キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

ピーク検出 B-2-50 FMCWレーダにおいてスペクトルの平滑化波形を利用するピーク検出方法
  ○三本 雅・高橋 徹・田崎裕久(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
ピーク対平均電力比(PAPR) B-5-69 自己同期スクランブラを用いるSLMの設計手法に関する検討
  ○大木雄介・牟田 修・景山知哉・古川 浩(九大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
ビーコン B-18-8 ビーコンを用いた人の移動方向の取得方法に関する一検討
  ○永野秀和・横坂直克・明石貴靖・富田靖浩(ナカヨ)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
ビーコン D-23-9 スマートデバイスを用いた農作業者の位置推定
  橋本幹基(九大)・○有田大作(九州先端科技研)・島田敬士・内山英昭・谷口倫一郎(九大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
ビート周波数 B-1-198 周波数で目標を分離するレーダ方式における複数受信に関する検討
  ○加藤泰典・高橋龍平・高橋 徹・田崎裕久(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
ヒートマップ D-11-40 ヒートマップを用いた移動物体検出手法の性能評価
  ◎大沼和嗣・猿田和樹・寺田裕樹・陳 国躍(秋田県立大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
ビーム BS-8-13 移動体へのマイクロ波電力供給システムの基礎検討
  ○高野 忠・宇野 孝・柴田国明・三枝健二(日大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2201)
ビーム形成回路 B-1-76 Ka帯衛星搭載用マルチビーム形成回路の素子共有方式の検討
  ◎戸村 崇・湯川秀憲・瀧川道生・稲沢良夫・宮下裕章(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
ビームシフト B-1-102 リフレクトアレーアンテナにおける収差理論を用いた周波数特性に関する検討
  ○竹島健飛・吉本翔太・藤井由香・牧野 滋・廣田哲夫・伊東健治・野口啓介(金沢工大)・塩出剛士・瀧川道生(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
ビーム集束法 B-21-9 ビーム集束法の実験による有効性の検証
  ◎宇野 孝・柴田国明・三枝健二・高野 忠・石川峻樹・篠原真毅(日大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
ビーム制御 B-5-1 5G実現に向けた低SHF帯超多素子アンテナ技術とビーム制御技術の研究開発
  ○奥村幸彦・須山 聡(NTTドコモ)・丸田 靖・佐藤俊文(NEC)・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
ビーム制御 BP-1-6 5G無線アクセス技術と当社取組み〜Massive MIMOとビーム制御〜
  ○福井範行・武 啓二郎・岡崎彰浩・岡村 敦(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 3F 2303)
ビーム制御 C-14-19 Radio-over-Fiberによる60 GHz帯アンテナビーム制御における端末位置推定
  ◎古屋琴子・平澤崇佳・大石将之・秋葉重幸・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
ビーム成形効果 B-1-142 ビーム成形の垂直的効果ΔGvを決定するパラメータu0-bar―円形開口からの成形ビームで正三角形カバレッジを覆う場合―
  ○内藤 出(新居浜高専)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
ビーム走査 B-1-56 16素子ビーム走査アンテナの実験検討
  ○亀田悠平・山内潤治・中野久松(法政大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
ビーム走査 B-1-57 損失性インダクタを装荷した平行二本線路と結合したダイポールアレーアンテナの特性
  ◎関口貴志・今野佳祐・陳 強(東北大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
ビーム走査 B-1-108 複数のメタラインによるビーム走査
  ◎岡村龍太・山内潤治・中野久松(法政大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
ビーム走査 B-1-120 Si細線導波路フェーズドアレーを用いた光通信用2次元ビーム走査型漏れ波アンテナに関する検討
  ◎蘆原 成・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
ビーム走査 C-4-18 (依頼講演30分)変調フォトニック結晶レーザ-ビーム出射方向と偏光特性の制御-
  ○安田大貴・沖野剛士(京大)・北村恭子(京都工繊大)・野田 進(京大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2201)
ビーム走査 C-14-16 軸外しパラボラアンテナを用いた共鳴トンネルダイオードによるテラヘルツビーム到来角度推定
  ○金井伸也(パイオニア)・向井俊和(ローム)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
ビームチルト B-1-119 円形ワッフル導波路の放射特性
  ◎山本将司・橋口 弘・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
ビーム伝搬法 C-3-35 曲線テーパ導波路を用いた偏波分離変換器 (II)
  ◎藤村峻也・仁藤雄大・山内潤治・中野久松(法政大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2207)
ビーム伝搬法 C-3-61 コアの位置調整による埋め込み型光導波路の屈曲損失低減
  仁藤雄大・◎渡邊裕人・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
ビーム伝搬法 C-15-15 曲線テ-パ導波路を用いた偏波分割器の再設計
  藤村峻也・◎日野浩詳・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
ビーム特性計測 B-3-27 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(3)―ビーム評価実験結果―
  ○宗正 康・小山善貞・秋岡眞樹・國森裕生・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
ビームパターン C-2-109 マルチコプタを用いたワイヤレス給電センサシステムのための送電アンテナの研究
  ◎上吉川直輝・篠原真毅(京大)・藤原暉雄(翔エンジニアリング)・小野晃義(オリエントマイクロウェーブ)(3月18日発表 センター2号館 2F 2214)
ビームフォーマ A-5-4 指向性パターンの重み付きMMSE基準に基づく線形ビームフォーマの設計
  ◎田中信秋・矢野敦仁・木村 勝(三菱電機)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
ビームフォーミング B-1-163 指向性がある素子を用いた場合におけるアダプティブアレーアンテナのビームフォーミングについての一検討
  ○中埜宏美・河野隆二(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
ビームフォーミング B-5-2 5G大容量無線アクセス実現に向けた電波伝搬実験の概要
  ○山崎健一郎・ピタックダンロンキジャー ブンサーン(NEC)・奥山達樹(NTTドコモ)・中安かなだ・佐藤俊文(NEC)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
ビームフォーミング B-5-9 超多素子アンテナを用いた端末ディスカバリー技術の研究開発
  ○丸田 靖・佐藤俊文(NEC)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
ビームフォーミング B-5-26 都市部ストリート環境およびショッピングモール環境における5Gミリ波無線アクセスのビーム追従およびスループット特性実験評価
  ○井上祐樹・吉岡翔平・岸山祥久・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
ビームフォーミング B-5-45 高周波数帯Massive MIMOにおけるサブアレー時間軸ビームフォーミングによるマルチユーザ並列伝送の検討
  ○丸田一輝・太田 厚・白戸裕史・黒崎 聰・新井拓人・岩國辰彦・飯塚正孝(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
ビームフォーミング B-5-48 ビームフォーミング基地局を適用する無線アクセスにおける下りリンク共通信号送信法の検討
  ○三上 学・吉野 仁(ソフトバンク)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
ピエゾフィルム B-9-14 ピエゾフィルムを用いる雨滴発電の性能評価
  奥 智博・○田中 聡(福山大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
非ガウス雑音 NBS-1-1 一様雑音及び2値雑音を用いた確率共鳴受信機の誤り率特性改善
  ◎田中裕也・中島康雄・山里敬也(名大)・田所幸浩(豊田中研)・荒井伸太郎(香川高専)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
非可逆位相特性 C-2-30 反平行に磁化された左手系フェライト導波管に関する実験的検討
  安達太一・○大久保賢祐・岸原充佳・滝本裕則(岡山県立大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
非可聴音 B-15-10 非可聴音通信の実装
  ○津川宏明・小川将克(上智大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1210)
非可聴領域 D-14-16 TLFスピーカ及びハイレゾ音源を用いた音声の多チャンネル化
  ○須田祥平・山本 強・土橋宜典(北大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
光・無線融合 BT-2-6 光・無線融合アクセスネットワーク設計におけるシミュレーションの活用
  ○曽根恭介(富士通研)・Inwoong Kim(米国富士通研)・青木泰彦・関 宏之(富士通研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
光CDMA A-9-18 遠近問題のある非同期光無線CDMA通信方式におけるハードリミタ閾値の動的制御
  ◎山本雄亮・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
光CDMA AS-3-3 (依頼講演)光拡散符号を用いた可視光CDMA通信について
  ○松嶋智子・宮崎真一郎・大村光德・山嵜彰一郎(職業開発大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
光IOコア C-4-5 (依頼講演30分)量子ドットレーザを搭載したアイソレータフリー光IOコア
  ○水谷健二・屋敷健一郎・栗原 充・鈴木康之・萩原靖彦・羽鳥伸明・清水隆徳・賣野 豊・中村隆宏・蔵田和彦(PETRA)・荒川泰彦(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
光MIMO B-13-23 空間モード分散係数とMIMO等化器における必要タップ数の関係
  ○坂本泰志・森 崇嘉・和田雅樹・山本貴司・中島和秀(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光OFDM A-9-17 光OFDMを用いた見通し外車車間可視光通信の誤り率特性
  ◎川北直明・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(香川高専)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
光OFDM C-3-17 可変光OFDM信号分離用集積型光フィルタの基礎検討(Ⅱ)
  ○瀧口浩一(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光OFDM C-3-18 位相変調器・可変波長分散エミュレータ構成の光フーリエ変換回路を用いた可変光OFDM信号分離技術の基礎検討
  瀧口浩一・中川高晃・○三輪貴明(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光PLL C-12-12 ダーリントン接続を用いたトラック・ホールド回路のホールド電圧低下改善の検討
  ◎竹谷 勉・福山裕之・野河正史・野坂秀之(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
光XOR C-3-16 全光符号化技術の実現に向けた光XOR回路の動作特性の実験的検証
  ◎相川洋平・植之原裕行(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光ZCZ系列セット AS-3-5 拡散反射通信路における光ZCZ系列セットを用いた同期光CDMA方式のBER特性の検討
  ◎蔵下征則・松元隆博(山口大)・鳥井秀幸(神奈川工科大)・井田悠太・松藤信哉(山口大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
光アクセス B-8-17 PONを用いたアクセスにおける超高精細映像配信方式に関する一検討
  ○谷口友宏・清水秀和・下羽利明・笠原康信・吉永尚生・須川智規(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
光アクセス B-8-45 5G 携帯基地局の光収容アクセスシステムに関する一検討
  ○西谷隆志・平野幸男・名倉健一・小崎成治(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
光アクセスシステム B-8-75 Webアクセス時のPON-ONU省電力化方式に関する一検討
  ◎中垣内和樹・大島一能(阪工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
光アクセスネットワーク B-8-65 光アクセス装置プログラマブル化に向けたデータ並列に基づく暗号化のCPU/GPU実装
  ◎鈴木貴大・キム サンヨプ・可児淳一・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
光アンテナ B-3-27 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(3)―ビーム評価実験結果―
  ○宗正 康・小山善貞・秋岡眞樹・國森裕生・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
光位相共役 B-10-82 集積型偏波多重直交変調器による光位相共役信号対発生
  ○坂本高秀・呂 國偉・山本直克・川西哲也(NICT)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光位相同期 B-10-81 光位相同期回路を適用した位相感応型光増幅中継器による信号光位相共役光対の多段中継伝送
  ◎関 真吾・岡村康弘・高田 篤(徳島大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光位相同期 B-10-84 信号光位相共役光対の非縮退パラメトリック位相感応型光増幅における和周波光発生による励起光位相同期ループ制御実験
  ◎近藤紘太郎・大道雄也・岡村康弘・高田 篤(徳島大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光インターコネクション C-3-10 (依頼講演30分)CDR内蔵28Gb/s×4ch小型並列光モジュール
  ○長島和哉・石川陽三・喜瀬智文・那須秀行(古河電工)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光インターコネクション C-3-23 (依頼講演30分)立体湾曲型シリコン光導波路による低損失かつ低波長依存ファイバ垂直結合器の開発
  ○吉田知也・面田恵美子・渥美裕樹(産総研)・田島渉吾(明大)・西 孝・武井亮平(産総研)・三浦 登(明大)・森 雅彦・榊原陽一(産総研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光衛星通信 BI-4-7 光衛星通信の研究開発動向
  豊嶋守生(NICT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
光カー効果 C-4-13 ビスマスベース有理高調波モード同期ファイバレーザ
  ○福地 裕・前田譲治(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
光回路 C-3-22 平面内異種材料光集積回路に向けたクリスタル/アモルファスSi導波路間結合器の結合効率向上
  ◎伊東憲人・久能雄輝・林 侑介・鈴木純一・雨宮智宏・西山伸彦・荒井滋久(東工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光回路 C-3-60 (依頼講演30分)波面整合法による光回路設計
  ○橋本俊和(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光回路実装 C-3-47 高精度多層配列GI型円形コアポリマー光導波路
  ◎鈴木球太・齊藤侑季・深潟康二・石榑崇明(慶大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光拡散符号 AS-3-3 (依頼講演)光拡散符号を用いた可視光CDMA通信について
  ○松嶋智子・宮崎真一郎・大村光德・山嵜彰一郎(職業開発大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
光給電 B-5-130 光給電電力制御EPWM-OFDM RoF伝送システムの検討
  ◎飯田裕太・山尾 泰(電通大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
光空間通信 BI-4-1 可視光通信技術の最新動向
  春山真一郎(慶大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
光クロスコネクト B-10-18 エラスティック光ノードにおけるSimplified OXC Architectureの提案
  ◎松山友理恵・鈴木雄太・藪原 穣・青野義明・竹下仁士・田島章雄・小熊健史(NEC)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光クロスコネクト B-10-20 高信頼サブシステムモジュラ光クロスコネクト
  ◎山上修平・丹羽真規・森 洋二郎・長谷川 浩・佐藤健一(名大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光クロスコネクト B-10-21 サブシステムモジュラ光クロスコネクトにおけるルーティング性能のノード次数依存性
  ◎伊藤圭佑・森 洋二郎・長谷川 浩・佐藤健一(名大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ケーブル B-10-15 48心高密度架空配線光ケーブル
  ○多木 剛・鯰江 彰・大里 健・山中正義(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ケーブル B-10-16 高密度架空HSケーブルの開発
  ○伊藤直人・大野正敏・大里 健・山中正義(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ケーブル B-10-17 薄灰色集合細径インドアケーブルの開発
  ◎三浦貴博・塚本昌義・星野 豊(古河電工)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光コネクタ B-10-8 MU形マルチコアファイバコネクタのランダム接続特性
  ◎境目賢義・長瀬 亮(千葉工大)・渡辺健吾・斉藤恒聡(古河電工)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光コネクタ BCI-1-4 マルチコア/マルチモード接続技術の最新動向
  長瀬 亮(千葉工大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光サンプリング B-13-16 オフセット補正複素振幅平均による高ダイナミックレンジ線形サンプリング
  ○伊藤文彦・河野直人・横田聖司(島根大)・飯田大輔・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光閾値素子 C-3-14 非線形マイクロリングを有する2段縦続MZI型光閾値素子の提案
  ◎近藤 正・岸川博紀・後藤信夫(徳島大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光集積回路 N-1-20 光集積回路における間欠性ルートとカオス
  ○カルサクリアン・ダル・ボスコ アンドレアス・秋澤康裕(埼玉大)・菅野円隆(福岡大)・内田淳史(埼玉大)・原山卓久(早大)・吉村和之(NTT)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
光周波数コム C-3-3 LiNbO3マッハツェンダ変調器の高調波重畳変調による超平坦光周波数コム生成
  ◎横田信英・阿部晃一郎・五十嵐 稜・八坂 洋(東北大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光周波数コム C-14-14 電気光学変調器を用いた低変調指数動作での光周波数コム信号発生の検討
  ◎前田直樹・中村亮太・河合 正・榎原 晃(兵庫県立大)・山本直克(NICT)・川西哲也(早大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
光出力モニタ B-10-85 トラッキングエラーと光出力モニタの温度補償に関する一検討
  ◎三田大介・芦田哲郎・野田雅樹(三菱電機)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光信号処理 B-10-83 相補スペクトル反転を用いた予約帯域不要な位相共役変換器
  ○梅木毅伺・風間拓志・小野浩孝・宮本 裕・竹ノ内弘和(NTT)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光信号処理 C-3-15 半導体光増幅器における四光波混合を用いたQPSKから2系列BPSKへの全光変調フォーマット変換
  ◎安藤りな・岸川博紀・後藤信夫・柳谷伸一郎(徳島大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光信号処理 C-3-17 可変光OFDM信号分離用集積型光フィルタの基礎検討(Ⅱ)
  ○瀧口浩一(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光信号処理 C-3-18 位相変調器・可変波長分散エミュレータ構成の光フーリエ変換回路を用いた可変光OFDM信号分離技術の基礎検討
  瀧口浩一・中川高晃・○三輪貴明(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光スイッチ B-10-77 Siフォトニクス技術を用いたCDC-ROADM用光スイッチシステム
  ○柳町成行・中村 滋・竹下仁士・樋野智之・田島章雄・福知 清(NEC)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光スイッチ C-3-52 マルチチップ集積技術を用いた1×8石英‐シリコンフェーズアレイ型光スイッチの作製
  ○片寄里美(NTT)・橋詰泰彰(NEL)・井藤幹隆(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光スイッチ C-3-53 FLC装荷フェーズドアレイ型光スイッチのスイッチング動作
  ◎金久保 渉・武田正行・中津原克己(神奈川工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光スイッチ C-3-54 ホログラムを用いたMxN空間光スイッチ
  ◎山口慶太・中島光雅・伊熊雄一郎・鈴木賢哉・山口城治・橋本俊和(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光スペクトル整形 B-10-54 偏波多重16QAM信号に対する光スペクトル整形と変調器消光比に関する検討
  ○野口由比多・佐野勇人・吉田 剛・松田恵介・宇藤健一(三菱電機)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光線路切替技術 B-13-34 ローカル光入出力装置の温度依存性に関する検討
  ◎川野友裕・植松卓威・廣田栄伸・清倉孝規・真鍋哲也(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光線路切替装置 B-13-41 光線路切替装置の4心テープファイバ適用に向けた光学特性評価
  ◎植松卓威・川野友裕・廣田栄伸・清倉孝規・真鍋哲也(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光線路短瞬断切替技術 B-13-34 ローカル光入出力装置の温度依存性に関する検討
  ◎川野友裕・植松卓威・廣田栄伸・清倉孝規・真鍋哲也(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光送信器 B-10-85 トラッキングエラーと光出力モニタの温度補償に関する一検討
  ◎三田大介・芦田哲郎・野田雅樹(三菱電機)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光増幅 BCI-1-3 マルチコア/モード光増幅器の最新動向と将来へ向けた課題
  杉崎隆一(古河電工)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光増幅器 B-10-23 デジタルコヒーレントPONにおけるSP-QPSKバースト信号の受信ダイナミックレンジ評価
  ◎胡間 遼・藤原正満・可児淳一・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光増幅器 B-13-19 2-LPモードEDFにおけるスペクトラルホールバーニングの特性評価
  ◎和田雅樹・坂本泰志・青笹真一・森 崇嘉・山本貴司・中島和秀(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光増幅器 C-3-12 Eu-Alポリマーコンポジット添加光導波路の作製と小型光増幅デバイスへの応用
  ◎三谷真利奈(慶大)・山下兼一(京都工繊大)・三木 瞳・福井俊巳(KRI)・石榑崇明(慶大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光多値 B-10-27 Nyquist-PAM4信号生成におけるEA変調器の駆動振幅の検討
  ○平井理宇・菊池信彦(日立)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光中継器 B-8-68 光中継器を適用したPON におけるユーザ収容範囲拡大手法
  ○堤 卓也・中山 悠・金井俊介・久保田 学・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
光直接記録 C-15-6 光直接記録に向けたナノアンテナ生成光の特性評価―加工ずれの影響と入射光による偏光制御―
  ◎立澤圭輔・大貫進一郎・芦澤好人・中川活二(日大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
光通信 AS-3-4 宇宙での光通信の紹介と、可視光通信技術の宇宙応用の検討
  ○荒木智宏(JAXA)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
光通信 B-1-120 Si細線導波路フェーズドアレーを用いた光通信用2次元ビーム走査型漏れ波アンテナに関する検討
  ◎蘆原 成・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
光通信 B-2-4 将来月探査ミッションに向けた光通信捕捉追尾の基礎検討
  ○小林雄太・向井達也・荒木智宏(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
光通信 B-3-30 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(6)―伝搬データおよび雲観測データの比較―
  ○鈴木健治・宗正 康・國森裕生・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
光通信 B-3-31 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(7)―小型衛星の精密軌道決定に向けた光学的観測計画―
  ○布施哲治(NICT)・長山翔太(電通大)・久保岡俊宏(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
光通信 B-10-43 RF解析方式を用いるOSNRモニタサブシステムの試作
  ○吉田節生・小田祥一朗・青木泰彦(富士通)・Jens C. Rasmussen(富士通研)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光通信 B-10-59 IM/DDナイキストPAM信号のSSB化と高周波数利用効率波長多重伝送の検討
  ○菊池信彦・平井理宇(日立)・福井孝昌(日本オクラロ)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光通信 B-10-65 光ファイバ中の波形劣化の評価における各種摂動法の精度比較
  ◎上品彰斗・乗松誠司・佐藤 亨(京大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光通信 B-10-69 光トランスペアレント伝送技術向け誤り訂正方式
  ○宮田好邦・杉原堅也・松本 渉・吉田英夫・平野 進・久保和夫・亀谷聡一朗・土肥慶亮・吉田 剛・石井健二・杉原隆嗣(三菱電機)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光通信 C-3-65 現像工程不要な波長1.55μm帯ホログラムの試作
  ○大島 茂(近畿大高専)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光通信 C-12-25 40nm CMOSプロセスを用いた25Gb/s DFB-LDドライバの高耐圧化に関する一検討
  ◎川中啓敬・三田大介・吉間 聡・野上正道・野田雅樹(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
光通信システム B-10-51 逆伝達関数を用いた光ファイバ中の自己位相変調予等化性能改善に関する検討
  ◎賀川拓用・植之原裕行(東工大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光通信用漏れ波アンテナ B-1-118 グレーティング及びワッフル導波路を用いた光通信用漏れ波アン テナの減衰定数による評価
  ○橋口 弘・新井宏之・近藤圭祐・馬場俊彦(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
光通信量子暗号 B-10-39 Y-00光通信量子暗号とOOK信号のWDM伝送実験
  ○二見史生・広田 修(玉川大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光デバイス C-3-49 新規光学接着剤を用いて実装した光デバイスの信頼性評価
  ○渡辺順也・田中拓海・村田則夫・三田地成幸(東京工科大)・影山裕一・木村和資(横浜ゴム)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光電界センサ BI-8-10 マイクロ波導波モードとEOセンサを用いたFRPM配管の診断技術
  ○村田博司・上野文聖・東 良幸・岡村康行(阪大)・奥田忠宏・硲 昌也(栗本鐵工)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光伝送システム BCI-1-6 マルチコア/モード伝送技術の最新動向と将来へ向けた課題
  水野隆之(NTT)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光伝搬 B-13-1 散乱光受光型光水面センシングシステムにおける光伝搬特性
  ○後藤春可・増田浩次・相原弘和・北村 心(島根大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光点滅 D-11-56 カメラと被写体の動き推定に基づく光点滅低減方式
  ◎尾高佑季・石川真澄・塚田正人(NEC)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
光電力 B-8-41 SDM-PON におけるバイアス送信方式とクリップ送信方式の光電力評価
  ダルハー ブヤンジャラガル・栗山宜巳・○上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
光導波路 C-3-46 導波路型三原色合波器の設計と作製
  中尾 慧・辻野謙太・横川修一・田中彩恵・林口翔子・○勝山俊夫(福井大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光導波路 C-3-53 FLC装荷フェーズドアレイ型光スイッチのスイッチング動作
  ◎金久保 渉・武田正行・中津原克己(神奈川工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光導波路 C-3-57 コアトップのドライエッチング加工による導波路過剰損失の予備的検討
  ○坂田亮介・田邉和大・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光導波路 C-3-60 (依頼講演30分)波面整合法による光回路設計
  ○橋本俊和(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光閉じ込め C-4-21 VCSEL 光閉じ込めに向けた量子井戸混晶化による屈折率制御
  ○齋藤 季・森脇翔平・宮本智之(東工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2201)
光トランシーバ B-10-85 トラッキングエラーと光出力モニタの温度補償に関する一検討
  ◎三田大介・芦田哲郎・野田雅樹(三菱電機)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光トランシーバ B-13-35 光部品用粘着式清掃ツールの開発
  ○鈴木正義・橋本展宏・後藤 誠・佐藤 健(巴川製紙所)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光トランシーバ BI-7-5 柔軟な光ネットワーク構築に資する送受信装置・デバイスの展望
  入江裕紀(日本オクラロ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光トランシーバ C-3-32 130°C環境における低電圧シリコン光変調器のTECフリー動作
  ◎石倉徳洋・石原啓樹・阪本真一・五井一宏・小川憲介(フジクラ)・Liow Tsung-Yang・Tu Xiaoguang・Lo Guo-Qiang・Kwong Dim-Lee(Institute of Microelectronics)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光トランスポート網 B-6-85 広域光トランスポート網における保守条件の緩和効果
  ◎植松芳彦・中川雅弘・山本 宏・鎌村星平・源田浩一・片山 勝(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
光取出し CI-3-4 AlNナノフォトニック構造による深紫外LEDの光取出し効率向上技術
  井上振一郎(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
光ナイキストパルス B-10-61 Qマップを用いた光ナイキストパルスの分散・非線形耐力の解析
  ○廣岡俊彦・中沢正隆(東北大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ネットワーク B-6-82 トランスポートSDNが創る光ネットワーク基盤の将来像
  ○林 理恵・鎌村星平・伊達拓紀・山本 宏・宮村 崇・源田浩一・植松芳彦・行田克俊(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
光ネットワーク B-10-75 MxM WSSを用いた大規模光ノード構成法
  ◎丹羽真規・森 洋二郎・長谷川 浩・佐藤健一(名大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ネットワーク B-12-1 光回線切断数最小を目指した波長デフラグ設計手法に関する一検討
  ○瀧田 裕・田島一幸・橋口知弘・片桐 徹(富士通)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光ネットワーク B-12-4 光パス・パケット統合網におけるOpenFlowを用いたオフローディング手法の検討
  ◎前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光ネットワーク BCI-1-7 空間分割多重光ネットワーク制御技術と将来へ向けた課題
  宮澤高也(NICT)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光バースト受信部 B-8-42 高速引込みと高安定特性を有する10Gbps光バースト受信部の構成法
  ◎廉 京日・栗山宜巳・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
光パケット・回線統合ネットワーク B-12-3 光パケット・回線統合ネットワークにおける要求スロットサイズを考慮した周波数資源内の動的境界移動に関する検討
  永富 賢・杉原盛太郎・○廣田悠介・藤井祥平(阪大)・戸出英樹(阪府大)・渡辺 尚(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光パケット・光パス統合ネットワーク B-12-5 緊急時の重要光回線パスを強制的に確保する制御手法
  ○白岩雅輝・宮澤高也・古川英昭・淡路祥成・和田尚也(NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光パス B-12-13 非同期光パスインターコネクト網の提案と基礎検討
  ◎石井紀代・並木 周(産総研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光パス・パケット統合網 B-12-4 光パス・パケット統合網におけるOpenFlowを用いたオフローディング手法の検討
  ◎前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光パス分割 B-12-2 エラスティック光ネットワークにおける断片化を考慮した分割パス割り当て手法
  ○篠澤亮介・馬場健一(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
光波長合分波器 C-3-21 シリコンフォトニクスDWDM合分波に向けた粗調レーザトリミングによるクロストーク抑制フィルタ
  ○地蔵堂 真・亀井 新・菊池清史・才田隆志(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光波長フィルタ C-3-21 シリコンフォトニクスDWDM合分波に向けた粗調レーザトリミングによるクロストーク抑制フィルタ
  ○地蔵堂 真・亀井 新・菊池清史・才田隆志(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光パルス圧縮 B-13-13 光ファイバ中の誘導ブリルアン散乱を用いたパルス圧縮の解析
  ◎宮下原弥・松本正行(和歌山大)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光パルス圧縮 C-14-1 光ビート法による高周波発生における光パルス圧縮を用いた出力の増大
  ◎森本裕喜・山口剛史・戸田裕之(同志社大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
光パワーバジェット B-10-24 光アクセスの長延化を実現するGE-PON中継光アンプの動作検証
  ◎伊藤 猛・高橋元悟・桐原誉人・辻 幸嗣・宮崎誠司・久保田 学(NTT)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ビート法 C-14-15 光ビート法で発生させた周波数安定化マイクロ波信号によるフェーズドアレイアンテナからの放射パターン制御
  ○上原知幸・辻 健一郎・大島優太朗・亀井利久・小野寺紀明(防衛大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
光ファイバ B-2-27 8 GHz帯域幅FMCW信号を用いた光ファイバ接続型96 GHz帯ミリ波レーダの距離分解能特性評価
  ○二ッ森俊一・森岡和行・河村暁子・岡田国雄・米本成人(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
光ファイバ B-10-1 ARを用いた所内伝送装置保守作業支援システムの図形描画精度評価
  ○榎本圭高・古敷谷優介・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ B-10-12 マルチコアファイバの新しいクロストーク測定方法に関する一検討
  ◎斉藤翔太・安間淑通・佐々木雄佑・竹永勝宏・愛川和彦(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ B-10-59 IM/DDナイキストPAM信号のSSB化と高周波数利用効率波長多重伝送の検討
  ○菊池信彦・平井理宇(日立)・福井孝昌(日本オクラロ)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ファイバ B-10-65 光ファイバ中の波形劣化の評価における各種摂動法の精度比較
  ◎上品彰斗・乗松誠司・佐藤 亨(京大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ファイバ B-10-78 偏波無依存化ファイバ光パラメトリック増幅特性
  ○高坂繁弘・杉崎隆一(古河電工)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ファイバ B-13-8 後方散乱光の偏光状態を用いた外乱検出法の検討
  ○糸井拓弥・的場将志・齊藤 茂(立命館大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ B-13-16 オフセット補正複素振幅平均による高ダイナミックレンジ線形サンプリング
  ○伊藤文彦・河野直人・横田聖司(島根大)・飯田大輔・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ B-13-40 間欠接着型光ファイバテープ実装SZ撚り光ファイバケーブルの温度サイクル特性
  ◎菊池 雅・川高順一・泉田 史・倉嶋利雄(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ BCI-1-2 マルチコア/マルチモード評価技術
  ○佐々木雄佑・斉藤翔太・丸山 遼・竹永勝宏・愛川和彦(フジクラ)・齊藤晋聖(北大)・中島和秀(NTT)・大橋正治(阪府大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ BI-8-8 光ファイバを用いた電流センサ
  高橋正雄(東芝)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ C-3-26 小児用F-SASセンサとPSGとの無呼吸イベント比較
  ◎齊藤 稜・三田地成幸(東京工科大)・杉山 剛(山梨大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光ファイバ C-3-27 F-SASセンサの女性に対する嚥下障害測定
  ◎佐野貴弘・三田地成幸(東京工科大)・土師知行(広島県立大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光ファイバ C-3-65 現像工程不要な波長1.55μm帯ホログラムの試作
  ○大島 茂(近畿大高専)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光ファイバー無線 C-4-1 (依頼講演30分)光ファイバー無線応用に向けた無バイアス型UTC-PD の開発
  ○梅沢俊匡(NICT)・加島謙一(日立国際電気)・菅野敦史・赤羽浩一・松本 敦・山本直克(NICT)・川西哲也(早大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
光ファイバー無線 C-14-20 アンテナ電極を用いたミリ波帯光SSB変調器
  松川悠輝・井上敏之・○村田博司・岡村康行(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
光ファイバケーブル B-13-40 間欠接着型光ファイバテープ実装SZ撚り光ファイバケーブルの温度サイクル特性
  ◎菊池 雅・川高順一・泉田 史・倉嶋利雄(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバセンサ BI-8-1 光ファイバセンシングの発展に貢献する特殊光ファイバ技術
  ○大道浩児・山内良三(フジクラ)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバセンサ BI-8-5 BOFを用いた光ファイバセンサ
  長瀬 亮(千葉工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバセンサ BI-8-6 プラスチック光ファイバ中のブリルアン散乱とそのセンサ応用
  ○水野洋輔・林 寧生・中村健太郎(東工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバセンサ BI-8-7 防災用光ファイバセンサ
  ○小川雅英・山下鉄広・嘉本健治・小川貴弘・村上恵司・渡部敬介(古河電工)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバセンサ BI-8-11 宇宙機の高性能化に活用される光ファイバセンシング
  水谷忠均(JAXA)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバセンサ BI-8-2 カスケード型長周期光ファイバグレーティングのひずみセンサへの応用
  田中 哲(防衛大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ増幅器 B-13-20 2-LPモード・リングコアEr添加ファイバの最適化設計
  ○小野浩孝(NTT)・細川 宰・市井健太郎・松尾昌一郎(フジクラ)・木村裕輝・山田 誠(阪府大)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ側方入出力技術 B-13-41 光線路切替装置の4心テープファイバ適用に向けた光学特性評価
  ◎植松卓威・川野友裕・廣田栄伸・清倉孝規・真鍋哲也(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバ通信 B-10-46 CAP方式を用いた短距離光通信システムの検討
  ◎越智大貴・佐々木慎也(千歳科技大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光ファイバ無線 C-14-5 2逓倍により生成された256QAM信号の変調精度評価
  ○金田直樹・米本成人(電子航法研)・川西哲也(早大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
光ファイバ無線 C-14-21 アレイアンテナ電極電気光学変調器におけるミリ波空間多重信号受信の多チャンネル化の検討
  ◎井上敏之・村田博司・岡村康行(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
光ファイバリンク BI-8-9 光ファイバリンクとEOセンサを用いた近傍界プロービングによる電磁界計測
  ◎飴谷充隆・黒川 悟(産総研)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
光ファイバレーザ C-4-13 ビスマスベース有理高調波モード同期ファイバレーザ
  ○福地 裕・前田譲治(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
光フィルタ C-3-17 可変光OFDM信号分離用集積型光フィルタの基礎検討(Ⅱ)
  ○瀧口浩一(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光フーリエ変換 C-3-18 位相変調器・可変波長分散エミュレータ構成の光フーリエ変換回路を用いた可変光OFDM信号分離技術の基礎検討
  瀧口浩一・中川高晃・○三輪貴明(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光変調 B-4-58 光学的変調散乱素子を用いたLSIチップ上の高周波電界分布計測
  ○黒澤孝裕(秋田県産技セ)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
光変調 B-10-82 集積型偏波多重直交変調器による光位相共役信号対発生
  ○坂本高秀・呂 國偉・山本直克・川西哲也(NICT)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
光変調器 C-3-30 歪SiGeを用いたSi光変調器の作製プロセス検討
  ○野口将高・藤方潤一・高橋重樹(PETRA)・韓 在勲(東大)・中村隆宏(PETRA)・竹中 充(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光変調器 C-3-32 130°C環境における低電圧シリコン光変調器のTECフリー動作
  ◎石倉徳洋・石原啓樹・阪本真一・五井一宏・小川憲介(フジクラ)・Liow Tsung-Yang・Tu Xiaoguang・Lo Guo-Qiang・Kwong Dim-Lee(Institute of Microelectronics)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光変調器 C-3-33 薄膜LN基板を用いて低駆動電圧化・低チャープ化したアクティブY分岐集積MZ変調器
  ◎山口祐也(早大)・菅野敦史・川西哲也(NICT)・井筒雅之(日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター)・中島啓幾(早大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
光マルチキャスト B-8-19 マルチキャストプロテクションを用いた伝送網におけるユーザ多重法の検討
  ◎保米本 徹・深谷崇文・森 弘樹・並木雅俊・妹尾和則・島崎大作・片山 勝・行田克俊(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
光無線 B-1-120 Si細線導波路フェーズドアレーを用いた光通信用2次元ビーム走査型漏れ波アンテナに関する検討
  ◎蘆原 成・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
光無線技術 B-5-131 リンク間干渉特性から見た光無線リレー通信の設計手法
  ○半澤陽平・仲澤 翔(工学院大)・久保尊広・浅井孝浩・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
光無線通信 AS-3-1 (依頼講演)光無線通信の課題と将来展望
  ○松本充司(早大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
光無線通信 AS-3-5 拡散反射通信路における光ZCZ系列セットを用いた同期光CDMA方式のBER特性の検討
  ◎蔵下征則・松元隆博(山口大)・鳥井秀幸(神奈川工科大)・井田悠太・松藤信哉(山口大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
光無線通信 BI-4-6 大容量光無線通信技術について
  有本好徳(NEC)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
光無線通信用漏れ波アンテナ B-1-119 円形ワッフル導波路の放射特性
  ◎山本将司・橋口 弘・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
光無線融合 B-8-56 無線センサネットワークにおける省電力技術
  ◎李 允成・西山大樹・加藤 寧(東北大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
光モードスイッチ C-3-51 電気制御による光モードスイッチ動作実証
  ○ヒンブル ルーク・Imansyah Ryan・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光モード変換器 C-3-58 垂直方向多モード光干渉(MMI)の予備的検討
  ◎田邉和大・坂田亮介・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
光モジュール C-3-9 (依頼講演30分)Micro-ITLA向け二出力波長チューナブルLDモジュール
  ○望月敬太・上野雄鋭・長谷川清智・廣瀬芙紀子・加治屋 哲・野上正道・有賀 博(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
光モジュール C-3-44 縦横テーパスポットサイズ変換器集積レーザによる石英系平面光波回路との直接光結合損失改善の検討
  ○髙畑清人・大山貴晴・小林 亘・土居芳行・三条広明・橋本俊和(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
光リング B-8-16 大規模映像配信ネットワークのアーキテクチャ検討
  ○遠藤乾一・保米本 徹・笠原康信・片山 勝・須川智規・廣瀬貴史(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
被疑箇所推定 B-14-25 対象範囲の異なる監視情報を用いた故障被疑箇所推定方式
  ◎武 直樹・尾居愛子・大西浩行・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
非局所処理 A-15-1 非局所処理を用いたカラー画像のスイッチ型雑音除去フィルタ
  ◎松岡丈平(山口大)・古賀崇了(徳山高専)・末竹規哲・内野英治(山口大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
非局所的効果 C-1-25 微小金円柱列の電磁界解析―近接場光の位相制御―
  ◎長澤和也・大貫進一郎(日大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
ピクチャ解析 D-11-57 ピクチャ解析を用いたサムネイル画像生成手法の検討
  ○道籏 聡・野口正雄・丸山清泰(三菱電機)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
非言語情報 H-1-5 オープンコミュニケーションに指向した話者移行適格場の統語構成と視線 −ラジオトーク分析を通じて−
  ◎清藤弥生・寺岡丈博・榎本美香(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
飛行位置誤差 B-3-4 2機の無人航空機を用いた位置検出法のエリア構成に関する検討
  戸来 信・佐藤駿介・○石川博康(日大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
飛行時間 D-4-17 CARATSオープンデータ-航空機の運航性能解析について
  ◎ビクラマシンハ ナヴィンダ キトマル・岡 恵・福田 豊(電子航法研)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
飛行制御 BP-4-3 無人航空機(UAV)飛行における無線システムの課題
  上羽正純(室工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
被災者救済 B-18-64 非常通信用バッテリレスワイヤレス通信システムに関する研究
  ◎渡邉啓佑・田中將義(日大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2216)
被災地通信網 AS-6-4 分散協調する無人機で構成された復活力を持つ情報通信ネットワークシステム
  ○林 幸雄(北陸先端大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
ビジネスマナー D-15-14 ICT活用による意識向上を目指した産学連携キャリア教育の実践
  ○鈴木孝幸・八木 勲・鷹野孝典・宮崎 剛・稲葉達也・納富一宏(神奈川工科大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
ビジネスモデル TK-7-2 IoT時代のビジネスモデル創造
  島田啓一郎(ソニー)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
微弱信号 N-2-2 受信感度以下の帯域制限されたBPSK信号を想定した確率共鳴受信機の誤り率評価
  ◎中島康雄・田中裕也・山里敬也(名大)・田所幸浩(豊田中研)・荒井伸太郎(香川高専)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
微弱無線 B-19-8 二次元通信タイルのSNRと通信速度
  ◎福井雄大・野田聡人・篠田裕之(東大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
被写体領域 D-12-36 動的輪郭モデルによる被写体領域抽出を用いた画像検索
  ○望月貴裕・河合吉彦・佐野雅規・住吉英樹(NHK)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
微小円形ループアンテナ BS-1-5 液剤中で動作する微小円形ループアンテナによる磁界強度の距離特性の較正
  ○石井 望(NICT/新潟大)・武笠 龍・鶴間さつき(新潟大)・浜田リラ・チャカロタイ ジェドヴィスノプ・和氣加奈子・渡辺聡一(NICT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
非常時通信 B-18-64 非常通信用バッテリレスワイヤレス通信システムに関する研究
  ◎渡邉啓佑・田中將義(日大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2216)
微小変動領域抽出 D-12-82 高精度な移動物体検出のための微小変動領域抽出手法の改良
  ◎東山 渡(中部大)・福井真二(愛知教育大)・岩堀祐之(中部大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
秘書問題 DS-1-4 (依頼講演)選択関数付き秘書問題
  ○河瀬康志(東工大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
ヒステリシス制御 C-12-28 電流不連続モードSingle-Inductor Dual-Output DC-DCコンバータにおけるヒステリシス制御による高速応答化の実証
  ◎山内善高・桜井貴康・高宮 真(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
ビスマス系ファイバ C-4-13 ビスマスベース有理高調波モード同期ファイバレーザ
  ○福地 裕・前田譲治(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
歪み補償 B-5-147 通信用アクティブフェーズドアレイ送信機の一括歪み補償に関する検討
  ○能登一二三・安藤暢彦・檜枝護重(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
歪補償 B-17-44 バンドバスデルタシグマ変調を用いた2波同時送信器における非対称成分の抑圧について
  ○前畠 貴(住友電工)・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
歪み補正 D-11-53 レンズ歪み補正付き動き補償方式の検討
  ○高木政徳・渡辺 裕(早大)・河村 圭・内藤 整(KDDI研)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
歪み補正 D-12-67 ラドン変換を用いた消失点検出による射影歪み補正実験
  ◎杉山健太・石原聖司(東京電機大)・古川貴雄(共立女子大)・滝口孝志(防衛大)・長谷川 誠(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
非正則行列 A-2-6 非正則重ね合わせ行列を用いた空間結合非正則LDPC符号
  ◎柴田健伍・吉田雅一・程 俊(同志社大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
非接触給電 B-21-15 磁性体塗料による非接触給電コイル近傍の鉄板の渦電流損低減
  ○勝代健次(広島大)・喜多雅子(サイバネットシステム)・川口人士・山野上耕一(今仙電機)・黒木太司(呉高専)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
非接触給電 BS-8-6 連続給電走行1/32スケールCRLH電化レーン電気自動車の試作
  ○坂井尚貴・本田拓海・大平 孝(豊橋技科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2201)
非接触接続 B-1-77 リッジ導波管非接触接続の構造簡易化に関する検討
  ◎末廣祐貴・室伏竜之介・久我宣裕(横浜国大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
非線形 C-14-13 電気光学変調器による波長チャープ変調を用いた3次相互変調歪補償の検討
  ◎前田幸子・河合 正・榎原 晃(兵庫県立大)・山本直克(NICT)・川西哲也(早大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
非線形音波 A-4-6 高強度空中超音波の発生とその特性
  ○伊藤洋一(日大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1209)
非線形回路 N-1-13 他の解曲線への乗り移り問題を改善した予測子修正子法
  ◎木下誉章・足立 聖・山村清隆(中大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
非線形現象 BI-8-6 プラスチック光ファイバ中のブリルアン散乱とそのセンサ応用
  ○水野洋輔・林 寧生・中村健太郎(東工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
非線形効果 B-10-50 ニューラルネットワークを用いた16QAM信号における自己位相変調の補償
  ◎大脇翔太郎・中村守里也(明大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形効果 C-3-14 非線形マイクロリングを有する2段縦続MZI型光閾値素子の提案
  ◎近藤 正・岸川博紀・後藤信夫(徳島大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
非線形光学 C-3-15 半導体光増幅器における四光波混合を用いたQPSKから2系列BPSKへの全光変調フォーマット変換
  ◎安藤りな・岸川博紀・後藤信夫・柳谷伸一郎(徳島大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
非線形光学効果 B-10-83 相補スペクトル反転を用いた予約帯域不要な位相共役変換器
  ○梅木毅伺・風間拓志・小野浩孝・宮本 裕・竹ノ内弘和(NTT)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形光学効果 B-12-7 100G小型光モジュールを用いたメトロDWDM伝送の検討
  ◎益本佳奈・保米本 徹・松田俊哉・片山 勝・行田克俊(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
非線形振動子 N-2-3 レーザーネットワークを用いたコミュニティ検出
  ○坂口潤将(東大)・玉手修平・宇都宮聖子(NII)・山本喜久(JST)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
非線形送信制御 B-5-13 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO向け非線形ブロック多重対角化プリコーディングの検討(1)
  ○平 明徳・西本 浩・井浦裕貴・内田 繁・岡崎彰浩・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
非線形素子 C-10-14 ジェスチャー識別のための確率共鳴筋電信号検出システムの検討
  ○位田祐基・白田健人・葛西誠也(北大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
非線形ダイナミクス N-1-20 光集積回路における間欠性ルートとカオス
  ○カルサクリアン・ダル・ボスコ アンドレアス・秋澤康裕(埼玉大)・菅野円隆(福岡大)・内田淳史(埼玉大)・原山卓久(早大)・吉村和之(NTT)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
非線形転移シフト C-7-13 ダイビット記録による高速応答特性の測定
  ◎廣川祐生・村岡裕明(東北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
非線形動作 B-3-13 空間重畳型64QAM変調システムの重畳誤差補償の検討
  ◎山口大貴・田中將義(日大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
非線形歪み B-1-166 寄生素子を用いた干渉抑圧システムの指向性制御法
  ◎高村浩也・藤元美俊・堀 俊和(福井大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
非線形歪み B-5-72 DFT-Precodingを適応的に用いたOFDMシステムの特性評価
  ◎山下裕作・落合秀樹(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
非線形歪補償 B-5-129 LED可視光通信における非線形歪補償の効果
  ◎熊谷貴明・松野弘明・冨里 繁・田野 哲・秦 正治(岡山大)・古野辰男・小田恭弘(NTTドコモ)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
非線形歪補償 B-10-51 逆伝達関数を用いた光ファイバ中の自己位相変調予等化性能改善に関する検討
  ◎賀川拓用・植之原裕行(東工大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形プリコーディング B-5-14 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO向け非線形ブロック多重対角化プリコーディングの検討(2)
  ○西本 浩・平 明徳・井浦裕貴・内田 繁・岡崎彰浩・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
非線形プリコーディング B-5-112 MU-MIMO 下りリンクNLP における演算量の低減法
  ◎今村和樹・高畑文雄(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
非線形方程式 N-1-13 他の解曲線への乗り移り問題を改善した予測子修正子法
  ◎木下誉章・足立 聖・山村清隆(中大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
非線形補償 B-10-63 DP-QPSK信号における多段位相推定によるXPolM補償の検討
  ○松田恵介・吉田 剛・宇藤健一(三菱電機)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形補償 B-10-64 光学補償と適応Volterraフィルタとの連携によるチャネル間非線形補償方式の提案
  ◎河原光貴・山本秀人・福徳光師(NTT)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形補償 B-10-68 デジタル非線形補償信号処理回路の実証実験
  ○中島久雄・秋山祐一・星田剛司・前田泰三・松浦秀行・竹内 理(富士通)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形補償 B-10-73 偏波多重光伝送における摂動非線形補償法の計算精度に関する考察
  ◎沼田 優・丸田章博(阪大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形補正 B-10-27 Nyquist-PAM4信号生成におけるEA変調器の駆動振幅の検討
  ○平井理宇・菊池信彦(日立)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
非線形問題 B-17-42 アンダーサンプリングによる高周波電波環境認識 [III] ―回路構成法に関する比較検討―
  ◎久野伸晃・森本勇樹・唐沢好男(電通大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
非センサ装着型 D-12-48 センサ非装着による空書のリアルタイム認識法に関する研究
  ◎藤原優馬・臼杵 潤(神奈川工科大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2306)
非相反回路 C-2-35 CRLHメタマテリアルの非相反性分散制御
  ○吉田和弘・二宮敬佑・上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カリフォルニア大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
非相反回路 C-2-72 擬似進行波共振器からの水平面無指向放射
  ○二宮敬佑・上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カリフォルニア大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
ビタービアルゴリズム D-12-38 周辺化ビタービアルゴリズムを用いたオーディオデータからのイベント認識
  ◎宿利早帆子・林 朗・岩田一貴・末松信朗(広島市立大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2306)
左手系 C-2-34 誘電体のみからなる3次元等方性CRLHメタマテリアル
  石山拓未・○上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カルフォルニア大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
左手系線路 C-2-30 反平行に磁化された左手系フェライト導波管に関する実験的検討
  安達太一・○大久保賢祐・岸原充佳・滝本裕則(岡山県立大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
非直交周波数分割多重伝送 A-9-13 逐次干渉キャンセラを用いたNOFDM伝送における誤り訂正符号の一検討
  ◎大塚健吾・佐藤正知(東京都市大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
筆記者認証 A-18-2 加速度・角速度を用いた空中筆記による個人認証
  ◎青木康祐・中井 満(富山県立大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
ビッグデータ A-10-12 想定外障害の検出について
  ○三木良雄(工学院大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
ビッグデータ A-14-23 AIS自船局記録データを用いた変針領域抽出精度に関わる一考察
  ◎三好竜平・浦上美佐子(大島商船高専)・本木久也・若林伸和(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ビッグデータ B-6-62 ビッグデータと周辺計算機資源を密結合する光パス設計法の検討
  ◎中野啓太・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
ビッグデータ B-9-1 時空間スモールデータからの特徴量抽出法の検討 〜複合型ビル空間における小規模時系列電力データ〜
  ○古谷 崇・斉藤景一(NTT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2310)
ビッグデータ D-4-16 航空交通のオープンデータ(CARATSオープンデータ)
  ○岡 恵・福田 豊・ビクラマシンハ ナヴィンダ(電子航法研)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
ビッグデータ D-4-17 CARATSオープンデータ-航空機の運航性能解析について
  ◎ビクラマシンハ ナヴィンダ キトマル・岡 恵・福田 豊(電子航法研)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
ビッグデータ D-9-37 列車プローブデータを活用した鉄道混雑可視化システムの開発
  ◎志小田雄宇・伊藤和敬・坂入 整・中村真純(JR東日本)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
筆者特徴 D-12-5 文書クローンの自動生成の基礎検討
  ◎田中 天・苅田成樹・馬場口 登(阪大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
ビット誤り率 B-5-77 ライスフェージングにおける直交多値変調のガウスの超幾何関数による平均BERの導出と評価
  ○則松沙裕美・服部 武・小川将克(上智大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
ビット誤り率 B-8-41 SDM-PON におけるバイアス送信方式とクリップ送信方式の光電力評価
  ダルハー ブヤンジャラガル・栗山宜巳・○上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
ビットコイン A-7-20 仲介人を用いた仮想通貨のための宝くじプロトコル
  ◎山本雅晴・真鍋義文(工学院大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
ビットコイン A-7-22 ビットコインの匿名化プロトコルについて
  ◎渡邊恭平・真鍋義文(工学院大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
ビット信頼度 C-7-14 SMRにおけるヘッドスキュー角に対するビット信頼度
  ◎鈴藤稜太・仲村泰明・大澤 壽・岡本好弘(愛媛大)・金井 靖(新潟工科大)・村岡裕明(東北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
ビットスライス回路 A-7-21 ビットスライス回路による第M+1価格セキュアオークションにおけるタイブレーク方式
  ◎中村 諒・真鍋義文(工学院大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
ビットパターンドメディア C-15-11 マイクロ波アシスト磁気記録方式における超高密度化への基礎検討
  ◎種田亮太・大貫進一郎(日大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
ビットパターン媒体 C-7-4 ビットパターン媒体を用いた熱アシスト磁気記録方式におけるドット径と位置のばらつきがビットエラーレートに及ぼす影響
  ○野口智育・田村尚也・赤城文子(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
ビットマップ操作 D-23-13 ビットマップ処理による統合表示の検討
  ◎山田光一・高木郁子・名和長年・丸山 勉(NTT)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
ビットラベリング A-9-12 多値QAMにおけるビットラベリングと誤り訂正符号の組み合わせの一検討
  ◎東山周平・佐藤正知(東京都市大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
非定常確率モデル A-3-4 尺度パラメータが非定常なワイブル分布の応用について
  ○小泉大城(小樽商大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
ビデオチャット D-11-68 ワーピング技術を用いたビデオチャットシステムにおける視線補正
  ◎瀬尾昌孝(立命館大)・北島利浩(サムスン)・陳 延偉(立命館大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
ビデオデータベース D-12-95 ヒストグラム特徴を用いたビデオデータベースの高速探索
  ○鏡 翔太・山部未葵・陳 キュウ(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
非同期測定 C-14-11 非同期型電気光学検出法によるミリ波の可視化
  ◎中島 滉・久武信太郎・永妻忠夫(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
ヒト型ロボット H-2-16 人型ロボットを用いた言語学習支援システムに対するユーザ発話の音声特徴の分析
  ◎小此木謙一・石田 充・谷添友哉・Khalifa AlBara(同志社大)・馬田一郎(NICT)・加藤恒夫・山本誠一(同志社大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
秘匿性向上 B-5-161 面的な秘匿性向上を目的とする無線分散伝送の秘密伝送容量に関する一検討
  ◎鄒 京博(広島大)・山中仁昭(海上保安大)・大野修一(広島大)・宮本伸一(和歌山大)・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
人検出 D-12-84 Deep-CNN による上半身識別器の構成別評価
  ◎浅利広織・中島克人(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
避難経路 AS-6-13 個人減災行動力の向上を目指した津波避難経路決定支援ツールのストーリー化
  ◎関川貴大(新潟大)・井ノ口宗成(静岡大)・田村圭子(新潟大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
避難行動 BI-9-4 都市防災と情報技術
  廣井 悠(名大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2216)
避難行動 D-8-3 品質工学的手法を用いた避難シミュレーションモデルの評価
  ○大場汐莉・伊藤 尚・的場隆一(富山高専)・橋本優花・五味伸之(福井高専)・谷 賢太朗(事業創造大)・前田義信(新潟大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
避難支援 B-15-19 津波避難支援システムの構築と実験
  ◎吉本 涼・松崎頼人・榎原博之・萩原史樹(関西大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
避難シミュレーション D-8-5 火災による人的被害縮減に有効な救助ロボットの配置
  ○若宮朋美・原嶋勝美(阪工大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
避難誘導 D-9-31 避難誘導システムの有効性についての考察
  ○飯塚佳代・吉田享子(専修大)・飯塚泰樹(東海大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
否認可能性 AS-5-4 生体認証プロトコルにおける無証拠性に基づく否認可能性
  ○上繁義史(長崎大)・櫻井幸一(九大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2409)
非破壊検査 B-1-11 非破壊検査用センサーアンテナの高Q値化
  ◎古賀崇大・福迫 武(熊本大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
非破壊検査 C-1-13 マルチスタティック型UWBレーダによる拡張Envelope法を用いた二層誘電体媒質境界推定法
  ◎田中理紗子・木寺正平(電通大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
非破壊的な測定 A-2-15 QAM コヒーレント状態信号に対する非破壊的な量子受信機の平均誤り率
  ○佐藤和輝・宇佐見庄五(名城大)・臼田 毅(愛知県立大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
光配線 C-4-6 (依頼講演30分)Siプラットフォームにおける薄膜光集積技術
  ○雨宮智宏・平谷拓生・井上大輔・冨安高弘・福田 快・西山伸彦・荒井滋久(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
非反転型 A-1-7 センサ出力読み出し回路の間欠動作に関する検討
  ○坂元慎之輔・熊本敏夫(阪産大)・藤野 毅(立命館大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
非負値行列因子分解 A-7-10 非負値行列因子分解を用いたボットネット検出手法の実証実験
  ◎田中翔真・川喜田雅則・竹内純一(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
皮膚電気インピーダンス D-7-6 皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスを用いたTEWL互換指標の検討
  ○楠原俊昌・中村隆夫・有吉華子・山本尚武(岡山大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
皮膚バリア機能 D-7-6 皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスを用いたTEWL互換指標の検討
  ○楠原俊昌・中村隆夫・有吉華子・山本尚武(岡山大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
鼻部皮膚温度 H-2-13 映像視聴時の感情推定における鼻部皮膚温度の有効性の検討
  ○橋本稜平・亀山 渉・菅沼 睦(早大)・Clippingdale Simon(NHK)・傅 櫻(早大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
微分画像 H-2-3 シーンのカテゴリ識別における中心視と周辺視の機能差に関する一検討
  ○田邊喜一(松江高専)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
非偏光変調法 C-14-11 非同期型電気光学検出法によるミリ波の可視化
  ◎中島 滉・久武信太郎・永妻忠夫(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
秘密分散 A-7-17 計算量的秘密分散の階層化とそのアクセス構造の解析
  ○櫻井幸一(九大)・尾崎寛之(リアルテクノロジー)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
秘密分散 A-7-18 極小アクセス集合に基づく秘密分散法の情報比
  ◎伊藤詩子・栃窪孝也(日大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
秘密分散 A-7-19 シェアデータの削減を実現したランプ型秘密分散法の改良
  ◎川村優介・松澤智史・武田正之(東京理科大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
秘密保持容量 B-5-82 低信頼中継局によるCSI偽装を考慮した最適送信重み設計
  ◎白崎裕介・松本健吾・田久 修(信州大)・藤井威生(電通大)・大槻知明(慶大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
比誘電率 C-1-14 FDTD法を用いたGAによる鉄筋探査における比誘電率の影響
  ◎川島義経・田中俊幸・森山敏文(長崎大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
比誘電率 C-2-93 混合後のフレッシュコンクリートの比誘電率の時間変化
  ◎早田裕一郎・田中俊幸・森山敏文(長崎大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
ヒューマン D-22-12 装飾を施した卓上型ロボットの受容性検証
  ○高山伸也・酒澤茂之(KDDI研)・愛澤伯友(名古屋学芸大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1406)
ヒューマンインタフェース H-2-26 ハプティックディスプレイによるロボットアームの状態把握と操作
  ◎西尾智彦・エンリケズ ギエルモ(早大)・ヤップ フェイイー(LP-Research)・山口友之(筑波大)・橋本周司(早大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1209)
ヒューマンインタフェース H-3-7 ハンドジェスチャ操作による協調作業支援システムの開発
  ◎皆川 純・崔 雄(群馬高専)・李 亮(立命館大)・平社信人・鶴見 智(群馬高専)・八村広三郎(立命館大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
ヒューマンウエア TK-10-5 博士リーダーの育成 ‐博士課程教育リーディングプログラム「ヒューマンウェアイノベーション」紹介‐
  増澤利光(阪大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
ヒューマンエージェントインタラクション H-4-21 ロボットを用いた転倒予防システムへの新ゲーム導入に関する検討
  北越大輔(東京高専)・鈴木健太郎(杏林大)・◎打田沙姫・鈴木雅人(東京高専)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
ヒューマンコンピュータインタフェース H-2-7 入力インタフェースのための瞬目自動識別法
  ◎松野省吾(電通大)・大山 実(東京電機大)・阿部清彦(関東学院大)・大井尚一(東京電機大)・板倉直明(電通大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
ヒューマンファクターズ AS-6-10 人的要因による情報漏えいへの対策モデルの検討
  ○五郎丸秀樹・石本英隆・秋葉淳哉・元田敏浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
病院設備 BI-10-6 情報通信設備を考慮した病院建築・設備のあり方の再考
  ○花田英輔(佐賀大)・工藤孝人(大分大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
評価 B-7-36 被災影響評価のためのネットワークグラフ縮約法
  ○川原亮一・斎藤 洋(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
評価 D-12-67 ラドン変換を用いた消失点検出による射影歪み補正実験
  ◎杉山健太・石原聖司(東京電機大)・古川貴雄(共立女子大)・滝口孝志(防衛大)・長谷川 誠(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
評価 D-15-48 子ども向け英語学習DSソフトの評価に関する調査研究
  ○伴 浩美(長岡技科大)・小栗 怜・木村春彦(金沢大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
評価関数 C-2-71 粒子群最適化を用いた方形導波管空洞共振器回路の設計
  ○平岡隆晴・仁平岳志・松本達真・豊嶋久道・許 瑞邦(神奈川大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
評価関数 D-8-7 ランキング学習を用いたサッカーエージェントの意思決定における評価関数の学習
  ○辻 将司・秋山英久・荒牧重登(福岡大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
評価技術 BI-2-6 伝送線路法を用いたノイズ抑制シートの材料評価技術
  ○武田 茂・山崎真之介・発知富夫・本村貞美・鈴木洋介(キーコム)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
評価手法 B-14-16 クラウド事業者の信頼性評価手法の検討
  ○村川一雄・有田 仁(阪工大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
評価表現辞書 D-5-8 文/句の接続関係に基づく評価表現辞書構築法の提案
  ◎棚橋麻衣・波多野賢治(同志社大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2302)
評価方法 B-4-22 低周波領域における電磁波シールド材の評価方法の検討
  ○佐野 弘・末定新治・佐々木 仁(福井県工技セ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
評価モデル B-14-16 クラウド事業者の信頼性評価手法の検討
  ○村川一雄・有田 仁(阪工大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
表記揺れ TK-8-4 I-Scoverを用いた時系列・技術要因分析システムの活用法
  ◎槇 俊孝・若原俊彦(福岡工大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
表紙 H-2-25 表紙の好みに基づく書籍推薦システムの評価
  ◎親泊広直・井村誠孝(関西学院大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1209)
表示システム D-11-10 インテグラル立体の二眼立体表示のシミュレーションによる評価実験
  ○片山美和・三科智之(NHK)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
表示制御 D-9-30 マルチ画面デジタルサイネージにおける複数端末間表示同期精度の改善
  ○椿 泰範・吉田 浩・相浦利治(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
描写ツール ADS-1-2 スケルトンモデルを用いた動作映像の作成による身体スキル言語化支援
  ○小尻智子・橋本遼太(関西大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
標準化 AI-2-3 セキュリティ技術の実装・評価
  坂根広史(産総研)(3月17日発表 センター1号館 4F 1407)
標準化 B-18-27 ICT農業のための低コストセンサ情報収集システムの開発
  ◎森 健太・千葉慎二(仙台高専)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
標準化 BP-1-1 5G新無線アクセス技術の標準化アプローチ
  岸山祥久(NTTドコモ)(3月17日発表 センター2号館 3F 2303)
標準化 BP-6-1 通信分野におけるスマートグリッドの標準化
  丹 康雄(北陸先端大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
標準化 BP-6-2 M2M/IoT関連の標準化動向
  杉山敬三(KDDI研)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
標準化 BP-6-4 スマートグリッドの標準化と知的財産
  平松幸男(阪工大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
標準化 CI-2-3 プラスチック光ファイバを用いた車載高速光通信への応用
  ○斎藤恒聡(古河電工)・高橋 聡(POF Promotion)・杉原興浩(宇都宮大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
標準化 TK-3-3 ITU-Tにおける国際標準化動向;2020年に向けた研究課題
  前田洋一(情報通信技術委員会)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
標準化 TP-1-4 ラーニングアナリティクスと標準化
  田村恭久(上智大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1405)
標準電界法 B-4-15 短縮モノポールアンテナを用いた標準電界法における不確かさの低減
  ○藤井勝巳(NICT)・岩谷祥来(青学大)・和氣加奈子・チャカロタイ ジェドヴィスノプ・渡辺聡一(NICT)・須賀良介・橋本 修(青学大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
標準偏差 A-15-5 ガウス雑音重畳画像の推定とウィナーフィルタへの適用
  ◎鈴木貴士・小林恵太・辻 裕之・木村誠聡(神奈川工科大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
表情認識 D-12-14 表情認識によるユーザー反応情報抽出の基礎検討
  ○山口直也・松井謙二(阪工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
費用対効果 TK-5-1 九州大学におけるセキュリティ対策の紹介
  岡村耕二(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1405)
標的型サイバー攻撃 DS-2-1 人工知能技術を用いた標的型サイバー攻撃に関する一考察
  ○八槇博史(東京電機大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1403)
評判分析 D-5-8 文/句の接続関係に基づく評価表現辞書構築法の提案
  ◎棚橋麻衣・波多野賢治(同志社大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2302)
標本化FBG A-8-17 実数値遺伝的アルゴリズムと滑降シンプレクス法を用いた低損失4チップ標本化FBGの構造同定
  ○長田玲於・塙 雅典(山梨大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
表面粗さ C-5-6 Ag接点対における接触抵抗-荷重特性に対する表面粗さの影響
  ◎宮重敬太・関川純哉(静岡大)(3月17日発表 センター1号館 2F 1210)
表面インピーダンス C-1-19 フェライトで被覆された導体円柱による散乱
  ○八代健一郎(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
表面インピーダンス C-15-21 半陰的2次元FDTD法における表面インピーダンス境界の検討
  ○藤田和広(富士通)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
表面汚染密度 B-18-29 放射線除染のための無線モニタリング向け表面汚染箇所検出と評価
  ○中川善継(都産技研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
表面下散乱 D-11-58 肌の光学的特性に基づくガイデッドフィルタ適用による美肌補正
  ◎山内拓也(リコー)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
表面筋電 BI-10-8 リハビリテーションや介護予防の運動指導への客観的視点の導入と高度管理の実現
  永井秀利(九工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
表面筋電図 H-4-23 高次脳機能障がい者向け運転技能評価のための表面筋電図による前腕筋活動量の分析
  ○中村正樹・中村円香・浦島 智・唐山英明・鳥山朋二(富山県立大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
表面形状修正 C-15-1 集束型誘電体レンズアンテナにおける凸部装荷によるH面位相特性の改善
  加藤 涼・◎石橋直樹・須賀良介(青学大)・毛塚 敦(電子航法研)・橋本 修(青学大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
表面処理 CI-4-2 有機無機ペロブスカイトを用いた高移動度トランジスタ
  ○松島敏則・Sunbin Hwang・Atula S. D. Sandanayaka・Chuanjiang Qin(九大)・藤原 隆(九州先端科技研)・安達千波矢(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
表面波平面回路 C-2-46 金属ポスト壁による表面波平面回路の提案と適用例
  ○穴田哲夫・陳 春平(神奈川大)・武田重喜(アンテナ技研)・中山明芳(神奈川大)・馬 哲旺(埼玉大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
表面プラズモン BI-8-4 ヘテロコア光ファイバの多機能センサ応用
  ○渡辺一弘・西山道子(創価大)・佐々木博幸(Core System Japan)・奈良一孝(古河電工)・掘井尚登・鎌田 仁(JMACS)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
表面プラズモンポラリトン B-1-126 光波帯における誘電体ナノロッドアンテナ
  山内潤治・◎本田 慧・柴山 純・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
表面プラズモンポラリトン C-15-18 金属円盤型テラヘルツ表面波分割器に挿入したロッドによる反射波低減の効果
  柴山 純・○楠 大輝・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
病理画像 D-16-4 マルチスペクトル画像による色素量補正を用いたHE染色肝病理画像中の構造認識
  ◎石川雅浩(埼玉医大)・橋本江美・篠田一馬・長谷川まどか・加藤茂夫(宇都宮大)・駒形英樹・小林直樹(埼玉医大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2304)
病理組織 D-16-2 ヘマトキシリン染色された厚い肝組織標本の3次元核位置抽出
  ◎髙野 将・高橋正信(芝浦工大)・中野雅行(湘南藤沢徳洲会病院)(3月17日発表 センター2号館 3F 2304)
ビル間反射波 B-1-29 移動通信における屋内-屋内電波伝搬環境でのビル間反射波の影響
  ○宮下真行・表 英毅・山口 良(ソフトバンク)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
ビルメンテナンス D-12-9 ビルの保守点検向け電力量計撮影装置
  ○佐々木諒介・阿倍博信(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
ヒレイゲイン BS-5-7 不安定ゲインを用いたDC-DCコンバータの過渡特性改善について
  ○白川拓也・古川雄大・黒川不二雄(長崎大)・Colak Ilhami(Istanbul Gelisim Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
疲労 D-14-12 シミュレータ乗車時の疲労測定指標の比較
  ○松村寿枝・黒川 慶・松井凌允・河村絵美・小坂洋明(奈良高専)・吉村宏紀・清水忠昭(鳥取大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
疲労 D-14-13 スマートフォンにより収録される発話音声のカオス論的特徴量
  ○塩見格一(電子航法研)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
疲労測定指標 D-14-12 シミュレータ乗車時の疲労測定指標の比較
  ○松村寿枝・黒川 慶・松井凌允・河村絵美・小坂洋明(奈良高専)・吉村宏紀・清水忠昭(鳥取大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
品質 B-6-11 大規模ソフトウェア開発における品質維持手法に関する一考察
  ◎篠田貴彦・菊間一宏(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
品質検証 D-11-56 カメラと被写体の動き推定に基づく光点滅低減方式
  ◎尾高佑季・石川真澄・塚田正人(NEC)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
品質工学 D-8-3 品質工学的手法を用いた避難シミュレーションモデルの評価
  ○大場汐莉・伊藤 尚・的場隆一(富山高専)・橋本優花・五味伸之(福井高専)・谷 賢太朗(事業創造大)・前田義信(新潟大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
品質向上 D-3-4 モデル検査を用いたサービス競合仕様検査
  ○山田真一・南田幸紀(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
品質最適化 BI-5-2 モバイルサービスの品質最適化に向けたQoE評価
  川嶋喜美子(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2208)
品質評価 B-6-95 実計測Wi-Fiアクセスデータに基づいたモバイル通信端末の空間的分布の推定
  ◎池田泰弘・塩津晃明・高野正次・佐藤大輔・則武克誌(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
品質変動 D-11-33 利用属性を用いたキャッシュ動画像管理法における一考察
  ○児玉 明(広島大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
品質劣化 B-11-7 モバイル通信品質の時間変動に着目した劣化要因推定手法の提案
  ◎田行里衣・川口銀河・池上大介・高橋 玲(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
品質劣化区間 B-11-8 Navigation Timing APIを用いた品質劣化区間判定手法の一検討
  ○吉村憲子・池上大介・本多泰理・野尻秀樹・高橋 玲(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)