キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

O

O-band C-3-5 (依頼講演30分)1.0-1.3μm帯広帯域波長可変レーザの開発と応用
  ○友松泰則・山野井俊雄・遠藤 尚(光伸光学)・久保亮吾・津田裕之(慶大)・吉沢勝美(パイオニアマイクロテクノロジー)・須藤 誠(オプトクエスト)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
O2O BI-4-2 モノに情報を付与できるLED照明技術
  ○加藤圭造・倉木健介・田中竜太(富士通研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
OAM B-1-121 誘電体レンズアンテナを用いたOAM波生成に関する一検討
  ◎土屋貴寛・清水達也・秋元 守・坪井秀幸・飯塚正孝(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
OAM B-5-95 平面アレーにおけるOAM多重化伝送方式の検討
  ○安達尚季・木村知弘・外山隆行・白方亨宗・高橋和晃(パナソニック)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
OAM B-19-15 A Study on Orbital Angular Momentum-Based Wireless Communication
  ○Doohwan Lee(NTT)・Theerat Sakdejayont(The Univ. of Tokyo)・Hirofumi Sasaki・Hiroyuki Fukumoto・Tadao Nakagawa(NTT)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
OAM多重無線通信 B-17-41 軌道角運動量(OAM)多重無線通信におけるビーム広がりの制御手法に関する一検討
  ◎福本浩之・笹木裕文・李 斗煥・中川匡夫(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
OAuth認証 D-9-11 OpenPNE3からFacebookへの同時投稿
  ◎柴田駿介・山守一徳(三重大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
Object recognition B-11-13 Experiment on Recognition of 3D Objects in Virtual Environment with Haptic Sense
  ○Mya Sithu・Yutaka Ishibashi(Nagoya Inst. of Tech.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
OCDMA方式 B-10-87 縦続接続型SSFBG光符号/復号器に関する検討
  ○玉田亮輔・松本怜典(阪大)・石原啓樹・大道浩児(フジクラ)・北山研一(阪大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
OCR D-12-4 建物の設計図からケーブル長を自動積算するシステムの構築
  ◎福井千晶・橋本周平・宮下悠生・藤村真生(阪工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
OCR D-12-9 ビルの保守点検向け電力量計撮影装置
  ○佐々木諒介・阿倍博信(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
OCS B-12-3 光パケット・回線統合ネットワークにおける要求スロットサイズを考慮した周波数資源内の動的境界移動に関する検討
  永富 賢・杉原盛太郎・○廣田悠介・藤井祥平(阪大)・戸出英樹(阪府大)・渡辺 尚(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
OCT C-3-8 KTN SS-OCT光源の安定化
  ○上野雅浩・今井欽之・坂本 尊(NTT)・牛山幸彦(NTT-AT)・山田真広(浜松ホトニクス)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
OCT CI-3-3 Tunable VCSEL技術を用いたSS-OCT用光源
  ○諫本圭史・山下清隆・M. Khan・鍋野清輝・戸塚剛毅・鄭 昌鎬(santec)・西山伸彦(東工大)・年吉 洋(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
ocular parallax A-16-5 実世界と拡張現実感映像との視距離の違いに着目した3D注視位置の計測
  ○工藤博章・大西 昇(名大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
Oculus D-8-6 Flying AR.Drone via Oculus
  ◎Xiaowei Wang・Jianfeng Li・Shigang Li・Takahiro Kosaki(Hiroshima City Univ.)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
OFDM A-9-3 MUSIC法を用いたケーブル診断手法の検討
  ◎伊藤尚祐・鈴木 宏・新保大介・前田尚利(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
OFDM A-9-14 OFDM伝送における繰り返し復調型ICIキャンセラ
  ○中村 聡(東京理科大)・大野光平(明大)・伊丹 誠(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
OFDM A-14-7 送信遅延ダイバーシチを用いた路車間通信用干渉回避方式
  ○栗田 明・山下靖貴・早馬道也・落合麻里・佐野裕康・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
OFDM B-2-28 SIMO-OFDM信号を用いた水中チャネルサウンディング実験
  ○岩切直彦(NICT)・広瀬 幸(東京電機大)・吉田 弘(JAMSTEC)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
OFDM B-5-32 TDD上りリンク伝送におけるFiltered OFDMの屋外実験
  ○齋藤祐也・ベンジャブール アナス・原田 篤・岸山祥久・奥村幸彦・中村武宏(NTTドコモ)・蒋 恵玲・王 新(都科摩(北京)通信技術研究中心)・Jianglei Ma・Jing Qiu・Dageng Chen・Lei Lu(ファーウェイ・テクロノジーズ)・鹿島 毅(ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
OFDM B-5-33 5G 無線方式に向けた下りOFDM信号と新伝送波形信号の共存方式の検討
  ○長谷川 剛(富士通研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
OFDM B-5-34 長遅延伝搬環境対応拡張UF-OFDM方式
  ◎栗木寛斗・水谷圭一・原田博司(京大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
OFDM B-5-47 偏波MIMO伝送における符号化SFNの検討
  ○蔀 拓也・齋藤 進・朝倉慎悟・佐藤明彦・岡野正寛・土田健一(NHK)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-69 自己同期スクランブラを用いるSLMの設計手法に関する検討
  ○大木雄介・牟田 修・景山知哉・古川 浩(九大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-70 OFDM用ピークキャンセラにおけるピーク検出閾値の選択に関する検討
  ○牟田 修・景山知哉(九大)・Haris Gacanin(Customer Experience Division of Alcatel-Lucent in Belgium)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-71 副情報を用いない無限大ノルム最小化によるPAPR低減法の提案
  ◎吉田萌子・宮嶋照行(茨城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-72 DFT-Precodingを適応的に用いたOFDMシステムの特性評価
  ◎山下裕作・落合秀樹(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-73 256/1024-QAMを用いたOFDM伝送の位相誤差特性
  ○中村光寿・大塚裕幸(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-74 超多値変調OFDMにおけるSNR対スループット特性
  ○太田智貴・中村光寿・大塚裕幸(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-104 ネットワークMIMO-OFDMにおけるシンボル間干渉抑圧に関する一検討
  ◎菅沼碩文・丸小倫己・前原文明(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-115 過負荷MIMO-OFDMのための仮想伝搬路を適用した16QAM用受信機構成法
  ◎澤田亮介・田野 哲(岡山大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
OFDM B-5-130 光給電電力制御EPWM-OFDM RoF伝送システムの検討
  ◎飯田裕太・山尾 泰(電通大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
OFDM B-5-145 60 GHzミリ波帯OFDM送信機におけるFPGA実装
  ○張 裕淵・府川和彦(東工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
OFDM B-5-151 Performance Evaluation of Real-Time Wireless Control System using Shortened Preambles
  ◎Theerat Sakdejayont・Chun-Hao Liao・Makoto Suzuki・Hiroyuki Morikawa(The Univ. of Tokyo)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
OFDM B-5-165 無線LAN環境におけるサブキャリアホッピングマルチアクセスの特性評価
  ◎堀 勇太・落合秀樹(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
OFDM B-5-179 長遅延波環境でのOFDM伝送における瞬時SINRに基づく伝送速度最適化
  ○福園隼人・品川晃祥・吉岡正文・中村宏之(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
OFDM B-10-41 OFDM信号のDFB-LD直接変調とLNM外部変調による合成変調
  ◎伊礼琴代・照屋未来・知念幸勇(沖縄高専)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
OFDM B-11-16 MU-MIMO-OFDMシステムにおける適応ピークキャンセラの特性評価
  ○景山知哉・大木雄介・牟田 修(九大)・Haris GACANIN(Alcatel-Lucent Bell N.V. Belgium)・古川 浩(九大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
OFDM B-17-4 OFDMに与えるGFDMの理論干渉特性
  ○鈴木利則・早坂美咲・佐藤拓也・種市魁人(東北学院大)・新保宏之(ATR)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
OFDM B-17-6 OFDM 信号のCyclic Prefix(CP)を利用した特徴検出方式の応用 -シンボル時間同期ずれ並びに受信キャリア電力比の推定-
  ○樫木勘四郎・定 知生・山口 明・渡辺伸吾(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
OFDM BI-4-5 405nm 青色LDを用いたマルチビーム水中光無線伝送に関する一検討
  ○中村一彦・塙 雅典(山梨大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
OFDM BS-3-1 Subcarrier Sharing in a Star-Ring-based OFDM-RoF Access Network for Future 5G Communications
  ◎Sheng Xu・Filippos Balasis・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
OFDM C-2-97 RFダイレクト直交アンダーサンプリングを用いたOFDM信号の使用周波数帯域推定
  甲斐誉史朗・水越舜瑛・○村口正弘(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
OFDM C-14-4 ファイバ無線ネットワークによるW帯ミリ波信号IF over fiber伝送システムの検討
  ○菅野敦史・Tien Dat Pham・山本直克(NICT)・川西哲也(早大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
OFDM-PON B-8-70 容量可変OFDM-PON向けトラフィック制御の提案
  ○栖川 淳・若山浩二(日立)・妹尾由美子・金子 慎・吉田智暁(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
OFDMA B-5-142 Performance Evaluation for IEEE 802.11ax WLAN (4) - A Novel Timing Synchronization Method for IEEE 802.11ax Uplink OFDMA Signal -
  ○Yuelin Ma・Kentaro Taniguchi・Tsuguhide Aoki(Toshiba)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
OFDMA BT-1-1 無線LAN標準IEEE 802.11ac/axの概要
  浅井裕介(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
OFDM方式 B-8-23 DRoF伝送に向けた多チャネル地上デジタル放送信号のクリッピングによる量子化数削減効果
  ◎椎名亮太・藤原稔久・谷口友宏・須川智規(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
OFDM方式 C-2-16 ポーラ変調を用いたカスコード型パワーアンプの設計
  ◎石岡諒汰・村口正弘(東京理科大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
offloading BS-3-32 Economic Analysis of Mobile Data Offloading Cooperation Market
  ○Cheng Zhang・Bo Gu・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
offloading BS-3-34 Intelligent Bandwidth Consumption Scheduler Considering the Connectivity of Heterogeneous Wireless Networks and Users' Preferences
  ○Bo Gu・Cheng Zhang・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
OLED C-9-4 (依頼講演30分)The Future of OLED
  ○Choong Hoon Yi(UBI Research)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
OLED C-9-6 画像内非注目領域の輝度低減による発光型ディスプレイの消費電力低減
  長田正美・○志賀智一(電通大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
OLED C-9-7 OLED照明への容量結合無線電力伝送
  ◎室園祥光・服部励治(九大)・八木 司・小俣一由(コニカミノルタ)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
OLED CI-2-1 チュート リアル:OLEDの基礎から最先端まで-材料・デバイス・アプリケーション-
  安達千波矢(九大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2206)
OLSR B-7-48 OLSRプロトコルにおける電波強度を考慮したMPR集合の冗長化手法
  ○福島遼平・花田真樹(東京情報大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
OLT B-8-63 PON-OLT機能のソフトウェア化に向けた実装方式検討
  ○西本恵太・田所将志・持田武明・田中逸清・武田哲之・井上貴司(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
OLT B-8-76 プロキシ装置を用いたOLTスリープの検討
  ◎原田拓弥・氏川裕隆・吉野 學・鈴木謙一・大高明浩(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
OMOPSO A-10-14 多目的粒子群最適化手法による複数エリアの空調システム制御
  ◎太田恵大・浮穴朋興(三菱電機)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
on-body B-1-152 Experimental Study of Polarization and Frequency Diversity Antenna in Indoor Environment
  ◎Yiwen Zhu・Hiroyasu Sato・Qiang Chen(Tohoku Univ.)・Takashi Sudo・Takafumi Ohishi・Takuji Suzuki(Toshiba)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)
oneM2M CK-3-1 IoTシステムの技術動向と実用化に向けた取り組み
  松井 進(阪工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
Onion Proxies BS-3-13 Analyzing the Traffic Correlation-Based Attacks on Tor
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Celimuge Wu・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
Onion Routing BS-3-13 Analyzing the Traffic Correlation-Based Attacks on Tor
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Celimuge Wu・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
Online subspace tracking D-20-6 Online Low-Rank Tensor Subspace Tracking from Incomplete Data by CP Decomposition using RLS
  ○Hiroyuki Kasai(The Univ. of Electro-Communications)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
ONSA A-8-8 2つの定常雑音MAP推定のONSAによる統合
  ○藤枝 大・矢頭 隆(OKI)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
ONU32台 B-8-39 クリップ送信方式/一括遅延振幅反転加算法による ONU32 台上り SDM-PON の伝送特性
  ◎小俣祐次・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
ONU32台 B-8-40 バイアス送信方式を用いたONU32台に対する上りSDM-PONの伝送特性
  ◎ダルハー ブヤンジャラガル・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
ONU救済 B-12-6 エラスティックλアグリゲーションネットワーク(EλAN)における光アドホックネットワークの提案
  ○岡本 聡(慶大)・関井貴大(Telecom Bretagne)・伊佐治義大・山中直明(慶大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
OPCI B-12-5 緊急時の重要光回線パスを強制的に確保する制御手法
  ○白岩雅輝・宮澤高也・古川英昭・淡路祥成・和田尚也(NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
OpenCV DT-1-1 OpenCV 3.0 ― コンピュータビジョンを簡単化するライブラリ
  浦西友樹(京大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2306)
Openflow B-7-25 大容量通信に対し動的にスケールする医療情報ネットワーク仮想化技術の検討
  ○小野 悟・猿渡俊介(静岡大)・渡辺 尚(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
Openflow BS-3-10 Performance Evaluation A Multipath Routing Method using Available Bandwidths on OpenFlow Networks
  ○Tomoyuki Kamiyama・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
OpenFlow B-3-19 衛星回線を想定したOpenWrtスイッチの性能評価
  ◎吉野長浩・小熊 博(富山高専)・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
OpenFlow B-6-86 OpenFlowのパケットコピー及びヘッダ書き換え機能を活用した多地点映像配信方式Flow Copy Castの提案
  ◎河井彩公子・築島幸男・島野勝弘(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-87 OpenFlowネットワークでのポリシー動的切り替え時における重要フロー維持手法の提案
  ◎大割健史・芳根 歩・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-88 OpenFlowにおけるコントローラ負荷軽減のためのPacket-Inメッセージの制限方式
  ◎田中亮平・神山智行・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-89 OpenFlowを用いた決め打ち探索法におけるメッセージ数削減手法
  ◎笠松琢磨・三好 匠(芝浦工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-90 SDN 技術を用いた8K 映像のセキュア伝送
  ◎田内悠希・岩崎祐也・丸山 充(神奈川工科大)・北村匡彦・君山博之(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-91 OpenFlowスイッチにおける高速な障害切替方式の実装と評価
  ◎熊川成正・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-92 OpenFlowを用いたデータ収集システムの通信制御に関する考察
  ○今池怜生・長坂康史(広島工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-6-94 SDNを用いたゲストとのネットワーク共有システム
  ◎岩下真也・渡邊 究・國枝孝之・東 義一(リコー)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
OpenFlow B-7-24 FLAREノードによる広域ネットワークSDN制御実験
  ○山本 周・中尾彰宏(東大)・平久 紬・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
OpenFlow B-8-50 超コンフィギュラブルパケットスイッチの提案
  ○西村和人・廣田正樹・朝永 博(富士通研)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
OpenFlow B-12-4 光パス・パケット統合網におけるOpenFlowを用いたオフローディング手法の検討
  ◎前嶌佑哉・大砂古雅喜・谷川陽祐(阪府大)・廣田悠介(阪大)・戸出英樹(阪府大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
OpenFlow B-16-7 最適マルチパスルーティングのためのフローテーブル構成法
  ◎高橋洋介・鈴木晃人・辻野雅之・石橋圭介・塩本公平(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
OpenFlow B-16-8 帯域情報付加パケットによるネットワーク輻輳回避手法の評価
  ◎安藤翔一(東北大)・林 優一(東北学院大)・水木敬明・曽根秀昭(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
OpenFlow B-17-9 An Application of Queuing Theory to OpenFlow-based Wireless Networks
  ○Vuong V. Mai(The Univ. of Aizu)・Kien Nguyen・Kentaro Ishizu(NICT)・Anh T. Pham(The Univ. of Aizu)・Fumihide Kojima(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
OpenFlow B-20-15 OpenFlowを用いた既存の医療用VPN回線の統合
  ◎星 一眞・李 中淳・鈴木裕之・小尾高史・大山永昭(東工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
OpenFlow-based Wireless Networks B-17-9 An Application of Queuing Theory to OpenFlow-based Wireless Networks
  ○Vuong V. Mai(The Univ. of Aizu)・Kien Nguyen・Kentaro Ishizu(NICT)・Anh T. Pham(The Univ. of Aizu)・Fumihide Kojima(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
OpenPNE D-9-11 OpenPNE3からFacebookへの同時投稿
  ◎柴田駿介・山守一徳(三重大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
OpenWrt B-3-19 衛星回線を想定したOpenWrtスイッチの性能評価
  ◎吉野長浩・小熊 博(富山高専)・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
OPPM変調 A-9-18 遠近問題のある非同期光無線CDMA通信方式におけるハードリミタ閾値の動的制御
  ◎山本雄亮・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
Opportunistic routing B-6-115 アドホックネットワークにおける領域制限形Opportunistic Routing
  ◎荒木涼太郎(芝浦工大)・山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
Opportunistic Routing BS-2-5 Opportunistic Routingにおけるホップ数と近傍関係に基づく冗長パケット削減手法
  ○山崎 託(早大)・山本 嶺(電通大)・三好 匠(芝浦工大)・朝香卓也(首都大東京)・田中良明(早大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
OPS B-12-3 光パケット・回線統合ネットワークにおける要求スロットサイズを考慮した周波数資源内の動的境界移動に関する検討
  永富 賢・杉原盛太郎・○廣田悠介・藤井祥平(阪大)・戸出英樹(阪府大)・渡辺 尚(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
optical BS-3-2 Minimizing Cost in Multi-Core Fibre Optical Networks
  ○Filippos Balasis・Sheng Xu・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
optical comb C-3-6 相互相関方式による全光半導体ゲート型モードロックレーザ出力パルス波形品質の外部変調周波数離調度依存性とその許容範囲究明
  ◎南出雄佑・渋谷俊憲・瀬田川悠輝・竹下 諒・長広憲幸・上野芳康(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
Optical comb C-3-4 ツイン型波長選択スイッチによる光コムスペクトル平坦化
  ○田澤英久・大塚節文(住友電工)・坂本高秀(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
optical frequency comb C-14-9 QPSK変調による300 GHz帯無線リアルタイム伝送
  ◎藤田悠介・安田 優・久武信太郎(阪大)・桑野 茂・寺田 純・大高明浩(NTT)・永妻忠夫(阪大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
optical network BI-7-4 光のSDNとノードアーキそしてソフトウエア化の将来展望
  ◎関屋元義・片桐 徹(富士通研)・Xi Wang(米国富士通研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
Optical path network BS-3-3 Performance Improvement of Optical Networks with Waveband Virtual Links
  ◎Yusaku Ito・Yojiro Mori・Hiroshi Hasegawa・Ken-ichi Sato(Nagoya Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
optimization A-6-11 スタンダードセル回路定数自動最適化システム
  ○後藤和昭(ラピスセミコンダクタ)・松井悠祐(ローム)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
Optimization BCS-1-6 FAST PARETO-GENETIC ALGORITHM OPTIMIZATION METHOD FOR ANTENNA USING SURROGATE MODEL
  ○Sindhuja Patchaikani・Yoshihiko Kuwahara(Shizuoka Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
optimization algorithm A-10-16 rERA: An Optimization Algorithm of Task Dependency Graph for Scheduling
  ◎Zhuo Cheng・Yasuo Tan・Yuto Lim(JAIST)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
optoelectronic routers BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
OQPSK B-8-60 広帯域OQPSKとその周波数領域等化の一検討
  ◎平元一喜・梅原大祐(京都工繊大)・村田英一(京大)・田野 哲(岡山大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
Orange3 A-6-9 コンパイラ基盤 LLVM バックエンドのランダムテスト
  ○田中健司・石浦菜岐佐(関西学院大)・西村啓成・福井昭也(ルネサスシステムデザイン)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
Oranges CK-2-4 Microwave Sensor for Defected-Fruit Classification
  ○Prapan Leekul・Chinarong Kittiyanpunya・Sorawat Chivapreecha・Monai Krairiksh(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
orbital angular momentum B-19-15 A Study on Orbital Angular Momentum-Based Wireless Communication
  ○Doohwan Lee(NTT)・Theerat Sakdejayont(The Univ. of Tokyo)・Hirofumi Sasaki・Hiroyuki Fukumoto・Tadao Nakagawa(NTT)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
Orchestration BI-7-3 トランスポートSDNにおけるネットワークオーケストレーション技術-ODENOS-
  神谷聡史(NEC)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
organic thin-film transistor CI-4-6 プッシュコート法による可溶性n型有機半導体薄膜の作製とトランジスタ特性
  近松真之(産総研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
OSAN B-8-42 高速引込みと高安定特性を有する10Gbps光バースト受信部の構成法
  ◎廉 京日・栗山宜巳・上田裕巳(東京工科大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
Oscillations DS-1-3 (依頼講演)Oscillations in Population Protocols
  ○Anissa LAMANI・Masafumi Yamashita・Yukiko Yamauchi(Kyushu Univ.)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
OSNR B-10-36 伝送路OSNR改善に向けた前方励起2次ラマン増幅の検討
  ◎松下明日香・堀越建吾・米永一茂・平野 章(NTT)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
OSNR推定 B-10-43 RF解析方式を用いるOSNRモニタサブシステムの試作
  ○吉田節生・小田祥一朗・青木泰彦(富士通)・Jens C. Rasmussen(富士通研)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
OSNRモニタ B-10-86 3×3 Si-MMIカプラを用いたインバンドOSNRモニタの特性評価
  ○谷澤 健・反本啓介・鈴木恵治郎・池田和浩・並木 周・河島 整(産総研)(3月18日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
OSS B-6-12 大規模ソフトウェア開発におけるOSSを利用した下流工程の自動化検討
  ○入江佐江子・篠田貴彦・河合智弘・守屋 洋・関 安宏・福田芳巳・菊間一宏(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
OTA測定 B-1-169 偏波制御MIMOアンテナを用いたスループットOTA評価
  ◎狩谷健登・表 航平・李 鯤・本田和博・小川晃一(富山大)・小柳芳雄・佐藤 浩・三浦 律(パナソニック)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
OTA B-1-219 2ステージ型MIMOフェージングエミュレータを用いたMIMO伝送特性評価
  ◎永井克弥・久野伸晃・村上裕馬・唐沢好男(電通大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
OTDM C-3-6 相互相関方式による全光半導体ゲート型モードロックレーザ出力パルス波形品質の外部変調周波数離調度依存性とその許容範囲究明
  ◎南出雄佑・渋谷俊憲・瀬田川悠輝・竹下 諒・長広憲幸・上野芳康(電通大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
OTDR B-13-4 1μm帯モード検出型OTDRの長距離化に向けた プローブパルスの入力パワーに関する検討
  ○中村篤志・岡本圭司・古敷谷優介・真鍋哲也(NTT)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
OTN B-10-76 再構成可能トランスポンダに適用する可変トランスポートフレームによる無中断切替
  ○手島光啓・山田義朗(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
OTN B-12-8 OTNにおけるレート適応型FECに向けたマルチキャリア伝送フレームの検討
  ○久保和夫・高 山・亀谷聡一朗・杉原隆嗣(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
Over-The-Air Testing BS-1-15 Bit-Error-Rate OTA Testing of BAN Antennas Based on Shadowing-Fading Hybrid Effects
  ○Kun Li・Keisuke Murata・Kazuhiro Honda・Koichi Ogawa(Toyama Univ.)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
Over-the-Top BT-3-4 通信産業の構造変化とプラットフォーム機能をめぐる政策課題
  実積寿也(九大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1408)
Overlay BS-3-28 Experimental Evaluation of a Virtual Overlay Network On Top Of Dynamic Topology Reformation in Wi-Fi Peer-to-Peer Networks
  ◎Prakash Chaki・Masato Yasuda・Gen Motoyoshi(NEC)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Overlay Network BS-3-13 Analyzing the Traffic Correlation-Based Attacks on Tor
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Celimuge Wu・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)