キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

N

n-type organic semiconductor CI-4-6 プッシュコート法による可溶性n型有機半導体薄膜の作製とトランジスタ特性
  近松真之(産総研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1407)
Named Node Network Simulator B-6-121 3N-Simulator Package Transmission on Physical Network
  ○Xin Qi・Lu Zhang・Takuro Sato・Zheng Wen(Waseda Univ.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
Nanowire C-10-13 InAsナノワイヤ/CMOS集積回路のLOCへの応用
  ◎島本一成・多田共史・荻野雄大・朝倉啓太・下村和彦・和保孝夫(上智大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
Nash BS-3-32 Economic Analysis of Mobile Data Offloading Cooperation Market
  ○Cheng Zhang・Bo Gu・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
NAT B-7-26 NAT環境に対応したMobileIPv6
  ○佃 隆太郎・松澤智史・武田正之(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
NAV B-5-166 無線LAN既存システム混在環境における端末グルーピング方法の実験的検討
  ○新宅俊之・岩渕匡史・井之上瑞紀・鬼沢 武・阪田 徹(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
Navigation Timing API B-11-8 Navigation Timing APIを用いた品質劣化区間判定手法の一検討
  ○吉村憲子・池上大介・本多泰理・野尻秀樹・高橋 玲(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
NavigationTiming API B-14-26 複数事業者を跨いだE2Eサービス監視,並びに故障切り分け方法
  ◎尾居愛子・武 直樹・大西浩行・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
NBSFC A-5-8 NBSFC型個別音像生成における制御点周辺の抑圧性能の実環境評価
  ◎堀井慎平・立蔵洋介(静岡大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1210)
NCG B-10-72 LDPC符号の行分割方式によるレート適応型FEC方式
  ○杉原堅也・亀谷聡一朗・久保和夫・杉原隆嗣・松本 渉(三菱電機)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
NDN B-6-122 DTN環境でのコンテンツ指向ネットワークにおけるキャッシュ判断法の性能評価
  ◎速水祐作(関西大)・柳生智彦(NEC)・山本 幹(関西大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
NDN B-6-133 NDNにおける第5世代移動通信システムのプッシュ型コンテンツ配信
  ◎前田泰彰(早大)・Zhiwei Yan(Internet Network Information Center, China)・朴 容震・亀山 渉(早大)・Kashif Nisar・Asri Ibrahim・Hijiazi Ahmad(Universiti Malaysia Sabah)・Heedon Kim(Hankuk Univ. of Foreign Studies)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
NDN B-7-3 MANET環境におけるNDNベースのデータ配信手法
  ○松橋洋典・松澤智史・武田正之(東京理科大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
NDN B-7-5 NDN のキャッシュ機能による消費電力増減のトレードオフに関する一考察
  ◎武政淳二・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
NDN BP-2-1 IoT時代の情報指向ネットワーク技術の開発
  ○福田健一(富士通研)・伊藤 章(米国富士通研)・佐藤 出・栗田敏彦(富士通研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
NDN BP-2-2 パナソニックのICN研究開発
  ○村本衛一・米田孝弘・大西遼太(パナソニック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
Negative Surveys B-15-17 モバイルセンシングにおけるPerturbation後の復元精度推定
  ◎鈴木孝男・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
NetInf B-7-4 NetInfを適用した複数M2Mサービスを実現するセンサネットワークの実装
  ◎改田高大・鳥本雄大・大塚裕幸・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
NetInf BS-2-6 情報指向型ネットワーク方式に基づくセンサネットワークにおける動的経路変更法
  ◎小池将史・改田高大・水野 修(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
network BS-3-32 Economic Analysis of Mobile Data Offloading Cooperation Market
  ○Cheng Zhang・Bo Gu・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
network BS-3-34 Intelligent Bandwidth Consumption Scheduler Considering the Connectivity of Heterogeneous Wireless Networks and Users' Preferences
  ○Bo Gu・Cheng Zhang・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
network analysis BS-3-17 A NEW GENERAL MODEL OF THE LIMITED-AVAILABILITY GROUP
  ○Mariusz Glabowski・Hanczewski Slawomir(Poznan Univ. of Tech.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
network coding B-7-44 Network Coding Scheme based on Selection of Number Input Packets in X-topology Network
  ○Rithea NGETH・LIN NYAN・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
Network design BS-3-3 Performance Improvement of Optical Networks with Waveband Virtual Links
  ◎Yusaku Ito・Yojiro Mori・Hiroshi Hasegawa・Ken-ichi Sato(Nagoya Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Network Function Virtualization BS-3-8 A High-secure IoT-based Lifestyle Monitoring System in the Context of Ageing Society
  ○Ping Du・Pratama Putra・Shu Yamamoto・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
network modelling BS-3-17 A NEW GENERAL MODEL OF THE LIMITED-AVAILABILITY GROUP
  ○Mariusz Glabowski・Hanczewski Slawomir(Poznan Univ. of Tech.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
Network Softwarization BP-7-1 5G時代に向けたネットワークの進化
  中尾彰宏(東大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
Network Virtualization B-17-20 Network Virtualization for Flexibility on 5G Mobile Device
  ○Kien Nguyen・Kentaro Ishizu(NICT)・Hiroyuki Shinbo(ATR)・Fumihide Kojima(NICT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
Network Virtualization BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
neural competition N-1-4 Excitation Level Controls Neural Competition In Recurrent Neural Networks
  ○Hideyuki Kato(Tokyo Univ. of Tech.)・Tohru Ikeguchi(Tokyo Univ. of Science)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
neural network N-1-4 Excitation Level Controls Neural Competition In Recurrent Neural Networks
  ○Hideyuki Kato(Tokyo Univ. of Tech.)・Tohru Ikeguchi(Tokyo Univ. of Science)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Neural Network D-20-13 価格弾力性を考慮した牛乳の販売量予測に関する研究
  ○坪井英治・柴田慎一(大同大)・田嶋拓也(福岡工大)・阿部武彦(愛知大)・木村春彦(金沢大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
neural oscillation N-1-4 Excitation Level Controls Neural Competition In Recurrent Neural Networks
  ○Hideyuki Kato(Tokyo Univ. of Tech.)・Tohru Ikeguchi(Tokyo Univ. of Science)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Neuro Computing D-2-3 SpikePropネットワークの動的構成−中間層ユニット追加時の結合荷重の決定法の一検討−
  ◎豊田拓也・高瀬治彦・川中晴普・鶴岡信治(三重大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
neuron N-1-3 Highly irregular spike trains generated from weakly fluctuated inputs
  ○Ryosuke Hosaka(Fukuoka Univ.)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
New RAT BP-1-2 第5世代移動通信の展望と取り組み
  ○藤井輝也・吉野 仁・山口 良・岡廻隆生・長手厚史(ソフトバンク)(3月17日発表 センター2号館 3F 2303)
New RAT BP-1-7 エリクソンの5Gの展望と取り組み
  Erik Dahlman・Stefan Parkvall(Ericsson Research)・○村井英志(エリクソン・ジャパン)(3月17日発表 センター2号館 3F 2303)
New waveform B-5-35 異なるSubCarrier Spacing通信隣接時の各OFDM方式間の特性比較
  ◎柴山昌也・戸田和秀・橋本典征・Thomas Bourgeois・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
New waveform B-5-36 Suppressed-Tail DFT-Spread UF-OFDMの提案と評価
  ◎橋本典征・Thomas Bourgeois・戸田和秀・柴山昌也・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
New Waveform B-5-33 5G 無線方式に向けた下りOFDM信号と新伝送波形信号の共存方式の検討
  ○長谷川 剛(富士通研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
Newmark-Beta法 C-15-21 半陰的2次元FDTD法における表面インピーダンス境界の検討
  ○藤田和広(富士通)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
NFC B-6-32 NFCを用いた災害情報配信システム
  ◎宮下 弦・芳根 歩・飯塚 航・水野 修(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
NFC型活動量計 BI-10-16 NFC型活動量計とサイネージを用いた健康情報の見える化・共有化による行動変容
  宮川一郎(習志野台整形外科内科)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
NFS D-6-20 負荷分散のための記憶装置アクセス方式の評価
  ◎堀井圭祐・水口武尚・落合真一(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
NFV B-6-49 LB集約を用いたNFVスケーラブルサービスチェインの試作開発
  ◎西島孝通・坪内宏司・光延秀樹・加納慎也(富士通研)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-50 サービスチェイニングにおける必要帯域を考慮したリソース配置手法
  ◎阿久津直樹・馬場健一(工学院大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-51 仮想CPE/SGWにおけるサービスチェイニングルーティング法
  ○福岡亜希・杉園幸司・木村明寛・山本太三(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-53 IPヘッダの拡張フィールドを利用したタグプロキシ機能の提案
  ◎本間俊介・望月このみ・山崎裕史(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-69 NFV環境におけるVM間接続方式の検討 ~NetroSphere構想実現に向けて~
  ○小川泰文・高田直樹・奥谷武則(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-70 NFV向けサーバ/スイッチ間物理トポロジの一検討
  ○日高直人・栗田弘之・岡田智広・中村宏之(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-71 エッジ機能の仮想化におけるトンネル機能
  ○大坂 健・西原英臣・本間俊介・渡辺裕太(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-72 SDN/NFVを用いたアプリケーションカスタマイズ基盤の提案
  ◎南 勇貴・持田康弘・市川潤紀(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
NFV B-6-86 OpenFlowのパケットコピー及びヘッダ書き換え機能を活用した多地点映像配信方式Flow Copy Castの提案
  ◎河井彩公子・築島幸男・島野勝弘(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
NFV B-8-63 PON-OLT機能のソフトウェア化に向けた実装方式検討
  ○西本恵太・田所将志・持田武明・田中逸清・武田哲之・井上貴司(NTT)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
NFV B-14-10 階層的NW管理におけるサービスに応じた情報収集範囲制御方式
  ◎須藤侑一・中島 求・木村辰幸・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
NFV B-14-21 仮想化とCAPEX/OPEXの相関関係に関する一考察
  ○川上健太・倉橋利幸・安川正祥(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
NFV B-14-22 仮想化環境におけるパケット処理性能評価手法に関する一考察
  ○吉田英達・中村 亘(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
NFV B-14-24 複数VNFに対するSOMクラスタリング異常検知手法の適用
  ◎丹羽朝信・宮澤雅典・林 通秋(KDDI研)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
NFV BI-7-1 Network Softwarization for 5G Mobile Network
  中尾彰宏(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
NFV BI-7-2 SDN/NFVに向けた学際的アプローチによるネットワーク管理
  塩本公平(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
NFV BP-7-1 5G時代に向けたネットワークの進化
  中尾彰宏(東大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
NFV BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
NFV BT-3-3 次世代MVNOのためのアプリケーション特化型トラフィック制御
  中尾彰宏(東大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1408)
NFV TK-3-5 NFV/SDN時代に向けたオープン化と標準化、技術チャレンジ
  林 通秋(KDDI研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
NG-PON2 B-13-33 NG-PON2を想定した波長選択光フィルタの配置構造
  ○橋本貴明・寺川邦明・梶原佳幸(NTT)(3月18日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
NIRS A-16-1 異なる種類のコンテンツが脳血流に与える影響
  ○澤田大貴・杜 洋・柴田啓司・稲積泰宏・堀田裕弘(富山大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
NIRS A-16-2 情報端末の違いが酸素化ヘモグロビンに与える影響
  ○小笠原 勇・杜 洋・柴田啓司・稲積泰宏・堀田裕弘(富山大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
NIRS H-2-2 ディスプレイ解像度が脳活動及びタスク正答率に及ぼす影響
  ○阪本清美・田中 豊(パナソニック)・山下久仁子・岡田 明(阪市大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
NIST A-7-23 上書きによるデータ抹消:米国の主要方式と普及状況
  ◎瀧澤和子(早大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
NMF A-8-7 スペクトル分布グループ化によるNMFベース音響イベント検知
  ◎小松達也・仙田裕三・近藤玲史(NEC)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
NMF AT-1-4 MDL原理に基づくNMFのモデル選択及びサイバーセキュリティへの応用
  竹内純一(九大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1406)
NOMA B-1-215 ユーザ選択を用いたNOMAと送信BFの多ユーザ環境における特性
  ◎鈴木志明・西森健太郎・中川敬太・牧野秀夫(新潟大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
NOMA B-5-148 NOMAと上りマルチユーザMIMO伝送を融合した最適制御技術の一検討
  ○品川晃祥・福園隼人・吉岡正文・中村宏之(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
non-linear precoding B-5-31 Experimental Trial of Downlink Massive MIMO with Non-linear Precoding
  Xin WANG・Xiaolin HOU・○Huiling JIANG(DOCOMO Beijing Labs.)・Anass BENJEBBOUR・Yuya SAITO・Yoshihisa KISHIYAMA(NTT DOCOMO)・Jianglei MA・Jing QIU・Haihua SHEN・Chen TANG・Tingjian TIAN(Huawei Technologies)・Tsuyoshi KASHIMA(Huawei Technologies Japan)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
Non-orthogonal multiple access (NOMA) B-5-64 Investigation on R-ML receiver and constellation constraint on NOMA
  Xu ZHANG・Xiaohang CHEN・Anxin LI(DOCOMO Beijing Labs.)・○Kazuaki TAKEDA・Yosuke SANO・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG・Hidetoshi KAYAMA(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Non-orthogonal multiple access (NOMA) B-5-65 Investigation on adaptive power ratio in NOMA transmission with Gray mapping
  Xiaohang CHEN・Anxin LI(DOCOMO Beijing Labs.)・Kazuaki TAKEDA・Yosuke SANO・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG・○Hidetoshi KAYAMA(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Norm normalization D-12-3 GAT Correlation Matching with a Factor of Norm Normalization
  ◎Shizhi Zhang(Tokyo Tech)・Toru Wakahara(Hosei Univ.)・Yukihiko Yamashita(Tokyo Tech)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
Normalized Cuts D-12-97 孤立した密な部分グラフの発見による写真群からの主要人物抽出
  ○伊奈拓郎・橋本敦史・飯山将晃・美濃導彦(京大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
NP-completeness AS-1-5 A Note on the Spanning Subgraph Isomorphism Problem
  ◎Kenji Ichikawa・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
NPR D-11-22 デジタルカメラ画像からの水墨画風画像生成
  ◎井上智史宏・大寺 亮(神戸情報大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
NP困難 NS-1-2 Coherent Ising Machine上で動作させたHopfield-Tank Neural Networkによる組合せ最適化手法
  ◎金丸恵輔・安田裕之・黒田香織(東京理科大)・合原一幸(東大)・長谷川幹雄(東京理科大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
NRDガイド C-2-43 三逓倍型105GHz発振器用35GHz帯NRDガイド–低域フィルタ装荷同軸線路変換器の設計
  ◎寺本 慎・黒木太司(呉高専)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
NRDガイド C-2-44 W帯NRDガイドの伝送損失の測定
  ◎加茂佳彦・宗藤恒太郎・黒木太司(呉高専)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
ns-3 B-6-42 複数ルーティング構成のリンク削除がスループットに与える影響の評価
  ◎畑中崇志・橘 拓至(福井大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
ns-3 BT-2-5 ns-3によるモバイルシステムと光アクセスの連携シミュレーション
  ○中山 悠・中村浩崇・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
NSL A-6-10 NSLによるRISCプロセッサの開発
  ○松田昭信(九州組込みソフトウェアコンソーシアム)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
NSS BI-2-3 ノイズ抑制シートの評価方法
  小野寺大介・小野裕司(NECトーキン)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
NSS BI-2-6 伝送線路法を用いたノイズ抑制シートの材料評価技術
  ○武田 茂・山崎真之介・発知富夫・本村貞美・鈴木洋介(キーコム)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
NTP Network Time Protocol D-9-14 NTP時計に船内時を提供するための実装手法と精度調査
  ○鈴木 治・志井典子・大藪雅史(鳥羽商船高専)(3月15日発表 センター2号館 3F 2310)
NUDGE H-1-8 スマートフォンの長時間利用抑止を目的とした心理的うながしシステムの検討
  ○本庄 勝・斎藤長行・橋本真幸(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
number of transmissions B-7-44 Network Coding Scheme based on Selection of Number Input Packets in X-topology Network
  ○Rithea NGETH・LIN NYAN・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
NW仮想化 B-12-10 仮想エッジADMでの定率光分岐方式
  ○三澤 明・望月このみ・土屋英雄・中川雅弘・服部恭太・片山 勝・可児淳一(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
NWモデル B-8-16 大規模映像配信ネットワークのアーキテクチャ検討
  ○遠藤乾一・保米本 徹・笠原康信・片山 勝・須川智規・廣瀬貴史(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)