キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

S

S-parameter法 B-1-159 MSL製ジグを用いたSパラメータ法の検討
  ◎遠藤和麻・笹森崇行・戸花照雄・礒田陽次(秋田県立大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
S-P表 D-15-29 理解状況把握のための自信度統合S-P表の提案
  ◎荒川友樹・赤倉貴子・藤森 進(東京理科大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
SAE B-7-32 トラステッド・セキュア通信を実現するグループ閉域NW方式
  ◎奥田兼三・川上健太・倉橋利幸・安川正祥(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
Safety evaluation D-7-5 人工視覚システム安全性評価のための長期間視覚誘発電位記録電極の経時的特性変化の解析
  ◎桑原真理子・田代洋行(九大)・寺澤靖雄・大澤孝治(ニデック)(3月15日発表 センター1号館 4F 1407)
SAR B-2-40 円型軌道合成開口レーダ画像に対するレイオーバ歪み補正法
  ◎中村太一・尚 方・木寺正平・桐本哲郎(電通大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
SAR B-2-41 ATI位相差マップを彩度に重畳するSAR画像の表示方式
  ○山岡智也・原 照幸(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
SAR B-2-42 航空機搭載合成開口レーダの軌道変動に基づく局所的なアジマス分解能の推定法
  ○大石 昇・原 照幸(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
SAR B-2-43 高分解能な合成開口レーダでのパルス内ドップラー効果の緩和
  ○土田正芳・原 照幸・諏訪 啓(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
SAR B-2-44 圧縮センシングを用いたSAR 画像再構成に関する原理検証
  ○星野赳寛・原 照幸・横田裕也・諏訪 啓(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
SAR B-4-5 リアルな数値モデルを用いた携帯無線端末による体内植込み型心臓ペースメーカ周辺のSAR評価
  ○秋山良太・立野章博(千葉大)・齊藤一幸・渡辺聡一(NICT)・伊藤公一(千葉大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
SAR B-4-6 スマートフォンを成人男女腹部近傍に配置した際のSAR評価
  ◎竹位亮太・立野章博(千葉大)・長岡智明(NICT)・齊藤一幸(千葉大)・渡辺聡一(NICT)・高橋応明・伊藤公一(千葉大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
SAR B-4-8 基地局アンテナばく露評価へのSAR測定の適用
  ○井山隆弘・大西輝夫・垂澤芳明(NTTドコモ)・浜田リラ・渡辺聡一(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
SAR B-4-9 数GHz帯平面波曝露による人体の開閉眼球内SARの全身モデル解析
  ○鍬野秀三・道山哲幸(日大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
SAR B-20-23 がんの温熱治療用高周波誘電加温装置使用時のボーラス-人体間の間隙によるホットスポット低減法
  ◎熊谷一樹・齊藤一幸・伊藤公一(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
SAR BS-1-2 ヘルメット折り返しダイポールアンテナ
  ○西山直人・道下尚文・森下 久(防衛大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
SAR BS-1-6 腕部に装着されたウェアラブルコイルの磁界結合を利用するボディエリアネットワーク
  ○越地福朗・藤田佑輔(東京工芸大)・越地耕二(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
SAR D-11-12 BM3DによるSARスペックル軽減に関する考察
  ◎鳥屋剛毅・青木啓史・塚田正人(NEC)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
SAR ADC A-1-17 シリアルDACを用いた逐次比較型A/D変換器の設計
  ◎山﨑雄介・小原一馬・和保孝夫(上智大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
SAR画像 D-11-12 BM3DによるSARスペックル軽減に関する考察
  ◎鳥屋剛毅・青木啓史・塚田正人(NEC)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
Satellite laser communications B-3-28 International Experiment Campaign with Small Optical TrAnsponder (SOTA)
  ○Dimitar Kolev・Hideki Takenaka・Yasushi Munemasa・Maki Akioka・Naohiko Iwakiri・Yoshisada Koyama・Hiroo Kunimori・Morio Toyoshima(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
Satellite laser communications B-3-29 Basic experiments for satellite QKD with Small Optical TrAnsponder (SOTA)
  ◎Alberto Carrasco-Casado・Hideki Takenaka・Tetsuharu Fuse・Hiroo Kunimori・Morio Toyoshima(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
SBD C-2-22 2.4GHz帯微弱電力レクテナ
  ◎伊藤元希・古田貴大・伊東健治・牧野 滋・廣田哲夫・野口啓介(金沢工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
SBD C-2-100 500MHz帯微弱電力レクテナ
  ◎古田貴大・伊藤元希・伊東健治・野口啓介・井田次郎(金沢工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
SBPHP処理 A-8-5 SBPHP音源方向推定法の反射音耐性の検討
  ◎沼田 亮・金田 豊(東京電機大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
SBR C-1-28 SBR法を用いた屋内の壁厚を考慮した電磁波伝搬推定について
  ◎林 孝洋・白井 宏(中大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2205)
SBS B-13-4 1μm帯モード検出型OTDRの長距離化に向けた プローブパルスの入力パワーに関する検討
  ○中村篤志・岡本圭司・古敷谷優介・真鍋哲也(NTT)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
SC-RA A-2-7 ガウス近似法を用いたSC-RA-IDMAの数値解析
  ◎坂口尭駿・柴田健伍・吉田雅一・程 俊(同志社大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
Scattering B-1-183 T-Matrix Modeling of Electromagnetic Scattering from Simplified Branch Structures
  ○Paul Jason Co・Jun-ichi Takada(Tokyo Tech)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Scd21 B-4-46 信号線用コモンモードチョークコイル直下の基板グラウンドに欠損が存在する場合のノイズ抑制効果の検討
  ○中本藤之・佐々木雄一・渡邊陽介・宮崎千春・岡 尚人(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
scheduler BS-3-34 Intelligent Bandwidth Consumption Scheduler Considering the Connectivity of Heterogeneous Wireless Networks and Users' Preferences
  ○Bo Gu・Cheng Zhang・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
scheduling A-10-16 rERA: An Optimization Algorithm of Task Dependency Graph for Scheduling
  ◎Zhuo Cheng・Yasuo Tan・Yuto Lim(JAIST)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
Schmitt trigger N-2-2 受信感度以下の帯域制限されたBPSK信号を想定した確率共鳴受信機の誤り率評価
  ◎中島康雄・田中裕也・山里敬也(名大)・田所幸浩(豊田中研)・荒井伸太郎(香川高専)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
SCMA B-5-97 カオスを用いたセキュアSCMA伝送方式の検討
  ○岡本英二・國友啓佑(名工大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
SDM AS-3-8 (依頼講演)CSKを応用したディスプレイ-カメラ間通信システム
  ○横井敦也・水野宏基(サムスン日本研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2309)
SDM B-10-30 モード交換によるモード間群遅延差の低減手法
  ◎若山雄太・相馬大樹(KDDI研)・五十嵐浩司(阪大)・多賀秀徳・釣谷剛宏(KDDI研)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SDM B-10-31 部分MIMOによる81km 7モード多重伝送実験
  ◎相馬大樹・若山雄太・竹島公貴(KDDI研)・五十嵐浩司(阪大)・釣谷剛宏(KDDI研)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SDM B-10-33 クラッド励起型小型マルチコアEDFA
  ○前田幸一・土田幸寛・佐々 徹・渡辺健吾・斎藤恒聡・杉崎隆一(古河電工)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SDM BCI-1-1 マルチコア/モード光ファイバの最新動向と将来へ向けた課題
  林 哲也(住友電工)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
SDMA B-5-109 ヌル空間拡張法マルチユーザMIMOのウエイト生成に関する考察
  ◎小野凌輔・太郎丸 真・太田真衣(福岡大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
SDMA B-5-121 SDMAを適用したBLEのための独立成分分析を用いたパイロットレス信号検出に関する一検討
  ◎瀧川将弘・衣斐信介・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
SDMA B-17-40 干渉波のチャネル変動耐性を向上させるアダプティブアレーの自由度とウエイト生成について
  ◎徳安大智・太郎丸 真・太田真衣・小野凌輔(福岡大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
SDN B-6-26 SDNアーキテクチャを活用したディザスタリカバリシステムの検討
  ◎黒田高希・古川雅大・鈴木秀一・上野洋一郎・小川猛志・宮保憲治(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
SDN B-6-47 自動経路集約システムの機能配備の評価
  ○齋藤公利・横井俊宏・小野敢一郎・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
SDN B-6-48 外部制御装置による集約経路制御の最適化に向けた一検討
  ◎横井俊宏・齋藤公利・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
SDN B-6-72 SDN/NFVを用いたアプリケーションカスタマイズ基盤の提案
  ◎南 勇貴・持田康弘・市川潤紀(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
SDN B-6-86 OpenFlowのパケットコピー及びヘッダ書き換え機能を活用した多地点映像配信方式Flow Copy Castの提案
  ◎河井彩公子・築島幸男・島野勝弘(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-6-87 OpenFlowネットワークでのポリシー動的切り替え時における重要フロー維持手法の提案
  ◎大割健史・芳根 歩・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-6-88 OpenFlowにおけるコントローラ負荷軽減のためのPacket-Inメッセージの制限方式
  ◎田中亮平・神山智行・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-6-90 SDN 技術を用いた8K 映像のセキュア伝送
  ◎田内悠希・岩崎祐也・丸山 充(神奈川工科大)・北村匡彦・君山博之(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-6-91 OpenFlowスイッチにおける高速な障害切替方式の実装と評価
  ◎熊川成正・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-6-92 OpenFlowを用いたデータ収集システムの通信制御に関する考察
  ○今池怜生・長坂康史(広島工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-6-94 SDNを用いたゲストとのネットワーク共有システム
  ◎岩下真也・渡邊 究・國枝孝之・東 義一(リコー)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDN B-7-25 大容量通信に対し動的にスケールする医療情報ネットワーク仮想化技術の検討
  ○小野 悟・猿渡俊介(静岡大)・渡辺 尚(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
SDN B-8-50 超コンフィギュラブルパケットスイッチの提案
  ○西村和人・廣田正樹・朝永 博(富士通研)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
SDN B-11-17 WiFi仮想化によるCPS応答時間の短縮効果
  ○中内清秀・荘司洋三(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
SDN B-17-19 複数移動通信網に対応した端末側技術の検討
  ○新保宏之・川西 直(ATR)・Kien Ngyen・石津健太郎(ATR/NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
SDN B-17-20 Network Virtualization for Flexibility on 5G Mobile Device
  ○Kien Nguyen・Kentaro Ishizu(NICT)・Hiroyuki Shinbo(ATR)・Fumihide Kojima(NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
SDN B-20-15 OpenFlowを用いた既存の医療用VPN回線の統合
  ◎星 一眞・李 中淳・鈴木裕之・小尾高史・大山永昭(東工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
SDN BCI-1-7 空間分割多重光ネットワーク制御技術と将来へ向けた課題
  宮澤高也(NICT)(3月17日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
SDN BI-7-1 Network Softwarization for 5G Mobile Network
  中尾彰宏(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
SDN BI-7-2 SDN/NFVに向けた学際的アプローチによるネットワーク管理
  塩本公平(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
SDN BI-7-3 トランスポートSDNにおけるネットワークオーケストレーション技術-ODENOS-
  神谷聡史(NEC)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
SDN BI-7-4 光のSDNとノードアーキそしてソフトウエア化の将来展望
  ◎関屋元義・片桐 徹(富士通研)・Xi Wang(米国富士通研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
SDN BP-7-1 5G時代に向けたネットワークの進化
  中尾彰宏(東大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
SDN BP-7-3 5G時代の広域SDN技術
  桐葉佳明(NEC)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
SDN BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
SDN BS-3-11 Performance Evaluation of Secure Inter-Data Center Communication based on SDN
  ◎Masahiro Furukawa・Kouki Kuroda・Youichirou Ueno・Noriharu Miyaho(Tokyo Denki Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
SDN BT-3-3 次世代MVNOのためのアプリケーション特化型トラフィック制御
  中尾彰宏(東大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1408)
SDN D-19-6 マルチドメインSDN連携アプリケーションのセキュリティに関する考察
  ◎溝口誠一郎(KDDI研)・宮崎亮輔(九大)・松中隆志・山田 明・窪田 歩(KDDI研)・松本晋一・川本淳平(九大)・堀 良彰(佐賀大)・櫻井幸一(九大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
SDN/OpenFlow B-6-93 スイッチにおけるパケット解析に基づくアプリケーションの高速化
  ◎韮澤慎之介・原 雅貴(工学院大)・中尾彰宏(東大)・小口正人(お茶の水女子大)・山本 周(東大)・山口実靖(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SDNコントローラ B-6-65 SDNコントローラを用いたVXLANにおけるBUMトラフィック処理改善の一検討
  ◎端地真子・大野直樹・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
SDN制御 B-7-24 FLAREノードによる広域ネットワークSDN制御実験
  ○山本 周・中尾彰宏(東大)・平久 紬・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
SDR B-17-44 バンドバスデルタシグマ変調を用いた2波同時送信器における非対称成分の抑圧について
  ○前畠 貴(住友電工)・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
SE-VP B-5-111 MU-MIMO下りリンク SE-VPへの最良優先探索の適用
  ◎加藤 輝・今村和樹・高畑文雄(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
sea wave extraction D-11-36 Sea wave extraction in complex situations at long distance
  ◎Lei Yan・Cunwei Lu(Fukuoka Inst. of Tech.)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
Seam Carving D-11-66 デコーダでの非線形拡大補間誤差を考慮したSeam Carving
  ◎保田裕紀・八島由幸(千葉工大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
SECIモデル D-9-7 PBL型情報倫理教育:エシカルセキュリティのコンセプト提案
  ○谷本茂明・黒瀬 亘・亀田拓海(千葉工大)・小林 透(長崎大)・佐藤周行(東大)・金井 敦(法政大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
secrecy capacity A-2-16 Writing a Secret Message on the Dirty Paper Known to an Adversary
  ○Hachiro Fujita(Tokyo Metropolitan Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
Secure Connection BS-3-12 Performance Evaluation of Secure Connection Assistance Architecture for M2M/IoT Devices
  ◎Mika Mori・Yoshiko Sueda・Masao Aihara(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
security TK-5-2 2015年に発生したセキュリティ事件から学ぶこと
  川口 洋(ラック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1405)
security TK-6-1 IoTがもたらす価値創造とセキュリティ・プライバシー課題への対応
  後藤厚宏(情セ大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
Security BP-6-3 IEC TC57におけるスマートグリッド標準化の現状と課題
  ○小林延久(日立)・水野 修(工学院大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
Security BS-3-13 Analyzing the Traffic Correlation-Based Attacks on Tor
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Celimuge Wu・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
Segment Transmission Line C-12-36 Segment Transmission Line by Using Improved Disaster Quantum Genetic Algorithm
  ○Kaixiang Luo・Masayuki Kurosaki・Hiroshi Ochi(Kyushu Inst. of Tech.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
self-calibration B-18-16 Error Reduction in Capacitive Based Water Level Sensor for Paddy Field
  ◎Tung D. Ta・Masaru Mizoguchi・Yoshihiro Kawahara・Tohru Asami(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2216)
Self-Control System BI-10-11 自ら受けるサービスを主体的に選択できる自己管理可能な革新的医療システムの実現
  田中康博(国立国際医療研究センター)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
self-mixing effect B-4-4 中間周波数帯の変動磁界中における音波検出方法の予備検討
  ◎吉野 創・キック アルフレード・鈴木敬久(首都大東京)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
Self-Organized BS-3-38 An Integrated Self-Organized Control Scheme for Transmission Interval and Power in Autonomous Clustering
  ◎Keita Kobayashi・Yoshiaki Kakuda(Hiroshima City Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Self-Stabilization DS-1-3 (依頼講演)Oscillations in Population Protocols
  ○Anissa LAMANI・Masafumi Yamashita・Yukiko Yamauchi(Kyushu Univ.)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
SELinux A-7-3 Androidにおけるプロセスベースのテイント伝搬を用いた個人情報の漏洩を検知するシステム
  ◎今田丈雅・宮永瑞紀・入江英嗣・坂井修一(東大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
Semantics BI-10-11 自ら受けるサービスを主体的に選択できる自己管理可能な革新的医療システムの実現
  田中康博(国立国際医療研究センター)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
Semi-BSS A-5-9 任意の楽音を用いた室内音響インパルス応答の同時測定における白色雑音の利用
  ◎宮内悠樹・天野 丈・立蔵洋介(静岡大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
Semi-cooled動作 C-4-16 1.3μm帯EA-DFBレーザの53.2Gbpsセミクールド動作
  ○安原 望・笹田紀子・山内俊也・常深義博・中村 厚・山口頼儀・入江裕紀・加藤哲哉・佐久間 康・早川茂則・鷲野 隆・岡本 薫・元田勝也・青木哲哉・魚見和久(日本オクラロ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
semiconductor device C-3-13 Motor Drive Control Using Power Distar
  ○Kensho Okamoto(LBC Corporation)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
SENNモデル B-4-20 電流知覚閾値の周波数特性に関する一検討
  野口義広・戎 翔平・○上村佳嗣(宇都宮大)・山崎まどか・榎本 雪・宇川義一(福島医大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
Sensing BS-3-43 Hybrid Sensing/Database Approach to Detect White Spaces for Vehicular Communication
  ◎Yuya Takemoto・Kazuya Tsukamoto(Kyushu Inst. of Tech.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Sensor Interface C-12-21 A Programmable Sensor-Independent Interface Technology for Trillion Sensors Era
  ○Ahmed Musa・Tadashi Minotani・Kenichi Matsunaga・Toshihiko Kondo・Hiroki Morimura(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
Sensor Network CK-3-2 モノのインターネット(IoT)の不都合な真実
  松本直人(さくらインターネット)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
Sensor Networks CK-3-3 ベトナムエビ養殖場水質モニターから見たIoTの課題と効果
  ◎石橋孝一郎(電通大)・Thinh Tran Ngoc・Hieu Bui Van・Anh Pham Hoang(Ho Chi Minh City Univ. of Tech.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
Sequential Latent Dirichlet Allocation D-20-12 時系列ヘルスケアデータを用いた潜在的ディレクレ配分法による生活習慣病発症予測
  ○永田雅俊・松本一則・橋本真幸(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
service lifecycle BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
SFC B-6-53 IPヘッダの拡張フィールドを利用したタグプロキシ機能の提案
  ◎本間俊介・望月このみ・山崎裕史(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
SFDR A-1-12 全デジタル周波数逓倍器におけるSFDR改善手法の検討
  ◎長谷川博志・井岡惠理・松谷康之(青学大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
SFG B-1-10 近距離無線通信における送受アンテナ間の多重反射のシグナルフローグラフモデルの検証
  ◎THANHPHAN DO・荒木純道・小濱臣将・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
SfM BCS-1-3 屋内外シームレス電波環境解析のためのSfMや深度センサによるFDTD実環境マルチスケール数値モデル構築
  ○園田 潤・今野海航(仙台高専)・橋本瑞樹・金澤 靖(豊橋技科大)・佐藤源之(東北大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
SFN B-5-46 次世代地上放送に向けた時空間符号を使用した符号化SFN野外実験
  ○齋藤 進・蔀 拓也・朝倉慎悟・佐藤明彦・岡野正寛・土田健一(NHK)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
SFN B-5-47 偏波MIMO伝送における符号化SFNの検討
  ○蔀 拓也・齋藤 進・朝倉慎悟・佐藤明彦・岡野正寛・土田健一(NHK)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
SFQ C-8-3 Discrete-JTLにおけるSFQパルスの伝搬特性
  郡司隆広・○宮原一紀(東京電機大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-5 PTL配線長マッチングを考慮したSFQ回路レイアウトにおける配線面積の評価
  ○鬼頭信貴・中島 悠(中京大)・高木一義・高木直史(京大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-10 クロッキング方式の異なる8ビットSFQ算術論理演算ユニット
  ○安藤友紀(京大)・田中雅光(名大)・高木一義・高木直史(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-12 HDL-based Modeling Approach for Digital Simulation of Adiabatic Quantum Parametron Logic
  ○Qiuyun Xu・Christopher L. Ayala・Naoki Takeuchi・Yuki Yamanashi・Nobuyuki Yoshikawa(Yokohama National Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-13 オンチップSFQ FFTプロセッサの設計と要素回路の動作実証
  ◎小野智裕・坂下洋介・山梨裕希・吉川信行(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-15 メモリを搭載した単一磁束量子マイクロプロセッサCORE e4の試作と評価
  ◎佐藤 諒(名大)・安藤友紀(京大)・田中雅光・藤巻 朗(名大)・髙木一義・髙木直史(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-16 1kb低消費電力化シフトレジスタメモリの高速動作実証
  ◎高橋敏弘・沼口 涼・山梨裕希・吉川信行(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ C-8-17 64-kb SFQ/CMOSハイブリッドメモリの測定と評価
  ◎今野 元・松本紗弥・山梨裕希・吉川信行(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ論理回路 C-8-6 光子数分解能を有するSNSPD検出器アレイ用SFQ増幅回路
  ◎大田一喜・成瀬雅人・田井野 徹・明連広昭(埼玉大)・Jian Chen・Lin Kang・Peiheng Wu(南京大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
SFQ論理回路 C-8-14 光子数識別SNSPD用SFQアップダウンカウンターの設計
  ◎熊谷賢司・成瀬雅人・田井野 徹・明連広昭(埼玉大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
Shadowing BS-1-15 Bit-Error-Rate OTA Testing of BAN Antennas Based on Shadowing-Fading Hybrid Effects
  ○Kun Li・Keisuke Murata・Kazuhiro Honda・Koichi Ogawa(Toyama Univ.)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
SHF B-5-10 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO技術の研究開発概要
  ○内田 繁・岡崎彰浩(三菱電機)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
shortened preamble B-5-151 Performance Evaluation of Real-Time Wireless Control System using Shortened Preambles
  ◎Theerat Sakdejayont・Chun-Hao Liao・Makoto Suzuki・Hiroyuki Morikawa(The Univ. of Tokyo)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
shortest path tree BS-3-30 Maximizing Lifetime of Shortest Path Tree with Different Sensor Energy Budgets
  ○Hiroshi Matsuura(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
SHV BS-2-3 解像度階層化とIPルーティングによる映像信号分配
  ○小田周平・川本潤一郎・倉掛卓也・遠藤洋介(NHK)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
SI B-4-68 異なる終端条件下での非対称差動伝送線路からの支配的な放射要因の一検討
  ○萓野良樹(秋田大)・井上 浩(放送大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
SI B-4-69 3層基板における伝送線路と不完全な電源/グラウンド構造の結合
  ◎浅川 諒・上 芳夫・肖 鳳超(電通大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
Si solar cell C-3-13 Motor Drive Control Using Power Distar
  ○Kensho Okamoto(LBC Corporation)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
Si-CMOS B-1-123 ミリ波帯発振回路チップへのモノポールアンテナ装荷の基礎検討
  ◎根本崇弥・広川二郎(東工大)・平地康剛(アムシス)・安藤 真(東工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2404)
Si3N4 C-3-64 可変波長フィルタのためのSi3N4コア層グレーティング導波路の製作
  ◎榊原健太郎・武田正行・砂田和紀(神奈川工科大)・加藤亜希文・山本宗継(産総研)・中津原克己(神奈川工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
SiC BS-5-2 宇宙における次世代パワーデバイスの活用
  ○水田栄一・仲田祐希・鈴木浩一(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
SIC B-1-215 ユーザ選択を用いたNOMAと送信BFの多ユーザ環境における特性
  ◎鈴木志明・西森健太郎・中川敬太・牧野秀夫(新潟大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
SIDO DC-DC コンバータ C-12-28 電流不連続モードSingle-Inductor Dual-Output DC-DCコンバータにおけるヒステリシス制御による高速応答化の実証
  ◎山内善高・桜井貴康・高宮 真(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
SIDS B-20-7 RFIDを用いた乳幼児姿勢検知システム
  ◎佐藤鈴香・高橋応明(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
SIFT D-9-26 物体特徴マッチングによる複数作業映像の時間的対応付け
  ◎佐藤大己・島田 裕・谷口行信(東京理科大)・米本 悠・村崎和彦・数藤恭子(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
SIFT D-12-77 画像認識に基づく歩行者の移動軌跡推定
  ◎沖谷卓哉・島田 裕・谷口行信(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
SiGe BiCMOS C-2-25 ループフィルタ極性切り替え形 高速チャープ信号生成PLL-IC
  ○堤 恒次・谷口英司(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
Signal Integrity C-12-36 Segment Transmission Line by Using Improved Disaster Quantum Genetic Algorithm
  ○Kaixiang Luo・Masayuki Kurosaki・Hiroshi Ochi(Kyushu Inst. of Tech.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
Simple-triangle graphs AS-1-6 A Polynomial-Time Algorithm for a Variation of the 2-Chain Subgraph Cover Problem Related to the Recognition of Simple-Triangle Graphs
  ○Asahi TAKAOKA(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
Simplified Lattice Algorithm A-8-1 Pilot Notchを用いたSimplified Lattice Algorithmに基づく適応ノッチフィルタの収束の高速化
  ◎宗像宏幸・越田俊介・阿部正英・川又政征(東北大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
Simulation BS-3-40 QoS Control Method for W-LAN Ad Hoc Network In Accordance with Required Bit Rate
  ○Kazuo Hajikano(Daiichi Inst. of Tech.)・Masaki Hanada(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hidehiro Kanemitsu(Waseda Univ.)・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hee-Dong Kim(Hankuk Univ. of Foreign Studies)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Simulink AI-1-3 モデルベースによるSoC開発の動向
  斎藤睦巳(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)(3月16日発表 センター2号館 1F 2104)
Single TM-like mode C-15-14 Design of Single TM-Like Mode Holey Fibers With An Actinomorphic Elliptical-Hole Lattice Core
  ◎ZHENG ZHONG・YASUHIDE TSUJI(Muroran Inst. of Tech.)・MASASHI EGUCHI(Chitose Inst. of Sci. and Tech.)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
SINR B-5-81 リレー毎に送信電力が制限された遅延・増幅転送
  ◎高橋弘樹・宮嶋照行(茨城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
SiO2 C-10-2 TiO2ナノ粒子/SiO2コンポジット構造によるランバーシアン反射膜
  ◎室岡拓也・永吉 浩(東京高専)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
SIP B-11-26 パケット通信網雑時における音声コーデック選択のための特性評価
  ◎村杉直紀・馬場健一(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2208)
SIR B-1-218 MU-MIMO伝送におけるCollision Detectionのための干渉対熱雑音電力比(INR)距離特性
  ○安藤和真・堅岡良知・西森健太郎・牧野秀夫(新潟大)・平栗健史(日本工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
SIR B-5-172 乾式二重壁にFSSを適用した屋内における無線LAN通信のSIR分布
  ◎齋藤弘稀・須賀良介(青学大)・荒木純道(東工大)・橋本 修(青学大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
SIW B-4-21 2.4 GHz帯向けFQ-SIW共振器装荷非接触型電磁波シールド構造の検討
  ○米田 諭・白木康博・佐々木雄一・岡 尚人・大橋英征(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
Siフォトニクス C-3-53 FLC装荷フェーズドアレイ型光スイッチのスイッチング動作
  ◎金久保 渉・武田正行・中津原克己(神奈川工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
Siフォトニクス C-3-64 可変波長フィルタのためのSi3N4コア層グレーティング導波路の製作
  ◎榊原健太郎・武田正行・砂田和紀(神奈川工科大)・加藤亜希文・山本宗継(産総研)・中津原克己(神奈川工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
Siフォトニクス C-4-6 (依頼講演30分)Siプラットフォームにおける薄膜光集積技術
  ○雨宮智宏・平谷拓生・井上大輔・冨安高弘・福田 快・西山伸彦・荒井滋久(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
skin smoothing D-11-58 肌の光学的特性に基づくガイデッドフィルタ適用による美肌補正
  ◎山内拓也(リコー)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
SkipGraph B-6-39 スキップグラフにおける空間的局所性を考慮したメンバシップベクトル割り当て法の提案
  ◎戸田貴裕・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
SLIC D-12-72 空間認識のためのKinectを用いた平面検出
  ○横山隼弥・佐竹純二(福岡工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
SLM B-3-8 帯域分散伝送におけるSLM方式適用時の位相平均化による位相シフト量推定特性の向上
  ◎宮武 遼・阿部順一・増野 淳・中川匡夫(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
SLM B-5-69 自己同期スクランブラを用いるSLMの設計手法に関する検討
  ○大木雄介・牟田 修・景山知哉・古川 浩(九大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Slow Feature Analysis D-2-7 自己符号器型Slow Feature Analysisに基づく動画像からの行動認識
  ◎四木悠貴・大森敏明(神戸大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
Small cell B-5-41 ミリ波ヘテロジーニアスネットワークにおける基地局負荷を考慮したスモールセル選択手法に関する検討
  ○森脇和也・彭 海蘭・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
Small Cell NBS-1-5 Neural Network Power Control and Interference Cancellation for MIMO Small Cell Networks
  ○Michael Andri Wijaya・Kazuhiko Fukawa・Chang Yuyuan・Hiroshi Suzuki(Tokyo Tech)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
Small Cell Forum API B-5-7 5G モバイル向けフロントホールインターフェースに関する検討
  ○西原 晋・桑野 茂・宮本健司・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
smart gateway A-15-10 An Access Control System for Home Based Healthcare Information Sharing using Smart Gateway
  ○Daniel A. Dzissah・Hiroyuki Suzuki(Tokyo Tech)・Lee Joong-Sun(Advanced Research Center for Social Information Science and Technology)・Takashi Obi・Nagaaki Ohyama(Tokyo Tech)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
Smart Grid BP-6-3 IEC TC57におけるスマートグリッド標準化の現状と課題
  ○小林延久(日立)・水野 修(工学院大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
SmartBAN BI-5-4 ボディエリアネットワークと通信品質
  ○松尾綾子・鍋谷寿久(東芝)・ウーン ハウ チン(東芝欧州研究所)(3月16日発表 センター2号館 2F 2208)
SmartGrid BP-6-1 通信分野におけるスマートグリッドの標準化
  丹 康雄(北陸先端大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
SMASH A-1-15 チョッピング機構を用いた多段ΔΣADCの検討
  ◎林 圭祐・井岡惠理・松谷康之(青学大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
SMF BI-4-6 大容量光無線通信技術について
  有本好徳(NEC)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
SMR C-7-14 SMRにおけるヘッドスキュー角に対するビット信頼度
  ◎鈴藤稜太・仲村泰明・大澤 壽・岡本好弘(愛媛大)・金井 靖(新潟工科大)・村岡裕明(東北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
SmRED BS-3-25 Tackling eNB RLC Buffer Overflow by AQM based Congestion Control in 4G/LTE Network
  ◎Anup Kumar Paul・Hidehiko Kawakami・Atsuo Tachibana・Teruyuki Hasegawa(KDDI R&D Labs.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
SMTP A-7-7 過去のやりとりによるなりすましメールの検知
  ○山崎彩子・松澤智史・武田正之(東京理科大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
SMT論理式 A-10-8 プリエンプティブ制御時間付きペトリネットのSMT論理式表現
  ◎前田佳樹・潮 俊光(阪大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
SNR B-1-218 MU-MIMO伝送におけるCollision Detectionのための干渉対熱雑音電力比(INR)距離特性
  ○安藤和真・堅岡良知・西森健太郎・牧野秀夫(新潟大)・平栗健史(日本工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
SNR B-4-61 暗号機器におけるサイドチャネル波形のSN比と攻撃コストに関する一検討
  ◎矢野佑典・五百旗頭健吾・豊田啓孝(岡山大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
SNS A-12-7 地域差にみられる学生の情報モラルに関する意識調査の比較
  ○東 るみ子(日大)・勝谷紀子(青学大)・早乙女理恵(琉球大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
SNS D-9-8 リテラシー教育のためのインターネットにおける炎上体験システムの試作
  ○小林宥太・岸本頼紀(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
SNS D-9-11 OpenPNE3からFacebookへの同時投稿
  ◎柴田駿介・山守一徳(三重大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
SNS H-4-27 チャンネル指向インタフェースによる高齢者の交流機会の提供
  ○竹田圭吾・赤羽 誠・中野鐵兵・小林哲則(早大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
SNSPD C-8-6 光子数分解能を有するSNSPD検出器アレイ用SFQ増幅回路
  ◎大田一喜・成瀬雅人・田井野 徹・明連広昭(埼玉大)・Jian Chen・Lin Kang・Peiheng Wu(南京大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
SNSPDアレイ C-8-6 光子数分解能を有するSNSPD検出器アレイ用SFQ増幅回路
  ◎大田一喜・成瀬雅人・田井野 徹・明連広昭(埼玉大)・Jian Chen・Lin Kang・Peiheng Wu(南京大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
SNS利用状況 D-15-16 ソーシャルネットワークサービス利用状況調査
  ○古性淑子・今中厚志(横浜美大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
soa C-3-6 相互相関方式による全光半導体ゲート型モードロックレーザ出力パルス波形品質の外部変調周波数離調度依存性とその許容範囲究明
  ◎南出雄佑・渋谷俊憲・瀬田川悠輝・竹下 諒・長広憲幸・上野芳康(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
SOA B-10-25 バースト制御SOAを用いたTWDM-PON用波長可変バースト光送信器のクロストークペナルティ評価
  ◎田口勝久・浅香航太・木村俊二・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SoC AI-1-3 モデルベースによるSoC開発の動向
  斎藤睦巳(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)(3月16日発表 センター2号館 1F 2104)
social relation BS-3-29 Inferring Social Relations with Smartphone Proximity Networks
  ○Tiantian Jiang・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Social-ICT BP-4-2 ほんとうにスマートな無線技術が近未来には必須です
  富田二三彦(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
Software Defined Network B-7-1 SDNスイッチとCCNルータを用いた協調転送方式に関する一検討
  ◎植田一暁・横田健治・田上敦士(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
Software Defined Network D-19-6 マルチドメインSDN連携アプリケーションのセキュリティに関する考察
  ◎溝口誠一郎(KDDI研)・宮崎亮輔(九大)・松中隆志・山田 明・窪田 歩(KDDI研)・松本晋一・川本淳平(九大)・堀 良彰(佐賀大)・櫻井幸一(九大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Software-Defined Network (SDN) B-17-9 An Application of Queuing Theory to OpenFlow-based Wireless Networks
  ○Vuong V. Mai(The Univ. of Aizu)・Kien Nguyen・Kentaro Ishizu(NICT)・Anh T. Pham(The Univ. of Aizu)・Fumihide Kojima(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
Software-defined Networking BS-3-8 A High-secure IoT-based Lifestyle Monitoring System in the Context of Ageing Society
  ○Ping Du・Pratama Putra・Shu Yamamoto・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Software-Defined Wireless Network (SDWN) B-17-9 An Application of Queuing Theory to OpenFlow-based Wireless Networks
  ○Vuong V. Mai(The Univ. of Aizu)・Kien Nguyen・Kentaro Ishizu(NICT)・Anh T. Pham(The Univ. of Aizu)・Fumihide Kojima(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
soliton fusion B-10-74 Eigenvalue based analysis of soliton fusion phenomenon
  ◎Gihan Weerasekara・Akihiro Maruta(Osaka Univ.)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SOR法 D-11-54 178MHz WXGA 30fps オプティカルフロープロセッサの設計
  ◎伊藤雅人・鈴木 悠・松村哲哉(日大)・今村幸祐・松田吉雄(金沢大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
SOSM D-1-5 人気コースが存在する場合のコースへの割り当て問題
  ◎倉野颯太・真鍋義文(工学院大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
SOS法 B-5-119 散乱体が移動するマルチユーザMIMO環境における圧縮センシングを用いたチャネル予測精度の改善
  ◎上橋俊介・小川恭孝・西村寿彦・大鐘武雄(北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
SOTA B-3-26 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(2)―符号化実験結果―
  ◎竹中秀樹(NICT)・岡本英二(名工大)・国森裕生・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
SOTA B-3-27 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(3)―ビーム評価実験結果―
  ○宗正 康・小山善貞・秋岡眞樹・國森裕生・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
SOTA B-3-28 International Experiment Campaign with Small Optical TrAnsponder (SOTA)
  ○Dimitar Kolev・Hideki Takenaka・Yasushi Munemasa・Maki Akioka・Naohiko Iwakiri・Yoshisada Koyama・Hiroo Kunimori・Morio Toyoshima(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
SOTA B-3-29 Basic experiments for satellite QKD with Small Optical TrAnsponder (SOTA)
  ◎Alberto Carrasco-Casado・Hideki Takenaka・Tetsuharu Fuse・Hiroo Kunimori・Morio Toyoshima(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
SOTA B-3-30 小型光トランスポンダ(SOTA)の軌道上実証(6)―伝搬データおよび雲観測データの比較―
  ○鈴木健治・宗正 康・國森裕生・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
Source Correlation BS-3-39 Estimating Source Correlation Online in Massive Multiway Multirelay Networks
  ◎HASAN MOHAMMAD NUR・ANWAR KHOIRUL(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Spara B-1-10 近距離無線通信における送受アンテナ間の多重反射のシグナルフローグラフモデルの検証
  ◎THANHPHAN DO・荒木純道・小濱臣将・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
sparse coding A-2-3 Liver lesion retrieval based on multiphase medical volumes using sparse coding based codebook model
  ◎Jian WANG・Xian-hua Han(Ritsumeikan Univ.)・Yingying Xu・Lanfen Lin・Hongjie Hu・Chongwu Jin(Zhejiang Univ.)・Yen-Wei Chen(Ritsumeikan Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
Spatial Division B-17-39 Capacity Improvement for Mobile Indoor Radio System by Spatial Division
  ○Bingxuan Zhao・Hayato Kakiuchi・Tomoki Sada・Shingo Watanabe(KDDI R&D Labs.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
Spatial resolution B-13-12 Frequency Span Broadening in OFDR using FWM and DSB-SC Modulation
  ◎Mudabbir Badar・Hirokazu Kobayashi・Katsushi Iwashita(Kochi Univ. of Tech.)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
Spectrum narrowing effect BS-3-3 Performance Improvement of Optical Networks with Waveband Virtual Links
  ◎Yusaku Ito・Yojiro Mori・Hiroshi Hasegawa・Ken-ichi Sato(Nagoya Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Spectrum Sharing B-5-107 A Study on Pilot Resource Allocation for Spectrum Sharing Massive MIMO Systems
  ◎Wanming Hao・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Haris Gacanin(The Alcatel-Lucent, Antwerp, Belgium)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
Sphere decoding B-5-94 周波数選択性MIMO通信路におけるGFSK信号のコヒーレント受信に関する検討
  ◎阿部理生・岩波保則(名工大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
Spherical waves B-1-183 T-Matrix Modeling of Electromagnetic Scattering from Simplified Branch Structures
  ○Paul Jason Co・Jun-ichi Takada(Tokyo Tech)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
SPICEモデル B-9-16 SPICEによる実測データに基づいた太陽電池モデルの開発
  ◎大島佑太(富山高専)・石原 昇・益 一哉(東工大)・小熊 博(富山高専)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
spike timing-dependent plasticity N-1-4 Excitation Level Controls Neural Competition In Recurrent Neural Networks
  ○Hideyuki Kato(Tokyo Univ. of Tech.)・Tohru Ikeguchi(Tokyo Univ. of Science)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
SpikeProp D-2-2 SpikePropにおける余分な出力スパイクの抑制 ‐不要な結合除去に関する検討‐
  ◎松本 崇・高瀬治彦・川中晴普・鶴岡信治(三重大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
SpikeProp D-2-3 SpikePropネットワークの動的構成−中間層ユニット追加時の結合荷重の決定法の一検討−
  ◎豊田拓也・高瀬治彦・川中晴普・鶴岡信治(三重大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
Spiking Neural Network D-2-3 SpikePropネットワークの動的構成−中間層ユニット追加時の結合荷重の決定法の一検討−
  ◎豊田拓也・高瀬治彦・川中晴普・鶴岡信治(三重大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
Spinal符号 B-3-33 空間光通信におけるSpinal符号適用の検討
  ◎佐伯尚哉・岡本英二(名工大)・竹中秀樹・豊嶋守生(NICT)(3月17日発表 センター2号館 3F 2301)
SPM B-10-60 パイロットキャリア光SSB-SC信号のキャリア電力とSPM歪み
  ◎Sampath K. I. Amila・高野勝美(山形大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SPN BI-7-4 光のSDNとノードアーキそしてソフトウエア化の将来展望
  ◎関屋元義・片桐 徹(富士通研)・Xi Wang(米国富士通研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
Sports Science H-3-13 Players Displacement based on Captured Data in a VR Soccer Training Simulation
  ◎César Daniel Rojas Ferrer・Itaru Kitahara・Yoshinari Kameda・Yuichi Ohta(Univ. of Tsukuba)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
SPRセンサ C-15-13 コアを基板に埋め込んだテラヘルツSPR導波路型センサの解析
  柴山 純・◎清水圭介・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
SPT B-6-89 OpenFlowを用いた決め打ち探索法におけるメッセージ数削減手法
  ◎笠松琢磨・三好 匠(芝浦工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
SQAM C-7-6 ホログラフィックデータストレージにおけるSQAM信号の最小二乗法を用いた等化
  ○佐藤隆典・菅野円隆・文仙正俊(福岡大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
SQL D-15-36 SQL演習におけるselect文の自動採点システムの提案
  ◎坂口龍一・中田大智・津曲悠貴・水谷泰治(阪工大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
SQL学習 D-15-37 SQL実習支援システムのための反復学習回数削減法の検討
  ○高橋正行・岡田信一郎(茨城大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
SR-IOV B-14-22 仮想化環境におけるパケット処理性能評価手法に関する一考察
  ○吉田英達・中村 亘(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
SRS B-13-4 1μm帯モード検出型OTDRの長距離化に向けた プローブパルスの入力パワーに関する検討
  ○中村篤志・岡本圭司・古敷谷優介・真鍋哲也(NTT)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
SS-CDMA B-3-15 QZSSショートメッセージSS-CDMA通信:公平性を考慮したランダムアクセス制御手法の評価
  ◎大屋 慶・高橋智英・亀田 卓(東北大)・小熊 博(富山高専)・平 明徳・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
SSB B-5-176 周波数選択性フェージングにおける超多値変調SSB-DFTs-OFDMの特性
  ○房安宏和・二瓶茂樹・梅比良正弘(茨城大)・阿部順一・増野 淳(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
SSB B-5-177 SSB-DFTs-OFDM変復調器におけるI/Qインバランスの影響
  ◎二瓶茂樹・房安宏和・梅比良正弘(茨城大)・阿部順一・増野 淳(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
SSB変調 D-14-16 TLFスピーカ及びハイレゾ音源を用いた音声の多チャンネル化
  ○須田祥平・山本 強・土橋宜典(北大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
SSFBG B-10-87 縦続接続型SSFBG光符号/復号器に関する検討
  ○玉田亮輔・松本怜典(阪大)・石原啓樹・大道浩児(フジクラ)・北山研一(阪大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
SSK A-9-11 空間偏移変調における送信アンテナ選択法に関する一検討
  ◎藤木 優・佐藤正知(東京都市大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
SSL D-19-9 複数共通鍵を切り替えるSSL通信
  ◎三堀翔太・松澤智史・武田正之(東京理科大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
SSOP素子 C-2-99 SSOP表面実装部品対応型RFユニバーサル基板
  ○高安基大・權田惇晟・石川洋介・伊藤浩之・道正志郎・石原 昇・益 一哉(東工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
SSPD C-8-7 SOI基板を用いた導波路結合型SSPD素子の作製
  ◎和木健太朗(阪大)・山下太郎・井上振一郎・三木茂人・寺井弘高(NICT)・生田力三・山本 俊・井元信之(阪大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
stability BS-3-37 A Stable Clustered Technique in Mobile Ad Hoc Networks Using Link Expiration Time
  ◎Pratikshya Shrestha(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Standard cell C-12-9 A Fully Synthesized Fractional-N IL-PLL Using Only Digital Library
  ○DONGSHENG YANG・WEI DENG・KENGO NAKATA・TEERACHOT SIRIBURANON・KENICHI OKADA・AKIRA MATSUZAWA(Tokyo Tech)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
Standard Cell A-6-11 スタンダードセル回路定数自動最適化システム
  ○後藤和昭(ラピスセミコンダクタ)・松井悠祐(ローム)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
STBC B-5-83 アナログネットワーク符号化を用いる時空間ブロック符号化双方向中継伝送のための選択送信ダイバーシチ
  ○遠藤 力・宮崎寛之・安達文幸(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
STC B-5-47 偏波MIMO伝送における符号化SFNの検討
  ○蔀 拓也・齋藤 進・朝倉慎悟・佐藤明彦・岡野正寛・土田健一(NHK)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Steiner tree AS-1-4 On the Three-Dimensional Routing
  ◎Hiroyuki Gunji・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
STICS B-3-20 大規模災害時における地上/衛星共用携帯電話の呼受入制御評価 ―ユーザの再呼行動を考慮した再呼回数による呼受入制御―
  ○遠藤邦夫(NEC)・岡田和則・三浦 周(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
Stochastic geometry B-7-51 ITS に向けた無線干渉評価モデルの検討
  ◎木村達明・本多泰理・川原亮一・斎藤 洋(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
Stop-and-GO B-2-43 高分解能な合成開口レーダでのパルス内ドップラー効果の緩和
  ○土田正芳・原 照幸・諏訪 啓(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
stopping set BS-3-24 Exploiting the Dynamics of Rayleigh Fading Channels for Wireless High-Dense Networks with Multiple Relays
  ◎Khoirul Anwar(JAIST)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Structure from Motion D-12-65 モバイルカメラ映像を補完的に用いた疎に配置した多視点カメラのキャリブレーション
  ○宍戸英彦・亀田能成・北原 格・大田友一(筑波大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
sub-band selection BS-3-26 Interference suppressing performance of a sub-band selection based MIR UWB system
  ○LIN QI(Harbin Engineering Univ.)・Masaaki Katayama(Nagoya Univ.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Sub-GHz BP-5-6 IoTソリューション導入の技術課題
  椿原潤吾(シリコンラボラトリーズ)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
Subgraph isomorphism problem AS-1-5 A Note on the Spanning Subgraph Isomorphism Problem
  ◎Kenji Ichikawa・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
subjective image similarity H-2-1 Preliminary Experimental Result on Image Similarity Estimation based on Eye Information
  ○Mario Saputra・Mutsumi Suganuma・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
Substrate Integrated Waveguide CK-2-3 Combination of Substrate Integrated Waveguide and Microstrip Structure for Controllable Wideband Bandpass Filters
  ○Chudpooti Nonchanutt(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)・Chaimool Sarawuth(Udon Thani Rajabhat Univ.)・Akkaraekthalin Prayoot(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
subsurface scattering D-11-58 肌の光学的特性に基づくガイデッドフィルタ適用による美肌補正
  ◎山内拓也(リコー)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
Successive Interference Cancellation BS-3-39 Estimating Source Correlation Online in Massive Multiway Multirelay Networks
  ◎HASAN MOHAMMAD NUR・ANWAR KHOIRUL(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
successive iterative cancellations BS-3-24 Exploiting the Dynamics of Rayleigh Fading Channels for Wireless High-Dense Networks with Multiple Relays
  ◎Khoirul Anwar(JAIST)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
superposed multicarrier transmission B-5-178 重畳確率に基づく複数広帯域干渉波の抑圧法
  ◎柿崎祐人・柴田洋平・大槻知明(慶大)・増野 淳(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
superposition probability B-5-178 重畳確率に基づく複数広帯域干渉波の抑圧法
  ◎柿崎祐人・柴田洋平・大槻知明(慶大)・増野 淳(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
Support Vector Machine D-12-11 Gabor-WaveletとSVMを用いた顔表情分類
  ○後藤 伸・尾関智子(東海大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
Support Vector Machine H-4-19 ハイブリッドセンサを用いた歩幅・関節駆動制限における歩行識別
  ○吉田将緒・田村真之介・柴田慎一(大同大)・田嶋拓也(福岡工大)・阿部武彦(愛知大)・木村春彦(金沢大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2103)
SURF D-21-3 コミックにおける主要キャラクター同定の検討
  ○長尾一輝・渡辺 裕(早大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
Surrogate Model BCS-1-6 FAST PARETO-GENETIC ALGORITHM OPTIMIZATION METHOD FOR ANTENNA USING SURROGATE MODEL
  ○Sindhuja Patchaikani・Yoshihiko Kuwahara(Shizuoka Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
SURVEILLANCE D-11-61 監視カメラの推奨設定値算出アルゴリズム
  ○瀬光孝之・原田亞矢子・大澤淳真(三菱電機)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
SURVEILLANCE CAMERA D-11-61 監視カメラの推奨設定値算出アルゴリズム
  ○瀬光孝之・原田亞矢子・大澤淳真(三菱電機)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
SVC BS-3-21 SP: A Smooth Playback Scheme for SVC Video Streaming over Vehicular Networks
  ◎Ruijian An(SOKENDAI)・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Hao Zhou(NII)・Yusheng Ji(NII, Sokendai)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
SVM A-1-6 実数変数最適化問題の2進数展開によるイジングモデルへの変換
  ◎小野涼斗・染谷健太・河原尊之(東京理科大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
SVM A-18-3 Experimental Results on EEG-based Person Identification with Machine Learning
  ○Felix Putra Sjamsudin・Mutsumi Suganuma・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
SVM B-4-62 総電流波形に基づき機器電力を推定する方法に関する検討
  ○鈴木康直・井上洋思・石山文彦・高谷和宏(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
SVM B-20-24 大脳動脈輪三次元形状を用いた脳動脈瘤発生予測の初期検討
  ○安木麻倫・小橋昌司(兵庫県立大)・澁谷浩伸・野村 保(石川病院)・森本雅和・相河 聡(兵庫県立大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
SVM D-9-20 スマートフォンを用いた消費カロリー推定手法の検討
  ◎吉田慶介・田中幹衡(東京電機大)・松野省吾(電通大)・大山 実(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
SVM D-12-49 SVMとk-NNを組み合わせたジェスチャ認識手法の提案
  ○酒見公爾・佐竹純二(福岡工大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2306)
SVM D-14-7 昆虫音声による種の識別システムの高精度化
  ◎石黒健太・北川章夫(金沢大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
SVM D-19-16 Paragraph Vectorを利用した亜種マルウェア推定法
  ○武部嵩礼・後藤滋樹(早大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
SVM D-20-3 線形SVMによる識別器要素モデルの結合係数の最適化
  吉川敦史・○岩橋直人(岡山県立大)・船越孝太郎(HRI-JP)・國島丈生(岡山県立大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
SVM H-2-12 基礎律動を用いた楽曲印象の類似性に基づく楽曲分類
  ○三木亮祐・亀山 渉・菅沼 睦(早大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
SVM H-2-15 基礎律動を用いた音楽聴取者の楽曲に対する印象推定に関する検討
  ○吉田真嵩・菅沼 睦・亀山 渉(早大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
SV専用レーン A-14-21 P/SV/Vの3モード交通社会実現について
  ○長谷川孝明・間邊哲也・久保田 尚・小嶋 文(埼玉大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
SW法 A-14-22 津波避難対策のためのICT-DIGシステムの開発
  ◎近藤晴香・福田祐樹・井上仁志・大内清香・浦上美佐子・岡村健史郎(大島商船高専)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
Symbol Distribution Approximation (SDA) 法 B-5-181 信号点分布近似に基づくMIMO信号検出法の特性改善に関する検討
  ◎吉澤健人・落合秀樹(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
Synchronization B-5-142 Performance Evaluation for IEEE 802.11ax WLAN (4) - A Novel Timing Synchronization Method for IEEE 802.11ax Uplink OFDMA Signal -
  ○Yuelin Ma・Kentaro Taniguchi・Tsuguhide Aoki(Toshiba)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
Sパラメータ B-1-161 平面マーチャントバランのSパラメータ推定
  ○須藤邦明・松井章典(埼玉工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
Sパラメータ B-1-206 送信アンテナの位置推定のための基礎実験 第2報
  ◎森 光永・田口光雄(長崎大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
Sパラメータ B-4-70 電流プローブを用いた不平衡減衰量推定方法の提案
  ◎マハムド ファーハン・岡本 健・立道英俊・高谷和宏(NTT)・桑原伸夫(九工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
Sパラメータ B-4-71 Sパラメータ測定値からLCL値の推定
  ○松嶋 徹(京大)・高谷和宏・奥川雄一郎(NTT)・杉浦 行・和田修己(京大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
Sパラメータ C-2-39 同軸コネクタ変換アダプタの特性評価に関する検討
  ○中村真太郎・佐藤恵子(JQA)・堀部雅弘・岸川諒子(産総研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
Sパラメータ法 B-1-160 不平衡給電された平衡アンテナにおけるSパラメータ法を用いたモード電力比解析
  ○柳 崇・深沢 徹・宮下裕章(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
Sパラメータ法 B-1-161 平面マーチャントバランのSパラメータ推定
  ○須藤邦明・松井章典(埼玉工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)