キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

ファイアウォール A-7-4 フィルタ逆引き機能を有するファイアウォール編集システムの提案
  ◎中村聡希・金 鎔煥・立岩佑一郎・片山喜章・高橋直久(名工大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
ファイアウォール B-7-8 情報指向ネットワーク型ファイアウォールの要求仕様
  近藤大嗣(Univ. of Lorraine)・Thomas Silverston(The Univ. of Tokyo)・戸出英樹(阪府大)・○浅見 徹(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
ファイアウォール D-1-6 ルール間の依存関係を保持したファイアウォールの負荷最小化のためのアルゴリズム
  ○日景喬一・山田敏規(埼玉大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
ファイバカプラ B-13-25 溶融延伸型マルチコアファイバカプラを用いた6モード合分波器の設計
  ◎西本笙子・藤澤 剛(北大)・植村 仁・佐々木雄佑・松尾昌一郎(フジクラ)・齊藤晋聖(北大)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ファイバカプラ C-3-23 (依頼講演30分)立体湾曲型シリコン光導波路による低損失かつ低波長依存ファイバ垂直結合器の開発
  ○吉田知也・面田恵美子・渥美裕樹(産総研)・田島渉吾(明大)・西 孝・武井亮平(産総研)・三浦 登(明大)・森 雅彦・榊原陽一(産総研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
ファイバ結合 C-3-20 CMOS互換SiN導波路を用いたSi細線導波路用低損失ファイバ結合構造の設計
  ◎前神有里子・岡野 誠・叢 光偉・大野守史・山田浩治(産総研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2207)
ファイバセンサ B-13-7 周波数多重OTDRを用いた高周波数帯振動分布測定
  ○飯田大輔・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ファイバセンサ CI-2-5 マイクロ光共振器研究の最新動向 -トリリオンセンシングと付加的製造-
  興 雄司(九大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
ファイバ無線 BI-4-4 ファイバ無線技術
  菅野敦史(NICT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
ファイバレーザ C-4-12 295 mW出力, HCN周波数安定化CWエルビウムファイバリングレーザ
  ○葛西恵介・吉田真人・中沢正隆(東北大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
ファイルアクセス D-6-20 負荷分散のための記憶装置アクセス方式の評価
  ◎堀井圭祐・水口武尚・落合真一(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
ファイル型コンテンツ B-7-40 HBHファイル配送方式の多段リンクにおける平均サービス時間低減特性
  ◎米川直孝・山岡克式(東工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
ファイルシステム D-6-1 PRAMFSにおける誤書き込みからのデータ保護機能
  ◎芳賀康輝・山崎憲一(芝浦工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
ファイルシステム D-6-20 負荷分散のための記憶装置アクセス方式の評価
  ◎堀井圭祐・水口武尚・落合真一(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
ファイル分割 B-7-10 ハイブリッド型Peer-to-Peerネットワークでのファイル分割配置を用いたコンテンツ共有における低有用度レプリカ消去の効果
  ◎藤田 裕・菅原真司(千葉工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
ファクターグラフ B-5-103 確率伝搬法を用いた大規模MIMOシステムにおけるLLRの制振に関する検討
  ◎丹野柊平・西村寿彦・大鐘武雄・小川恭孝(北大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
ファラデー効果 BI-8-8 光ファイバを用いた電流センサ
  高橋正雄(東芝)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ファンアウト B-13-29 レンズ結合型マルチコアファイバ用ファンアウトの高反射減衰量化
  ○島川 修・荒生 肇・佐野知巳(住友電工)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ファンイン B-10-7 励起光導入機能を備えた円環コア配置MC-EDF用ファンイン
  ○斎藤恒聡・渡辺健吾(古河電工)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ファンインファンアウト B-13-28 2段コア屈折率分布を有する4LPモードマルチコアファイバ対応溶融延伸型ファンイン/ファンアウトデバイスの検討
  ◎伏見直人・西本笙子・藤澤 剛・齊藤晋聖(北大)・佐々木雄佑・植村 仁(フジクラ)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ファントム B-4-3 マイクロ波同軸スロットアンテナを用いた模擬乳癌の加熱実験
  ○道山哲幸・鍬野秀三(日大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
ファントム C-2-87 マイクロ波マンモグラフィ用ファントムの改良
  ○新藏千鶴・伊豆永晃崇・大石純平・田中俊幸・森山敏文(長崎大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
フィードバック制御 A-17-6 電力線通信を用いた複数機器遠隔制御システムにおける制御品質の均一化手法
  ◎澤田 駿・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
フィードバック制御 B-11-22 フローティングコンテンツ配信制御方式 PFCS の性能評価
  ○萩原 涼(関西学院大)・山崎康広(NEC)・大崎博之(関西学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2208)
フィードバック制御 B-18-47 リアルタイム性を考慮したIoTシステムの実現に向けたフィードバック制御に関する一考察
  ◎髙木啓彰・西山大樹・加藤 寧(東北大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
フィードバック制御 C-3-7 高精度広キャプチャレンジDFB-LD波長安定化制御
  ◎坪井 淳・三井晨太郎・加藤和利・久保木 猛(九大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
フィードフォワード B-10-49 2段構成フィードフォワード制御回路を用いたBPSK振幅揺らぎ抑圧の改善
  ○山口修司・井上 恭(阪大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
フィードフォワード制御 C-3-2 フィードフォワード制御による光通信用DFBレーザの波長切替時間の短縮
  ◎山口健太・立本雄大・木村凌河・加藤和利・久保木 猛(九大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
フィールド B-13-15 遠端反射ブリルアン利得解析法による分岐下部損失フィールド測定
  ◎鬼頭千尋・高橋 央・戸毛邦弘・大野槙悟・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
フィールド TK-7-6 フィールドから始まる情報学
  石田 亨(京大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
フィールド実験 B-10-66 JGN-Xテストベッドにおけるダイナミック適応型フォトニックノードを用いた400Gbps/chリアルタイムフィールド伝送実験
  ○米永一茂・手島光啓(NTT)・星田剛司・秋山祐一(富士通)・杉原隆嗣・亀谷聡一朗(三菱電機)・野口栄実・柳町成行(NEC)・佐藤健一(名大)・丸田章博(阪大)・宮本 裕(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
フィールド実験 B-18-43 洋ナシ環境センシングデータと外観汚損要因の因果関係モデル構築
  ◎宮川和也・杉山智彦・山﨑達也(新潟大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
フィールド実験 B-18-51 IoT/M2M無線アクセスによるWi-Fiネットワーク構築アルゴリズムに関する実験検証
  ○鈴木康夫・清水芳孝(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
フィールド調査 B-18-23 個体差を考慮した省電力動物間通信用デバイスの構築
  ○牧山 紘(東大)・永澤美保(自治医科大)・瀬崎 薫・小林博樹(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
フィッシャー情報量 B-4-16 恒常法実験の効率を改善するミリ波温熱知覚実験アルゴリズム
  ◎崎山大輝・西方敦博(東工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
不一致検出 C-12-29 不一致検出とハッシュ探索に基づくパケット検索エンジンLSI
  ○川村嘉郁・今村幸祐(金沢大)・三浦直樹・浦野正美・重松智志(NTT)・松田吉雄(金沢大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
フィッツの法則 H-2-8 視線入力インタフェースのユーザビリティ計測に関する検討
  ○阿部清彦・佐藤寛修(関東学院大)・松野省吾(電通大)・大井尚一・大山 実(東京電機大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
部位分割 C-15-7 発汗率の部位依存性を考慮した人体体温解析手法の開発
  ○西尾 渉・平田晃正(名工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
フィルタ B-13-33 NG-PON2を想定した波長選択光フィルタの配置構造
  ○橋本貴明・寺川邦明・梶原佳幸(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
フィルタ B-21-29 誘導M型フィルタを用いた大電力フィルタの開発
  ○佐藤慶太・青柳祐輝・大平 孝・田村昌也(豊橋技科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2213)
フィルタ C-2-63 デュアルバンドBPFの設計に関する基礎検討
  ◎舟山厚志・田村昌也(豊橋技科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
フィルタ C-12-11 複素型周期時変連続時間回路を用いた広帯域アナログ等化器
  ○森下陽平・水野紘一・高橋和晃(パナソニック)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
フィルタバンク B-17-38 重み付け加算を用いたオーバーラップFFTフィルタバンクの設計
  ○田辺素洋・齋藤 晟・梅比良正弘・武田茂樹(茨城大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
フィルタリング B-7-27 ビットの照合順序を考慮したトライによるパケット分類法の高速化
  ◎小林由人・高橋俊彦・三河賢治(新潟大)・田中 賢(神奈川大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
フィルムアンテナ B-1-94 インプラントセンサ用2.4GHzモノポールフィルムアンテナの開発
  ◎山口恭平・吉富邦明・松下恭之・金谷晴一(九大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
フィンガープリント法 D-9-22 機械学習を用いた屋内位置推定手法の評価
  ◎宮下悠生・大浦真大(阪工大)・Juan F. De Paz(Univ. of Salamanca)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
フーリエ解析 C-1-27 誘電体円筒からの電磁波散乱量推定に関する研究
  ◎相磯潤也・白井 宏(中大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
フーリエ変換 AS-2-13 (依頼講演)学生実験によるディジタル信号処理教育における課題
  ○八巻俊輔・越田俊介・阿部正英(東北大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
フーリエ変換素子 C-2-85 実時間フーリエ変換のためのスパイラル型分散性遅延線路の設計
  ○堀井康史・北村敏明(関西大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
ブール多項式 A-7-15 ブロック暗号Midori64の飽和特性
  ◎高橋勇介・五十嵐保隆・金子敏信(東京理科大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
フェージング AS-3-7 二重化ACO-OFDMを用いた室内光無線通信の一検討
  ◎神津知之・大内浩司(静岡大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
フェージング B-18-13 無線給電型土壌水分センサ実現のためのフェージング対策手法
  ◎小林亮介・成末義哲・繁田 亮・川原圭博・浅見 徹(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2216)
フェージング BT-2-2 無線通信シミュレーションのための基礎理論
  前原文明(早大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
フェージング C-2-108 小型衛星内での通信および無線電力伝送フェージングの周波数ダイバーシチによる改善の一検討
  ◎岸本 丈・成末義哲・橋詰 新・川原圭博・浅見 徹(東大)・川崎繁男(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 2F 2214)
フェージングエミュレータ B-1-219 2ステージ型MIMOフェージングエミュレータを用いたMIMO伝送特性評価
  ◎永井克弥・久野伸晃・村上裕馬・唐沢好男(電通大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
フェージングエミュレータ B-1-220 アンテナカップリングと空間相関が共に存在する環境でのMIMO伝送特性評価
  ◎村上裕馬・唐沢好男(電通大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
フェーズドアレイアンテナ C-14-15 光ビート法で発生させた周波数安定化マイクロ波信号によるフェーズドアレイアンテナからの放射パターン制御
  ○上原知幸・辻 健一郎・大島優太朗・亀井利久・小野寺紀明(防衛大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
フェーズドアレー B-1-141 サスペンデッド線路給電直交偏波共用導波管開口アンテナのスキャンブラインドネス改善検討
  ○中本成洋・高橋 徹・大野新樹・中島正雄・大塚昌孝・宮下裕章(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
フェーズドアレーアンテナ B-1-235 無線実験による位相回転型周波数分割多重フェーズドアレーアンテナの検証
  ○栗山 侑・丸山貴史・山口 聡・大塚昌孝・宮下裕章(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
フェーズドアレーアンテナ B-21-9 ビーム集束法の実験による有効性の検証
  ◎宇野 孝・柴田国明・三枝健二・高野 忠・石川峻樹・篠原真毅(日大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
フェライト B-4-42 フェライトコアを用いた帰還型コモンモード抑圧装置の特性の向上
  ◎吉川創一郎・西方敦博(東工大)・Farhan Mahmood・岡本 健・高谷和宏(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
フェライト C-1-6 導体で覆われたフェライト棒の共振特性
  ○上原正啓(木更津高専)・八代健一郎(千葉大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
フェライト C-2-30 反平行に磁化された左手系フェライト導波管に関する実験的検討
  安達太一・○大久保賢祐・岸原充佳・滝本裕則(岡山県立大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
フェライト C-2-35 CRLHメタマテリアルの非相反性分散制御
  ○吉田和弘・二宮敬佑・上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カリフォルニア大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
フェライト C-2-72 擬似進行波共振器からの水平面無指向放射
  ○二宮敬佑・上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カリフォルニア大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
フェライトコア B-1-53 平面状の素子形状を有するオフセット給電逆Lアンテナ
  ◎髙田紘也・田口光雄(長崎大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2403)
フェライトコア D-15-20 EMI対策用フェライトコアの温度依存性に関する実験システムの開発
  ◎氏原 樹・庫本 篤(豊田高専)・蟹江知彦(長野県)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
フェライト被覆導体円柱 C-1-19 フェライトで被覆された導体円柱による散乱
  ○八代健一郎(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
フォーメーション制御 N-1-10 位相振動子を用いたロボット群のフォーメーション制御実験
  ◎中村 正・築地美由樹・原 尚之・小西啓治(阪府大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
フォトニッククリスタル C-14-10 フォトニック結晶スラブを用いたテラヘルツタグ
  ◎植田峻司・冨士田誠之・永妻忠夫(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
フォトニック結晶 C-4-18 (依頼講演30分)変調フォトニック結晶レーザ-ビーム出射方向と偏光特性の制御-
  ○安田大貴・沖野剛士(京大)・北村恭子(京都工繊大)・野田 進(京大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2201)
フォトニック結晶 CI-2-2 ソフトな有機・高分子フォトニック結晶レーザー
  古海誓一(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
フォトニック結晶 CI-3-1 フォトニック結晶ナノ−レーザのバイオ・医療応用
  馬場俊彦(横浜国大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
フォトニック結晶 CI-5-6 テラヘルツフォトニック結晶とテラヘルツダイオードとの融合
  冨士田誠之(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
フォトニック結晶ファイバ B-10-11 フュ-モードフォトニック結晶ファイバの色分散分析
  ○柴田 宣・渡部仁貴(日大)・大橋正治(阪府大)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
フォトニック結晶レーザ C-4-18 (依頼講演30分)変調フォトニック結晶レーザ-ビーム出射方向と偏光特性の制御-
  ○安田大貴・沖野剛士(京大)・北村恭子(京都工繊大)・野田 進(京大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2201)
フォトニックノード B-10-66 JGN-Xテストベッドにおけるダイナミック適応型フォトニックノードを用いた400Gbps/chリアルタイムフィールド伝送実験
  ○米永一茂・手島光啓(NTT)・星田剛司・秋山祐一(富士通)・杉原隆嗣・亀谷聡一朗(三菱電機)・野口栄実・柳町成行(NEC)・佐藤健一(名大)・丸田章博(阪大)・宮本 裕(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
フォトニックバンドギャップ B-1-119 円形ワッフル導波路の放射特性
  ◎山本将司・橋口 弘・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
フォトニックバンドギャップ CI-2-2 ソフトな有機・高分子フォトニック結晶レーザー
  古海誓一(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
フォトミキサ C-3-43 平面光波回路を用いた光位相制御による低雑音高周波キャリア生成
  ◎藤村勇起・佐熊一輝・武内翔太・加藤和利(九大)・久武信太郎・永妻忠夫(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
フォトミキサ C-14-23 フォトミキサアレイを用いた高指向性利得 多チャンネルコヒーレントテラヘルツ波合成
  ◎坂野豪紀・春木 隼・佐熊一輝・加藤和利(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
フォトン・フォトン共振 C-4-10 アクティブMMI-LDによるフォトン・フォトン共振周波数の増大
  ○北野拓也・モハマドナシル ウディン・洪 秉宙(九大)・田島章雄(NEC)・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
フォレンジクス D-19-7 ブラウザのHTML5 ウェブストレージに対するメモリフォレンジクス
  ○松本晋一(ISIT)・櫻井幸一(九大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
フォワード結合 C-2-53 一点が短絡された導体を用いて方向性を改善した結合線路形方向性結合器
  ◎吉岡秀浩・廣田明道・石橋秀則・米田尚史(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
フォント描画 D-11-43 同一直線上の線分を考慮したフォント描画におけるグリッドフィッティング手法
  ○横須賀佑介・前川拓也(三菱電機)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
不快感低減 D-14-17 楽器音の重畳による騒音の不快感低減手法
  ◎今泉佑介・長尾智晴(横浜国大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
負荷低減 BS-2-5 Opportunistic Routingにおけるホップ数と近傍関係に基づく冗長パケット削減手法
  ○山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)・朝香卓也(首都大東京)・田中良明(早大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
負荷抵抗 C-2-74 位相特性を考慮した終端結合について
  ○武田重喜・久保田倫代・一瀬裕弥(アンテナ技研)・穴田哲夫・陳 春平(神奈川大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
不稼働率 B-7-23 故障影響を考慮した仮想化ネットワークの信頼性評価方法の一検討
  ◎鍔木拓磨・松川達哉・船越裕介・相原正夫(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
負荷分散 B-6-18 負荷予測に基づく分散Webシステムにおけるキャッシュサーバ管理機能の改良
  ○堀内晨彦・最所圭三(香川大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
負荷分散 B-6-41 ユーザ数の負荷分散を考慮したエニーキャストルーティングプロトコル
  ◎野上元気・松澤智史・武田正之(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
負荷分散 B-6-49 LB集約を用いたNFVスケーラブルサービスチェインの試作開発
  ◎西島孝通・坪内宏司・光延秀樹・加納慎也(富士通研)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
負荷分散 B-6-113 P2Pセンサネットワークにおける高頻度なデータ更新を考慮した適応的負荷分散法
  ◎阿部達成・朝香卓也(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
負荷分散 D-6-20 負荷分散のための記憶装置アクセス方式の評価
  ◎堀井圭祐・水口武尚・落合真一(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
負荷変調 B-1-162 負荷変調を用いた非接触チャネル推定の実験的評価
  ◎高橋和弥・本間尚樹(岩手大)・村田健太郎(防衛大)・恒川佳隆(岩手大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
負荷変調 BS-1-12 RSSIと無給電アンテナを用いたマイクロ波生体方向推定法
  ◎佐々木克海・米澤真也・本間尚樹(岩手大)・中山武司(パナソニック)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
負荷予測 B-6-18 負荷予測に基づく分散Webシステムにおけるキャッシュサーバ管理機能の改良
  ○堀内晨彦・最所圭三(香川大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
負荷量 BI-10-8 リハビリテーションや介護予防の運動指導への客観的視点の導入と高度管理の実現
  永井秀利(九工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
俯瞰 TK-8-2 作るための発想
  宇野毅明(NII)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
俯瞰深度画像 D-12-91 俯瞰深度画像を用いた商品棚前での人物状態推定
  ◎山本純平・井上勝文・吉岡理文(阪府大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
不揮発性メモリ D-6-1 PRAMFSにおける誤書き込みからのデータ保護機能
  ◎芳賀康輝・山崎憲一(芝浦工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
不揮発ロジック C-12-34 Self-Terminated 機構に基づくMTJ書込み回路とその乱数生成器への応用
  ○鈴木大輔・羽生貴弘(東北大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
普及方針 A-14-5 車車間通信における大型車両の遮蔽を考慮した車載器普及方策の一検討
  ○高木由美・南 浩明・太田 能・玉置 久(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
不均一ループ B-1-157 大きさの異なる2枚の周期ループ板を装着した双方ビームアンテナの実験検討
  ○戸井田光雄・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)
複屈折 B-13-6 時変複屈折の固有状態を利用した振動検知光ファイバセンサの提案
  ○神田祥宏・小泉健吾・稲船浩司・村井 仁(OKI)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
復元精度推定 B-15-17 モバイルセンシングにおけるPerturbation後の復元精度推定
  ◎鈴木孝男・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
復号 D-14-18 損傷した符号化データを検出する低ビットレートCELP復号器
  ○河嶋拓也(パナソニックシステムネットワークス開発研)・江原宏幸(パナソニック)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
複合商業施設 D-8-1 複合商業施設における回遊行動シミュレーションに基づく来場者グループの訪問店舗予測
  ◎宮崎永爾・中村和晃・馬場口 登(阪大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
複雑ネットワーク N-1-7 言語ネットワーク構造から見た日本語と英語の差異
  ◎多々良真弓美・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
複雑ネットワーク N-2-1 成長するネットワークの次数分布推定の一般的枠組み
  ○林 幸雄(北陸先端大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
複雑ネットワーク N-2-5 パケット送信能力を考慮した確率的な経路制御
  ◎田上 翔・木村貴幸・高見沢 透・神野健哉(日本工大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
複雑ネットワーク科学 AS-6-4 分散協調する無人機で構成された復活力を持つ情報通信ネットワークシステム
  ○林 幸雄(北陸先端大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
複数アンテナ B-15-21 端末の電波指標値に基づくLTE基地局負荷推定方式
  ◎鈴木敬之・高橋英士・太田大輔・大西健夫・城島貴弘(NEC)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
複数移動通信網 B-17-19 複数移動通信網に対応した端末側技術の検討
  ○新保宏之・川西 直(ATR)・Kien Ngyen・石津健太郎(ATR/NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
複数衛星マルチビームシステム B-3-11 複数衛星マルチビームシステムの時間・周波数非同期MIMO復調技術の検証
  ○五藤大介・山下史洋・小林 聖(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
複数エリア空調制御 A-10-14 多目的粒子群最適化手法による複数エリアの空調システム制御
  ◎太田恵大・浮穴朋興(三菱電機)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
複数機器制御 A-17-5 複数機器無線制御に適用したIEEE 802.15.4の多元接続方式の選択手法に関する一検討
  ◎植松悠至・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
複数機器制御 A-17-6 電力線通信を用いた複数機器遠隔制御システムにおける制御品質の均一化手法
  ◎澤田 駿・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
複数給電 BS-8-4 ペア共振器を用いた掃除ロボットへのWPTシステム
  ◎伊藤竜次・平岩達也・石崎俊雄(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)(3月18日発表 センター2号館 2F 2201)
複数経路 B-7-62 複数の経路において複数のTCP接続を用いる分割ダウンロード再生方式の評価実験
  高田航介・◎平岡篤昌・小畑博靖・舟阪淳一(広島市立大)・谷津昌樹(八戸工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
複数ゲートウェイ BS-2-8 無線センサネットワークにおけるセキュア分散データ転送による複数ゲートウェイの活用に関する実験的考察
  ◎谷 隆磨・河野英太郎・角田良明(広島市立大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
複数受信アンテナ B-17-27 複数受信アンテナ間で検定統計量を共用する周期定常性検出に基づくスペクトルセンシング法にAGCが与える影響
  ◎長 大樹・成枝秀介(明石高専)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
複数シンク B-18-36 複数シンクセンサネットワークにおける効率的なデータ要求フラッディング
  ○大塚洋平・山本尚生(東京都市大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
複数人AR D-12-57 投射マーカを利用したARシステムの開発と応用
  ◎田中雄基・齊藤 剛(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
複数品質 D-11-33 利用属性を用いたキャッシュ動画像管理法における一考察
  ○児玉 明(広島大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
複数物体 B-1-205 UWB信号を用いた複数物体の逐次位置推定法
  ◎村西祐樹・藤元美俊・堀 俊和(福井大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
輻輳 B-7-52 歩車間通信における送信フレーム量軽減のためのクラスタ通信方式
  ○平井健士(名大)・大西洋文(Alpine Electronics Research of America)・村瀬 勉(名大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
輻輳 B-11-25 災害時の予約型電話輻輳制御方式の改善と評価
  ○浅野大樹・高橋志学・平栗健史・吉野秀明(日本工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2208)
輻輳回避 B-16-8 帯域情報付加パケットによるネットワーク輻輳回避手法の評価
  ◎安藤翔一(東北大)・林 優一(東北学院大)・水木敬明・曽根秀昭(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
輻輳制御 B-6-77 データセンタ環境下におけるTCP間の公平性改善に関する一検討
  ◎奥田周平・松嶋健太・平田孝志・山本 幹(関西大)・李 忠翰・小口直樹・田中 淳(富士通研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
輻輳制御 B-6-127 コンテンツ指向ネットワークにおけるルータでのレート制御に適用した輻輳制御方式
  ◎加藤尭彦・萬代雅希(上智大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
輻輳制御 B-7-65 非常時回線留保制御における再呼区別による新規呼収容数向上効果
  ◎田辺和輝(東工大)・宮田純子(芝浦工大)・馬場健一(工学院大)・山岡克式(東工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
輻輳制御 B-11-15 片方向の通信ログを用いたTCP輻輳制御アルゴリズムの推定
  ◎YONGXIALEE LEELIANOU・山本 嶺・大坐畠 智・加藤聰彦(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
輻輳制御 BP-2-2 パナソニックのICN研究開発
  ○村本衛一・米田孝弘・大西遼太(パナソニック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
輻輳予測 B-12-4 光パス・パケット統合網におけるOpenFlowを用いたオフローディング手法の検討
  ◎前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
複素散乱量 C-1-27 誘電体円筒からの電磁波散乱量推定に関する研究
  ◎相磯潤也・白井 宏(中大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
複素比透磁率 B-4-26 センダスト粒子をポリスチレンに分散させた複合二層型電磁波吸収体の吸収特性の評価に関する研究
  ◎梅本成貴・久保田 匠・吉田隆彦・佐藤祐喜・吉門進三(同志社大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
複素比透磁率 B-4-30 センダストとポリスチレン樹脂を孤立分散させた複合電磁波吸収体の広角度吸収特性に関する研究
  ○久保田 匠・吉田隆彦・梅本成貴・佐藤祐喜・吉門進三(同志社大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
複素比誘電率 B-4-26 センダスト粒子をポリスチレンに分散させた複合二層型電磁波吸収体の吸収特性の評価に関する研究
  ◎梅本成貴・久保田 匠・吉田隆彦・佐藤祐喜・吉門進三(同志社大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
複素誘電率 B-21-11 複素電圧を用いた誘電率測定系の確度検証
  ◎仲 泰正・山本恭平・田村昌也(豊橋技科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2213)
複素誘電率 C-2-69 MgO基板の複素誘電率の30-50GHzにおける周波数依存性測定
  ◎磯部陽貴・清水隆志・古神義則(宇都宮大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
複素誘電率 C-2-70 丸棒誘電体評価用50GHz帯TM0m0モード空洞共振器の開発
  ○清水隆志・稲田 顕・古神義則(宇都宮大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
複素誘電率 C-2-88 生体特性取得用薄型広帯域アプリケータに関する研究
  ◎番場一輝・九鬼孝雄・二川佳央(国士舘大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
負屈折率 C-2-33 誘電体共振器を用いた3次元等方性CRLHメタマテリアルのインピーダンス特性改善
  ○石山拓未・上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カルフォルニア大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
負屈折率 C-2-34 誘電体のみからなる3次元等方性CRLHメタマテリアル
  石山拓未・○上田哲也(京都工繊大)・伊藤龍男(カルフォルニア大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
腹壁電位 D-7-7 腹帯型腹壁電位センサの電極間距離と電極サイズの影響
  ○馬場 東・塙 雅典(山梨大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
服薬支援 BI-10-13 患者教育におけるARCSモデルの展開とコミュニケーションロボットPepperの可能性
  石黒奎太朗(阪府大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
符号化 A-2-5 効率的に符号化可能な空間結合符号の性能比較
  ◎栗田茉緒・笠井健太(東工大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
符号化 ADI-1-4 高精細映像の映像特徴を考慮した超解像技術とその応用
  松尾康孝(NHK)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
符号化 D-11-31 デルタ変調を用いた GPU クラスタにおける通信速度の高速化
  ◎赤松孝則・下馬場朋禄・角江 崇・伊藤智義(千葉大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
符号化開口 ADI-1-2 コンピュテーショナルフォトグラフィの要点と最新動向
  日浦慎作(広島市立大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
符号化撮像 ADI-1-2 コンピュテーショナルフォトグラフィの要点と最新動向
  日浦慎作(広島市立大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
符号化変調 B-3-14 集合分割32QAM符号化変調の性能改善に関する検討
  ○鈴木陽一・小泉雄貴・小島政明・斎藤恭一・田中祥次(NHK)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
符号化率 A-2-6 非正則重ね合わせ行列を用いた空間結合非正則LDPC符号
  ◎柴田健伍・吉田雅一・程 俊(同志社大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
符号化露光 ADI-1-2 コンピュテーショナルフォトグラフィの要点と最新動向
  日浦慎作(広島市立大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
符号間干渉 AS-3-5 拡散反射通信路における光ZCZ系列セットを用いた同期光CDMA方式のBER特性の検討
  ◎蔵下征則・松元隆博(山口大)・鳥井秀幸(神奈川工科大)・井田悠太・松藤信哉(山口大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
不正検出 B-6-97 無線LAN不正端末検出におけるバックオフ測定値利用法の検討
  ○武次潤平・亀井拓眞・榊原勝己(岡山県立大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
不正防止 B-6-37 すれ違い通信システムにおいてユーザの不正を抑制する報酬計算法の提案
  ◎島田直人・橘 拓至(福井大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
不整脈 BI-10-4 不整脈治療に革新を起こされる日本発心磁図検査を世界へ
  神鳥明彦(日立)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
不確かさ C-2-83 ミリ波帯の平面回路の評価における不確かさ要因とその影響度
  ○坂巻 亮・堀部雅弘(産総研)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
付着強度 C-13-6 蒸着重合界面層によるPETと金属の付着強度改善
  河村 拓・田中邦明・○臼井博明(東京農工大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
物体検出 A-15-14 物体追跡における画像特徴量に基づくシルエット抽出の一手法
  ◎新谷岳士・野畑美紗貴・棟安実治(関西大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
物体検出 D-12-21 パーツ追跡による車椅子利用者の検出に関する検討
  ◎谷川右京・川西康友・出口大輔・井手一郎・村瀬 洋(名大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
物体検出 D-12-32 高階調カメラを用いた極端な照明条件下の特定物体検出に関する検討
  ◎小松美穂・川西康友・出口大輔・井手一郎・村瀬 洋(名大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
物体追跡 D-12-21 パーツ追跡による車椅子利用者の検出に関する検討
  ◎谷川右京・川西康友・出口大輔・井手一郎・村瀬 洋(名大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
物体デザイン A-15-12 選択履歴に基づく提案を行う対話型進化計算とその物体デザインシステムへの応用
  ◎檜山 翼・荒川 薫(明大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
物体認識 D-12-66 単眼カメラを用いた3 次元位置推定法に関する一検討
  ◎山田啓介・竹内泰斗・村上隆昭・後藤富朗・平野 智・桜井 優(名工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
物体認識 D-12-81 勾配情報に基づく物体認識のための特徴量最適化
  ◎古野遼太・長尾智晴(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
物体認識 D-22-4 深度センサを用いた屋内移動ロボットの検出
  ◎金子東治郎・秋山英久・荒牧重登(福岡大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1406)
フットプリント B-2-1 衛星「しずく」搭載高性能マイクロ波放射計AMSR2のためのアンテナパターン整合輝度温度データセット
  ○前田 崇(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
物々交換 A-12-1 地球の弁証法論理
  ○高原利生(所属なし)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
物理暗号 B-10-39 Y-00光通信量子暗号とOOK信号のWDM伝送実験
  ○二見史生・広田 修(玉川大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
物理空間と電脳空間の融合 TK-9-2 コンピュータの新しい形
  猿渡俊介(静岡大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
物理光学法 B-1-74 モーメント法と物理光学法による複反射鏡アンテナの解析結果の比較
  ○塩出剛士・田中 泰・瀧川道生・稲沢良夫・宮下裕章(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
物理合成 A-6-6 高速光通信向けFECのマルチ演算コア化の検討
  ○平野 進・杉原堅也・吉田英夫・久保和夫・宮田好邦・峯岸孝行・杉原隆嗣(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
物理センサ D-12-29 物理センサを用いた擬似ソーシャルセンサ観測情報の生成
  ◎恒岡知生・新田直子・馬場口 登(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
物理層セキュリティ B-5-161 面的な秘匿性向上を目的とする無線分散伝送の秘密伝送容量に関する一検討
  ◎鄒 京博(広島大)・山中仁昭(海上保安大)・大野修一(広島大)・宮本伸一(和歌山大)・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
物理層セキュリティ B-17-24 パッシブ型中継局と低信頼中継局を併用する安全性を確保する無線マルチホップネットワーク
  ◎壁谷淳一・田久 修(信州大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
物理層秘匿性 B-5-97 カオスを用いたセキュアSCMA伝送方式の検討
  ○岡本英二・國友啓佑(名工大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
負の屈折率媒質 C-1-16 正負屈折率媒質をランダムに配置したゼロ屈折率媒質
  ○三浦季喜・小堀智史・車 志焄・岩渕将太・大坊真洋(岩手大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
負の誘電率 B-4-44 無線機器の電磁ノイズ抑制のための積層型オープンスタブによる小型EBG構造の提案
  ○笠原嘉晃・鳥屋尾 博・半杭英二(NEC)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
部品化 B-8-64 ONU運用情報配置に関する検討
  ○吉野 學・氏川裕隆・可児淳一・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
部分観測マルコフ決定過程 D-8-15 クラウドソーシングにおけるPOMDPを用いた逐次タスクのワークフロー制御
  ◎伊藤優也・松原繁夫(京大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1403)
部分空間 D-12-30 類似性評価の観点の多様性を考慮した概念間類似度の算出
  ◎三輪智宏・中村和晃・馬場口 登(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
部分グラフ同型判定 D-8-12 グラフ集合に対する部分グラフ同型判定処理のための提案
  ◎神谷洋平・世木博久(名工大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
部分照合 D-21-11 特徴ベクトルを用いた3D形状の部分照合機能をもたせた違法造形物の3Dプリンター出力規制技術の提案
  ○茂出木敏雄(大日本印刷)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
部分的正規分布 D-12-2 直積量子化に基づく部分的正規分布線形結合モデルの計算量削減
  ○鈴木雅人・北越大輔(東京高専)・松本章代(東北学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
部分要素等価回路法 B-9-17 部分要素等価回路法を用いたSiCパワーモジュールの寄生インダクタンスモデル化に関する一検討‐動特性に基づく寄生インダクタンスのモデル化との比較‐
  ◎増田瑛介・舟木 剛・井渕貴章(阪大)・宮崎達也・金武康雄・中村 孝・大嶽浩隆(ローム)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
不平衡 B-1-160 不平衡給電された平衡アンテナにおけるSパラメータ法を用いたモード電力比解析
  ○柳 崇・深沢 徹・宮下裕章(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
フューモードファイバ B-13-22 軸ずれ励振による長周期ファイバグレーティングのフューモードにおける透過損失特性の測定
  南 衛・○水波 徹(九工大)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
フューモードファイバ B-13-31 マルチチャネルOTDRを用いたフューモードファイバ接続点でのモード結合測定
  ○吉田真人・廣岡俊彦・中沢正隆(東北大)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
プライバシ AI-2-1 ISO/IEC JTC 1/SC 27にみる国際標準動向
  渡邊 創(産総研)(3月17日発表 センター1号館 4F 1407)
プライバシ D-19-12 ゲーム理論を用いたプライバシに配慮したデータ提供についての考察
  ◎三本知明・披田野清良・清本晋作(KDDI研)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
プライバシー A-7-1 ネットワーク型多目的カメラシステムのプライバシー問題の検討
  ◎馬 小飛・佐々木真由美・黒沢裕太・沖村星児・阪本 圭・慎 祥揆・瀬戸洋一(産技大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
プライバシー A-7-2 生体認証を用いた位置証明書発行手法
  ○井上晴也・岡村真吾(奈良高専)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
プライバシー AS-6-14 通学路への防犯カメラの導入に関するアンケート結果の分析
  ○吉浦紀晃(埼玉大)・加藤蒼梧・田北啓洋・太田直哉・藤井雄作(群馬大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
プライバシー B-7-7 コンテンツ配信の効率を維持するEdge CCN ルータ配置法の検討
  ◎永井翔平・改田高大・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
プライバシー BI-3-4 組織内からの情報窃取に対抗するサイバーセキュリティ技術
  井上大介(NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
プライバシー D-19-7 ブラウザのHTML5 ウェブストレージに対するメモリフォレンジクス
  ○松本晋一(ISIT)・櫻井幸一(九大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
プライバシー DP-1-2 個人情報保護法改正とビッグデータ活用
  湯淺墾道(情セ大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2103)
プライバシー DP-1-4 プライバシー保護技術の研究と現実のはざま
  野島 良(NICT)(3月17日発表 センター2号館 1F 2103)
プライバシー影響評価 BI-3-2 プライバシーバイデザインとプライバシー影響評価
  瀬戸洋一(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
プライバシーバイデザイン BI-3-2 プライバシーバイデザインとプライバシー影響評価
  瀬戸洋一(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
プライバシー保護 B-15-17 モバイルセンシングにおけるPerturbation後の復元精度推定
  ◎鈴木孝男・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
プライバシー保護 BI-3-1 個人の履歴情報の匿名加工とプライバシー
  山口利恵(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
プライバシー保護 BI-3-3 プライバシー保護技術 -データ流通モデルと匿名化技術-
  高橋克巳(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
プライバシー保護 D-21-5 画像認識に基づく情報提供サービスのための利用者位置履歴の保護
  ◎藤井宏次朗・中村和晃・馬場口 登(阪大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
プライバシー保護 DP-1-3 プライバシー保護技術 -Data Minimization問題の一考察-
  高橋克巳(NTT)(3月17日発表 センター2号館 1F 2103)
プライバシ保護 AI-2-4 プライバシ保護に関する標準化動向
  佐古和恵(NEC)(3月17日発表 センター1号館 4F 1407)
プライバシ保護 D-19-11 データ間距離に基づいた匿名化アルゴリズムの一考察
  ○秋山寛子(長野高専)・中山雅哉(東大)・加藤 朗・砂原秀樹(慶大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
プライベートクラウド D-23-2 研究用インフラ基盤における物理環境の提供方法に関する考察
  ○佐々木寛人・小宮輝之(NTT)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
プライベートクラウド D-23-3 研究開発業務向けVPSサービスの構築と運用
  ○小宮輝之・佐々木寛人(NTT)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
プライベートネットワーク B-5-167 プライベート空間において運用される無線LANの仮想専用チャネル構築手法におけるNAVフレーム送信電力に関する一検討
  ○宮本伸一(和歌山大)・大前篤史・三瓶政一(阪大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
ブラインド信号分離 B-5-93 複数受信アンテナを用いた独立成分分析による信号分離の検討
  ◎則松勇輝・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
ブラウザ B-6-14 インターネットブラウザを用いた端末・vCPE間接続方式
  ○山本太三・木村明寛・杉園幸司・福岡亜希(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
ブラウジング支援 H-3-8 顔追跡技術を用いた文字入力インタフェースの開発
  ◎田所龍介・納富一宏(神奈川工科大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
プラグイン D-9-11 OpenPNE3からFacebookへの同時投稿
  ◎柴田駿介・山守一徳(三重大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
フラクタル A-14-13 フラクタル解析を用いた移動車両の検出に関する検討
  ○黒岩 孝(日大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
フラクタル B-1-117 フラクタルGAを応用したマルチバンド指向性アンテナの設計
  ◎布川和樹・宇野広祐・檜山怜史・古田健太・丸山珠美(函館高専)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
プラスチックオプティカルファイバ CI-2-3 プラスチック光ファイバを用いた車載高速光通信への応用
  ○斎藤恒聡(古河電工)・高橋 聡(POF Promotion)・杉原興浩(宇都宮大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
プラスチックパッケージ C-2-11 3.5GHz帯小型基地局用GaN HEMTドハティ増幅器
  ◎藤原 茂・小坂尚希・岡村篤司・長明健一郎・堀口健一・佐々木善伸・井上 晃・片山秀昭(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
プラスチック光ファイバ BI-8-6 プラスチック光ファイバ中のブリルアン散乱とそのセンサ応用
  ○水野洋輔・林 寧生・中村健太郎(東工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
プラズモニクス CS-1-2 積層した貴金属ストリップによる光波散乱の積分方程式を用いた数値解析
  ◎直理優介・松島 章(熊本大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
プラズモニックギャップ導波路 C-3-56 プラズモニック導波路のギャップ部を部分的に金属で満たした3次元スリット型フィルタの透過特性
  ◎和田祐輔・柴山 純・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
プラズモニックギャップ導波路 C-15-16 3次元スタブ型プラズモニックフィルタの特性改善
  柴山 純・◎川合裕暉・和田祐輔・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
プラズモニック導波路 C-15-9 プラズモニック導波路間におけるエネルギー遷移効率の検討 ―導波路形状が異なる場合―
  ◎影山雄一・上垣将洋・大貫進一郎・羽柴秀臣・井上修一郎(日大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
ブラックリスト D-21-11 特徴ベクトルを用いた3D形状の部分照合機能をもたせた違法造形物の3Dプリンター出力規制技術の提案
  ○茂出木敏雄(大日本印刷)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
フラッシュ D-11-56 カメラと被写体の動き推定に基づく光点滅低減方式
  ◎尾高佑季・石川真澄・塚田正人(NEC)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
フラッシュメモリ A-2-13 ランク変調方式のための支配集合の構成
  ◎梶田竜摩・鎌部 浩(岐阜大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
フラッディング B-5-154 RREQフラッディングによる経路構築時のパケット衝突の影響
  ◎林 真広・砂田勇介・山尾 泰(電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
フラッディング B-18-36 複数シンクセンサネットワークにおける効率的なデータ要求フラッディング
  ○大塚洋平・山本尚生(東京都市大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
プラットフォーム BT-3-4 通信産業の構造変化とプラットフォーム機能をめぐる政策課題
  実積寿也(九大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1408)
プラットフォーム TK-6-4 家電のIoT化の展望と課題
  梶本一夫(パナソニック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
プリアンブル B-1-34 無線LAN信号を用いた遅延プロファイル推定におけるCFO補償による相関特性の改善
  ◎森田淳樹・岩井誠人・笹岡秀一(同志社大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
フリーアクセス伝送線路 B-1-96 導電性インクを用いた1次元フリーアクセス伝送線路上のダイポールアンテナ間の結合特性
  ◎篠崎友花・大倉拓也・新井宏之(横浜国大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
フリーアクセス伝送線路 BS-1-8 人体周辺における近距離無線通信のためのフリーアクセス伝送線路
  ◎大倉拓也・篠崎友花・T. Lan Tran・新井宏之(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
プリコーディング B-5-125 位相雑音強調を抑制するプリコーディング方式に関する一検討
  ○錦織 諒・衣斐信介・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
フリップチップ CI-5-8 InP-HEMTを用いた280GHz帯、20Gbps受信モジュール
  ○川野陽一・松村宏志・芝 祥一・佐藤 優・鈴木俊秀・中舎安宏・高橋 剛・牧山剛三(富士通)・岩井大介(富士通研)・原 直紀(富士通)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
プリフィルタリング B-10-53 64-Gbaud PDM-QPSK信号のプリフィルタリングによる信号特性改善方式の一検討
  ◎川口 優・釣谷剛宏(KDDI研)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
プリフェッチ D-6-14 置き換えアルゴリズムとプリフェッチが協調動作するキャッシュマネージメント・プリプロモーションの評価
  ◎甲地弘幸・入江英嗣・坂井修一(東大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
ブリルアン B-13-15 遠端反射ブリルアン利得解析法による分岐下部損失フィールド測定
  ◎鬼頭千尋・高橋 央・戸毛邦弘・大野槙悟・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ブリルアン散乱 B-13-13 光ファイバ中の誘導ブリルアン散乱を用いたパルス圧縮の解析
  ◎宮下原弥・松本正行(和歌山大)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ブリルアン散乱 BI-8-6 プラスチック光ファイバ中のブリルアン散乱とそのセンサ応用
  ○水野洋輔・林 寧生・中村健太郎(東工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
ブリルアン利得 B-13-14 遠端反射ブリルアン利得解析法における量子化雑音の影響
  ○高橋 央・鬼頭千尋・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
プリンテッドエレクトロニクス C-6-3 インクジェット法を用いて作製した有機透明導電膜の処理方法の検討
  ◎川原和也・新田敦司(鹿児島高専)(3月17日発表 センター1号館 6F 1607)
プリント B-1-86 ループ素子で励振したプリントフレームアンテナの一検討
  ○坂口浩一(日大)・長谷部 望(所属なし)(3月15日発表 センター2号館 4F 2404)
プリントアンテナ B-4-28 給電点整合に基づくプリントアンテナ型電波吸収体の設計と測定
  ◎田久保恒樹・西方敦博(東工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
プリント配線板 B-4-43 プリント配線板からの放射雑音の低減-囲い有り格子状電源層における付加抵抗値-
  篠宮佳敬・佐々木伸一・○南 龍司(佐賀大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
フルデジタル A-5-14 デジタル直接駆動技術を用いたパラメトリックスピーカの高効率駆動
  ○戸野村厚樹・高橋壮佳・安田 彰・吉野理貴・西勝 聡(法政大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
フルデュプレックスセルラ B-17-32 フルデュプレックスセルラにおけるPFSの特性解析
  ○大戸琢也・山本高至(京大)・羽田勝之(Aalto Univ.)・西尾理志・守倉正博(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
フル電動自転車 A-14-21 P/SV/Vの3モード交通社会実現について
  ○長谷川孝明・間邊哲也・久保田 尚・小嶋 文(埼玉大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ぶれ・ぼけ補正 D-11-14 ノイズを考慮したブラインドぶれ画像復元に関する研究
  ◎本橋知士・仙敷大樹・後藤富朗・平野 智・桜井 優(名工大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
ブレインコンピュータインタフェース H-2-30 集団脳波を用いたVR空間制御システムの開発
  ○作田 充・唐山英明(富山県立大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1209)
フレーム補間 D-11-55 高精度フレーム補間手法
  ◎山本琢麿・三島 直(東芝)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
フレーム補間 D-12-83 高速で移動する物体を撮影した映像に適したフレーム補間法
  ◎原崎 葵・亀田能成・北原 格・大田友一(筑波大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
フレームレート A-9-16 120fps CMOSカメラを用いたLED可視光通信のシンボルレート限界
  ◎水野翔太・近藤那樹・北岡涼太郎・中條 渉(名城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
フレームレスALOHA B-5-152 車車間協調フレームレスALOHAに基づく路車間通信に関する一検討
  ◎尾形 駿・石橋功至(電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
フレームワーク B-7-11 ウェブブラウザ間P2Pネットワークのためのコネクション管理フレームワーク
  ◎川井悠司・李 佼柯・安倍広多(阪市大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
フレキシブル C-6-3 インクジェット法を用いて作製した有機透明導電膜の処理方法の検討
  ◎川原和也・新田敦司(鹿児島高専)(3月17日発表 センター1号館 6F 1607)
フレキシブルグリッド C-3-7 高精度広キャプチャレンジDFB-LD波長安定化制御
  ◎坪井 淳・三井晨太郎・加藤和利・久保木 猛(九大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
フレキシブルグリッド C-14-24 基準光とのビート信号直接計数によるDFBレーザの高精度波長安定化
  ◎三井晨太郎・坪井 淳・久保木 猛・加藤和利(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
フレキシブルディスプレイ C-9-1 (依頼講演30分)フレキシブル液晶技術の現状と展望
  ○藤掛英夫(東北大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
フロアプラン A-6-5 クリティカルパス最適化フロアプラン指向FPGA高位合成手法のアプリケーション適用評価
  ◎藤原晃一・川村一志・柳澤政生・戸川 望(早大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
フロー計測 B-6-78 VPN網内における低サンプリングレートでのフロー特定に関する一考察
  ○松田 暁・横井俊宏・小野敢一郎・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
フローティングコンテンツ B-11-22 フローティングコンテンツ配信制御方式 PFCS の性能評価
  ○萩原 涼(関西学院大)・山崎康広(NEC)・大崎博之(関西学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2208)
ブロードキャスト ACK BS-6-7 拠点間DTNルーティングにおけるブロードキャストACK散在化に関する一検討
  ◎川端奈津子・大崎博之(関西学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
ブロードキャスト制御 B-6-44 ユーザ・サービス事業者間L2接続時のテーブル縮小手法の検討
  ◎出水達也・土戸研一・梅川慎吾(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
ブロードバンド B-5-89 VHF帯公共ブロードバンドシステムフィールド実験 〜①概要および長距離実験〜
  ○大堂雅之・小林英樹・沢田浩和・小原宏貴・児島史秀(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
ブロードバンド B-5-91 VHF帯公共ブロードバンドシステムフィールド実験〜③伝送特性評価〜
  ○小林英樹(警察大)・大堂雅之・沢田浩和・小原宏貴・児島史秀(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
プロービング BI-8-9 光ファイバリンクとEOセンサを用いた近傍界プロービングによる電磁界計測
  ◎飴谷充隆・黒川 悟(産総研)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
プローブカーデータ D-9-33 プローブカーデータを用いた駐車位置の可視化
  ◎荒木徹也・宇野毅明(NII)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
プローブ要求 B-18-10 プローブ要求に基づくイベント滞在時間の分析
  ○菅原 駿・鈴木利則(東北学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
フロー分類 B-6-74 パワースペクトルを用いた通信フロー分類の精度向上に関する検討
  ◎縄田秀一・鈴木理基・小頭秀行・北原 武(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
プロキシ B-8-76 プロキシ装置を用いたOLTスリープの検討
  ◎原田拓弥・氏川裕隆・吉野 學・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
プログラマビリティ TK-9-2 コンピュータの新しい形
  猿渡俊介(静岡大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
プログラミング AS-2-4 (依頼講演)IoE技術を用いた総合的な信号処理教育
  ○田邉 造(諏訪東理大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
プログラミング D-15-39 学生の進捗度把握機能を有するプログラミング演習支援システム
  ◎星野裕樹・納富一宏・西村広光・示野浩士(神奈川工科大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プログラミング学習 D-15-33 オンライン大学における出席時間に関する考察
  ○後藤幸功・中谷祐介(サイバー大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プログラミング教育 D-9-5 プログラミング能力の違いによるプログラム作成過程の特徴分析の一考察
  ○中根 翔・岸本頼紀・中薗友樹・大森明依(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
プログラミング教育 D-15-34 オンライン大学におけるプログラミング教育の取り組み
  ○中谷祐介・後藤幸功(サイバー大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プログラミング言語 D-3-2 継続渡しスタイルのラムダ計算のための簡潔な記法の提案
  ○島 和之(広島市立大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
プログラミング言語 D-15-40 中学生向けRuby学習教材の開発
  ○加藤 聡・原 元司(松江高専)・高尾宏治・本多展幸(Rubyプログラミング少年団)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プログラミング能力 D-9-5 プログラミング能力の違いによるプログラム作成過程の特徴分析の一考察
  ○中根 翔・岸本頼紀・中薗友樹・大森明依(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
プログラム構造 D-9-2 プログラム構造形式化のマルウェア静的解析への適用法
  ○小宮大智・鈴木裕司・渡邊達也・岸本頼紀(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
プログラム構造 D-9-3 プログラム構造形式化に基づくマルウェアの関係分析
  ◎渡邊達也・鈴木裕司・小宮大智・岸本頼紀(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
プログラム構造 D-9-4 マルウェア解析に適したプログラム構造形式化支援システムの試み
  ◎鈴木裕司・小宮大智・渡邊達也・岸本頼紀(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
プログレスバー H-2-21 プログレスバーの形状が知覚時間に及ぼす影響
  ○黒木勇磨・石原真紀夫(福岡工大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
プログレッシブダウンロード B-6-131 プログレッシブダウンロードを利用したスケジューリングによる マルチビュービデオ伝送の基礎検討
  ○木藤嵩人・大友伊織・藤橋卓也・廣田悠介・渡辺 尚(阪大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
プロジェクションマッピング H-3-17 3Dプリンターの造形物へのプロジェクションマッピング
  ◎奥村奈央・山内俊明・谷中一寿(神奈川工科大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
プロジェクタカメラシステム D-12-63 プロジェクタとカメラによる仮想タッチスクリーンにおけるボタンタッチ検出
  ◎二見大希・中島克人(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
プロジェクタカメラシステム D-12-64 仮想タッチスクリーンにおける任意位置タッチ検出のための前景領域抽出手法の提案
  ◎五十嵐貴文・中島克人(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
プロジェクト型学習 D-15-11 プロジェクト型学習支援システムの試作
  ○豊田寿行(鳥取環境大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プロジェクトベース学習 D-15-12 科目間連携と産官学連携を活用したプロジェクトベース学習
  ○橘 俊宏(湘南工科大)・井上道哉(東京電機大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プロジェクトベース学習 D-15-13 地域イベントのためのスマートフォンアプリ開発-ゲーム機能を中心に-
  ◎猪股寛之・村山知美・長谷川大矩・岡田健太・帖佐友博(湘南工科大)・井上道哉(東京電機大)・橘 俊宏(湘南工科大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
プロジェクトベースラーニング AS-2-6 (依頼講演)MATLAB®/Simulink®を活用した教育事例の紹介
  ○横島英俊(マスワークス)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
プロセッサ D-11-54 178MHz WXGA 30fps オプティカルフロープロセッサの設計
  ◎伊藤雅人・鈴木 悠・松村哲哉(日大)・今村幸祐・松田吉雄(金沢大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
ブロックアクセス D-6-20 負荷分散のための記憶装置アクセス方式の評価
  ◎堀井圭祐・水口武尚・落合真一(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
ブロック暗号 A-7-15 ブロック暗号Midori64の飽和特性
  ◎高橋勇介・五十嵐保隆・金子敏信(東京理科大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
ブロックサイズ D-11-48 静止画像における異なったブロックサイズのスパースコーディング基底比較
  ○神田晃宏・亀山 渉・関口俊一(早大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
ブロック対角化 B-5-105 基地局間協調MU-MIMOにおける送信側干渉キャンセル法に関する一検討
  ○星野兼次・三上 学・藤井輝也(ソフトバンク)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
ブロック多重対角化 B-5-13 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO向け非線形ブロック多重対角化プリコーディングの検討(1)
  ○平 明徳・西本 浩・井浦裕貴・内田 繁・岡崎彰浩・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
ブロック多重対角化 B-5-14 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO向け非線形ブロック多重対角化プリコーディングの検討(2)
  ○西本 浩・平 明徳・井浦裕貴・内田 繁・岡崎彰浩・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
ブロック伝送 B-6-111 アドホックネットワークにおける適応形信頼性制御によるブロック伝送方式
  ◎坂口友彬・山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・田中良明(早大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
プロトコル AS-5-4 生体認証プロトコルにおける無証拠性に基づく否認可能性
  ○上繁義史(長崎大)・櫻井幸一(九大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2409)
プロトコル管理 B-20-13 救急医療のプロトコル管理へのICT活用
  ○小山裕司(産技大)・松本省二(小倉記念病院)・吉良潤一(九大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
プロトタイプ D-18-2 複数のFPGAを用いた粗粒度再構成可能アーキテクチャの動作検証環境構築
  ○毛利真崇・密山幸男(高知工科大)(3月17日発表 センター1号館 6F 1608)
プロポーショナルフェアスケジューリング B-17-32 フルデュプレックスセルラにおけるPFSの特性解析
  ○大戸琢也・山本高至(京大)・羽田勝之(Aalto Univ.)・西尾理志・守倉正博(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
プロポーショナルフェアネス B-5-86 プロポーショナルフェアネス規範に基づく干渉制御法の特性評価
  床島広昭・竹本健志・○三木信彦(香川大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
フロントホール B-5-6 協調受信を考慮したフロントホール機能分担の特性比較
  ○久保尊広・浅井孝浩・奥山達樹・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
分割画素値ヒストグラム D-11-23 電子透かし画像のための超低解像度LBPを用いた疎密検索法
  ◎渡邉謙太郎・国松亜蘭・今村幸祐(金沢大)・黒田英夫(FPT大)・藤村 誠(長崎大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
分割ダウンロード再生 B-7-62 複数の経路において複数のTCP接続を用いる分割ダウンロード再生方式の評価実験
  高田航介・◎平岡篤昌・小畑博靖・舟阪淳一(広島市立大)・谷津昌樹(八戸工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
分割不可 D-1-4 分割不可能な財のオンライン配分方式
  ◎清水航平・真鍋義文(工学院大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
分割リング共振器 C-2-36 積層可能な超高周波帯メタマテリアルフラットレンズの検討
  ◎来山大祐・ソン ホジン・矢板 信・野坂秀之(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
分岐 N-1-25 分岐ニューロンモデルの呈する超安定周期解の解析
  ○高橋理沙・柳瀬勇作・斎藤利通(法政大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
分岐値計算手法 N-2-8 分岐値計算手法を適用した位相制御型コンバータの設計手法
  ○山田裕太・永田雄大・永島和治・関屋大雄(千葉大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
分極反転 C-14-20 アンテナ電極を用いたミリ波帯光SSB変調器
  松川悠輝・井上敏之・○村田博司・岡村康行(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
文芸 D-5-15 謎解きによる物語性の抽出について
  ○新田義彦(日大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2302)
文献DB TK-8-5 企業における研究活動の推進〜学会貢献と企業活動の両立を目指して〜
  岩村相哲(NTT)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
文構造 D-15-9 文構造に基づく教育情報検索システムの開発と評価
  ○佐久間 大(東工大)・ホドシチェク ボル(阪大)・室田真男・中川正宣(東工大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
分光反射率 D-11-13 分光反射率推定のためのMSFA最適化に関する基礎検討
  ◎川瀬満丸・篠田一馬・長谷川まどか・加藤茂夫(宇都宮大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
分散 B-10-61 Qマップを用いた光ナイキストパルスの分散・非線形耐力の解析
  ○廣岡俊彦・中沢正隆(東北大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
分散MIMO B-5-29 15GHz帯5G伝送実験装置を用いた電波暗室における分散MIMO伝送実験
  ○栗田大輔・立石貴一・原田 篤・岸山祥久(NTTドコモ)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
分散アレー BI-1-7 複数アンテナ協調動作による大開口アンテナを実現する分散アレー技術
  ○鈴木義規・須崎皓平・五藤大介・山下史洋・小林 聖(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
分散アンテナ B-1-212 高密度分散アンテナ選択を適用した下りMU-MIMOシステム
  ○村上友規・石原浩一・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)・西森健太郎(新潟大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
分散アンテナ B-1-213 高密度分散アンテナ選択を適用した上りMU-MIMO伝送の実験評価
  ◎吉田 翔・西森健太郎(新潟大)・村上友規・石原浩一・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
分散アンテナ B-1-232 分散アンテナにおける複数周波数を利用したアンテナ間周波数位相補償方法
  ○須崎皓平・宗 秀哉・中平勝也・中川匡夫(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
分散アンテナ B-5-17 5G実現に向けた超高密度セル構成における分散アンテナ技術の研究開発の概要
  ○関 宏之・箕輪守彦(富士通)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・重松智志・木村俊二(NTT)・安達文幸(東北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
分散アンテナシステム B-5-19 超高密度分散アンテナシステムにおけるスケジューリングの検討
  ◎有川勇輝・鵜澤寛之・重松智志(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
分散型 BS-6-5 分散型フロー制御方式 DFC-BP+ のパラメータ感度に関する一検討
  ◎藪 有妃子・大崎博之(関西学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
分散ゲートウェイ B-15-13 低遅延通信のためのシームレスリロケーション法の提案
  ◎平井弘実・東條琢也・松本 実・高谷直樹(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
分散システム B-6-10 分散環境におけるソフトウェアコンポーネントの配置制約付与方式
  ◎小林弘明・藤岡 幸・北野雄大(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
分散システム B-6-18 負荷予測に基づく分散Webシステムにおけるキャッシュサーバ管理機能の改良
  ○堀内晨彦・最所圭三(香川大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
分散システム B-6-22 分散ソフトウェアコンポーネント間の通信高速化に関する一検討
  ◎藤岡 幸・小林弘明・北野雄大・白神彰則(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
分散システム D-4-7 不均一な負荷状態の高速判定方式に関する考察
  ◎外山篤史(NTT)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
分散処理 B-6-30 複数AS間連携によるDDoS攻撃対処方式に関する一検討
  ◎前田浩明・小島久史・相原正夫(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
分散処理 B-8-15 リアルタイム分散処理による映像配信システムの安定性検証
  ○小田周平・黒住正顕・山本正男・遠藤洋介(NHK)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
分散処理 BP-3-1 エッジコンピューティングが拓くIoT時代のアプリケーション
  田中裕之(NTT)(3月17日発表 センター1号館 4F 1405)
分散ストレージ A-15-6 分散ストレージにおける通信量推定法に基づくFlat XOR符号設計手法
  ◎吉田由唯・仲地孝之・白井大介・藤井竜也(NTT)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
分散性 CS-1-4 分散性媒質中に周期的完全導体が埋設されたパルス反射応答の数値解析
  ○尾崎亮介・山﨑恆樹(日大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
分散制御 B-6-98 アドホックネットワークにおけるマルチパス経路制御の評価
  ◎石川慎也・吉本 涼・宮保憲治(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
分散性遅延線路 C-2-85 実時間フーリエ変換のためのスパイラル型分散性遅延線路の設計
  ○堀井康史・北村敏明(関西大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
分散伝送 B-5-161 面的な秘匿性向上を目的とする無線分散伝送の秘密伝送容量に関する一検討
  ◎鄒 京博(広島大)・山中仁昭(海上保安大)・大野修一(広島大)・宮本伸一(和歌山大)・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
分散ハッシュテーブル B-6-123 分散的情報共有によるコンテンツキャッシング手法
  ○奥村尚久・平田孝志・山本 幹(関西大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
分散補償 B-8-72 IMDD方式に適用可能な周波数領域電気分散補償法に関する検討 (1) 〜理論的な厳密解との比較〜
  ○田中和樹・小林 嵩・縣 亮・西村公佐(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
分子鋳型ポリマー C-13-2 光学的センシングによる植物匂い物質の可視化
  ◎王 皓宇・山下誠一・吉岡大貴・劉 傳軍・林 健司(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
分子結晶 CI-5-4 テラヘルツ分光法の医薬結晶分析への応用
  ○味戸克裕・中村昌人・田島卓郎・小泉 弘(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
分子配向 CI-4-5 静電塗布法を用いた有機薄膜の分子配向制御
  ○福田武司・戸田明日来・高比良和也・鈴木勝己・平原実留(埼玉大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
分周器 C-12-3 差動注入トランジスタを用いた広同期範囲5GHz帯注入同期型分周器
  ◎戸賀﨑悠介・星野裕也・吉野理貴・安田 彰(法政大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
文章作成 D-15-50 リーダビリティ指標を用いた文章評価システム「MRead」の開発―文章難易度のリアルタイムフィードバック―
  ◎赤木信也・納富一宏(神奈川工科大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
文章評価 D-15-50 リーダビリティ指標を用いた文章評価システム「MRead」の開発―文章難易度のリアルタイムフィードバック―
  ◎赤木信也・納富一宏(神奈川工科大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
文書画像 D-21-7 圧縮センシングと電子透かし技術を用いた被改ざん文書画像の復元手法
  ○坂田大樹・黒崎正行・尾知 博(九工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
文書鑑定 D-9-28 筆跡鑑定用文字切り出しソフトウェアの改良
  ○田口雄一(福岡県警)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
文書生成 D-12-5 文書クローンの自動生成の基礎検討
  ◎田中 天・苅田成樹・馬場口 登(阪大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
文書分類 D-5-5 ユーザコメントに基づく文書分類手法の提案
  ◎下山勝之・上野敦志・田窪朋仁(阪市大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2302)
分析 B-6-61 Peer-to-Peer方式サーバ管理システムにおける仮想サーバグループの管理について
  ○シュウ シン・北村光芳・中込仁志(東京工芸大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
分析 D-5-6 小説キャッチコピーの構成要素の分析
  ◎橋本浩典・安藤一秋(香川大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2302)
分析評価手法 AS-6-10 人的要因による情報漏えいへの対策モデルの検討
  ○五郎丸秀樹・石本英隆・秋葉淳哉・元田敏浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
分配器 B-1-138 テフロン導波管による180GHz帯E面2分配器とホーンアンテナの試作
  ○岸原充佳(岡山県立大)・村上元規・山口明啓・内海裕一・太田 勲(兵庫県立大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
分波回路 C-2-12 2増幅回路構成コンカレントデュアルバンド増幅器結合用分波回路
  ◎西沢 永・高山洋一郎・石川 亮・本城和彦(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
分布測定 BI-8-6 プラスチック光ファイバ中のブリルアン散乱とそのセンサ応用
  ○水野洋輔・林 寧生・中村健太郎(東工大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
文脈自由文法 A-2-1 既知の文脈自由文法を利用したテキストデータ圧縮法
  ◎小西竜馬・川端 勉(電通大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
分類 D-19-17 APIコール情報を利用したマルウェアの階層型分類
  ○青木一樹・後藤滋樹(早大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )