Networks
  ◎Prakash Chaki・Masato Yasuda・Gen Motoyoshi(NEC)
BS-3-29 Inferring Social Relations with Smartphone Proximity Networks
  ○Tiantian Jiang・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)
BS-3-30 Maximizing Lifetime of Shortest Path Tree with Different Sensor Energy Budgets
  ○Hiroshi Matsuura(NTT)

3月18日 9:30〜12:20 センター2号館 2F 2212 座長 塚本和也(九工大)

BS-3-31 EVALUATIONS OF ACTIVE ACCESS-POINT CONFIGURATION ALGORITHM UNDER LIMITED MOBILE ROUTER ALLOCATIONS
  ◎Md. Selim Al Mamun Sohag・Md. Ezharul Islam・Debnath Sumon Kumar・Nobuo Funabiki(Okayama Univ.)
BS-3-32 Economic Analysis of Mobile Data Offloading Cooperation Market
  ○Cheng Zhang・Bo Gu・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-33 Performance Evaluations of Elastic WLAN System Testbed
  ◎Md. Ezharul Islam・Nobuo Funabiki・Kyaw Soe Lwin・Md. Selim Al Mamun・Sumon Kumar Debnath・Minoru Kuribayashi(Okayama Univ.)

休 憩(11:05 再開)  座長 福島行信(岡山大)

BS-3-34 Intelligent Bandwidth Consumption Scheduler Considering the Connectivity of Heterogeneous Wireless Networks and Users' Preferences
  ○Bo Gu・Cheng Zhang・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-35 THROUGHPUT MEASUREMENTS WITH VARIOUS INDOOR AP PLACEMENT CONDITIONS FOR IEEE802.11N WIRELESS NETWORKS
  ○Kyaw Soe Lwin・Nobuo Funabiki・Md. Ezharul Islam(Okayama Univ.)
BS-3-36 Throughput prediction based on Hidden Markov Model in mobile network
  ◎Bo Wei・Kenji Kanai・Jiro Katto(Waseda Univ.)

3月18日 13:30〜17:10 センター2号館 2F 2212 座長 大坐畠 智(電通大)

BS-3-37 A Stable Clustered Technique in Mobile Ad Hoc Networks Using Link Expiration Time
  ◎Pratikshya Shrestha(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)
BS-3-38 An Integrated Self-Organized Control Scheme for Transmission Interval and Power in Autonomous Clustering
  ◎Keita Kobayashi・Yoshiaki Kakuda(Hiroshima City Univ.)
BS-3-39 Estimating Source Correlation Online in Massive Multiway Multirelay Networks
  ◎HASAN MOHAMMAD NUR・ANWAR KHOIRUL(JAIST)
BS-3-40 QoS Control Method for W-LAN Ad Hoc Network In Accordance with Required Bit Rate
  ○Kazuo Hajikano(Daiichi Inst. of Tech.)・Masaki Hanada(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hidehiro Kanemitsu(Waseda Univ.)・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hee-Dong Kim(Hankuk Univ. of Foreign Studies)

休 憩(15:30 再開)  座長 谷川陽祐(阪府大)

BS-3-41 A Job Assignment Algorithm for Cloud Computing in Vehicular Environment
  ◎Jingyun Feng(NII/SOKENDAI)・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Yusheng Ji(NII/SOKENDAI)
BS-3-42 A Database-Assisted Collision Aware Data Channel Selection for V2V Communication: Practical Evaluation
  ◎Hitoshi Nakao・Kazuya Tsukamoto・Masato Tsuru・Yuji Oie(Kyushu Inst. of Tech.)
BS-3-43 Hybrid Sensing/Database Approach to Detect White Spaces for Vehicular Communication
  ◎Yuya Takemoto・Kazuya Tsukamoto(Kyushu Inst. of Tech.)
BS-3-44 Initial Evaluation of Acoustic Vehicle Count System utilizing Dynamic Time Warping
  ◎Song Liu・Shigemi Ishida・Kohei Mimura(Kyushu Univ.)・Shigeaki Tagashira(Kansai Univ.)・Akira Fukuda(Kyushu Univ.)
BS-4. 社会インフラのモニタリングシステムを支えるネットワーク技術
(ネットワークシステム研専)

3月18日 9:30〜11:35 センター2号館 2F 2211 座長 橋爪 洋(OKI)

BS-4-1 センサデータの類似性に基づくセンシングシステムの制御
  ◎竹本大輝・加藤槙悟・新熊亮一(京大)
BS-4-2 エッジコンピューティングにおける遅延分析モデルの一検討
  ○今金健太郎・金井謙治・甲藤二郎・津田俊隆(早大)
BS-4-3 エッジコンピューティングを用いた鉄道路線内人物検知システムに関する一検討
  ○竹内 健・金井謙治・甲藤二郎・津田俊隆(早大)
BS-4-4 マルチパス通信における高速パス切替方式
  ○東條琢也・平井弘実・松本 実・高谷直樹(NTT)
BS-4-5 帯域の異なる呼が混在する環境での棄却率推定方式の精度評価
  ◎山本 宏・伊達拓紀・鎌村星平・林 理恵・宮村 崇・源田浩一・植松芳彦(NTT)
BS-5. 次世代パワーデバイス活用に向けた電力変換技術及び周辺回路技術
(電子通信エネルギー技術研専)

3月18日 13:30〜17:05 センター2号館 3F 2310 座長 山下暢彦(NTT)

BS-5-1 ドレインホール注入型GaN-GIT構造による電流コラプスフリーとその連続動作評価手法の開発
  ○黒田正行・柳原 学・金子佐一郎・井腰文智・大来英之・引田正洋・上本康裕・高橋 理(パナソニック セミコンダクターソリューションズ)・森田竜夫・田中健一郎・上田哲三(パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社)
BS-5-2 宇宙における次世代パワーデバイスの活用
  ○水田栄一・仲田祐希・鈴木浩一(JAXA)
BS-5-3 次世代パワーデバイス適用に向けた宇宙機電源システムの研究
  ○岩佐 稔・内藤 均・艸分宏昌(JAXA)
BS-5-4 GaN デバイスに適した電流分割型逆 E 級増幅器
  ◎末次 正(福岡大)

休 憩(15:25 再開)  座長 岩佐 稔(JAXA)

BS-5-5 GaNパワーデバイスの電力変換装置への適用に関する検討
  ◎小林由布子・中村俊和(トランスフォーム・ジャパン)・Wu YiFeng・Huang Zan・Wang Zhan(Transphorm)
BS-5-6 MPPTおよび融通機能付き高効率充電器の開発と検証
  ○吉田直樹・黒川恭平・福井正博(立命館大)・梅田崇志・道平雅一(神戸高専)
BS-5-7 不安定ゲインを用いたDC-DCコンバータの過渡特性改善について
  ○白川拓也・古川雄大・黒川不二雄(長崎大)・Colak Ilhami(Istanbul Gelisim Univ.)
BS-5-8 センサレスモデルによるDC-DCコンバータの電流予測に関する検討
  ○渡邉慎梧・古川雄大・黒川不二雄(長崎大)・松井信正(長崎総合科学大)・中川 豪(長崎県工技セ)・Colak Ilhami(Istanbul Gelisim Univ.)
BS-6. インターネットアーキテクチャ若手ポスターセッション
(インターネットアーキテクチャ研専)

3月16日 13:30〜16:00 センター2号館 3F 2302 座長 飯田勝吉(東工大)

BS-6-1 MQTT を活用した有害鳥獣の検知・撃退システムの検討と実験
  ○佐々木 輝(長岡技科大)・山本 寛(立命館大)・山崎克之(長岡技科大)
BS-6-2 大規模公園における人群観測センサーシステムの検討と実験
  ○新井敬太(長岡技科大)・山本 寛(立命館大)・山崎克之(長岡技科大)
BS-6-3 豪雨災害に対処する降雨・水位センサーネットワークの検討と実験
  ○Hong Quan Le・山崎克之(長岡技科大)・山本 寛(立命館大)
BS-6-4 サルを想定した半永久動作可能な接近検知システムの設計
  ◎古川貴仁・山本麻希(長岡技科大)・山本 寛(立命館大)・山崎克之(長岡技科大)
BS-6-5 分散型フロー制御方式 DFC-BP+ のパラメータ感度に関する一検討
  ◎藪 有妃子・大崎博之(関西学院大)
BS-6-6 大規模 CCN ネットワークのスケーラビリティに関する一検討
  ◎中村 遼・大崎博之(関西学院大)
BS-6-7 拠点間DTNルーティングにおけるブロードキャストACK散在化に関する一検討
  ◎川端奈津子・大崎博之(関西学院大)
BS-6-8 環境センサによる公共空間での人の行動検知の可能性に関する調査
  ◎森岡 新・秋山豊和(京産大)・上善恒雄(阪電通大)・西田純二(社会システム総合研究所)・土屋樹一(JR西日本コミュニケーションズ)
BS-6-9 NSレコード通信履歴の解析によるボットネット通信検知システムの提案
  ◎一瀬 光・金 勇・飯田勝吉(東工大)
BS-6-10 定置網を想定した海中Webカメラシステムの検討と実験
  ○田中 駿(長岡技科大)・福嶋正義(KDDI)・山本 寛(立命館大)・山崎克之(長岡技科大)
BS-8. 移動体への無線電力伝送
(無線電力伝送研専)

3月18日 9:30〜12:15 センター2号館 2F 2201 座長 桑原義彦(静岡大)

BS-8-1 海中無線電力伝送によるAUV充電システムの試作モデル
  ○山本恭平・仲 泰正(豊橋技科大)・荒井和輝(都立産技高専)・田村昌也(豊橋技科大)
BS-8-2 二次元共振器アレイ型無線電力伝送における共振器間通信受信信号強度を利用した位置推定
  ◎橋詰 新・成末義哲・川原圭博・浅見 徹(東大)
BS-8-3 コイル間相互結合のワイヤレス電力伝送応用
  ◎古田健太・高橋 航・遠藤 俊・布川和樹・宇野広祐・馬場涼一・丸山珠美(函館高専)

休 憩(11:00 再開)  座長 山本綱之(山口大)

BS-8-4 ペア共振器を用いた掃除ロボットへのWPTシステム
  ◎伊藤竜次・平岩達也・石崎俊雄(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)
BS-8-5 無線電力伝送を用いたケーブルベヤレス直動型搬送ロボット
  ○杉野正芳(日本自動車部品総研)・近藤 弘(デンソー)・竹田 滋(デンソーウエーブ)
BS-8-6 連続給電走行1/32スケールCRLH電化レーン電気自動車の試作
  ○坂井尚貴・本田拓海・大平 孝(豊橋技科大)

3月18日 13:30〜17:30 センター2号館 2F 2201 座長 日景 隆(北大)

BS-8-7 EMCを低減するベクトル合成を用いたワイヤレス給電法
  ○郡 武治(静岡理工大)
BS-8-8 平行2線を用いた走行中ワイヤレス電力伝送技術について
  ○鶴田義範(ダイヘン)
BS-8-9 走行中セニアカーへの給電システムの開発
  坂柳佑治・戸川翔太・小長谷健太・石川裕規・○桑原義彦(静岡大)
BS-8-10 送電側電圧誤差を考慮した走行中ワイヤレス給電におけるリアルタイム最大効率制御
  ◎小林大太・居村岳広・堀 洋一(東大)
BS-8-11 二重化平行二線路を用いた走行中ワイヤレス給電の実証実験
  ◎前川拓也・伊原木 駿・岡本拓也・William-Fabrice Brou・Quang-Thang Duong・東野武史・金子裕哉・岡田 実(奈良先端大)

休 憩(15:50 再開)  座長 石崎俊雄(龍谷大)

BS-8-12 電気自動車へのタイヤ経由磁界結合WPTシステム伝送実験
  ◎川添雄紀・張 陽軍(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)
BS-8-13 移動体へのマイクロ波電力供給システムの基礎検討
  ○高野 忠・宇野 孝・柴田国明・三枝健二(日大)
BS-8-14 UHF帯を用いた複数の小型・軽量回転物体への同時無線給電手法
  ◎山口裕之・西川 久・古越隆浩・西橋 毅・田中亜実・道関隆国(立命館大)
BS-8-15 空中浮遊する移動体へのマイクロ波無線電力伝送の展示装置開発
  ○王 策・兒島清志郎・平山啓太・蟻正悟史・楊 波・松室尭之・石川峻樹・黄 勇・塚本 優・西村貴希・後藤宏明・三谷友彦・篠原真毅(京大)
NBS-1. 複雑コミュニケーションサイエンス・情報ネットワーク科学: 学生・若手研究者特集ポスターセッション
(情報ネットワーク科学時限研専、複雑コミュニケーションサイエンス研専 共催)

3月16日 13:30〜17:30 センター2号館 4F 2402 座長 藤原明広(福井工大)

NBS-1-1 一様雑音及び2値雑音を用いた確率共鳴受信機の誤り率特性改善
  ◎田中裕也・中島康雄・山里敬也(名大)・田所幸浩(豊田中研)・荒井伸太郎(香川高専)
NBS-1-2 無線通信網における送信履歴情報を用いた経路制御手法の提案
  ◎佐藤徳馬・木村貴幸・神野健哉(日本工大)
NBS-1-3 コグニティブサイクルに基づく無線LANネットワーク最適化手法の設計と実装
  ◎小林拓夢・佐藤雅季・黒田佳織・長谷川幹雄(東京理科大)
NBS-1-4 電力パケットによる電源側への電力の割り当てに関する一考察
  ◎縄田信哉・高橋 亮・引原隆士(京大)
NBS-1-5 Neural Network Power Control and Interference Cancellation for MIMO Small Cell Networks
  ○Michael Andri Wijaya・Kazuhiko Fukawa・Chang Yuyuan・Hiroshi Suzuki(Tokyo Tech)
NBS-1-6 無線LAN搭載ロボット群のリンクアグリゲーション通信性能を向上させる移動協力とその性能評価
  ◎小松原英将(東工大)・村瀬 勉(名大)・笹島和幸(東工大)

休 憩(15:50 再開)

NBS-1-7 ネットワーク上の共鳴を利用した Laplacian 行列の固有値推定法
  ◎古谷諭史(首都大東京)・高野知佐(広島市立大)・会田雅樹(首都大東京)
NBS-1-8 ソーシャルアドホックネットワークの異なる親密度計算方法による特性評価
  ○羅 天然・村瀬 勉(名大)
NBS-1-9 プライバシーリスク分析手法の高速化
  ◎三本知明・Anirban Basu・清本晋作(KDDI研)
NBS-1-10 Pico-Band: リストバンド型省エネ個別暖房デバイスの開発 -温熱感を持続させる温度制御法の提案-
  ○徳田貴拓・磯山直也・ロペズ ギヨーム(青学大)
NBS-1-11 道路状土台の上で成長する頑健な通信網の構築法
  ○松久保 潤(北九州高専)・林 幸雄(北陸先端大)
NBS-1-12 GUI操作自動化ツールを用いた渋滞情報分析
  ○上嶋光優・藤原明広(福井工大)
NBS-1-13 画像解析による葉菜類の相対成長速度測定
  ○岩原泰奎・藤原明広(福井工大)
BCS-1. 最新のマルチスケール/マルチディメンションモデルシミュレーション技術
(アンテナ・伝播研専、電磁界理論研専、エレクトロニクスシミュレーション研専 共催)

3月17日 13:30〜17:20 センター2号館 4F 2406 座長 有馬卓司(東京農工大)・福迫 武(熊本大)

BCS-1-1 Scattering of Plane Waves by Magnetic-Field Biased Graphene: Modal Transmission-Line Approach
  ○Ruey-Bing Hwang(National Chiao Tung Univ.)
BCS-1-2 ミリ波帯オンチップアンテナの解析におけるダミーメタルの実効媒質定数近似
  ○平野拓一・李 寧・岡田健一・広川二郎・安藤 真(東工大)

休 憩(14:35 再開)  座長 佐藤亮一(新潟大)

BCS-1-3 屋内外シームレス電波環境解析のためのSfMや深度センサによるFDTD実環境マルチスケール数値モデル構築
  ○園田 潤・今野海航(仙台高専)・橋本瑞樹・金澤 靖(豊橋技科大)・佐藤源之(東北大)
BCS-1-4 FDTD法による有理関数モデルを利用した極低周波電磁界解析のためのマルチスケール解析手法
  ○浅野慶太・宇野 亨・有馬卓司(東京農工大)・古川洋之・西村裕之(IHI)
BCS-1-5 眼部ミリ波ばく露評価のための電磁界-流体熱輸送解析システムの開発
  ○鈴木敬久・佐々木真央・多氣昌生(首都大東京)・小島正美・佐々木 洋(金沢医科大)・Jerdvisanop Chakarothai・佐々木謙介・和氣加奈子・渡辺聡一(NICT)

休 憩(16:05 再開)  座長 平野拓一(東工大)

BCS-1-6 FAST PARETO-GENETIC ALGORITHM OPTIMIZATION METHOD FOR ANTENNA USING SURROGATE MODEL
  ○Sindhuja Patchaikani・Yoshihiko Kuwahara(Shizuoka Univ.)
BCS-1-7 オブジェクト指向プログラミングによる電磁波散乱シミュレーションコードの設計に関する一考察:三角要素と四角要素の混在する境界要素
  ○田中雅宏(岐阜大)
BCS-1-8 Fast Numerical Analysis of Finite Periodic Dipole Array Antenna Embedded in Thin-Stratified Medium Using Novel Characteristic Basis Function Method
  ○Keisuke Konno(Tohoku Univ.)・Robert Burkholder(The Ohio State Univ.)・Qiang Chen(Tohoku Univ.)