キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

コア間通信 D-6-23 マルチコア計算機におけるコア間通信の性能評価
  ◎藤井翔太・堀井基史・佐野弘尚・寺岡明彦・山内利宏(岡山大)・松岡武史・江藤文治・福井英理・岩﨑秀司(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
コアトップ加工 C-3-57 コアトップのドライエッチング加工による導波路過剰損失の予備的検討
  ○坂田亮介・田邉和大・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
語彙予測 D-15-51 多読支援システムの構築に向けた単語の意味的類似性を考慮した語彙予測手法の検討
  ◎谷本祐次・安藤一秋(香川大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
コイル B-1-3 コイルに導体板が近接したワイヤレス電力伝送装置の漏えい電磁界特性
  ○長山利裕・金崎善宏・谷口真一・渡辺浩亘・宇野博之・金子哲也・斎藤 裕(パナソニックシステムネットワークス開発研)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
コイル B-21-20 間接給電アンテナの周囲環境変動に対する制御方法の検討
  ○尾形拓也・ニュエン キエン トゥルン・ニュエン トリ クォン・赤津 観・田中愼一(芝浦工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
コイル BS-1-6 腕部に装着されたウェアラブルコイルの磁界結合を利用するボディエリアネットワーク
  ○越地福朗・藤田佑輔(東京工芸大)・越地耕二(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
コイルアレー B-21-17 磁界結合共振無線電力伝送における送信クロスコイルにコイルアレーをスタックした場合の有効性
  ◎間瀬一成・青木優也・菊間信良・榊原久二男(名工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
高SHF/EHF帯 B-1-30 20 GHz帯における屋外-屋内伝搬チャネル特性の一検討
  ○トラン ゴクハオ・今井哲朗・奥村幸彦(NTTドコモ)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
高SHF帯 B-4-10 EOプローブを用いた高SHF帯アンテナ近傍の電界分布測定
  ○佐藤 圭・大西輝夫(NTTドコモ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
高アイソレーション B-1-83 同一周波数全二重無線通信向けアンテナの動作原理に関する一考察
  ◎岩元 啓(東大)・Heino Mikko・羽田勝之(Aalto Univ.)・森川博之(東大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
合意アルゴリズム AS-1-2 代数的連結度最大グラフに関する一定理の拡張
  ◎石井涼也・高橋規一(岡山大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
高域通過フィルタ B-18-19 屋内測位における拡散音源の非可聴音化の検討
  ○村田翔太郎・金田一将・五百蔵重典・田中 博(神奈川工科大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2216)
高位合成 A-6-5 クリティカルパス最適化フロアプラン指向FPGA高位合成手法のアプリケーション適用評価
  ◎藤原晃一・川村一志・柳澤政生・戸川 望(早大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
高位合成 A-6-10 NSLによるRISCプロセッサの開発
  ○松田昭信(九州組込みソフトウェアコンソーシアム)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
高位合成 B-6-8 HDLを出力する高位合成のためのプリプロセッサ方式の提案
  ○金子 斉・西山聡史(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
降雨減衰 B-1-18 Ku帯衛星回線の降雨減衰特性の年変動について
  ○前川泰之(阪電通大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
降雨減衰 B-3-17 Ku帯衛星回線の降雨減衰特性に対する雨域通過速度と通過方向の影響について
  ◎窪田直樹・前川泰之・柴垣佳明(阪電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
豪雨災害 BS-6-3 豪雨災害に対処する降雨・水位センサーネットワークの検討と実験
  ○Hong Quan Le・山崎克之(長岡技科大)・山本 寛(立命館大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
降雨発電 B-9-14 ピエゾフィルムを用いる雨滴発電の性能評価
  奥 智博・○田中 聡(福山大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
構音障害 D-14-21 正規化構音空間での音韻制御に基づく構音障害音声の健常化手法の検討
  ◎鶴田涼介・日高将臣・坂田 聡・山川俊貴・上田裕市(熊本大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
構音障害 D-14-22 ニューラルネットワークを用いた口蓋裂患児音声の構音特徴分析
  ◎増田尚吾・坂田 聡・山川俊貴(熊本大)・手塚征宏・三浦尚子(鹿児島大)・上田裕市(熊本大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
構音診断 D-14-22 ニューラルネットワークを用いた口蓋裂患児音声の構音特徴分析
  ◎増田尚吾・坂田 聡・山川俊貴(熊本大)・手塚征宏・三浦尚子(鹿児島大)・上田裕市(熊本大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
高架 B-1-20 高移動局高に向けた都市部電波伝搬モデルの一検討
  ○小林賢司(KCCSモバイルエンジニアリング)・中野雅之(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
公開鍵暗号 N-1-12 Z/3kZ上チェビシェフ多項式から得られる系列の周期
  ◎河野健人・吉岡大三郎(崇城大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
高階差分 A-7-15 ブロック暗号Midori64の飽和特性
  ◎高橋勇介・五十嵐保隆・金子敏信(東京理科大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
高階調カメラ D-12-32 高階調カメラを用いた極端な照明条件下の特定物体検出に関する検討
  ◎小松美穂・川西康友・出口大輔・井手一郎・村瀬 洋(名大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
効果音 H-2-19 効果音付与による持続的筋力トレーニングシステムの検証
  ◎田中勇祐・井村誠孝(関西学院大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
光学観測 B-3-31 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(7)―小型衛星の精密軌道決定に向けた光学的観測計画―
  ○布施哲治(NICT)・長山翔太(電通大)・久保岡俊宏(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
光学ズーム D-12-7 光学ズームアップと大分類処理を導入した情景画像中の文字スポッティング
  ◎向井田一平・松尾賢一(奈良高専)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
光学接着剤 C-3-49 新規光学接着剤を用いて実装した光デバイスの信頼性評価
  ○渡辺順也・田中拓海・村田則夫・三田地成幸(東京工科大)・影山裕一・木村和資(横浜ゴム)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光学接着剤 C-3-50 植物油由来の光デバイス用UV硬化光学接着剤の開発
  ◎秋本俊一郎・村田則夫(東京工科大)・ミジャ アリス(Univ. of Nice)・三田地成幸(東京工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光学的整合性問題 D-12-60 写実的仮想物体合成のための光源環境推定マーカーの検討
  ◎菊田勇人・山本 強・土橋宣典(北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
光学非線形 B-10-61 Qマップを用いた光ナイキストパルスの分散・非線形耐力の解析
  ○廣岡俊彦・中沢正隆(東北大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
高感度 C-10-16 Sub-1G検出へ向けた積層メタル3軸加速度センサの基礎検討
  ○山根大輔(東工大)・小西敏文(NTT-AT)・年吉 洋(東大)・益 一哉(東工大)・町田克之(NTT-AT)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
講義 D-15-31 ノーティング動作の解析による学修タイプの分類
  ○尾関孝史(福山大)・渡邊栄治(甲南大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
講義支援 D-15-39 学生の進捗度把握機能を有するプログラミング演習支援システム
  ◎星野裕樹・納富一宏・西村広光・示野浩士(神奈川工科大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
高基数演算器 A-6-8 高基数演算器の並列化による楕円曲線上の演算の高速化の検討
  ◎池田 司・池田 誠(東大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
高機能ノード B-7-29 高機能ノードネットワークにおけるFECを考慮したリンク評価値
  ◎宮崎友彰・山岡克式(東工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
公共空間 BS-6-8 環境センサによる公共空間での人の行動検知の可能性に関する調査
  ◎森岡 新・秋山豊和(京産大)・上善恒雄(阪電通大)・西田純二(社会システム総合研究所)・土屋樹一(JR西日本コミュニケーションズ)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
高強度 B-10-16 高密度架空HSケーブルの開発
  ○伊藤直人・大野正敏・大里 健・山中正義(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
公共ブロードバンドシステム B-5-90 VHF帯公共ブロードバンドシステムフィールド実験〜②伝搬損失特性〜
  ○沢田浩和・大堂雅之(NICT)・小林英樹(警察大)・小原宏貴・児島史秀(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
公共ブロードバンドシステム B-5-92 VHF帯公共ブロードバンドシステムフィールド実験〜④インパルス応答〜
  ◎小原宏貴・沢田浩和・大堂雅之・小林英樹・児島史秀(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
高距離分解能 B-13-11 相互相関に基づく高距離分解能BOTDR
  ○笠原寛史・堀口常雄・柴田龍太郎(芝浦工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
合金膜 C-6-2 TaWN3元合金薄膜の作製
  ○武山真弓・佐藤 勝・野矢 厚(北見工大)(3月17日発表 センター1号館 6F 1607)
航空管制 A-13-1 RNP ARとILS進入方式との混合運用における異常接近予測
  ○天井 治・松岡 猛(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
航空管制 B-2-17 航空管制における中期コンフリクト検出技術の必要性について
  ○平林博子・瀬之口 敦・白川昌之(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
航空機監視 B-1-8 航空機監視における伝搬モデル評価に向けた拡張スキッタの測定
  ◎長縄潤一・宮崎裕己・田嶋裕久(電子航法研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
航空機監視 B-2-23 航空機監視信号環境に関する一検討
  ○大津山卓哉・長縄潤一・本田純一・宮崎裕己(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
航空機搭載 B-1-149 C / Dバンド水平偏波無指向性アンテナの開発
  ○神田泰明・石川雅澄・今 修二・羽賀俊行(アンテナ技研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)
航空交通管理 D-4-16 航空交通のオープンデータ(CARATSオープンデータ)
  ○岡 恵・福田 豊・ビクラマシンハ ナヴィンダ(電子航法研)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
口腔内インタフェース H-2-27 ヘッドセット型口腔内インタフェースの開発
  ○小池宇織・エンリケズ ギエルモ(早大)・ヤップ フェイ イー(LP-RESEARCH)・三輪貴信・橋本周司(早大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1209)
口腔内設置型インタフェース H-2-29 電気的刺激を利用した食味の変化を継続的に提示する口腔内設置型インターフェースの開発
  ◎塚本和樹・山口友之(筑波大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1209)
高屈折率無反射構造 C-14-17 円偏波変換機能とコリメート機能を有する0.3 THz帯メタマテリアルアンテナコンポーネントの設計
  ◎大内隆嗣・石原功基・佐藤竜也・富樫隆久・鈴木健仁(茨城大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
呼受入制御 B-3-20 大規模災害時における地上/衛星共用携帯電話の呼受入制御評価 ―ユーザの再呼行動を考慮した再呼回数による呼受入制御―
  ○遠藤邦夫(NEC)・岡田和則・三浦 周(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
攻撃 B-7-15 局所環状構造に着目した強連結P2Pネットワークの平均経路長削減手法
  ◎坂本陸歩・山岡克式(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
攻撃検知 B-6-27 パケット連続到着時間を尺度とした攻撃検知法
  ○林 裕平・西山聡史・阪井勝彦・鈴木昭徳・工藤伊知郎(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
攻撃予測 DI-1-3 ISP運用におけるハニーポットセンサ観測データを用いたサイバー攻撃予測の評価
  ◎浦川順平・澤谷雪子・山田 明・窪田 歩(KDDI研)・牧田大祐・吉岡克成・松本 勉(横浜国大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
高血圧予防 BI-10-13 患者教育におけるARCSモデルの展開とコミュニケーションロボットPepperの可能性
  石黒奎太朗(阪府大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
光源環境推定 D-12-60 写実的仮想物体合成のための光源環境推定マーカーの検討
  ◎菊田勇人・山本 強・土橋宣典(北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
高校生物 TK-10-3 自立と協働、創造を促すアクティブラーニング型授業の高校における実践
  溝上広樹(熊本県立苓明高等学校)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
高効率 A-5-13 5V駆動大電力デジタルスピーカ用ドライバの試作
  ○高橋壮佳・戸野村厚樹・安田 彰・吉野理貴(法政大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
高効率 BS-5-6 MPPTおよび融通機能付き高効率充電器の開発と検証
  ○吉田直樹・黒川恭平・福井正博(立命館大)・梅田崇志・道平雅一(神戸高専)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
高効率増幅器 C-2-7 2高調波同時短絡スタブによるリアクティブ終端負荷回路を用いたGaN HEMT高効率電力増幅器
  ◎髙木裕貴・石川 亮・本城和彦(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
高効率トランジスタ整流器 C-2-18 900 MHz帯GaAs HEMT F級整流器の広ダイナミックレンジ化に関する基礎検討
  ◎藤牧美咲子・石川 亮・本城和彦(電通大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
交互脈 N-1-28 心臓細胞モデルの結合系における同期
  ○津山裕亮・北島博之(香川大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
虹彩認証 AS-5-1 照明方向が異なる複数の虹彩画像を用いた融合判定による個人認証
  ○高野博史・野田千尋・中村清実(富山県立大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2409)
交差点 A-14-8 700MHz帯インフラ協調システムを用いた車群統御のための初期検討
  ◎大野良太・山里敬也(名大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
交差判定 D-12-75 多視点移動ステレオを用いた三次元復元に基づく映像の再取得計画
  ◎松村健右・越後富夫(阪電通大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
格子 CS-1-3 誘電体格子によるTM平面波散乱の摂動解析
  ○小見山 彰(阪電通大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
講師 D-15-31 ノーティング動作の解析による学修タイプの分類
  ○尾関孝史(福山大)・渡邊栄治(甲南大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
格子基底縮小 B-5-112 MU-MIMO 下りリンクNLP における演算量の低減法
  ◎今村和樹・高畑文雄(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
高次元 A-2-4 高次元結晶による空間充填
  ○佐藤郁郎(宮城県立がんセンター)・秋山 仁(東京理科大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
高次構造 CI-5-3 THz分光と高分子の構造
  保科宏道(理研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
光子数分解能 C-8-6 光子数分解能を有するSNSPD検出器アレイ用SFQ増幅回路
  ◎大田一喜・成瀬雅人・田井野 徹・明連広昭(埼玉大)・Jian Chen・Lin Kang・Peiheng Wu(南京大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
高次脳機能障がい H-4-23 高次脳機能障がい者向け運転技能評価のための表面筋電図による前腕筋活動量の分析
  ○中村正樹・中村円香・浦島 智・唐山英明・鳥山朋二(富山県立大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
高次モード B-13-38 空孔利用によるLP11モードのクロストーク抑制の検討
  ◎野添紗希・坂本泰志・辻川恭三・中島和秀(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
高周波 B-1-81 超小型スパイラルアンテナの放射特性の実験的評価
  ◎青木英恵・増本 博(東北大)・荒井賢一(電磁材料研究所)・山口正洋(東北大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
高周波スイッチング A-1-30 DC/DCコンバータの小型・並列化のための高周波スイッチング手法に関する検討
  ◎佐段田裕平・引原隆士(京大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
高周波数帯 B-1-23 天井高を考慮した0.8GHz帯から37GHz帯における屋内環境の伝搬損失推定式
  ○佐々木元晴・猪又 稔・北 直樹・鬼沢 武(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
高周波数帯 B-1-38 屋内環境における人体遮蔽による受信レベル変動の周波数特性
  ○北尾光司郎・トラン ゴクハオ・今井哲朗・大巻信貴・奥村幸彦(NTTドコモ)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
高周波数帯 B-5-28 15 GHz帯5G無線アクセスの電波暗室におけるMassive MIMOを用いたビーム特性評価
  ◎立石貴一・栗田大輔・原田 篤・岸山祥久(NTTドコモ)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
高周波数帯 B-5-43 仲上-ライスフェージング環境におけるバトラーマトリクスを用いたアナログビームフォーマの一検討
  ◎結城嵩仁・小川恭孝・西村寿彦・大鐘武雄(北大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
高周波数帯 B-5-132 人体密集環境下におけるスモールセルを想定した26GHz帯伝送特性に関する実験的評価
  ○岩渕匡史・新宅俊之・井之上瑞紀・鬼沢 武・阪田 徹(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
高周波数帯 B-5-149 高周波数帯無線システムを想定した信号波形の位相雑音耐性に関する一検討
  ◎井之上瑞紀・岩渕匡史・新宅俊之・鬼沢 武・阪田 徹(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
高周波帯 B-1-41 レイトレース法による高マイクロ波帯移動伝搬特性シミュレーション
  ◎小川雄斗・野澤拓也・梅比良正弘(茨城大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
高周波電波 B-4-32 高周波電波電力・位相空間分布計測システムの開発
  ◎金浦諒平・林 遼平・八木谷 聡・井町智彦・尾崎光紀(金沢大)・吉村慶之・杉浦宏和(石川県工業試験場)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
高周波電流 B-20-3 マイクロ波と高周波電流を併用した生体組織凝固切開デバイスの開発
  ◎鈴木 翔・遠藤雄大・齊藤一幸・伊藤公一(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
高周波発生 C-14-1 光ビート法による高周波発生における光パルス圧縮を用いた出力の増大
  ◎森本裕喜・山口剛史・戸田裕之(同志社大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
高出力レーザ C-4-11 高熱伝導 銅-ダイヤモンドサブマウントを用いた高出力半導体レーザ
  ○貝渕良和(フジクラ)・太田行紀・佐藤俊太・三橋大樹(オプトエナジー)・山形友二(フジクラ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
恒常法 B-4-16 恒常法実験の効率を改善するミリ波温熱知覚実験アルゴリズム
  ◎崎山大輝・西方敦博(東工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
更新 A-7-24 スクランブル更新方法の攻撃耐性
  ○小川一人(NHK)・井上友幸(NHK-ES)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
高信頼 BP-5-2 IoT無線システム実用化に向けたキー技術
  ○佐方 連・工藤浩喜(東芝)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
高信頼制御通信 A-17-1 無線フィードバック制御における状態量の推定誤差を最小とする通信路誤り訂正方式に関する一検討
  ◎三輪洋祐・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
降水タイプ B-1-12 GPM2周波降水レーダによる降雪のタイプ分類について
  ○阿波加 純(東海大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
降水判別 D-12-26 ドップラーレーダの観測データを用いたニューラルネットワークによる降水種類判別
  ◎松井一晃・椎名 徹・的場隆一(富山高専)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
較正 BS-1-5 液剤中で動作する微小円形ループアンテナによる磁界強度の距離特性の較正
  ○石井 望(NICT/新潟大)・武笠 龍・鶴間さつき(新潟大)・浜田リラ・チャカロタイ ジェドヴィスノプ・和氣加奈子・渡辺聡一(NICT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
合成開口アンテナ B-1-197 合成開口処理を用いた到来方向推定への窓関数の導入
  ◎豊見本和馬・山口 良(ソフトバンク)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
合成開口レーダ B-2-39 車載ミリ波レーダによるスクイントモードSARの遠方・近傍界モードベクトルを用いたターゲットイメージングの比較検討
  ◎小林佑輔・山田寛喜・山口芳雄・美濃谷 潤(新潟大)・杉山裕一(富士通テン)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
合成開口レーダ B-2-42 航空機搭載合成開口レーダの軌道変動に基づく局所的なアジマス分解能の推定法
  ○大石 昇・原 照幸(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
合成開口レーダ B-2-43 高分解能な合成開口レーダでのパルス内ドップラー効果の緩和
  ○土田正芳・原 照幸・諏訪 啓(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
合成開口レーダ B-2-44 圧縮センシングを用いたSAR 画像再構成に関する原理検証
  ○星野赳寛・原 照幸・横田裕也・諏訪 啓(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
合成開口レーダ D-11-12 BM3DによるSARスペックル軽減に関する考察
  ◎鳥屋剛毅・青木啓史・塚田正人(NEC)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
合成球面波 B-21-25 低漏洩ビームの形成に適した多重円形配列アレーアンテナの研究
  ◎松室尭之・石川容平・篠原真毅(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
高精細映像 ADI-1-4 高精細映像の映像特徴を考慮した超解像技術とその応用
  松尾康孝(NHK)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
高精度イメージング B-1-203 UWBレーダのための多偏波RPM法を用いたエッジ保存型立体目標外挿法
  ◎鷹取龍緒・木寺正平(電通大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
高精度イメージング B-2-31 140GHz帯近距離レーダのためのドップラーに基づく距離クラスタリングを用いたRPM法の改良
  ◎佐々木優太・尚 方・木寺正平・桐本哲郎(電通大)・佐保賢志(立命館大)・佐藤 亨(京大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
高精度測量 B-2-11 森林域における高精度GPS測量方式の検討
  ◎内藤蔵馬・田中 翔・土居信数(東京高専)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
較正板 D-11-1 3次元位置取得のための3D較正板によるデプスカメラキャリブレーション手法の改良
  ◎合原航輝・酒井 道・宮城茂幸(滋賀県立大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
合成変調 B-10-41 OFDM信号のDFB-LD直接変調とLNM外部変調による合成変調
  ◎伊礼琴代・照屋未来・知念幸勇(沖縄高専)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
航跡 A-14-23 AIS自船局記録データを用いた変針領域抽出精度に関わる一考察
  ◎三好竜平・浦上美佐子(大島商船高専)・本木久也・若林伸和(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
航跡確立 B-2-21 検出信号の振幅情報を用いる航跡確立のための統合型逐次検定法
  ○古川英俊(東芝)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
降雪 B-1-12 GPM2周波降水レーダによる降雪のタイプ分類について
  ○阿波加 純(東海大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
光線サンプリング面 D-11-30 光線サンプリング面を用いたホログラム作製計算のGPUによる高速化
  ◎佐藤大愛・角江 崇(千葉大)・涌波光喜・市橋保之・大井隆太朗・山本健詞(NICT)・下馬場朋禄・伊藤智義(千葉大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
酵素 C-6-5 振動法によるDNA増幅
  ◎松下岳史・鈴木 温・井上和仁・安積良隆・山口栄雄(神奈川大)(3月17日発表 センター1号館 6F 1607)
構造 BI-8-11 宇宙機の高性能化に活用される光ファイバセンシング
  水谷忠均(JAXA)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
構造化P2Pネットワーク B-6-5 ノードの物理的な近傍性を考慮したP2P型安否情報共有システム
  ◎門脇伸明(仙台高専)・武田敦志(東北学院大)・髙橋晶子(仙台高専)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
構造化オーバーレイ B-6-39 スキップグラフにおける空間的局所性を考慮したメンバシップベクトル割り当て法の提案
  ◎戸田貴裕・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
構造簡易化 B-1-77 リッジ導波管非接触接続の構造簡易化に関する検討
  ◎末廣祐貴・室伏竜之介・久我宣裕(横浜国大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
構造同定 A-8-17 実数値遺伝的アルゴリズムと滑降シンプレクス法を用いた低損失4チップ標本化FBGの構造同定
  ○長田玲於・塙 雅典(山梨大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
高速 A-1-23 高速に重心位置を判別するニューラルネットワーク回路
  ○寺村正広(佐世保高専)・重井徳貴・宮島廣美(鹿児島大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
高速・低速移動判定 B-5-51 最大ドップラー周波数検出に基づく端末高速・低速移動判定アルゴリズムの屋外実験評価
  ◎マイティ ソウラブ・星野兼次・三上 学(ソフトバンク)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
高速移動 B-5-23 ミリ波帯高速移動用バックホールにおける基地局切替方法の検討(2)
  ○武田栄里子・齋藤利行・玉木 諭・石田仁志・奥野通貴・志田雅昭・柴垣信彦(日立)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
高速応答 B-8-42 高速引込みと高安定特性を有する10Gbps光バースト受信部の構成法
  ◎廉 京日・栗山宜巳・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
高速応答 C-9-2 (依頼講演30分)液晶材料のらせん構造を活用した新しいTN液晶の開発
  ○高頭孝毅(山口東理大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
高速応答 C-12-28 電流不連続モードSingle-Inductor Dual-Output DC-DCコンバータにおけるヒステリシス制御による高速応答化の実証
  ◎山内善高・桜井貴康・高宮 真(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
高速応答特性 C-7-13 ダイビット記録による高速応答特性の測定
  ◎廣川祐生・村岡裕明(東北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
高速化 B-1-116 遺伝的アルゴリズムとシンプレックス法を用いたアンテナ形状の高速最適化
  ○鍬之手 秀・桑原義彦(静岡大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
高速化 C-7-15 シングルヘッドでの2トラック同時再生
  ◎渡邊 快・村岡裕明(東北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
高速化 D-6-18 MATLAB における計算機合成ホログラム生成の高速化
  ◎根尾 敦・角江 崇・下馬場朋禄・伊藤智義(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
高速化 D-11-30 光線サンプリング面を用いたホログラム作製計算のGPUによる高速化
  ◎佐藤大愛・角江 崇(千葉大)・涌波光喜・市橋保之・大井隆太朗・山本健詞(NICT)・下馬場朋禄・伊藤智義(千葉大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
高速障害復旧 B-6-42 複数ルーティング構成のリンク削除がスループットに与える影響の評価
  ◎畑中崇志・橘 拓至(福井大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
高速大容量 B-10-42 高速大容量可視光通信用送受信デバイスの開発に関する研究
  ○高野伸二・行谷時男(東京工芸大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
高速多重極法 B-1-139 高速多重極法(MLFMM)を用いたスプライン曲線ホーンアンテナの最適化に関する検討
  ◎塚本航平・新井宏之(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
高速探索 D-12-95 ヒストグラム特徴を用いたビデオデータベースの高速探索
  ○鏡 翔太・山部未葵・陳 キュウ(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
高速通信 B-2-4 将来月探査ミッションに向けた光通信捕捉追尾の基礎検討
  ○小林雄太・向井達也・荒木智宏(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
高速伝送 B-4-33 多値伝送における送信イコライザの実装後係数調整の検討
  ○飯島洋祐(小山高専)・弓仲康史(群馬大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
高速道路 AS-6-7 東北自動車坂梨トンネルにおけるトンネル設備の管理について
  ○吉田晃博(NEXCO東日本)・中里 洋・賀口泰徳(ネクスコ・エンジニアリング東北)・八重澤 敦・高橋尚哉・臼井智徳・大越秀治(NEXCO東日本)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
高速度カメラ C-5-5 磁気吹き消しされる開離時アークの陰極銅ランナー位置による再点弧の回数
  ◎宮川晴希・関川純哉(静岡大)(3月17日発表 センター1号館 2F 1210)
高速光通信 A-6-6 高速光通信向けFECのマルチ演算コア化の検討
  ○平野 進・杉原堅也・吉田英夫・久保和夫・宮田好邦・峯岸孝行・杉原隆嗣(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
高速フーリエ変換 B-4-60 モバイル端末からの漏えい電磁波が持つAM復調後の周波数特性と画面再現の関係に関する検討
  ◎伊丹 豪・鳥海陽平・後藤信司・高谷和宏(NTT)・林 優一・本間尚文・青木孝文(東北大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
高速フェージング B-1-35 高速フェージング環境での伝送特性を評価する伝搬指標
  ◎江藤伊織・唐沢好男(電通大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
高速変調 C-4-4 1.3μm帯npn-AlGaInAs/InPトランジスタレーザにおける光出力特性と電気特性の評価
  ◎只野翔太郎・金子貴晃・山中健太郎・西山伸彦・荒井滋久(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
高速変調 C-4-16 1.3μm帯EA-DFBレーザの53.2Gbpsセミクールド動作
  ○安原 望・笹田紀子・山内俊也・常深義博・中村 厚・山口頼儀・入江裕紀・加藤哲哉・佐久間 康・早川茂則・鷲野 隆・岡本 薫・元田勝也・青木哲哉・魚見和久(日本オクラロ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
高速変調信号 B-10-53 64-Gbaud PDM-QPSK信号のプリフィルタリングによる信号特性改善方式の一検討
  ◎川口 優・釣谷剛宏(KDDI研)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
高速無線通信 B-5-184 連続切換え型アレーアンテナ技術の実験的評価
  ○相河 聡・藤田崇洋・山本真一郎(兵庫県立大)・塚本悟司・ウェバー ジュリアン・熊谷智明(ATR)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
高速有線伝送 C-12-38 タップ係数を用いた適応等化器の検討
  ○高武直弘・乗松崇泰・古後健治・結城文夫・川本高司(日立)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
広帯域 A-9-2 水中における短波帯広帯域電波伝搬特性
  ○広瀬 幸・小林岳彦(東京電機大)・岩切直彦(NICT)・吉田 弘(JAMSTEC)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
広帯域 B-1-67 地板と段差間隔を有する広帯域アンテナ小型化の検討
  ○飯草恭一・沢田浩和・児島史秀(NICT)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
広帯域 B-1-80 キャビティ付単線スパイラルアンテナの検討
  ○倉本晶夫(NECネットワークプロダクツ)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
広帯域 B-1-128 E面並列給電層と放射キャビティ層の二層構造からなる導波管スロットアレーアンテナの広帯域設計
  ◎宮崎勝弘・榊原久二男・菊間信良(名工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
広帯域 B-1-146 給電位置調整によるスロットアンテナの広帯域化の検討
  ○松下健治・田中信吾・戸羽辰夫・中川雄太・白須賢治(矢崎総業)・西山直人・森下 久(防衛大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
広帯域 B-1-149 C / Dバンド水平偏波無指向性アンテナの開発
  ○神田泰明・石川雅澄・今 修二・羽賀俊行(アンテナ技研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)
広帯域 B-3-22 次世代ブロードバンド衛星通信に向けた広帯域チャネライザの試作
  ○三浦 周・織笠光明(NICT)・仙波新司(アクシス)・高橋 卓・豊嶋守生(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
広帯域 C-2-13 高電圧高周波デバイス向け直並列インダクタンス型広帯域プリマッチ回路
  ○桑田英悟・杉本篤夫・坂田修一・山中宏治(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
広帯域アプリケータ C-2-88 生体特性取得用薄型広帯域アプリケータに関する研究
  ◎番場一輝・九鬼孝雄・二川佳央(国士舘大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
広帯域アンテナ B-1-73 葉状ノッチアンテナを用いた4ポート広帯域MIMOアンテナ
  ○本橋諄平・前田将平・山本 学(北大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
広帯域円偏波アンテナ B-1-85 広帯域円偏波クロスダイポールアンテナの設計
  ○平林幹也(セントラル硝子)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
広帯域化 B-1-47 分割された方形無給電素子の2層配置によるマイクロストリップアンテナの広帯域化
  ◎眞木貴士・佐々木隆吉・長 敬三(千葉工大)・吉原龍彦・井原泰介(NTTドコモ)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
広帯域化 B-1-69 分岐構造を用いた2周波数低結合化手法の広帯域化
  ◎栗山圭太・奥田敬介(千葉大)・佐藤 浩(パナソニック)・高橋応明(千葉大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
広帯域化 B-1-103 小形アンテナMACKEYの広帯域化に関する一検討
  ○諸谷徹郎・牧野 滋・大坪靖治・野口啓介・廣田哲夫・伊東健治(金沢工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
広帯域急峻出力フィルタ B-3-21 21GHz帯放送衛星中継器試作モデルを用いた広帯域伝送実験
  ◎小泉雄貴・鈴木陽一・小島政明・斎藤恭一・田中祥次・斉藤知弘(NHK)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
広帯域信号 B-5-164 広帯域信号到来方向推定法Squared TOPSの性能改善
  ○林 寛貴・大槻知明(慶大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
広帯域中継器 BI-1-3 21GHz 帯衛星放送システムの広帯域衛星中継器を用いた8K-SHV 信号伝送実験
  ○中澤 進・小泉雄貴・長坂正史・小島政明・鈴木陽一・斉藤恭一・田中祥次・斉藤知弘(NHK)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
広帯域伝送 B-3-21 21GHz帯放送衛星中継器試作モデルを用いた広帯域伝送実験
  ◎小泉雄貴・鈴木陽一・小島政明・斎藤恭一・田中祥次・斉藤知弘(NHK)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
広帯域伝送 B-8-60 広帯域OQPSKとその周波数領域等化の一検討
  ◎平元一喜・梅原大祐(京都工繊大)・村田英一(京大)・田野 哲(岡山大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
広帯域マイクロフォン A-5-17 屋内生活活動音の広帯域周波数解析
  ○入江健悟・田中元志(秋田大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
高大接続 TK-10-1 高大接続改革の理念と方向性
  小林 浩(リクルート)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
広ダイナミックレンジ C-2-18 900 MHz帯GaAs HEMT F級整流器の広ダイナミックレンジ化に関する基礎検討
  ◎藤牧美咲子・石川 亮・本城和彦(電通大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
高調波処理 C-2-6 CRLH線路ダブルスタブ高調波処理回路を用いたF級増幅器
  ◎小泉聡太・吾妻俊明・田中愼一(芝浦工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
高調波処理 C-2-7 2高調波同時短絡スタブによるリアクティブ終端負荷回路を用いたGaN HEMT高効率電力増幅器
  ◎髙木裕貴・石川 亮・本城和彦(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
高調波重畳 C-3-3 LiNbO3マッハツェンダ変調器の高調波重畳変調による超平坦光周波数コム生成
  ◎横田信英・阿部晃一郎・五十嵐 稜・八坂 洋(東北大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
交通解析 TK-4-2 九大COI「都市OS」で実現する「共進化社会」
  松尾久人(九大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1403)
交通機関 D-14-14 交通機関の案内放送の特徴と旅客船以外での応用について
  ◎下薗夏海・大見航也・鈴木 治(鳥羽商船高専)・今井康之(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
交通事故 D-9-32 交通事故の危険度と移動手段を考慮した移動経路提案システム
  ○竹野 凌・関 陽介・佐野雅彦・松浦健二・大平健司・上田哲史(徳島大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
交通システム A-10-17 仮想的な力を利用した移動体スケジューリング方式の検討
  ○白石 將・澤田めぐみ・尾崎敦夫(三菱電機)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
交通流 A-14-8 700MHz帯インフラ協調システムを用いた車群統御のための初期検討
  ◎大野良太・山里敬也(名大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
高度維持性能監視 B-2-24 ADS-Bデータを用いた航空機高度維持性能監視の試験システム
  ○松永圭左・宮崎裕己(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
行動経済学 H-1-8 スマートフォンの長時間利用抑止を目的とした心理的うながしシステムの検討
  ○本庄 勝・斎藤長行・橋本真幸(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
行動検知 BS-6-8 環境センサによる公共空間での人の行動検知の可能性に関する調査
  ◎森岡 新・秋山豊和(京産大)・上善恒雄(阪電通大)・西田純二(社会システム総合研究所)・土屋樹一(JR西日本コミュニケーションズ)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
行動心理 AS-6-9 災害輻輳発信可能時間内の経過時間と通話時間との関係
  ○佐藤大輔(NTT)・高野裕治(同志社大)・須藤竜之介(九大)・持田岳美(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
行動推定 BS-1-13 MIMOセンサによる行動パターン推定の基礎検討
  ○西森健太郎・佐藤健斗(新潟大)・本間尚樹(岩手大)・山田寛喜(新潟大)・牧野秀夫(岩手大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
行動認識 A-15-11 機器状態を考慮した利用意思推定方法
  ◎西出恭平・阪田恒次・大瀧尚厳・神田準史郎(三菱電機)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
行動認識 D-12-44 赤外線センサアレイを用いた人体領域抽出に基づく行動認識に関する検討
  ◎川島昂之・川西康友・出口大輔・井手一郎・村瀬 洋(名大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2306)
行動変容 A-10-3 イベントスペースの最適化に向けたスケジュール提示実験
  ○朝日大地・井上知洋・筒井章博(NTT)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
行動変容 BI-10-16 NFC型活動量計とサイネージを用いた健康情報の見える化・共有化による行動変容
  宮川一郎(習志野台整形外科内科)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
行動モデル B-18-44 生活習慣改善への意欲とヘルスケアサービス利用行動の関係の分析
  ◎児玉 翠・秦 崇洋・佐藤浩史・中村元紀・筒井章博(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
行動予測 B-18-44 生活習慣改善への意欲とヘルスケアサービス利用行動の関係の分析
  ◎児玉 翠・秦 崇洋・佐藤浩史・中村元紀・筒井章博(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
行動予測 BI-6-5 モバイル環境における個人の移動を予測するシステムの研究と実験
  ○新熊亮一(京大)・荘司洋三・劉 巍(NICT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2208)
行動履歴 AS-5-3 ウェアラブル端末を用いた活動量履歴による個人認証
  ○鈴木宏哉・山口利恵(東大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2409)
行動ログ BI-6-3 実世界における行動の選択と誘引
  相原健郎(NII)(3月17日発表 センター2号館 2F 2208)
高度監視 B-2-24 ADS-Bデータを用いた航空機高度維持性能監視の試験システム
  ○松永圭左・宮崎裕己(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
高度交通システム A-14-3 UWB通信測距方式に即したレーザーによる通信測距の比較評価
  ◎平塚大輔・河野隆二(横浜国大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
高度情報 B-2-22 平滑化高度情報の適用によるTDOA測位の評価結果
  ○宮崎裕己・小菅義夫(電子航法研)・田中俊幸(長崎大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
勾配変化 H-4-22 車いす走行時の勾配変化による座圧分布の影響
  ○大橋智志・信田 歩・汐後聡人・松尾優子・小野真嗣(苫小牧高専)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
合波器 C-3-46 導波路型三原色合波器の設計と作製
  中尾 慧・辻野謙太・横川修一・田中彩恵・林口翔子・○勝山俊夫(福井大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
高非線形ファイバ B-10-78 偏波無依存化ファイバ光パラメトリック増幅特性
  ○高坂繁弘・杉崎隆一(古河電工)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
後部残響部分 A-5-10 室内伝達特性の後部残響部分が逆フィルタ型音場再現に及ぼす影響
  ◎小川達也・立蔵洋介(静岡大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
高分解能イメージング B-2-33 UWBドップラーレーダとアダプティブアレイ処理を用いた複数歩行人体イメージング
  ○穴吹元嗣・奥村成皓(京大)・阪本卓也(兵庫県立大)・佐保賢志(立命館大)・佐藤 亨(京大)・吉岡元貴・井上謙一・福田健志・酒井啓之(パナソニック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
高分子 CI-5-3 THz分光と高分子の構造
  保科宏道(理研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
高分子材料 A-5-15 オーディオ用インシュレータを用いた振動抑制と雑音低減における高分子材料水溶液の効果
  ◎喜多雅英・西村公伸(近畿大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
公平性 B-7-49 MANET向けの通信性質を考慮した公平性ルーティングプロトコル
  ◎吉町 優・真鍋義文(工学院大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
公平分割 D-1-3 途中退出を許容したオンラインケーキ分割プロトコル
  ◎久保光毅・真鍋義文(工学院大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
高放熱サブマウント C-4-11 高熱伝導 銅-ダイヤモンドサブマウントを用いた高出力半導体レーザ
  ○貝渕良和(フジクラ)・太田行紀・佐藤俊太・三橋大樹(オプトエナジー)・山形友二(フジクラ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
後方レイリー散乱光 B-13-8 後方散乱光の偏光状態を用いた外乱検出法の検討
  ○糸井拓弥・的場将志・齊藤 茂(立命館大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
高密度 B-10-16 高密度架空HSケーブルの開発
  ○伊藤直人・大野正敏・大里 健・山中正義(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
高密度空間分割多重 BCI-1-6 マルチコア/モード伝送技術の最新動向と将来へ向けた課題
  水野隆之(NTT)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
高密度配線 B-10-15 48心高密度架空配線光ケーブル
  ○多木 剛・鯰江 彰・大里 健・山中正義(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
高誘電体材料 C-2-82 共振現象を利用した高誘電体材料評価法の開発
  ◎加藤悠人・堀部雅弘(産総研)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
高誘電率 B-4-29 高誘電損失材料を用いたW帯用薄型電波吸収体に関する検討
  ◎神田 遼・須賀良介(青学大)・桑原力丸(JSR)・橋本 修(青学大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
効用 B-15-8 未訪問地点を含む個人の移動を予測する手法の検討
  ○岡本和輝・河合直人・新熊亮一(京大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1210)
効率 A-5-14 デジタル直接駆動技術を用いたパラメトリックスピーカの高効率駆動
  ○戸野村厚樹・高橋壮佳・安田 彰・吉野理貴・西勝 聡(法政大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
効率 B-5-15 Massive-MIMO基地局用電力増幅器の効率特性
  ○鈴木恭宜・楢橋祥一(NTTドコモ)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
高利得 B-1-48 3枚の周期配列素子板を設置したチルトビームアンテナシステム
  ○岡部秀平・山内潤治・中野久松(法政大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
交流電圧 B-9-15 交流低電圧計測のためのマイクロポテンシオメータの開発
  ○藤木弘之・天谷康孝(産総研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
高臨場感通信 D-12-56 MR技術を用いた遠隔空間共有システムの開発
  ◎新井 諒・齊藤 剛(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
高齢化 TK-9-3 ヘルスケアの30年
  大内一成(東芝)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
高齢者 H-4-27 チャンネル指向インタフェースによる高齢者の交流機会の提供
  ○竹田圭吾・赤羽 誠・中野鐵兵・小林哲則(早大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
高齢者見守り B-6-3 地域による高齢者見守りネットワークの実現法に関する検討
  ◎立川翔太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
コーティング D-16-15 MRI対応ペースメーカが誘起する静磁場不均一の低減
  ◎松本隆志・山本悦治(千葉大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2304)
コーディング D-15-39 学生の進捗度把握機能を有するプログラミング演習支援システム
  ◎星野裕樹・納富一宏・西村広光・示野浩士(神奈川工科大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
コーティング円柱 CS-1-5 コーティング円柱による過渡散乱磁界の応答波形の解釈法
  ○後藤啓次・大川 沖・岸本尚己(防衛大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
コード設計 BCS-1-7 オブジェクト指向プログラミングによる電磁波散乱シミュレーションコードの設計に関する一考察:三角要素と四角要素の混在する境界要素
  ○田中雅宏(岐阜大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
コードブック D-12-17 データ駆動型モデルを用いた食事画像認識
  ○笹野翔太・韓 先花・陳 延偉(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
コーナリフレクタアンテナ B-1-97 周波数選択性反射板を用いたコーナリフレクタアンテナの半値角特性
  ◎谷澤佑亮・長 敬三(千葉工大)・宗 秀哉・安藤篤也(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
小型 B-1-67 地板と段差間隔を有する広帯域アンテナ小型化の検討
  ○飯草恭一・沢田浩和・児島史秀(NICT)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
小型 B-1-68 小型対せき形テーパスロットアンテナの改良給電構造
  ◎工藤俊紀・佐藤弘康・陳 強(東北大)・井上真豪(日立国際八木ソリューションズ)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
小形 B-1-86 ループ素子で励振したプリントフレームアンテナの一検討
  ○坂口浩一(日大)・長谷部 望(所属なし)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
小型 B-2-4 将来月探査ミッションに向けた光通信捕捉追尾の基礎検討
  ○小林雄太・向井達也・荒木智宏(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
小形 C-2-56 UHF帯小形低姿勢マイクロストリップラインアンテナの誘電体支柱による放射特性に関する検討
  ◎中島健吾・國重健吾・黒木太司(呉高専)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
小型アンテナ B-1-101 オフセット給電により2周波共用化したMACKEY O型の検討
  ◎大坪靖治・小鷹柾樹・牧野 滋・廣田哲夫・野口啓介・伊東健治(金沢工大)・諸谷徹郎(金沢高専)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
小形アンテナ B-1-103 小形アンテナMACKEYの広帯域化に関する一検討
  ○諸谷徹郎・牧野 滋・大坪靖治・野口啓介・廣田哲夫・伊東健治(金沢工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
小型アンテナ B-1-114 内部のエネルギーを考慮した薄い小型球殻共振アンテナの放射効率
  ◎藤田佳祐・白井 宏(中大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
小型衛星 C-2-108 小型衛星内での通信および無線電力伝送フェージングの周波数ダイバーシチによる改善の一検討
  ◎岸本 丈・成末義哲・橋詰 新・川原圭博・浅見 徹(東大)・川崎繁男(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 2F 2214)
小型回転体 BS-8-14 UHF帯を用いた複数の小型・軽量回転物体への同時無線給電手法
  ◎山口裕之・西川 久・古越隆浩・西橋 毅・田中亜実・道関隆国(立命館大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2201)
小型基地局 C-2-11 3.5GHz帯小型基地局用GaN HEMTドハティ増幅器
  ◎藤原 茂・小坂尚希・岡村篤司・長明健一郎・堀口健一・佐々木善伸・井上 晃・片山秀昭(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
小型軽量化 BS-5-3 次世代パワーデバイス適用に向けた宇宙機電源システムの研究
  ○岩佐 稔・内藤 均・艸分宏昌(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
小型船舶事故 D-15-19 小型船舶事故防止アプリ開発を題材とした課題解決型教育の実践
  ◎柴田遥規・中井一文・江崎修央(鳥羽商船高専)・兼松秀行(鈴鹿高専)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
小型バルーン BS-8-15 空中浮遊する移動体へのマイクロ波無線電力伝送の展示装置開発
  ○王 策・兒島清志郎・平山啓太・蟻正悟史・楊 波・松室尭之・石川峻樹・黄 勇・塚本 優・西村貴希・後藤宏明・三谷友彦・篠原真毅(京大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2201)
顧客協創 TK-7-3 顧客協創によるイノベーション創生
  鈴木教洋(日立)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
顧客満足 BI-6-1 サービス・エクセレンスと顧客のロイヤルティ:マーケティング研究の現状と展望
  小野譲司(青学大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2208)
呼吸 D-7-9 シャツ型心電位センサで計測した心電位による呼吸推定
  ○小笠原隆行・松浦伸昭・桑原 啓・田島卓郎・小泉 弘・笠原亮一(NTT)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
呼吸 D-7-10 マルチウェアラブルセンサによる呼吸信号推定の基礎検討
  ○田島卓郎・ニコラス レピン・小笠原隆行・笠原亮一・小泉 弘(NTT)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
呼吸法 D-7-11 統合ヘルスとしての478呼吸法アプリ開発とストレス低減の効果測定
  ◎千種康民・和田泰貴・山崎祥行(東京工科大)・服部泰造(東京国際大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
呼吸モニタリング BS-1-14 定在波レーダに独立成分分析を適用した心拍・呼吸モニタリング
  ○松本大樹・桑原義彦(静岡大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
国際標準化 B-4-59 電磁波情報漏えい対策技術効果評価の検討
  ○田島公博・石川 亮・森 敏則(NTT-AT)・鈴木康直・高谷和宏(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
国際標準化 TK-3-1 情報通信技術の国際標準化戦略
  藤田和重(総務省)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
国際標準化 TK-3-2 アジア太平洋地域における標準化活動
  近藤勝則(アジア太平洋電気通信共同体)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
国際連携 DI-1-1 PRACTICE ― 国際連携によるサイバー攻撃の予知・即応プロジェクト ―
  千賀 渉・○蒲谷武正・村上洸介・中尾康二(KDDI)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
極低電圧回路 C-12-32 極低電圧動作を想定したディジタルRBM回路の故障耐性の検討
  ◎福田泰史・河原尊之(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
コグニティブ無線 B-5-188 カバレッジがスポット的な環境下における異なる事業者間での周波数共用可能性の一検討
  ○東 亮太・森 慎太郎・大橋正良・太郎丸 真(福岡大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
コグニティブ無線 B-17-11 移動分散モニタリングにおける電波利用領域の推定に関する一検討
  ○和高拓也・前山利幸・松野宏己・新保宏之(ATR)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 B-17-16 データベース支援型周波数共有での一次利用者排他領域再設定手法
  ◎山下翔大・山本高至・西尾理志・守倉正博(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 B-17-26 時間シフトを利用した電力検出器によるセンシング特性改善法の検討
  ◎太田真衣・太郎丸 真(福岡大)・藤井威生(電通大)・田久 修(信州大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 B-17-27 複数受信アンテナ間で検定統計量を共用する周期定常性検出に基づくスペクトルセンシング法にAGCが与える影響
  ◎長 大樹・成枝秀介(明石高専)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 B-17-34 電波環境データベース精度向上のための観測データクラスタリング法
  ◎長谷川 嶺・王 昊・藤井威生(電通大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 B-17-35 帰還型信号・雑音電力推定を適用した占有率・遷移率測定法の評価
  ◎征矢隼人(長野県工科短大)・田久 修・白井啓一朗(信州大)・藤井威生(電通大)・太田真衣(福岡大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 B-17-43 差動SFBCを用いた低電力密度ベースバンド無線の伝送特性評価
  ◎豊田敦規・中里 仁・唐沢好男(電通大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
コグニティブ無線 C-2-85 実時間フーリエ変換のためのスパイラル型分散性遅延線路の設計
  ○堀井康史・北村敏明(関西大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
コグニティブ無線 NBS-1-3 コグニティブサイクルに基づく無線LANネットワーク最適化手法の設計と実装
  ◎小林拓夢・佐藤雅季・黒田佳織・長谷川幹雄(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
コクリスタル CI-5-4 テラヘルツ分光法の医薬結晶分析への応用
  ○味戸克裕・中村昌人・田島卓郎・小泉 弘(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
コサインロールオフ B-10-56 マッハツェンダ型フィルタを用いたFDMシステムのBER特性
  ◎大岩 凌・若林 勇・河原尊之(東京理科大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
誤差解析 B-2-22 平滑化高度情報の適用によるTDOA測位の評価結果
  ○宮崎裕己・小菅義夫(電子航法研)・田中俊幸(長崎大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
故障 B-7-15 局所環状構造に着目した強連結P2Pネットワークの平均経路長削減手法
  ◎坂本陸歩・山岡克式(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
故障 D-8-11 センサ情報に基づく家庭用燃料電池の故障部位判別
  ◎菊池元太・丸地康平・佐藤 誠(東芝)・矢吹正徳(東芝燃料電池システム)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
故障切分 B-6-84 マルチレイヤ構成を考慮したステートフル障害管理の提案
  ○伊達拓紀・山本 宏・鎌村星平・林 理恵・宮村 崇・植松芳彦・源田浩一・行田克俊(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
故障切り分け B-14-25 対象範囲の異なる監視情報を用いた故障被疑箇所推定方式
  ◎武 直樹・尾居愛子・大西浩行・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
故障耐性 C-12-32 極低電圧動作を想定したディジタルRBM回路の故障耐性の検討
  ◎福田泰史・河原尊之(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
故障注入攻撃 A-7-12 Cortex-M0+上のソフトウェアへの多重故障注入攻撃とその対策
  ◎梨本翔永・本間尚文・林 優一(東北大)・高橋順子・冨士 仁(NTT)・青木孝文(東北大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
故障リスク予測 D-4-9 機器保守時期推定に向けた故障リスク予測方式の検討
  ○遠山泰弘・平井規郎(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
個人 B-15-8 未訪問地点を含む個人の移動を予測する手法の検討
  ○岡本和輝・河合直人・新熊亮一(京大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1210)
個人差 A-14-20 ドライバカテゴリによる追従走行行動の比較
  ○後藤太一・宮島千代美・李 亦楊・武田一哉(名大)・廣池真也・坂本 忍・本田慎一朗・塚原俊哉・伊藤政義(三菱自動車)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
個人情報 A-7-3 Androidにおけるプロセスベースのテイント伝搬を用いた個人情報の漏洩を検知するシステム
  ◎今田丈雅・宮永瑞紀・入江英嗣・坂井修一(東大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
個人情報 BI-3-2 プライバシーバイデザインとプライバシー影響評価
  瀬戸洋一(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
個人情報管理 BI-10-11 自ら受けるサービスを主体的に選択できる自己管理可能な革新的医療システムの実現
  田中康博(国立国際医療研究センター)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
個人情報保護法 A-7-1 ネットワーク型多目的カメラシステムのプライバシー問題の検討
  ◎馬 小飛・佐々木真由美・黒沢裕太・沖村星児・阪本 圭・慎 祥揆・瀬戸洋一(産技大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
個人情報保護法 DP-1-2 個人情報保護法改正とビッグデータ活用
  湯淺墾道(情セ大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2103)
個人認証 AS-5-3 ウェアラブル端末を用いた活動量履歴による個人認証
  ○鈴木宏哉・山口利恵(東大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2409)
個人番号カード D-9-29 券面の可変情報を起因とするICチップ内情報の読出しに関する研究
  ○角 憲祐・諏訪佑介・鈴木裕之・小尾高史・大山永昭(東工大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
コスト B-6-67 仮想化移行におけるコスト算出の一考察
  ○荒川正行・槌田亘志・渡辺俊明(ドコモ・テクノロジ)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
コスト B-14-21 仮想化とCAPEX/OPEXの相関関係に関する一考察
  ○川上健太・倉橋利幸・安川正祥(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
呼制御 B-6-24 仮想化システムにおける自動障害復旧の一検討
  ○伊集院 明・中溝徹生・奥 健晋・菊間一宏(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
呼損率 B-7-65 非常時回線留保制御における再呼区別による新規呼収容数向上効果
  ◎田辺和輝(東工大)・宮田純子(芝浦工大)・馬場健一(工学院大)・山岡克式(東工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
コツ TK-8-3 論文執筆のための44個のコツ〜検索され読まれ引用される論文を執筆するための虎の巻〜
  五味 弘(OKI)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
コッククロフト・ウォルトン形整流回路 C-2-100 500MHz帯微弱電力レクテナ
  ◎古田貴大・伊藤元希・伊東健治・野口啓介・井田次郎(金沢工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
コッククロフト・ウォルトン整流回路 C-2-22 2.4GHz帯微弱電力レクテナ
  ◎伊藤元希・古田貴大・伊東健治・牧野 滋・廣田哲夫・野口啓介(金沢工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
固定符号帳振幅 D-14-18 損傷した符号化データを検出する低ビットレートCELP復号器
  ○河嶋拓也(パナソニックシステムネットワークス開発研)・江原宏幸(パナソニック)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
古典籍 D-12-6 2次元連続DPマッチングによるくずし字認識
  ◎三輪貴信・橋本周司(早大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
コネクタ B-4-45 Gbps級ケーブル伝送に対応した角型コネクタ構造の検討
  ◎板倉 洋・山岸圭太郎・明星慶洋・本橋あゆみ・佐々木雄一(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
コネクタ B-10-6 軸回転防止機構付マルチコアファイバコネクタの接続損失改善
  ○小林哲也・遠藤治幸(オプトクエスト)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
コネクタ B-13-35 光部品用粘着式清掃ツールの開発
  ○鈴木正義・橋本展宏・後藤 誠・佐藤 健(巴川製紙所)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
コヒーレント B-10-37 InP MZ変調器小振幅駆動時の伝送特性に関する検討
  ◎三浦浩志・松田恵介・吉田 剛・鈴木巨生・野田雅樹(三菱電機)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
コヒーレント検波 B-10-29 モード選択コヒーレント検波によるモード多重信号の一括受信技術
  ○濱岡福太郎・岡本聖司・堀越建吾・米永一茂・平野 章・宮本 裕(NTT)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
コヒーレント受信 B-5-94 周波数選択性MIMO通信路におけるGFSK信号のコヒーレント受信に関する検討
  ◎阿部理生・岩波保則(名工大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
コヒーレント状態 A-2-15 QAM コヒーレント状態信号に対する非破壊的な量子受信機の平均誤り率
  ○佐藤和輝・宇佐見庄五(名城大)・臼田 毅(愛知県立大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
コヒーレント通信 C-10-6 4×32Gbit/s小型・高利得リニアドライバIC開発
  ◎板橋直樹・巽 泰三・森山 豊・荻田省一(住友電工)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
コヒーレントテラヘルツ波 C-14-22 位相調整光回路によるコヒーレントテラヘルツ波合成
  ◎春木 隼・佐熊一輝・坂野豪紀・加藤和利(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
コヒーレント伝送 B-10-38 リアルタイム多値度可変4-64 QAM, 20-60 Gbit/s量子雑音ストリーム暗号伝送
  ○中沢正隆・吉田真人・廣岡俊彦・葛西恵介(東北大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
コヒーレント伝送技術 C-4-3 非対称導波路型位相シフタによるInP系90°ハイブリッド集積受光素子の低チャネル間感度偏差
  ◎沖本拓也・八木英樹・増山竜二・櫻井謙司・西本頼史(住友電工デバイス・イノベーション)・菊地健彦(住友電工)・堀野和彦(住友電工デバイス・イノベーション)・江川 満(住友電工)・米田昌博(住友電工デバイス・イノベーション)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
コヒーレント光通信 B-10-40 アプリケーション指向型光送受信器の提案と実験的検討
  ○谷村崇仁(東大)・星田剛司・Jens C. Rasmussen(富士通研)・鈴木 誠・森川博之(東大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
コピペ問題 A-12-7 地域差にみられる学生の情報モラルに関する意識調査の比較
  ○東 るみ子(日大)・勝谷紀子(青学大)・早乙女理恵(琉球大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
個別音像生成 A-5-8 NBSFC型個別音像生成における制御点周辺の抑圧性能の実環境評価
  ◎堀井慎平・立蔵洋介(静岡大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
コミック画像 D-11-65 シームカービングを用いたコミック画像のリサイジング手法
  ◎洞山勇介・大塚史明・小池 淳・和田直哉・村上仁己(成蹊大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
ごみ廃棄 H-3-4 キャラクタの育成を用いたごみ廃棄意識向上システム
  ◎浅井 駿・井村誠孝(関西学院大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
コミュニケーション B-20-13 救急医療のプロトコル管理へのICT活用
  ○小山裕司(産技大)・松本省二(小倉記念病院)・吉良潤一(九大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
コミュニケーションへの誘導 H-1-6 ロボットの追従によるコミュニケーションへの誘導への効果
  ◎小山泰生・西條涼平・安藤敏彦(仙台高専)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
コミュニケーションモデル D-15-41 多言語サービスコンピューティング環境を利用した環境教育プログラムのためのFMCモデルの提案
  ◎菱山玲子・ビョウ イクキ・鈴木 宏(早大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
コミュニケーションロボット BI-10-13 患者教育におけるARCSモデルの展開とコミュニケーションロボットPepperの可能性
  石黒奎太朗(阪府大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
コミュニケーションロボット H-1-6 ロボットの追従によるコミュニケーションへの誘導への効果
  ◎小山泰生・西條涼平・安藤敏彦(仙台高専)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
コミュニティ B-7-42 コミュニティ情報を用いたCDNにおけるコンテンツ同期法の検討
  ◎北野拓也・栗野俊一・吉開範章(日大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
コミュニティ BP-3-4 コミュニティロボティクスとエッジコンピューティング
  松日楽信人(芝浦工大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1405)
コムライン B-1-51 中央給電進行波励振マイクロストリップコムラインアンテナの準ミリ波帯二次元アレー設計
  ◎志田和優・北中成紀・毛利祐太・榊原久二男・菊間信良(名工大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
コモンモード B-4-42 フェライトコアを用いた帰還型コモンモード抑圧装置の特性の向上
  ◎吉川創一郎・西方敦博(東工大)・Farhan Mahmood・岡本 健・高谷和宏(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
コモンモード B-4-73 3本線伝送線回路内におけるコモンモードノイズ
  ◎神野崇馬・土岐 博・阿部真之(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
コモンモードチョークコイル B-4-46 信号線用コモンモードチョークコイル直下の基板グラウンドに欠損が存在する場合のノイズ抑制効果の検討
  ○中本藤之・佐々木雄一・渡邊陽介・宮崎千春・岡 尚人(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
コモンモード電流 B-4-67 ツイストペアケーブルの部分的不平衡とコモンモード電流
  ◎山村光卓・上 芳夫(電通大)・村野公俊(東海大)・肖 鳳超(電通大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
コモンモード電力 B-4-50 伝導妨害波のコモンモード電力測定に関する一検討
  ◎井渕貴章・舟木 剛(阪大)・マハムド ファーハン・岡本 健・高谷和宏(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
固有状態 B-13-6 時変複屈折の固有状態を利用した振動検知光ファイバセンサの提案
  ○神田祥宏・小泉健吾・稲船浩司・村井 仁(OKI)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
固有値 B-1-213 高密度分散アンテナ選択を適用した上りMU-MIMO伝送の実験評価
  ◎吉田 翔・西森健太郎(新潟大)・村上友規・石原浩一・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
固有値 NBS-1-7 ネットワーク上の共鳴を利用した Laplacian 行列の固有値推定法
  ◎古谷諭史(首都大東京)・高野知佐(広島市立大)・会田雅樹(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
固有値分解 B-5-4 超多素子アンテナにおける低演算固有値分解手法
  ○田島伸一・石井直人・鹿倉義一(NEC)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
固有値問題 BCS-1-2 ミリ波帯オンチップアンテナの解析におけるダミーメタルの実効媒質定数近似
  ○平野拓一・李 寧・岡田健一・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
固有ビーム伝送 B-5-44 高周波数帯Massive MIMOにおける時間軸ビームフォーミングの基本特性評価
  ◎新井拓人・太田 厚・白戸裕史・丸田一輝・岩國辰彦・飯塚正孝(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
固有モード解析 B-1-115 ヘルメットアンテナ設計のための半球殻の固有モード解析
  ○野村宣仁・道下尚文・森下 久(防衛大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
固有モード伝送 B-8-2 固有モード伝送を用いたDual coding方式の提案
  ◎設樂 勇(日本工大)・西森健太郎(新潟大)・梅原大祐(京都工繊大)・森野善明・平栗健史(日本工大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
孤立した密な部分グラフ D-12-97 孤立した密な部分グラフの発見による写真群からの主要人物抽出
  ○伊奈拓郎・橋本敦史・飯山将晃・美濃導彦(京大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
コリメート機能 C-14-17 円偏波変換機能とコリメート機能を有する0.3 THz帯メタマテリアルアンテナコンポーネントの設計
  ◎大内隆嗣・石原功基・佐藤竜也・富樫隆久・鈴木健仁(茨城大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
コロイド結晶 CI-2-2 ソフトな有機・高分子フォトニック結晶レーザー
  古海誓一(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
コンカレント C-2-12 2増幅回路構成コンカレントデュアルバンド増幅器結合用分波回路
  ◎西沢 永・高山洋一郎・石川 亮・本城和彦(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
コンクリート D-11-19 クラック検出における画像自動結合の一手法
  ◎小池祥平・村木祐太・西尾孝治(阪工大)・原 徹(アルファ・プロダクト)・小堀研一(阪工大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
コンクリート診断 C-2-93 混合後のフレッシュコンクリートの比誘電率の時間変化
  ◎早田裕一郎・田中俊幸・森山敏文(長崎大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
コンクリート柱 A-3-1 暴露試験環境でのコンクリート柱鉄筋への負荷応力モニタリング
  ○竹内陽祐・藤本憲宏・渡辺正満・澤田 孝(NTT)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
コンクリートレーダ C-2-93 混合後のフレッシュコンクリートの比誘電率の時間変化
  ◎早田裕一郎・田中俊幸・森山敏文(長崎大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
混合運用 A-13-1 RNP ARとILS進入方式との混合運用における異常接近予測
  ○天井 治・松岡 猛(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
混合数値解析 C-1-26 光制御パルス対を用いた疑1次元系単一電子の光スイッチング制御
  ○竹内 嵩・大貫進一郎・佐甲徳栄・芦澤好人・中川活二(日大)・田中雅宏(岐阜大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
混合正規分布 B-2-49 面間合成レーダにおけるグレーティング対処ハイブリッドMHT
  ◎山田哲太郎・和泉秀幸・村山 暁・小幡 康(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
混雑 B-5-80 混雑時の無線ネットワークにおける情報共有
  ◎菅沼初希・松崎頼人・榎原博之(関西大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
混雑解析 D-12-41 混雑状態解析・可視化に基づくイベントセキュリティシステムの提案
  ◎服部亮史・井須芳美・福岡直也・富澤俊明(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 3F 2306)
混雑回避 N-2-4 複数の経路を用いた経路制御手法に関する一考察
  ◎西 翔・木村貴幸・神野健哉・高見沢 透(日本工大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
混雑緩和 N-2-5 パケット送信能力を考慮した確率的な経路制御
  ◎田上 翔・木村貴幸・高見沢 透・神野健哉(日本工大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
混雑度推定 B-15-3 RSSIを用いた周波数帯ごとの人物混雑度推定
  ○吉田知弘・小川将克(上智大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1210)
コンシステントハッシュ D-4-7 不均一な負荷状態の高速判定方式に関する考察
  ◎外山篤史(NTT)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
コンテキストアウェア A-8-23 コンテキストアウェアによるブロック分割を用いた事例ベースのインペインティング手法
  ◎村上祐亮・市毛弘一(横浜国大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
コンテスト D-8-16 Q&Aサイトにおける途中参入者を考慮した二段階コンテストの分析
  ○嶋田飛鳥・松原繁夫(京大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1403)
コンテナ B-6-57 仮想インスタンスのマイグレーション数を効率的に削減する方式に関する検討
  ◎大谷育生・鈴木耕世(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
コンテンションウィンドウ制御 B-7-50 アドホックネットワークにおける並列転送に適したコンテンションウィンドウ制御方式の提案
  ◎大宮 陸・村瀬 勉(名大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
コンテンツ共有 B-7-10 ハイブリッド型Peer-to-Peerネットワークでのファイル分割配置を用いたコンテンツ共有における低有用度レプリカ消去の効果
  ◎藤田 裕・菅原真司(千葉工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
コンテンツ指向ネットワーク B-6-124 コンテンツ指向ネットワークにおける同時ダウンロードを考慮したキャッシュ手法
  ◎笹野恭平・萬代雅希(上智大)・山本 幹(関西大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
コンテンツ指向ネットワーク B-6-125 コンテンツ指向型車車間ネットワークにおける移動情報を利用したデータ取得方式
  ◎岡本祐太朗・萬代雅希(上智大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
コンテンツ指向ネットワーク B-6-127 コンテンツ指向ネットワークにおけるルータでのレート制御に適用した輻輳制御方式
  ◎加藤尭彦・萬代雅希(上智大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
コンテンツ指向ネットワーク BP-2-4 ネットワーク誘導を利用したコンテンツ配信の実装評価
  ○柳生智彦(NEC)・山本 幹(関西大)・戸出英樹(阪府大)・太田 能(神戸大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
コンテンツ生成 D-12-29 物理センサを用いた擬似ソーシャルセンサ観測情報の生成
  ◎恒岡知生・新田直子・馬場口 登(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
コンテンツ配信 B-6-123 分散的情報共有によるコンテンツキャッシング手法
  ○奥村尚久・平田孝志・山本 幹(関西大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
コンテンツ発見 D-9-13 タイムザッピングシステムにおけるタグ利用による番組発見効果
  ○竹内真也・金子 豊・平松和茂・苗村昌秀(NHK)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
コンテンツ分散配置 B-6-132 CCNマルチドメインネットワークにおけるトラフィック削減のためのサーバのコンテンツ分散配置の検討
  ◎杉浦孝太・青木道宏(愛知工業大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
コンテンツ命名規則 B-7-6 インターネットから収集したURLデータに基づく情報指向ネットワークのコンテンツ名の検討
  ◎近藤大嗣(Univ. of Lorraine)・Thomas Silverston(The Univ. of Tokyo)・戸出英樹(阪府大)・浅見 徹(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
コントラスティブ・ダイバージェンス AI-3-3 事前学習とその周辺
  前田新一(京大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
コンパイラ A-6-9 コンパイラ基盤 LLVM バックエンドのランダムテスト
  ○田中健司・石浦菜岐佐(関西学院大)・西村啓成・福井昭也(ルネサスシステムデザイン)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
コンパイラ D-6-16 STRAIGHTアーキテクチャのためのコンパイラ技術
  ◎中江哲史・入江英嗣・坂井修一(東大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
コンパイラ D-15-35 オンラインJavaコンパイラの利用によるJava演習授業支援環境の構築
  ◎築地勇人・笠井貴之・熊田瑞貴・李 書・鷹野孝典(神奈川工科大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
コンピュータグラフィックス D-11-41 連続同口形を考慮した発話映像自動生成の提案
  ◎秋澤省吾・宮崎 剛(神奈川工科大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
コンピュテーショナルフォトグラフィ ADI-1-2 コンピュテーショナルフォトグラフィの要点と最新動向
  日浦慎作(広島市立大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
コンフィギュラブル B-8-50 超コンフィギュラブルパケットスイッチの提案
  ○西村和人・廣田正樹・朝永 博(富士通研)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
コンフィギュラブル B-8-51 超コンフィギュラブルパケットスイッチの評価
  ○廣田正樹・西村和人・朝永 博(富士通研)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
コンフィグ設定 B-6-76 冗長化したエッジルータにおける早期サービス回復方法の提案
  ◎鈴木裕志・望月このみ・橘 雄三・工藤伊知郎・重谷昌昭(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)