キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

リアル人体頭部モデル C-15-4 TMSコイルによる脳内誘導電界局在性の被験者間ばらつき
  ○岩橋真宏(名工大)・Illka Laakso(Aalto Univ.)・平田晃正(名工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
リアルタイム B-3-3 市街地における複数の無人航空機を利用したリアルタイムデータ伝送のスループット解析
  ◎堀内優仁・西山大樹・加藤 寧(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
リアルタイム B-10-66 JGN-Xテストベッドにおけるダイナミック適応型フォトニックノードを用いた400Gbps/chリアルタイムフィールド伝送実験
  ○米永一茂・手島光啓(NTT)・星田剛司・秋山祐一(富士通)・杉原隆嗣・亀谷聡一朗(三菱電機)・野口栄実・柳町成行(NEC)・佐藤健一(名大)・丸田章博(阪大)・宮本 裕(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
リアルタイム D-21-1 Kinectを用いたダンス学習支援システム
  ○藤谷美樹・武田正之(東京理科大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
リアルタイムIoTシステム B-18-47 リアルタイム性を考慮したIoTシステムの実現に向けたフィードバック制御に関する一考察
  ◎髙木啓彰・西山大樹・加藤 寧(東北大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
リアルタイムシミュレーション実験 A-13-1 RNP ARとILS進入方式との混合運用における異常接近予測
  ○天井 治・松岡 猛(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
リアルタイム伝送 C-14-9 QPSK変調による300 GHz帯無線リアルタイム伝送
  ◎藤田悠介・安田 優・久武信太郎(阪大)・桑野 茂・寺田 純・大高明浩(NTT)・永妻忠夫(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
リーダー育成 TK-10-5 博士リーダーの育成 ‐博士課程教育リーディングプログラム「ヒューマンウェアイノベーション」紹介‐
  増澤利光(阪大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
リーダビリティ指標 D-15-50 リーダビリティ指標を用いた文章評価システム「MRead」の開発―文章難易度のリアルタイムフィードバック―
  ◎赤木信也・納富一宏(神奈川工科大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
リードフレーム C-2-95 電磁シールド構造を有するリードフレーム型半導体パッケージ
  ○水谷浩之・石橋秀則・石田 清・渡邊陽介・檜枝護重(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
理解 TK-8-2 作るための発想
  宇野毅明(NII)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
理解度 D-15-29 理解状況把握のための自信度統合S-P表の提案
  ◎荒川友樹・赤倉貴子・藤森 進(東京理科大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
リカバリーモード B-18-18 リカバリーモードを用いた省電力なセンシングにおけるAndroid端末と外部機器の連携手法
  ◎高木 雅・川原圭博・浅見 徹(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2216)
リカレントニューラルネット A-8-3 深層リカレントニューラルネットを用いたエコーキャンセラ
  ○古田 訓・粟野智治・石井 純(三菱電機)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
リカレントネットワーク D-2-1 ニューラルネットワークを用いたサッカーの流れモデル構築手法の提案
  ◎齋藤康生・木村昌臣・石崎聡之(芝浦工大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
力率補正 B-21-28 D級インバータを応用した可変リアクタの実装評価
  ◎成末義哲・川原圭博・浅見 徹(東大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2213)
リコメンド D-9-6 進捗状況に応じた有用情報を提示するリコメンド方法
  ○柴田 弘・山田真一・南田幸紀(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
リザーバコンピューティング N-1-21 単純なマスクを用いたリザーバコンピューティングの時間遅延相互結合システムによる実現
  ◎手塚美和・菅野円隆・文仙正俊(福岡大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
リザーバコンピューティング N-1-22 有色ノイズをマスク信号として用いた半導体レーザにおけるリザーバコンピューティング
  ◎中山丞真(埼玉大)・菅野円隆(福岡大)・内田淳史(埼玉大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
リサイジング D-11-65 シームカービングを用いたコミック画像のリサイジング手法
  ◎洞山勇介・大塚史明・小池 淳・和田直哉・村上仁己(成蹊大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
離散時間 C-12-11 複素型周期時変連続時間回路を用いた広帯域アナログ等化器
  ○森下陽平・水野紘一・高橋和晃(パナソニック)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
離散時間システム A-1-10 構造不確かさを含む線形離散時間システムに対する適応的ロバスト制御系の構成法
  ○町田優奈・大屋英稔・久保智裕(徳島大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
離散事象システム A-10-6 LTL制約の下での定量的離散事象システムの最適制御器設計
  ◎榊原愛海・Sasinee Pruekprasert・潮 俊光(阪大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
離散事象システム A-10-9 事象観測遅延とパケット損失のあるネットワーク化Mealyオートマトンのスーパバイザ制御
  ◎増田直之・潮 俊光・高井重昌(阪大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
離散事象システム A-10-10 最適LLPスーパバイザによる生産システムミニチュアの制御
  ◎梅本 聖・山崎達志(摂南大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
離散事象システム A-10-11 LTL制約の下でのMDPに対するスーパバイザの強化学習
  ◎広本将基・潮 俊光(阪大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
リスクコミュニケーション BI-3-2 プライバシーバイデザインとプライバシー影響評価
  瀬戸洋一(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
リスク上界 AT-1-3 Barron and Cover理論によるlassoのリスクの上界評価
  川喜田雅則(九大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1406)
リソース使用率 B-6-52 サービスチェイニングにおけるリソース使用率の評価
  ○山崎裕史・望月このみ・本間俊介・杉園幸司(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
リソース制御 B-6-60 B2B2Xクラウドサービス基盤のリソース制御の検討
  ○源田浩一・山本 宏・伊達拓紀・鎌村星平・林 理恵・宮村 崇・植松芳彦(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
リソース制御 B-11-19 無線LANにおけるネットワーク制御型チャネル割当法の性能評価
  ○アベセカラ ヒランタ・松井宗大・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
リソース制御 BS-2-2 キャッシュ競合制御方式の検討 -NetroSphere構想実現に向けて-
  ◎中村哲朗・高田直樹・奥谷武則(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
リソース選択 B-14-23 クラウド利用時の価格変動を考慮にいれたリソース選択方法
  ○大西浩行・尾居愛子・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
リソース配置 B-6-50 サービスチェイニングにおける必要帯域を考慮したリソース配置手法
  ◎阿久津直樹・馬場健一(工学院大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
リソース割当 B-6-52 サービスチェイニングにおけるリソース使用率の評価
  ○山崎裕史・望月このみ・本間俊介・杉園幸司(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
リソース割当 B-17-32 フルデュプレックスセルラにおけるPFSの特性解析
  ○大戸琢也・山本高至(京大)・羽田勝之(Aalto Univ.)・西尾理志・守倉正博(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
リソグラフィー A-6-12 半正定値計画緩和に基づくMPLレイアウト分割のための補正項
  ○半田昌平・高橋篤司・中田和秀・松井知己(東工大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
リソグラフィー CI-4-8 金属微粒子ナノシートの大面積パターニング
  ○龍崎 奏・斎藤 昴・pangpang wang・岡本晃一・玉田 薫(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
リターンロス B-4-27 Frequency selective surfaceを利用した電磁波吸収体の作製と評価
  ○吉田隆彦・久保田 匠・吉門進三(同志社大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
リタイマー C-12-40 28Gbpsリタイマーの低ジッタ化に向けたインピーダンス整合方法の開発
  ○結城文夫・古後健治・乗松崇泰・高武直弘・川本高司・武藤 隆(日立)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
リチウムイオン電池 B-9-4 広域に分散するグリーン基地局群の直流給電方式に関する一考察
  ○竹野和彦・中村祐喜・小宮一公・木村和明(NTTドコモ)(3月17日発表 センター2号館 3F 2310)
リッジ導波管 B-1-77 リッジ導波管非接触接続の構造簡易化に関する検討
  ◎末廣祐貴・室伏竜之介・久我宣裕(横浜国大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
リッジ導波管 B-1-136 ダブルリッジ導波管を用いた水平偏波オムニスロットアレー
  張 欣(Hitachi Metals)・○Ming Hui Chen(Victory Microwave)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
リッジ導波管 B-1-137 ダブルリッジ導波管を用いた垂直偏波オムニスロットアレー
  ○張 欣(Hitachi Metals)・Ming Hui Chen(Victory Microwave)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
立体 D-11-25 多視点カメラを用いたインテグラル立体における立体再現領域の撮影手法
  ○池谷健佑・洗井 淳(NHK)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
立体映像 D-11-10 インテグラル立体の二眼立体表示のシミュレーションによる評価実験
  ○片山美和・三科智之(NHK)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
立体映像 H-3-15 ネットワーク特性が立体映像の知覚に与える影響
  ◎牧原 将・寺田裕樹・猿田和樹・陳 国躍(秋田県立大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
立体視 H-3-14 立体視を用いたHDR画像表示の検討
  ○山内俊明・地主知史・谷中一寿(神奈川工科大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
立体表示 D-11-26 視点位置を考慮したDepth Fused 3D用表示画像の生成法
  ○田村 徹・平野寿宗(東京工芸大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
リテラシー D-15-16 ソーシャルネットワークサービス利用状況調査
  ○古性淑子・今中厚志(横浜美大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
リテラシー教育 D-9-8 リテラシー教育のためのインターネットにおける炎上体験システムの試作
  ○小林宥太・岸本頼紀(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
利得 B-1-52 ショートパッチ給電双方向ビーム誘電体アンテナの利得特性
  ◎日下道康・秋好成道・小西善彦・浅野敏郎(広島工大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
利得 B-1-89 周期的変形を有するヘリカルアンテナの頂角特性
  ○三牧宏彬・中野久松(法政大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
利得 B-1-106 パッチ型FSSによるUHF帯パッシブRFIDの通信特性向上
  宮澤茎太・◎川上由紀(福井高専)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
利得 C-2-41 金属ループを用いた集磁デバイスの利得解析
  ○田中宏哉・飯塚英男(豊田中研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
利得可変 C-10-6 4×32Gbit/s小型・高利得リニアドライバIC開発
  ◎板橋直樹・巽 泰三・森山 豊・荻田省一(住友電工)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
利得均一化 B-1-109 円偏波スタブ使用メタループアンテナの利得均一化
  ○吉田朋宏・山内潤治・中野久松(法政大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
利得測定 C-15-2 60GHz帯CMOSオンチップアンテナの利得測定におけるプローブの影響
  ◎飯田雄貴・平野拓一・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
リニアドライバIC C-10-6 4×32Gbit/s小型・高利得リニアドライバIC開発
  ◎板橋直樹・巽 泰三・森山 豊・荻田省一(住友電工)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
リバーブレーションチャンバ B-4-54 リバーブレーションチャンバを用いた自動車の放射イミュニティ試験の基礎的検討
  ○張間勝茂(NICT)・中村哲也・秋田大地(東陽テクニカ)・石上 忍(NICT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
リハビリテーション BI-10-8 リハビリテーションや介護予防の運動指導への客観的視点の導入と高度管理の実現
  永井秀利(九工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
リバランシング D-4-7 不均一な負荷状態の高速判定方式に関する考察
  ◎外山篤史(NTT)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
リフレクトアレー B-1-100 メタマテリアルを応用した小型アンテナのためのリフレクトアレーの設計と解析
  ◎遠藤 俊・宇野広祐・檜山怜史・布川和樹・舟橋拳人・丸山珠美(函館高専)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
リフレクトアレー B-1-102 リフレクトアレーアンテナにおける収差理論を用いた周波数特性に関する検討
  ○竹島健飛・吉本翔太・藤井由香・牧野 滋・廣田哲夫・伊東健治・野口啓介(金沢工大)・塩出剛士・瀧川道生(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
利便性 D-19-3 多段階認証における被認証者の利便性向上に関する一考察
  ○大塚浩昭・山本隆広(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
粒子群最適化 C-2-71 粒子群最適化を用いた方形導波管空洞共振器回路の設計
  ○平岡隆晴・仁平岳志・松本達真・豊嶋久道・許 瑞邦(神奈川大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
多目的粒子群最適化 A-10-14 多目的粒子群最適化手法による複数エリアの空調システム制御
  ◎太田恵大・浮穴朋興(三菱電機)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
粒子媒体 C-15-6 光直接記録に向けたナノアンテナ生成光の特性評価―加工ずれの影響と入射光による偏光制御―
  ◎立澤圭輔・大貫進一郎・芦澤好人・中川活二(日大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
粒子フィルタ B-15-9 移動手段の混在を考慮した移動経路推定法
  ○倉沢 央・佐藤浩史・中村元紀(NTT)・木下 僚(東大)・高須淳宏・相原健朗・安達 淳(NII)(3月16日発表 センター1号館 2F 1210)
流星バースト通信 B-1-14 流星バースト通信路の調査を目的としたPN符号発生装置の開発
  ◎岡井凜太郎・平阪健太・亀井利久(防衛大)・高崎和之・若林良二(都立産技高専)・三寺史夫(北大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
粒度 A-12-1 地球の弁証法論理
  ○高原利生(所属なし)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
流動解析シミュレーション C-3-47 高精度多層配列GI型円形コアポリマー光導波路
  ◎鈴木球太・齊藤侑季・深潟康二・石榑崇明(慶大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
領域推定 D-12-25 画像の感情識別に影響を与える領域の推定に関する検討
  ◎三條智史・桂井麻里衣(同志社大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
領域被覆 B-15-18 自律移動基地局群によるメッシュネットワーク構築-壁沿い移動による狭路環境への適応-
  ◎服部聖彦(NICT)・建部尚紀(電通大)・加川敏規・浜口 清・大和田泰伯(NICT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
領域分割 A-8-22 領域ベースの隠れ変数を用いたポアソンノイズ重畳画像の修復と領域分割
  ◎松本健太郎(関西大)・庄野 逸(電通大)・三好誠司(関西大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
領域分割 D-12-72 空間認識のためのKinectを用いた平面検出
  ○横山隼弥・佐竹純二(福岡工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
料金設計 TK-9-1 インターネット上での友達が部屋に出てくる2046年の通信
  秦 崇洋(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
利用効率 B-10-19 エラスティック光ネットワークにおけるSimplified OXC配置最適化
  ○竹下仁士・松山友理恵・小熊健史・藤澤慎介・樋野智之・田島章雄(NEC)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
量子アニーリング CT-1-2 量子アニーリング〜計算アルゴリズムの観点から〜
  田中 宗(早大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
量子暗号 CI-3-6 長距離量子暗号通信を実現する1.5μm帯単一光子源技術
  ○竹本一矢(富士通研)・南部芳弘(NEC)・宮澤俊之(東大)・三木茂人・山下太郎・寺井弘高・藤原幹生・佐々木雅英(NICT)・佐久間芳樹(物材機構)・高津 求・山本剛之(富士通研)・萬 伸一(NEC)・荒川泰彦(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
量子井戸混晶化 C-4-21 VCSEL 光閉じ込めに向けた量子井戸混晶化による屈折率制御
  ○齋藤 季・森脇翔平・宮本智之(東工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2201)
量子化 D-11-47 変換係数の曲線近似による符号化効率改善の検討
  ○根本慎平・松尾康孝・神田菊文(NHK)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
量子化拘束 D-11-59 ユニキャスト型メディアのためのMPEG復元法の提案
  ○齊藤隆弘・近藤崇吾・小松 隆(神奈川大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
量子化雑音 B-13-14 遠端反射ブリルアン利得解析法における量子化雑音の影響
  ○高橋 央・鬼頭千尋・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
量子カスケードレーザ B-13-2 量子カスケードレーザの安定化と中空光ファイバガスセルを用いたガス分光分析システムの高感度化
  ◎八重樫佳祐・片桐崇史・松浦祐司(東北大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
量子カスケードレーザ CI-3-5 中赤外・テラヘルツ領域における二重上位準位量子カスケードレーザの広帯域動作
  ○藤田和上・道垣内龍男・伊藤昭生・日髙正洋・枝村忠孝(浜松ホトニクス)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
量子カスケードレーザ CI-5-5 テラヘルツ波を用いた送電鉄塔塗装材の腐食計測
  ◎布施則一・福地哲生(電中研)・水野麻弥・福永 香(NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
量子計算アルゴリズム C-8-20 脳型計算の学習則を導入した断熱的量子計算手法の検討
  ◎刑部好弘・佐藤茂雄・秋間学尚・櫻庭政夫(東北大)・金城光永(琉球大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
量子コンピュータ NS-1-2 Coherent Ising Machine上で動作させたHopfield-Tank Neural Networkによる組合せ最適化手法
  ◎金丸恵輔・安田裕之・黒田香織(東京理科大)・合原一幸(東大)・長谷川幹雄(東京理科大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
量子雑音 B-10-80 Copier位相感応増幅における量子雑音への位相不整合の影響
  ○井上 恭(阪大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
量子雑音ストリーム暗号 B-10-38 リアルタイム多値度可変4-64 QAM, 20-60 Gbit/s量子雑音ストリーム暗号伝送
  ○中沢正隆・吉田真人・廣岡俊彦・葛西恵介(東北大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
量子受信機 A-2-15 QAM コヒーレント状態信号に対する非破壊的な量子受信機の平均誤り率
  ○佐藤和輝・宇佐見庄五(名城大)・臼田 毅(愛知県立大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
量子ドット CI-3-6 長距離量子暗号通信を実現する1.5μm帯単一光子源技術
  ○竹本一矢(富士通研)・南部芳弘(NEC)・宮澤俊之(東大)・三木茂人・山下太郎・寺井弘高・藤原幹生・佐々木雅英(NICT)・佐久間芳樹(物材機構)・高津 求・山本剛之(富士通研)・萬 伸一(NEC)・荒川泰彦(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
量子ドットレーザ C-3-5 (依頼講演30分)1.0-1.3μm帯広帯域波長可変レーザの開発と応用
  ○友松泰則・山野井俊雄・遠藤 尚(光伸光学)・久保亮吾・津田裕之(慶大)・吉沢勝美(パイオニアマイクロテクノロジー)・須藤 誠(オプトクエスト)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
量子ドットレーザ C-4-5 (依頼講演30分)量子ドットレーザを搭載したアイソレータフリー光IOコア
  ○水谷健二・屋敷健一郎・栗原 充・鈴木康之・萩原靖彦・羽鳥伸明・清水隆徳・賣野 豊・中村隆宏・蔵田和彦(PETRA)・荒川泰彦(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
量子ビット CT-1-4 磁性/超伝導ハイブリッド構造の物理とコンピューティング応用
  山下太郎(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
利用者指向 D-20-11 機械学習に基づく利用者指向型動画配信サービスにおける動画品質決定手法の実験と評価
  ◎生出真人・髙橋晶子(仙台高専)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
利用属性 D-11-33 利用属性を用いたキャッシュ動画像管理法における一考察
  ○児玉 明(広島大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
緑内障 AT-1-5 緑内障進行予測におけるMDL原理に基づく知識発見
  森野佳生(東大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1406)
リレー伝送 B-5-81 リレー毎に送信電力が制限された遅延・増幅転送
  ◎高橋弘樹・宮嶋照行(茨城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
リレー伝送 B-5-131 リンク間干渉特性から見た光無線リレー通信の設計手法
  ○半澤陽平・仲澤 翔(工学院大)・久保尊広・浅井孝浩・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
理論的アプローチ B-5-104 ネットワークMIMO-OFDMにおけるシンボル間干渉抑圧に関する一検討
  ◎菅沼碩文・丸小倫己・前原文明(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
理論モデル BS-4-2 エッジコンピューティングにおける遅延分析モデルの一検討
  ○今金健太郎・金井謙治・甲藤二郎・津田俊隆(早大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2211)
臨界電荷量 D-10-1 高い耐ソフトエラー性を有するラッチ
  ◎上野弘貴・難波一輝(千葉大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
リンクアグリゲーション NBS-1-6 無線LAN搭載ロボット群のリンクアグリゲーション通信性能を向上させる移動協力とその性能評価
  ◎小松原英将(東工大)・村瀬 勉(名大)・笹島和幸(東工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
リングオシレータ C-12-3 差動注入トランジスタを用いた広同期範囲5GHz帯注入同期型分周器
  ◎戸賀﨑悠介・星野裕也・吉野理貴・安田 彰(法政大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
リングオシレータ D-18-1 商用FPGAにおける動作速度の負荷依存性に関する実験的評価
  ○榮口眞紀雄・浅田尭志・密山幸男(高知工科大)(3月17日発表 センター1号館 6F 1608)
リング階梯 B-8-16 大規模映像配信ネットワークのアーキテクチャ検討
  ○遠藤乾一・保米本 徹・笠原康信・片山 勝・須川智規・廣瀬貴史(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
リンク間干渉 B-5-131 リンク間干渉特性から見た光無線リレー通信の設計手法
  ○半澤陽平・仲澤 翔(工学院大)・久保尊広・浅井孝浩・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
リング共振器 C-2-80 直線共振器を用いた高周波測定における共振周波数シフトの補正公式
  ○李 可人・高 菁・児島史秀(NICT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
リングコアファイバ B-13-18 リングコア型光ファイバのS字曲げによるモード結合特性
  ○森 崇嘉・坂本泰志・和田雅樹・漆原 梓・山本貴司・中島和秀(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
リンク制御 B-8-52 海水中における可視光無線通信のためのリンク制御方式の検討
  ○戸谷伸之(釧路高専)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
リング発振器 A-1-25 Gated-VCO の高周波発振および高速ゲート応答化の検討
  ◎平塚晶崇・内藤文哉・中村 誠(岐阜大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
リンク評価値 B-7-29 高機能ノードネットワークにおけるFECを考慮したリンク評価値
  ◎宮崎友彰・山岡克式(東工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
リングフォーカスグレゴリアン B-1-74 モーメント法と物理光学法による複反射鏡アンテナの解析結果の比較
  ○塩出剛士・田中 泰・瀧川道生・稲沢良夫・宮下裕章(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
リング変調器 C-4-8 自動波長制御を適用したSiリング変調器の広温度範囲25Gbpsエラーフリー動作
  ○田中信介・早川明憲・秋山知之・今井雅彦・関口茂昭・田中 有・森戸 健(PETRA)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
臨場感コミュニケーション D-12-69 3次元動体のリアルタイムスキャニング
  ◎松本依里紗・藤田 悟(法政大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
臨床研究 BI-10-11 自ら受けるサービスを主体的に選択できる自己管理可能な革新的医療システムの実現
  田中康博(国立国際医療研究センター)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
隣接チャネル間干渉 B-5-127 隣接チャネル間干渉除去を導入したミリ波無線LANシステムにおけるフレーム遮断率に関する一検討
  ○大澤 昇・衣斐信介・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
隣接チャネル干渉 B-17-37 隣接チャネル干渉を低減する拡張オーバーラップFFTフィルタバンク
  ◎齋藤 晟・田辺素洋・梅比良正弘(茨城大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)