キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

I

I-Scover TK-8-1 I-Scoverはイノベーションテーマ発掘の宝箱
  井上友二(トヨタITC)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
I-Scover TK-8-4 I-Scoverを用いた時系列・技術要因分析システムの活用法
  ◎槇 俊孝・若原俊彦(福岡工大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
I-Scover TK-8-5 企業における研究活動の推進〜学会貢献と企業活動の両立を目指して〜
  岩村相哲(NTT)(3月15日発表 センター1号館 4F 1405)
I/O D-6-5 RAID環境における動的ファイル制御によるHadoopの性能評価
  ◎中島健司・藤島永太・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
I/O性能向上 D-6-4 ホストOSキャッシュ制御によるゲスト応用の性能向上
  ◎杉本洋輝・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
IaaS BS-3-16 Optimal Pricing Strategy for Service Provisioning in the Monopoly Cloud Context with Heterogeneous Users
  ○Xianwei Li・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
IaaS型クラウドサービス B-6-63 サーバ移動サービスにおけるサーバ配置決定アルゴリズムの性能改善
  ◎杉山弘道・福島行信(岡山大)・本吉 彦(NEC)・村瀬 勉(名大)・横平徳美(岡山大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
ICA B-5-121 SDMAを適用したBLEのための独立成分分析を用いたパイロットレス信号検出に関する一検討
  ◎瀧川将弘・衣斐信介・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
ICI A-9-14 OFDM伝送における繰り返し復調型ICIキャンセラ
  ○中村 聡(東京理科大)・大野光平(明大)・伊丹 誠(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
ICN B-7-2 ICNにおけるストリーミング再生を考慮したキャッシング方式の提案
  ◎三須剛史・花田真樹・金 武完(東京情報大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
ICN B-7-4 NetInfを適用した複数M2Mサービスを実現するセンサネットワークの実装
  ◎改田高大・鳥本雄大・大塚裕幸・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
ICN B-8-4 ICNにおけるプリントキャッシュによるコンテンツ転送時間の短縮
  ○渡邊大貴・中里秀則(早大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
ICN B-8-5 ICNにおけるサーバーモビリティについて
  ○木村梨沙(早大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
ICN BP-2-1 IoT時代の情報指向ネットワーク技術の開発
  ○福田健一(富士通研)・伊藤 章(米国富士通研)・佐藤 出・栗田敏彦(富士通研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
ICN BP-2-3 コンテンツ名を基調としたリアルタイムストリーミング
  ○松園和久・朝枝 仁(NICT)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
ICN(Information Centric Networking) B-7-9 マルチコアソフトウェアICNルータの省電力機構を有するCPUデバイスの消費電力推定に関する一考察
  ◎谷口航介・武政淳二・小泉佑揮・長谷川 亨(阪大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
ICNIRP B-4-13 6 GHz超におけるパッチアンテナ近傍電界分布
  ○大西輝夫・佐藤 圭(NTTドコモ)・平田晃正(名工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
ICP D-12-69 3次元動体のリアルタイムスキャニング
  ◎松本依里紗・藤田 悟(法政大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
ICP D-12-71 Kinect Fusionを用いた高精度3Dモデル作成方法の検討
  ○古賀誠也・佐竹純二(福岡工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
ICT BI-9-3 大規模災害時に通信の即時回復を可能とする移動式ICTユニット
  小田部悟士(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2216)
ICT BI-10-6 情報通信設備を考慮した病院建築・設備のあり方の再考
  ○花田英輔(佐賀大)・工藤孝人(大分大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
ICT D-15-15 ICT技能習得のための教育訓練方法について調査・分析
  ◎漆谷嘉則(九州職業開発大)・大野成義・遠藤雅樹(職業開発大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
ICT-DIG A-14-22 津波避難対策のためのICT-DIGシステムの開発
  ◎近藤晴香・福田祐樹・井上仁志・大内清香・浦上美佐子・岡村健史郎(大島商船高専)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ICT活用 D-15-14 ICT活用による意識向上を目指した産学連携キャリア教育の実践
  ○鈴木孝幸・八木 勲・鷹野孝典・宮崎 剛・稲葉達也・納富一宏(神奈川工科大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
ICT機器の活用 D-15-43 タブレットPCを活用する授業のための支援ツールの開発
  ◎木村健吾・中田 充(山口大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
ICT教育 D-15-43 タブレットPCを活用する授業のための支援ツールの開発
  ◎木村健吾・中田 充(山口大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
ICTサービス A-12-8 ICTサービスの開発段階における環境配慮方法
  ○櫻井 敦・岡 宏規・田中百合子(NTT)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
ICTサービス A-12-9 ネットワークサービスの環境負荷削減効果(2)
  ○長尾友美・原 美永子・飯橋真輔(NTT)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
ICT農業 B-18-27 ICT農業のための低コストセンサ情報収集システムの開発
  ◎森 健太・千葉慎二(仙台高専)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
ICカード D-9-29 券面の可変情報を起因とするICチップ内情報の読出しに関する研究
  ○角 憲祐・諏訪佑介・鈴木裕之・小尾高史・大山永昭(東工大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
IDMA A-2-7 ガウス近似法を用いたSC-RA-IDMAの数値解析
  ◎坂口尭駿・柴田健伍・吉田雅一・程 俊(同志社大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
IDMA方式 B-5-79 少ユーザ多重接続通信路における並列連接符号の性能評価
  ◎菊田資仁・吉田雅一・程 俊(同志社大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
IDS TK-5-1 九州大学におけるセキュリティ対策の紹介
  岡村耕二(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1405)
IEC BI-2-1 ノイズ抑制シートにおける国際標準化活動
  村田雄一郎(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
IEC62333 BI-2-1 ノイズ抑制シートにおける国際標準化活動
  村田雄一郎(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2203)
IEEE B-4-13 6 GHz超におけるパッチアンテナ近傍電界分布
  ○大西輝夫・佐藤 圭(NTTドコモ)・平田晃正(名工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
IEEE 802.11ac B-11-19 無線LANにおけるネットワーク制御型チャネル割当法の性能評価
  ○アベセカラ ヒランタ・松井宗大・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
IEEE 802.11ac BT-1-1 無線LAN標準IEEE 802.11ac/axの概要
  浅井裕介(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
IEEE 802.11ad B-5-143 ミリ波通信におけるオンライン機械学習を用いた深度画像からのスループット推定
  ◎岡本浩尚・西尾理志・守倉正博・山本高至(京大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
IEEE 802.11ax B-5-138 高効率無線LANにおけるレガシ端末宛送信を考慮したDSC技術
  ○篠原笑子・井上保彦・岩谷純一・溝口匡人(NTT)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
IEEE 802.11ax BT-1-1 無線LAN標準IEEE 802.11ac/axの概要
  浅井裕介(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
IEEE 802.15.4 A-17-5 複数機器無線制御に適用したIEEE 802.15.4の多元接続方式の選択手法に関する一検討
  ◎植松悠至・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
IEEE1901 B-8-69 九州大学学生寮の電力幹線を使用した「HD-PLC」通信実験
  ○古賀久雄・脇阪俊幸・荒巻道昌(パナソニック)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
IEEE802.11 B-8-55 IEEE802.11無線LAN規格混在環境におけるスループット評価
  ○淺原 隆・小野良司(三菱電機)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
IEEE802.11ac A-15-7 MU-MIMO向け低演算量プリコーディングとCSIフィードバックのASIP実装
  ○横田裕司(九工大)・吉澤真吾(北見工大)・尾知 博(九工大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
IEEE802.11ac B-6-110 放送・通信連携サービスを想定したWi-Fiネットワーク上における8K映像配信の品質評価
  ◎原田臨太朗・折橋翔太・金井謙治(早大)・松尾康孝(NHK)・甲藤二郎(早大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
IEEE802.11ac B-10-41 OFDM信号のDFB-LD直接変調とLNM外部変調による合成変調
  ◎伊礼琴代・照屋未来・知念幸勇(沖縄高専)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
IEEE802.11ad B-19-12 遮蔽環境におけるミリ波無線LAN基地局の最適配置に向けた検討
  ◎江上晃弘・西尾理志・守倉正博(京大)・村山大輔・中平勝也(NTT)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
IEEE802.11ad BT-1-2 IEEE802.11ad/ayにおけるミリ波帯高速無線通信技術
  ○入江誠隆・本塚裕幸・高橋 洋・高橋和晃(パナソニック)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
IEEE802.11ax B-5-137 IEEE802.11axにおけるアップリンクマルチユーザ向けMACプロトコルに関する研究
  ◎杉山雄一・宮本卓真・上井竜己・長尾雄平・ラナンテ レオナルドJr.・黒崎正行・尾知 博(九工大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
IEEE802.11n B-5-165 無線LAN環境におけるサブキャリアホッピングマルチアクセスの特性評価
  ◎堀 勇太・落合秀樹(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
IEEE802.11n BS-3-35 THROUGHPUT MEASUREMENTS WITH VARIOUS INDOOR AP PLACEMENT CONDITIONS FOR IEEE802.11N WIRELESS NETWORKS
  ○Kyaw Soe Lwin・Nobuo Funabiki・Md. Ezharul Islam(Okayama Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
IEEE802.11p B-7-52 歩車間通信における送信フレーム量軽減のためのクラスタ通信方式
  ○平井健士(名大)・大西洋文(Alpine Electronics Research of America)・村瀬 勉(名大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
IEEE802.15.4 B-19-5 無線センサネットワークにおける緊急通知方法の検討
  ○杣 信吾・澤 健太郎・八木章好(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IEEE802.15.4g CK-3-1 IoTシステムの技術動向と実用化に向けた取り組み
  松井 進(阪工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
IEEE802.3br B-8-6 超低遅延ネットワークを実現するFrame Preemption方式の実証
  ○別所浩資・井上礼子・堀田善文・川手竜介(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
IET B-6-46 IETを適用するレイヤ2スイッチの高信頼化方式に関する一検討
  ◎後藤悠司・谷口幸子・川手竜介(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
iFORP-CRS AS-6-5 車車間通信用無線アドホックネットワークプロトコルiFORP-CRSの評価
  ◎齊藤和貴・行田弘一(芝浦工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
IFファイバ伝送 C-14-4 ファイバ無線ネットワークによるW帯ミリ波信号IF over fiber伝送システムの検討
  ○菅野敦史・Tien Dat Pham・山本直克(NICT)・川西哲也(早大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
III-V/Siハイブリッド集積 C-4-7 プラズマ活性化貼付法を用いたAlInAs酸化狭窄構造を有するGaInAsP/SOIハイブリッドレーザの作製
  ◎鈴木純一・林 侑介・井上慧史・Shovon MD Tanvir Hasan・雨宮智宏・西山伸彦・荒井滋久(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
IL-PLL C-12-8 DSMを用いた自動配置配線可能なDCOによる IL-PLLのReference Spur 低減手法
  ○Huy Cu Ngo・中田憲吾・岡田健一・松澤 昭(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
ILA B-16-9 インターネット接続方式の一検討
  ○入野仁志・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
ILP BS-3-2 Minimizing Cost in Multi-Core Fibre Optical Networks
  ○Filippos Balasis・Sheng Xu・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
ILS進入方式 A-13-1 RNP ARとILS進入方式との混合運用における異常接近予測
  ○天井 治・松岡 猛(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
IM/DD AS-3-7 二重化ACO-OFDMを用いた室内光無線通信の一検討
  ◎神津知之・大内浩司(静岡大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
image processing D-11-35 Research on Simple and high precision 3-D measurement system
  ◎QIKAI LI・CUNWEI LU(Fukuoka Inst. of Tech.)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
image retrieval H-2-1 Preliminary Experimental Result on Image Similarity Estimation based on Eye Information
  ○Mario Saputra・Mutsumi Suganuma・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター1号館 2F 1209)
Image Synthesis D-11-34 A High Sensitivity Shape Measurement Method of Minute Object by Using Laser Projection and Microscope
  ◎XILEI WANG・CUNWEI LU(Fukuoka Inst. of Tech.)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
IMDD方式 B-8-73 IMDD方式に適用可能な周波数領域電気分散補償法に関する検討(2)〜冗長度とバッファ遅延に関する検討〜
  ◎小林 嵩・田中和樹・縣 亮・西村公佐(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
IMFET C-2-8 短ゲートGaN HEMTを用いたKu帯高効率電力増幅器
  亀井 雅・中澤 進・長坂正史・田中祥次(NHK)・○鳥居拓真・今井翔平・山中宏治・河野正基(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
Immediately Envyfree D-1-4 分割不可能な財のオンライン配分方式
  ◎清水航平・真鍋義文(工学院大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
Impedance buffer B-4-48 中波帯アイソレータのインピーダンス特性
  若井一顕・◎阿久根康台・橋口雄磨(第一工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
Implant BAN B-20-6 Preliminary consideration of antenna de-embedding for in-body wireless communication network channels
  ○Takahiro Aoyagi(Tokyo Tech)・Raúl Cháves-Santigo・Ilangko Balasingham(Oslo Univ. Hospital)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
IMT Evolution BP-1-2 第5世代移動通信の展望と取り組み
  ○藤井輝也・吉野 仁・山口 良・岡廻隆生・長手厚史(ソフトバンク)(3月17日発表 センター2号館 3F 2303)
In-Ga-Zn-O C-9-9 In-Ga-Zn-Oの磁気抵抗効果
  ○木村 睦・宮村祥吾・松田時宜(龍谷大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
InAs C-10-13 InAsナノワイヤ/CMOS集積回路のLOCへの応用
  ◎島本一成・多田共史・荻野雄大・朝倉啓太・下村和彦・和保孝夫(上智大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
Information Centric Networking B-7-1 SDNスイッチとCCNルータを用いた協調転送方式に関する一検討
  ◎植田一暁・横田健治・田上敦士(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
Information Model BP-6-3 IEC TC57におけるスマートグリッド標準化の現状と課題
  ○小林延久(日立)・水野 修(工学院大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
Information-Centric Network BS-3-7 Analysis of Transmission Efficiency Based on Social Big Data
  ○Qiaozhi Hua・Di Zhang・Xin Qi・Takuro Sato(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Information-Centric Networking BS-2-6 情報指向型ネットワーク方式に基づくセンサネットワークにおける動的経路変更法
  ◎小池将史・改田高大・水野 修(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
Infrastructure as Code D-23-12 ソフトウェア開発のための社内共通基盤構築に向けた取組み
  ◎佐藤隆佑・田村孝之(三菱電機)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
injection locking B-10-52 320 Gbit/s, 256 QAM Coherent Optical Transmission over 160 km with an LD-based Injection-locked Homodyne Receiver
  ◎Yixin Wang・Keisuke Kasai・Masato Yoshida・Masataka Nakazawa(Tohoku Univ.)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
Innovation TK-7-1 イノベーションに向けたR&D変革
  栄藤 稔(NTTドコモ)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
InP C-3-39 InPモノリシック集積偏波アナライザの提案と試作
  ○川端祐斗・種村拓夫・中野義昭(東大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2207)
InP C-4-3 非対称導波路型位相シフタによるInP系90°ハイブリッド集積受光素子の低チャネル間感度偏差
  ◎沖本拓也・八木英樹・増山竜二・櫻井謙司・西本頼史(住友電工デバイス・イノベーション)・菊地健彦(住友電工)・堀野和彦(住友電工デバイス・イノベーション)・江川 満(住友電工)・米田昌博(住友電工デバイス・イノベーション)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
InP C-10-7 EA変調器の非線形消光特性を補償するInP HBT PAM4 ドライバ
  ◎岸 俊樹・長谷宗彦・金澤 慈・小林 亘・山崎裕史・井田 実・栗島賢二・野河正史・木村俊二・野坂秀之(NTT)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
InP CI-5-8 InP-HEMTを用いた280GHz帯、20Gbps受信モジュール
  ○川野陽一・松村宏志・芝 祥一・佐藤 優・鈴木俊秀・中舎安宏・高橋 剛・牧山剛三(富士通)・岩井大介(富士通研)・原 直紀(富士通)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
InP HEMT CI-5-7 InP-HEMT MMICによる300 GHz帯20 Gbit/s超ASK送信モジュール
  ◎濱田裕史・小杉敏彦・ホジン ソン・矢板 信・アミン エルムタワキル・松崎秀昭・野坂秀之(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
InP MZ変調器 B-10-37 InP MZ変調器小振幅駆動時の伝送特性に関する検討
  ◎三浦浩志・松田恵介・吉田 剛・鈴木巨生・野田雅樹(三菱電機)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
InP変調器 C-10-6 4×32Gbit/s小型・高利得リニアドライバIC開発
  ◎板橋直樹・巽 泰三・森山 豊・荻田省一(住友電工)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
INR B-1-218 MU-MIMO伝送におけるCollision Detectionのための干渉対熱雑音電力比(INR)距離特性
  ○安藤和真・堅岡良知・西森健太郎・牧野秀夫(新潟大)・平栗健史(日本工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
INS B-2-13 GNSS/INS複合測位における信頼度指標の算出に関する研究
  ○菊地 錬・久保信明(東京海洋大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
InSb C-15-13 コアを基板に埋め込んだテラヘルツSPR導波路型センサの解析
  柴山 純・◎清水圭介・山内潤治・中野久松(法政大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
integrated array antenna B-1-187 Performance Analysis of Magic-T Integrated Array Antennas in Two Different Configurations
  ◎Rimi Rashid・Eisuke Nishiyama・Ichihiko Toyoda(Saga Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
inter-session B-7-44 Network Coding Scheme based on Selection of Number Input Packets in X-topology Network
  ○Rithea NGETH・LIN NYAN・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
Interactive Alignment H-1-4 3人会話におけるInteractive Alignmentの特徴分析
  ◎谷添友哉・石田 充・小此木謙一・Khalifa AlBara(同志社大)・馬田一郎(NICT)・加藤恒夫・山本誠一(同志社大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
Interconnect C-4-20 Low chirp operations of transverse-coupled-cavity VCSELs
  ◎Shanting Hu・Xiaodong Gu・Fumio Koyama(Tokyo Tech)(3月17日発表 センター2号館 2F 2201)
INTERFERENCE B-17-7 マルチホップ無線LANにおける隠れ端末の影響評価
  ◎小坂哲也・堀 敏典・飯島昌平・石田秀徳・大塚 晃(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
interference avoidance BS-3-26 Interference suppressing performance of a sub-band selection based MIR UWB system
  ○LIN QI(Harbin Engineering Univ.)・Masaaki Katayama(Nagoya Univ.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Interference cancellation (IC) B-5-64 Investigation on R-ML receiver and constellation constraint on NOMA
  Xu ZHANG・Xiaohang CHEN・Anxin LI(DOCOMO Beijing Labs.)・○Kazuaki TAKEDA・Yosuke SANO・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG・Hidetoshi KAYAMA(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Internet of things BS-3-24 Exploiting the Dynamics of Rayleigh Fading Channels for Wireless High-Dense Networks with Multiple Relays
  ◎Khoirul Anwar(JAIST)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Internet of Things BP-3-2 モバイルエッジコンピューティングの技術動向 BP-35G/IoTに向けたエッジコンピューティングの技術動向
  岩井孝法(NEC)(3月17日発表 センター1号館 4F 1405)
internet traffic BS-3-14 Design of HELIOS, a Network Anomaly Visualization Tool
  ◎Matthias Gusenbauer(TU Wien)・Romain Fontugne(IIJ)・Johan Mazel・Kensuke Fukuda(NII)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
Internet-of-Things BS-3-8 A High-secure IoT-based Lifestyle Monitoring System in the Context of Ageing Society
  ○Ping Du・Pratama Putra・Shu Yamamoto・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Interoperability BP-6-3 IEC TC57におけるスマートグリッド標準化の現状と課題
  ○小林延久(日立)・水野 修(工学院大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
Interspersing Express Traffic B-8-6 超低遅延ネットワークを実現するFrame Preemption方式の実証
  ○別所浩資・井上礼子・堀田善文・川手竜介(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
intra-session B-7-44 Network Coding Scheme based on Selection of Number Input Packets in X-topology Network
  ○Rithea NGETH・LIN NYAN・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
Invention TK-7-1 イノベーションに向けたR&D変革
  栄藤 稔(NTTドコモ)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
IoE AS-2-4 (依頼講演)IoE技術を用いた総合的な信号処理教育
  ○田邉 造(諏訪東理大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
IoT A-1-6 実数変数最適化問題の2進数展開によるイジングモデルへの変換
  ◎小野涼斗・染谷健太・河原尊之(東京理科大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
IoT A-17-6 電力線通信を用いた複数機器遠隔制御システムにおける制御品質の均一化手法
  ◎澤田 駿・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
IoT B-1-155 整合回路を含む低姿勢アンテナ設計法についての一検討
  ○山ヶ城尚志・古賀洋平・甲斐 学(富士通研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)
IoT B-5-121 SDMAを適用したBLEのための独立成分分析を用いたパイロットレス信号検出に関する一検討
  ◎瀧川将弘・衣斐信介・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
IoT B-5-122 無線LANの媒体予約機能を用いたBluetooth LE通信における干渉排除に関する一検討
  ◎山部和章・三瓶政一(阪大)・宮本伸一(和歌山大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
IoT B-6-79 SYNパケットシェーピングにおけるバッファ長制御方式の提案
  ◎木村明寛・杉園幸司・福岡亜希・山本太三(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
IoT B-6-100 ZigBeeと無線LANの共存環境における協調的チャネル制御手法
  ◎錦織 秀(阪大)・木下和彦(徳島大)・谷川陽祐・戸出英樹(阪府大)・渡辺 尚(阪大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
IoT B-7-34 IoTデバイスからのメディアトラヒック処理に関する一考察
  ◎日紫喜徹也・輪木 博・大羽 巧・小池 新(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
IoT B-7-55 共用型M2Mエリアネットワークにおける異常検知方式のスケーラビリティに関する一検討
  ◎東 信博・椿 俊光・相原正夫(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
IoT B-7-56 動作制御可能なIoTデバイスのための遅延計測方式の一検討
  ○肥後直樹・末田欣子・大羽 巧・小池 新(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
IoT B-7-58 スマートフォンのIoTデータ収集動作に関わる消費電力実験評価
  ◎土岐 卓・大岸智彦(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
IoT B-11-12 遅延変動を有するネットワーク化制御における動的送信データ選択手法の性能評価
  ◎舩越崇裕・今井隆輔・久保亮吾(慶大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2208)
IoT B-15-15 エッジコンピューティングを利用したIoT向け通信方式の評価
  ○洞井晋一・森 航哉・高橋紀之・田中裕之(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1405)
IoT B-18-26 無線センサネットワークを用いた温度・湿度データ収集システムの開発
  ◎松尾健太郎・森 慎太郎・大橋正良(福岡大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-18-45 IoTデバイスへの直感的なデータアクセスを可能とするLED通信システムの試作
  ○恋塚 葵・田代諭拡・勝間田優樹・鈴木 誠・森川博之(東大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-18-47 リアルタイム性を考慮したIoTシステムの実現に向けたフィードバック制御に関する一考察
  ◎髙木啓彰・西山大樹・加藤 寧(東北大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-18-48 Webブラウザを活用したIoTデータ収集解析高速化手法の検討
  手崎達也(長岡技科大)・○藤野知之(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-18-49 IoT/M2M無線による地下インフラ管理の提案
  ○小林 守・照日 繁・赤羽和徳(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-18-51 IoT/M2M無線アクセスによるWi-Fiネットワーク構築アルゴリズムに関する実験検証
  ○鈴木康夫・清水芳孝(NTT)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-18-61 火災検知情報の早期伝搬システムの設計
  ○森 英記・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2216)
IoT B-19-9 CPT カスケード処理型符号系列を用いたベースバンド信号の干渉雑音除去シミュレーション
  ◎朝比奈 正(日本テクノリソース)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
IoT BI-10-15 新たな医療・社会基盤「人工知能・ロボット・IoT機器統合型医療支援システム群(AIRITIMs)」を10年間で
  坂田信裕(獨協医大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2408)
IoT BP-2-1 IoT時代の情報指向ネットワーク技術の開発
  ○福田健一(富士通研)・伊藤 章(米国富士通研)・佐藤 出・栗田敏彦(富士通研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
IoT BP-3-1 エッジコンピューティングが拓くIoT時代のアプリケーション
  田中裕之(NTT)(3月17日発表 センター1号館 4F 1405)
IoT BP-3-3 情報流技術とエッジコンピューティング
  ○岡部寿男(京大)・山口弘純(阪大)・安本慶一(奈良先端大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1405)
IoT BP-4-2 ほんとうにスマートな無線技術が近未来には必須です
  富田二三彦(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
IoT BP-5-1 都市高速道路の「中」で見た無線センサネットワーク
  鈴木 誠(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IoT BP-5-2 IoT無線システム実用化に向けたキー技術
  ○佐方 連・工藤浩喜(東芝)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IoT BP-5-4 IoTを支える無線ネットワークの運用管理技術
  ○吉田 誠・藤田裕志(富士通研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IoT BP-5-5 IoT時代到来におけるLSIベンダーからの提言
  市川武志(ラピスセミコンダクタ)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IoT BP-5-6 IoTソリューション導入の技術課題
  椿原潤吾(シリコンラボラトリーズ)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IoT BP-6-2 M2M/IoT関連の標準化動向
  杉山敬三(KDDI研)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
IoT BS-3-5 Location-Aware Contents Delivery Service Utilizing GPS Real-time Tracking and Geo-fencing
  ◎Pratama Putra・Ping Du・Shu Yamamoto・Akihiro Nakao(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
IoT BS-3-12 Performance Evaluation of Secure Connection Assistance Architecture for M2M/IoT Devices
  ◎Mika Mori・Yoshiko Sueda・Masao Aihara(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
IoT BS-6-1 MQTT を活用した有害鳥獣の検知・撃退システムの検討と実験
  ○佐々木 輝(長岡技科大)・山本 寛(立命館大)・山崎克之(長岡技科大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
IoT C-12-21 A Programmable Sensor-Independent Interface Technology for Trillion Sensors Era
  ○Ahmed Musa・Tadashi Minotani・Kenichi Matsunaga・Toshihiko Kondo・Hiroki Morimura(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
IoT C-12-22 IoT端末に対する物理的盗聴感知に向けた端子容量の微小変化の検出回路の研究
  ○パック ジフン・高宮 真・桜井貴康(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
IoT C-12-32 極低電圧動作を想定したディジタルRBM回路の故障耐性の検討
  ◎福田泰史・河原尊之(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
IoT CK-3-1 IoTシステムの技術動向と実用化に向けた取り組み
  松井 進(阪工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
IoT CK-3-2 モノのインターネット(IoT)の不都合な真実
  松本直人(さくらインターネット)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
IoT CK-3-3 ベトナムエビ養殖場水質モニターから見たIoTの課題と効果
  ◎石橋孝一郎(電通大)・Thinh Tran Ngoc・Hieu Bui Van・Anh Pham Hoang(Ho Chi Minh City Univ. of Tech.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
IoT D-9-37 列車プローブデータを活用した鉄道混雑可視化システムの開発
  ◎志小田雄宇・伊藤和敬・坂入 整・中村真純(JR東日本)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
IoT D-22-1 ネットワークロボット向け情報収集方式の一検討
  ○下川 功・花岡誠之(日立)(3月15日発表 センター1号館 4F 1406)
IoT D-23-5 IoTゲートウェイ装置の仮想化方式
  ○鷲尾元太郎・田村孝之(三菱電機)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
IoT TK-3-3 ITU-Tにおける国際標準化動向;2020年に向けた研究課題
  前田洋一(情報通信技術委員会)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
IoT TK-6-1 IoTがもたらす価値創造とセキュリティ・プライバシー課題への対応
  後藤厚宏(情セ大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
IoT TK-6-2 組込み系の展望とセキュリティ対策
  福田 晃(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
IoT TK-6-4 家電のIoT化の展望と課題
  梶本一夫(パナソニック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
IoT TK-6-6 IoTに関するセキュリティ政策の動向
  中西悦子(総務省)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
IoT TK-7-2 IoT時代のビジネスモデル創造
  島田啓一郎(ソニー)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
IoT TK-7-4 IoT時代の価値創造に向けて
  望月康則(NEC)(3月15日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
IoT platform D-23-4 IoTプラットフォームにおける複数プロトコル対応方式
  ◎河村美嗣・田村孝之(三菱電機)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
IoT/M2M BP-5-3 920MHz帯広域・高収容IoT/M2M無線アクセス
  赤羽和徳(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
IoTセキュリティ AI-2-2 ハニーポットによるIoTデバイスのマルウェア感染状況の観測と対策に向けて
  吉岡克成(横浜国大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1407)
IoTデータ D-9-18 個人が生成するデータの帰属性保証についての検討
  ◎鈴木晴佳・高橋 元・藤村香央里・中村 亨・早川和宏(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
IoTデバイス D-22-6 IoTデバイスの高精度な動作スケジューリング方式の検討
  ○干川尚人・池邉 隆(NTT)(3月15日発表 センター1号館 4F 1406)
IP-PBX BI-9-3 大規模災害時に通信の即時回復を可能とする移動式ICTユニット
  小田部悟士(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2216)
IPoE B-16-9 インターネット接続方式の一検討
  ○入野仁志・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
IPPITSU H-4-14 点字一筆式入力 IPPITSU を用いた小型タッチパネル向け入力ソフトウェアの実装
  ○牛田啓太・藤田走真(工学院大)・長谷川貞夫(桜雲会)(3月15日発表 センター2号館 1F 2103)
IPRポリシー BP-6-4 スマートグリッドの標準化と知的財産
  平松幸男(阪工大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
IPS TK-5-1 九州大学におけるセキュリティ対策の紹介
  岡村耕二(九大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1405)
IPv6 B-6-117 LTEにおけるIPv6提供GW指定機能
  ○小野健一・國友宏一郎(ドコモ・テクノロジ)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
IPv6 B-16-9 インターネット接続方式の一検討
  ○入野仁志・高橋 賢・吉岡弘高・岩井隆典(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
IPv6 B-16-10 オープンソースのIPv6対応状況について
  ○笹野義二・中川 久(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
IP伝送統合網 B-6-83 IP伝送統合トランスポートの環境適応型ネットワークデザイン
  ○鎌村星平・山本 宏・伊達拓紀・林 理恵・宮村 崇・植松芳彦・源田浩一・行田克俊(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
IP伝送連携 B-6-84 マルチレイヤ構成を考慮したステートフル障害管理の提案
  ○伊達拓紀・山本 宏・鎌村星平・林 理恵・宮村 崇・植松芳彦・源田浩一・行田克俊(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
IPトンネル B-6-14 インターネットブラウザを用いた端末・vCPE間接続方式
  ○山本太三・木村明寛・杉園幸司・福岡亜希(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
IPルータ BS-2-3 解像度階層化とIPルーティングによる映像信号分配
  ○小田周平・川本潤一郎・倉掛卓也・遠藤洋介(NHK)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
IQインバランス B-5-177 SSB-DFTs-OFDM変復調器におけるI/Qインバランスの影響
  ◎二瓶茂樹・房安宏和・梅比良正弘(茨城大)・阿部順一・増野 淳(NTT)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
ISDB-T B-8-59 緊急警報放送信号の同期バーストを活用したISDB-T緊急地震速報信号の検出方法
  ○高橋 賢(広島市立大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
ISMS D-19-1 情報システムにおけるセキュリティ設計手法の提案
  ○山本英朗・佐伯拓也・亀石久美子・二又俊仁(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
ISMS D-19-2 情報システムにおけるセキュリティ設計手法の実践
  ○佐伯拓也・山本英朗・亀石久美子・二又俊仁(NTT)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
ISO22307 BI-3-2 プライバシーバイデザインとプライバシー影響評価
  瀬戸洋一(首都大東京)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
Isolator B-4-48 中波帯アイソレータのインピーダンス特性
  若井一顕・◎阿久根康台・橋口雄磨(第一工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2203)
ISP DI-1-4 DrDoS攻撃予兆情報のISPへの配信と利活用事例
  ◎則武 智・大村 優・岡崎秀哉・高橋竜平(NTTコミュニケーションズ)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
IT AI-1-4 通信・センシングとモデル予測型自動車運動制御―エコドライビングと合流問題へのとりくみ―
  川邊武俊(九大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2104)
Iterative decoding B-5-123 A Study on Iterative Decoding of CRC Code for Bluetooth Low Energy Systems
  ○XIN CAI・Shinsuke IBI・Seiichi SAMPEI(Osaka Univ.)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
iterative decoding BS-3-24 Exploiting the Dynamics of Rayleigh Fading Channels for Wireless High-Dense Networks with Multiple Relays
  ◎Khoirul Anwar(JAIST)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
Iterative Decoding BS-3-39 Estimating Source Correlation Online in Massive Multiway Multirelay Networks
  ◎HASAN MOHAMMAD NUR・ANWAR KHOIRUL(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
ITS A-9-17 光OFDMを用いた見通し外車車間可視光通信の誤り率特性
  ◎川北直明・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(香川高専)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-2 複数変調方式を用いたミリ波レーダによる歩行者検知
  ◎森中諒太・小河昇平・東 篤司(住友電工)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-6 700 MHz帯における歩車間通信とセルラー間の無線干渉に関する一検討
  ○金原智之・鴇 和哉・南田智昭(パナソニックシステムネットワークス開発研)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-7 送信遅延ダイバーシチを用いた路車間通信用干渉回避方式
  ○栗田 明・山下靖貴・早馬道也・落合麻里・佐野裕康・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-11 路面状態認識に基づく走行路検出
  ○成田雄大・小野口一則(弘前大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-12 夜間・雨天時の白線検出に関する研究
  ○磯島駿介・小野口一則(弘前大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-15 位置情報による移動軌跡を用いた二輪車の挙動分類
  ◎木村 駿・羽多野裕之・藤井雅弘・伊藤 篤・渡辺 裕(宇都宮大)・木谷友哉(静岡大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-23 AIS自船局記録データを用いた変針領域抽出精度に関わる一考察
  ◎三好竜平・浦上美佐子(大島商船高専)・本木久也・若林伸和(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS A-14-24 簡易型AISの航跡データを用いた応用システムの提案
  ◎岩見将平・浦上美佐子・本木久也・砂田智裕(大島商船高専)・若林伸和(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS AI-1-4 通信・センシングとモデル予測型自動車運動制御―エコドライビングと合流問題へのとりくみ―
  川邊武俊(九大)(3月16日発表 センター2号館 1F 2104)
ITS AS-3-10 屋外走行環境における高速イメージセンサを用いた路車間可視光通信路のモデル化
  ◎木下雅之・山里敬也・岡田 啓・藤井俊彰(名大)・荒井伸太郎(香川高専)・圓道知博(長岡技科大)・鎌倉浩嗣(千葉工大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2309)
ITS AS-6-5 車車間通信用無線アドホックネットワークプロトコルiFORP-CRSの評価
  ◎齊藤和貴・行田弘一(芝浦工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2408)
ITS B-7-51 ITS に向けた無線干渉評価モデルの検討
  ◎木村達明・本多泰理・川原亮一・斎藤 洋(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
ITS BI-4-3 高速イメージセンサを用いたITS可視光通信
  山里敬也(名大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
ITS BS-3-44 Initial Evaluation of Acoustic Vehicle Count System utilizing Dynamic Time Warping
  ◎Song Liu・Shigemi Ishida・Kohei Mimura(Kyushu Univ.)・Shigeaki Tagashira(Kansai Univ.)・Akira Fukuda(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
ITS ヒューマン技術 A-14-18 HSCによる後側方車との衝突回避システム
  ○兼光崇史・園田耕平(立命館大)・朝尾隆文(関西大)・和田隆広(立命館大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
ITU BP-6-1 通信分野におけるスマートグリッドの標準化
  丹 康雄(北陸先端大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
ITU TK-3-3 ITU-Tにおける国際標準化動向;2020年に向けた研究課題
  前田洋一(情報通信技術委員会)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
ITU-T TK-3-3 ITU-Tにおける国際標準化動向;2020年に向けた研究課題
  前田洋一(情報通信技術委員会)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
IVC B-6-69 NFV環境におけるVM間接続方式の検討 ~NetroSphere構想実現に向けて~
  ○小川泰文・高田直樹・奥谷武則(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
Izhikevichニューロン N-1-1 結合Izhikevichニューロンモデルにおけるカオスと同期
  ◎内木 楓・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )