キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

P

P-GW B-6-119 LTEでのエリア特性による制御方式
  ○國友宏一郎・小野健一(ドコモ・テクノロジ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
P2P B-6-7 位置依存形P2P通信方式を用いた近接ネットワーク構築手法
  ◎鳥谷梨早・三好 匠(芝浦工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
P2P B-6-113 P2Pセンサネットワークにおける高頻度なデータ更新を考慮した適応的負荷分散法
  ◎阿部達成・朝香卓也(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
P2P B-7-15 局所環状構造に着目した強連結P2Pネットワークの平均経路長削減手法
  ◎坂本陸歩・山岡克式(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
P2PTV BS-3-23 Traffic Analysis on P2PTV Based on User Behavior
  ◎Naoki TAKEUCHI・Takumi MIYOSHI(Shibaura Inst. of Tech.)・Olivier FOURMAUX(UPMC Sorbonne Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
P2Pシステム B-6-39 スキップグラフにおける空間的局所性を考慮したメンバシップベクトル割り当て法の提案
  ◎戸田貴裕・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
P2Pネットワーク B-7-11 ウェブブラウザ間P2Pネットワークのためのコネクション管理フレームワーク
  ◎川井悠司・李 佼柯・安倍広多(阪市大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
P2Pネットワーク B-7-12 ウェブブラウザ間P2Pネットワークにおける双方向リング構築手法
  ◎李 佼柯・川井悠司・安倍広多(阪市大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
PAC A-17-4 Data Delivery Evaluation Using A Testbed of Infrastructureless D2D Communication
  ○Lin Shan・Takashi Matsuda・Huan-Bang Li・Ryu Miura(NICT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
page cache D-4-2 ページキャッシュの制御によるCassandraの動的規模伸縮時間の評価
  ◎御代川翔平・徳田大輝・山口実靖(工学院大)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
PAM C-4-14 (依頼講演30分)前置デジタル信号処理とアナログマルチプレクサを用いた160GbpsナイキストPAM4光伝送
  ○長谷宗彦・山崎裕史・金澤 慈・野坂秀之・橋本俊和・佐野明秀・宮本 裕(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
PAM4 C-10-7 EA変調器の非線形消光特性を補償するInP HBT PAM4 ドライバ
  ◎岸 俊樹・長谷宗彦・金澤 慈・小林 亘・山崎裕史・井田 実・栗島賢二・野河正史・木村俊二・野坂秀之(NTT)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
PAPR B-5-37 UF-OFDMのPAPR特性に関する定量評価
  ◎戸田和秀・柴山昌也・橋本典征・ブルジョア トマス・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
PAPR B-5-70 OFDM用ピークキャンセラにおけるピーク検出閾値の選択に関する検討
  ○牟田 修・景山知哉(九大)・Haris Gacanin(Customer Experience Division of Alcatel-Lucent in Belgium)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
PAPR B-8-23 DRoF伝送に向けた多チャネル地上デジタル放送信号のクリッピングによる量子化数削減効果
  ◎椎名亮太・藤原稔久・谷口友宏・須川智規(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
PAPR B-10-60 パイロットキャリア光SSB-SC信号のキャリア電力とSPM歪み
  ◎Sampath K. I. Amila・高野勝美(山形大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
PAPR B-11-16 MU-MIMO-OFDMシステムにおける適応ピークキャンセラの特性評価
  ○景山知哉・大木雄介・牟田 修(九大)・Haris GACANIN(Alcatel-Lucent Bell N.V. Belgium)・古川 浩(九大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
PAPR低減 B-3-8 帯域分散伝送におけるSLM方式適用時の位相平均化による位相シフト量推定特性の向上
  ◎宮武 遼・阿部順一・増野 淳・中川匡夫(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
PAPR低減 B-5-71 副情報を用いない無限大ノルム最小化によるPAPR低減法の提案
  ◎吉田萌子・宮嶋照行(茨城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
PAPR抑圧 B-5-69 自己同期スクランブラを用いるSLMの設計手法に関する検討
  ○大木雄介・牟田 修・景山知哉・古川 浩(九大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Paragraph Vector D-19-16 Paragraph Vectorを利用した亜種マルウェア推定法
  ○武部嵩礼・後藤滋樹(早大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Parato Front BCS-1-6 FAST PARETO-GENETIC ALGORITHM OPTIMIZATION METHOD FOR ANTENNA USING SURROGATE MODEL
  ○Sindhuja Patchaikani・Yoshihiko Kuwahara(Shizuoka Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
Partial subframe B-5-67 Investigation on Partial Subframe Transmission for Licensed-Assisted Access to Unlicensed Spectrum
  Yu JIANG(DOCOMO Beijing Labs.)・○Hiroki HARADA(NTT DOCOMO)・Liu LIU(DOCOMO Beijing Labs.)・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Particle filter D-12-76 人物追跡における粒子フィルタを用いた深層学習の時間領域への拡張
  ◎安本賢司・越後富夫(阪電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
Patch Antenna CK-2-4 Microwave Sensor for Defected-Fruit Classification
  ○Prapan Leekul・Chinarong Kittiyanpunya・Sorawat Chivapreecha・Monai Krairiksh(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
Patent application BT-1-3 特許出願からみた次世代無線LANの技術動向
  ○松野吉宏・岡 裕之・石田紀之・石川雄太郎・三森雄介(特許庁)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
Path loss B-1-180 A Method of Realizing Gaussian Elevation Distribution for 3D-OTA
  ○Kun Li・Toshihiko Kabeya・Kento Karitani・Kazuhiro Honda・Koichi Ogawa(Toyama Univ.)・Yoshio Koyanagi・Hiroshi Sato・Ritsu Miura(Panasonic)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
PBL D-9-7 PBL型情報倫理教育:エシカルセキュリティのコンセプト提案
  ○谷本茂明・黒瀬 亘・亀田拓海(千葉工大)・小林 透(長崎大)・佐藤周行(東大)・金井 敦(法政大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
PBL D-15-11 プロジェクト型学習支援システムの試作
  ○豊田寿行(鳥取環境大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
PCB B-4-68 異なる終端条件下での非対称差動伝送線路からの支配的な放射要因の一検討
  ○萓野良樹(秋田大)・井上 浩(放送大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
PCRF B-6-119 LTEでのエリア特性による制御方式
  ○國友宏一郎・小野健一(ドコモ・テクノロジ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
PC操作 D-9-23 指示棒検出によるプレゼンテーション支援システム
  ◎児玉真悟・大寺 亮(神戸情報大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
PD A-9-17 光OFDMを用いた見通し外車車間可視光通信の誤り率特性
  ◎川北直明・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(香川高専)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
PDF構造 D-12-4 建物の設計図からケーブル長を自動積算するシステムの構築
  ◎福井千晶・橋本周平・宮下悠生・藤村真生(阪工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
PDMS CI-2-6 PDMSコンパウンド光学技術のスマートデバイスと連携した小型分析装置への展開
  森田金市(ウシオ電機)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
PDN B-4-41 任意のPDN におけるオンボードRLスナバの最適値決定法
  ◎河田直樹・矢野佑典・五百旗頭健吾・豊田啓孝(岡山大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
PDN B-6-117 LTEにおけるIPv6提供GW指定機能
  ○小野健一・國友宏一郎(ドコモ・テクノロジ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
PDR B-5-163 BLEとPDRを用いた屋内高精度測位システムの実装
  ◎石丸智也・是 レイ・富樫宏謙・古川 浩(九大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
PDR D-22-3 自動追従ロボットにおけるPDRを用いたオクルージョン対策
  ○倉上優輝・秋澤沙里・前坂章裕・新井浩志(千葉工大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1406)
PEC C-1-5 円筒座標系LOD-FDTD法を用いた金属円盤型テラヘルツ表面波分割器の解析
  柴山 純・◎伊藤政人・山内潤治・中野久松(法政大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
PEDOT/PSS C-6-3 インクジェット法を用いて作製した有機透明導電膜の処理方法の検討
  ◎川原和也・新田敦司(鹿児島高専)(3月17日発表 センター1号館 6F 1607)
Peer to Peer B-6-6 省電力サーバシステムにおけるPeer-to-Peer方式サーバ管理システムの適用について
  北村光芳・○中込仁志・シュウ シン(東京工芸大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
Peer to Peer B-6-61 Peer-to-Peer方式サーバ管理システムにおける仮想サーバグループの管理について
  ○シュウ シン・北村光芳・中込仁志(東京工芸大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
Peer-to-Peer B-7-10 ハイブリッド型Peer-to-Peerネットワークでのファイル分割配置を用いたコンテンツ共有における低有用度レプリカ消去の効果
  ◎藤田 裕・菅原真司(千葉工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
performance evaluation BS-3-17 A NEW GENERAL MODEL OF THE LIMITED-AVAILABILITY GROUP
  ○Mariusz Glabowski・Hanczewski Slawomir(Poznan Univ. of Tech.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
performance evaluation BS-3-33 Performance Evaluations of Elastic WLAN System Testbed
  ◎Md. Ezharul Islam・Nobuo Funabiki・Kyaw Soe Lwin・Md. Selim Al Mamun・Sumon Kumar Debnath・Minoru Kuribayashi(Okayama Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Personal Health Data BI-10-11 自ら受けるサービスを主体的に選択できる自己管理可能な革新的医療システムの実現
  田中康博(国立国際医療研究センター)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
Personal health record BI-10-10 テレxままnet : 日本全国を結ぶクラウド型遠隔妊婦健診システム
  ○柴田綾子(淀川キリスト教病院)・角田 徹(テクノプロジェクト)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
Perturbation B-15-17 モバイルセンシングにおけるPerturbation後の復元精度推定
  ◎鈴木孝男・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
Phase Retrieval法 B-1-225 近傍界平面の電界振幅のみを用いた遠方界推定法と測定点の位置ずれによる誤差の検討
  ◎鈴木理保・新井宏之(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
phased array C-3-53 FLC装荷フェーズドアレイ型光スイッチのスイッチング動作
  ◎金久保 渉・武田正行・中津原克己(神奈川工科大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
Photodiode C-14-18 60 GHz帯集積型フォトニックアレーアンテナビーム制御における3.5-Gbit/s QPSK RoF信号伝送
  ◎平澤崇佳・古屋琴子・大石将之・眞木翔太郎・秋葉重幸・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
Photon-photon resonance C-4-10 アクティブMMI-LDによるフォトン・フォトン共振周波数の増大
  ○北野拓也・モハマドナシル ウディン・洪 秉宙(九大)・田島章雄(NEC)・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
Photonic Sub-Lambda B-12-11 光パッシブデバイスを活用したPhotonic Sub-Lambdaトランスポートネットワークの提案
  ◎中川雅弘・益本佳奈・服部恭太・松田俊哉・片山 勝・行田克俊(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
PHPS C-10-1 半導体ナノ粒子分散SiO2の形成と応用
  ○出村洋智・永吉 浩(東京高専)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
PI graphs AS-1-6 A Polynomial-Time Algorithm for a Variation of the 2-Chain Subgraph Cover Problem Related to the Recognition of Simple-Triangle Graphs
  ○Asahi TAKAOKA(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
PIA A-7-1 ネットワーク型多目的カメラシステムのプライバシー問題の検討
  ◎馬 小飛・佐々木真由美・黒沢裕太・沖村星児・阪本 圭・慎 祥揆・瀬戸洋一(産技大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
Piccolo A-7-16 軽量ブロック暗号PiccoloのDivision Property調査
  ◎久保卓也・五十嵐保隆・金子敏信(東京理科大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
PID制御 NBS-1-10 Pico-Band: リストバンド型省エネ個別暖房デバイスの開発 -温熱感を持続させる温度制御法の提案-
  ○徳田貴拓・磯山直也・ロペズ ギヨーム(青学大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
Pilot symbol B-5-107 A Study on Pilot Resource Allocation for Spectrum Sharing Massive MIMO Systems
  ◎Wanming Hao・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Haris Gacanin(The Alcatel-Lucent, Antwerp, Belgium)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
Piloted Adaptive Notch Filter A-8-1 Pilot Notchを用いたSimplified Lattice Algorithmに基づく適応ノッチフィルタの収束の高速化
  ◎宗像宏幸・越田俊介・阿部正英・川又政征(東北大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
PIM B-1-231 PIM測定におけるシステムノイズ低減方法に関する検討
  ◎鈴木寛啓・久我宣裕(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
PIM C-2-75 バランを介した平衡線路の負荷で発生するPIMの測定
  ◎室伏竜之介・久我宣裕(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2215)
pin C-3-51 電気制御による光モードスイッチ動作実証
  ○ヒンブル ルーク・Imansyah Ryan・姜 海松・浜本貴一(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2206)
pin-PD C-4-3 非対称導波路型位相シフタによるInP系90°ハイブリッド集積受光素子の低チャネル間感度偏差
  ◎沖本拓也・八木英樹・増山竜二・櫻井謙司・西本頼史(住友電工デバイス・イノベーション)・菊地健彦(住友電工)・堀野和彦(住友電工デバイス・イノベーション)・江川 満(住友電工)・米田昌博(住友電工デバイス・イノベーション)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
PINダイオード B-21-27 共振結合型WPTシステムにおける容量可変方式励振回路の開発
  ◎戸井猛裕・山本輝彦(龍谷大)・石田哲也(Wave Technology)・石崎俊雄(龍谷大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2213)
PI制御 A-10-4 2箇所のカーシェアリング基地に蓄積されるエネルギーの均一化制御
  ◎泉 祐介(阪府大)・伊藤 章(デンソー)・吉田晃基・杉谷栄規・小西啓治・原 尚之(阪府大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
PKI D-19-4 ユーザの認証鍵を網上で保管するキーストアの構成方法に関する検討
  ○大森芳彦・緒方祐介・山下高生・岩田哲弥・松本健一郎(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
PLC C-3-45 PLC型6モード合分波器に関する検討
  ◎山下陽子・石坂雄平(北大)・半澤信智(NTT)・藤澤 剛(北大)・坂本泰志・松井 隆・辻川恭三・山本文彦・中島和秀(NTT)・齊藤晋聖(北大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
PLC C-14-22 位相調整光回路によるコヒーレントテラヘルツ波合成
  ◎春木 隼・佐熊一輝・坂野豪紀・加藤和利(九大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
PLL A-1-18 ラベリング信号伝送システムにおける高周波変調回路の設計
  ◎植村宙夢・岸根桂路・稲葉博美・尾本大地・田中友規(滋賀県立大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
PLL C-2-25 ループフィルタ極性切り替え形 高速チャープ信号生成PLL-IC
  ○堤 恒次・谷口英司(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
PLL C-2-102 時間オフセット分周数制御を用いたチャープ信号の線形性向上手法
  ○和田 平・水谷浩之・田島賢一・檜枝護重(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 2F 2214)
PMA C-7-9 Micromagnetic simulation of domain wall propagation along magnetic strip with spatially modulated material parameters
  ◎Zhaojie Zhang・Terumitsu Tanaka・Kimihide Matsuyama(Kyushu Univ.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
PML C-15-19 超並列計算におけるPML吸収境界条件付きFDTD法の実行性能: MICとGPUの実行性能比較
  ◎今井 稜・香取勇太・鈴木敬久・大久保 寛(首都大東京)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
PN符号 B-1-14 流星バースト通信路の調査を目的としたPN符号発生装置の開発
  ◎岡井凜太郎・平阪健太・亀井利久(防衛大)・高崎和之・若林良二(都立産技高専)・三寺史夫(北大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
PN符号 B-8-53 LED照明システムにおけるPN符号を用いた電力線搬送通信―電力変動抑制方式の検討―
  ◎林 尚史(日大)・白井志朗(テラシア)・関 弘翔・細野裕行(日大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
POF CI-2-3 プラスチック光ファイバを用いた車載高速光通信への応用
  ○斎藤恒聡(古河電工)・高橋 聡(POF Promotion)・杉原興浩(宇都宮大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
POMDP D-8-15 クラウドソーシングにおけるPOMDPを用いた逐次タスクのワークフロー制御
  ◎伊藤優也・松原繁夫(京大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1403)
PON B-8-17 PONを用いたアクセスにおける超高精細映像配信方式に関する一検討
  ○谷口友宏・清水秀和・下羽利明・笠原康信・吉永尚生・須川智規(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-28 モバイルフロントホールへの適用に向けたトラヒックの統計情報に基づくTDM-PONの上り帯域割当手法
  ○小林孝行・王 寛・久野大介・島田達也・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-29 モバイル/他システム同一PON 収容における帯域利用効率の評価
  ◎久野大介・島田達也・王 寛・小林孝行・桑野 茂・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-30 PONのC-RAN適用時における遅延時間の検討
  ○高橋慶太・中村浩崇・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-32 第5世代移動通信システム実現に向けた超高密度セル構成における光収容技術の取り組み概要
  ○島田達也・大高明浩・寺田 純(NTT)・青木泰彦・滝澤基行(富士通)・有賀 博・名倉健一(三菱電機)・中沢正隆(東北大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-38 クリップ送信方式/BPF 遅延振幅反転加算法による ONU32 台上り SDM-PON の伝送特性
  ◎森山雅仁・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-39 クリップ送信方式/一括遅延振幅反転加算法による ONU32 台上り SDM-PON の伝送特性
  ◎小俣祐次・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-40 バイアス送信方式を用いたONU32台に対する上りSDM-PONの伝送特性
  ◎ダルハー ブヤンジャラガル・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-41 SDM-PON におけるバイアス送信方式とクリップ送信方式の光電力評価
  ダルハー ブヤンジャラガル・栗山宜巳・○上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-42 高速引込みと高安定特性を有する10Gbps光バースト受信部の構成法
  ◎廉 京日・栗山宜巳・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-46 CPRI over Ethernetのレイヤ2ネットワーク障害通知方式検討
  ○平野幸男・水口 潤・西谷隆志・田野文彦・川手竜介(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-63 PON-OLT機能のソフトウェア化に向けた実装方式検討
  ○西本恵太・田所将志・持田武明・田中逸清・武田哲之・井上貴司(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-64 ONU運用情報配置に関する検討
  ○吉野 學・氏川裕隆・可児淳一・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-70 容量可変OFDM-PON向けトラフィック制御の提案
  ○栖川 淳・若山浩二(日立)・妹尾由美子・金子 慎・吉田智暁(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-74 PONシステムにおけるONU省電力制御下のVoIPの音声品質評価
  ◎田野文彦・平野幸男・川手竜介(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-76 プロキシ装置を用いたOLTスリープの検討
  ◎原田拓弥・氏川裕隆・吉野 學・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-8-77 光アクセス装置の省電力化に向けた自己診断機能省略の検討
  ◎氏川裕隆・原田拓弥・吉野 學・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PON B-13-14 遠端反射ブリルアン利得解析法における量子化雑音の影響
  ○高橋 央・鬼頭千尋・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
PON B-13-15 遠端反射ブリルアン利得解析法による分岐下部損失フィールド測定
  ◎鬼頭千尋・高橋 央・戸毛邦弘・大野槙悟・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
PON BS-3-1 Subcarrier Sharing in a Star-Ring-based OFDM-RoF Access Network for Future 5G Communications
  ◎Sheng Xu・Filippos Balasis・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
PON BT-2-5 ns-3によるモバイルシステムと光アクセスの連携シミュレーション
  ○中山 悠・中村浩崇・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
PON-ONU B-8-75 Webアクセス時のPON-ONU省電力化方式に関する一検討
  ◎中垣内和樹・大島一能(阪工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PONシステム A-1-24 バースト光受信回路における高精度AOC回路の提案
  ◎久米沢弥・滝 孝介・中村 誠(岐阜大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
popularity BS-3-4 Intra-Domain Video Caching in Content Centric Network with Normalized Popularity
  Zhi Liu・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・○Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Population protocol DS-1-3 (依頼講演)Oscillations in Population Protocols
  ○Anissa LAMANI・Masafumi Yamashita・Yukiko Yamauchi(Kyushu Univ.)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
POSデータ D-20-13 価格弾力性を考慮した牛乳の販売量予測に関する研究
  ○坪井英治・柴田慎一(大同大)・田嶋拓也(福岡工大)・阿部武彦(愛知大)・木村春彦(金沢大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
Power Conversion Efficiency B-8-11 Power Conversion Efficiency of RF-DC Rectifier for Energy Harvesting
  ○Chang-Jun Ahn(Chiba Univ.)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
PPF C-2-2 基準抵抗を用いた可変ポリフェーズフィルタ
  ○平井暁人・堤 恒次・谷口英司(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
PPStream BS-3-23 Traffic Analysis on P2PTV Based on User Behavior
  ◎Naoki TAKEUCHI・Takumi MIYOSHI(Shibaura Inst. of Tech.)・Olivier FOURMAUX(UPMC Sorbonne Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
PRACTICE DI-1-1 PRACTICE ― 国際連携によるサイバー攻撃の予知・即応プロジェクト ―
  千賀 渉・○蒲谷武正・村上洸介・中尾康二(KDDI)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
PRACTICE DI-1-5 PRACTICEにおける情報共有基盤の構築
  ○畑 太一(ジャパンデータコム)・井沼 学(城西大)・四方順司(横浜国大)・今村 祐・竹内 新(ジャパンデータコム)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Precoding B-5-12 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOのチャネル相関に基づくユーザ選択
  ○井浦裕貴・内田 繁・平 明徳・岡崎彰浩(三菱電機)・須山 聡・小原辰徳・奥村幸彦(NTTドコモ)・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2303)
pricing BS-3-16 Optimal Pricing Strategy for Service Provisioning in the Monopoly Cloud Context with Heterogeneous Users
  ○Xianwei Li・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
Prime符号 A-9-18 遠近問題のある非同期光無線CDMA通信方式におけるハードリミタ閾値の動的制御
  ◎山本雄亮・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
privacy TK-6-1 IoTがもたらす価値創造とセキュリティ・プライバシー課題への対応
  後藤厚宏(情セ大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
Probe request信号 B-5-174 高密度無線LANアクセスポイント群による人流解析
  ◎島村純平・山口裕貴・安部竜太・富樫宏謙・古川 浩(九大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
Profile BP-6-3 IEC TC57におけるスマートグリッド標準化の現状と課題
  ○小林延久(日立)・水野 修(工学院大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
Profit Sharing D-20-5 Profit Sharingを用いた学習時間の高速化に関する研究
  ○菅原茉理絵・内田智史(神奈川大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
Programmable C-12-21 A Programmable Sensor-Independent Interface Technology for Trillion Sensors Era
  ○Ahmed Musa・Tadashi Minotani・Kenichi Matsunaga・Toshihiko Kondo・Hiroki Morimura(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
Prony method B-1-192 Direction of Arrival and Magnitude Estimation by the Prony Method with Consideration of Damping Factor
  ○Toshihiro Sezai(JAXA)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
propagation B-1-183 T-Matrix Modeling of Electromagnetic Scattering from Simplified Branch Structures
  ○Paul Jason Co・Jun-ichi Takada(Tokyo Tech)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
proximity network BS-3-29 Inferring Social Relations with Smartphone Proximity Networks
  ○Tiantian Jiang・Masaki Ito・Kaoru Sezaki(The Univ. of Tokyo)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
PSD手法 B-4-47 チョークコイルの寄生抵抗成分を考慮したPSD手法によるEMIフィルタの設計
  ◎川上雅士・石川晴雄・上 芳夫・肖 鳳超(電通大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
PSD手法 B-4-72 RLGCパラメータのメタモデリングを用いた基板端のマイクロストリップ線路設計へのPSD設計手法の適応検討
  ◎長尾和哉・川上雅士・上 芳夫・石川晴雄・肖 鳳超(電通大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
PSIM B-9-7 LLC 電流共振形コンバータの周波数応答について
  ◎山下裕介・今岡 淳・庄山正仁(九大)・米澤 遊・中島善康(富士通研)(3月17日発表 センター2号館 3F 2310)
PSNR A-15-5 ガウス雑音重畳画像の推定とウィナーフィルタへの適用
  ◎鈴木貴士・小林恵太・辻 裕之・木村誠聡(神奈川工科大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
PSNR D-11-61 監視カメラの推奨設定値算出アルゴリズム
  ○瀬光孝之・原田亞矢子・大澤淳真(三菱電機)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
PSO C-1-11 PSOを用いた埋設物探査アルゴリズムによる異なる2つのターゲットの推定
  ○楠 敦志(大分大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
PSO N-1-23 粒子群最適化法と最大電力点探索
  ○斎藤利通・田中嶋孝祐・明野龍介(法政大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
PSO N-2-9 PSOを用いた結合コイルの最適化を含めた磁気結合型無線電力伝送システムの設計手法
  ○野田 巧・永島和治(千葉大)・魏 秀欽(長崎大)・関屋大雄(千葉大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
PSO NS-1-4 Particle Swarm OptimizationのRotation Variance
  ◎針谷維佑・進藤卓也・神野健哉(日本工大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
PSS B-5-58 回り込み干渉キャンセラを適用したネットワークリスニング同期の実信号波形を用いた特性評価
  ◎生天目 翔・小西光邦・長手厚史・藤井輝也(ソフトバンク)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
PSTN B-6-15 メタル収容装置のインタフェース実現方法
  佐藤教之・高橋健二・○柴田高穂(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
PSTN B-6-16 メタル収容装置の電流-電圧特性の実現方法
  佐藤教之・○高橋健二・柴田高穂(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
PSTNマイグレーション B-6-17 メタル収容装置の交流特性の実現方法
  ○佐藤教之・高橋健二・柴田高穂(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
PTL C-8-5 PTL配線長マッチングを考慮したSFQ回路レイアウトにおける配線面積の評価
  ○鬼頭信貴・中島 悠(中京大)・高木一義・高木直史(京大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2205)
PTP B-8-54 遅延揺らぎ補正方式による時刻同期における故障復旧の迅速化に関する検討
  ○坂入 健・久島孝昭・須田祥生・新井 薫・黒川 修・行田克俊(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
PTS B-5-71 副情報を用いない無限大ノルム最小化によるPAPR低減法の提案
  ◎吉田萌子・宮嶋照行(茨城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Pub/Sub B-16-6 階層型クラウド基盤における車両搭載センサからのデータ収集方式の検討
  ○秋山豊和(京産大)・上善恒雄(阪電通大)・西田純二(社会システム総合研究所)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
PUF A-7-13 Deep Learning を用いたDouble Arbiter PUFの安全性評価
  ○八代理紗・町田卓謙・岩本 貢・崎山一男(電通大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
PUF D-19-8 USB3.0フラッシュメモリに対する個体識別手法の検討
  ○蒲原智也(関西大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Pulse Generator C-12-7 An X-band CMOS-on-Quartz Pulse Generator for Low Power Applications
  ◎Parit Kanjanavirojkul・Nguyen Ngoc Mai-Khanh・Tetsuya Iizuka・Toru Nakura・Kunihiro Asada(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
pupil size H-2-1 Preliminary Experimental Result on Image Similarity Estimation based on Eye Information
  ○Mario Saputra・Mutsumi Suganuma・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
Python DT-1-2 Pythonによる機械学習入門 〜基礎からDeep Learningまで〜
  川西康友(名大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)