キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

C

C and Cサーバ BS-6-9 NSレコード通信履歴の解析によるボットネット通信検知システムの提案
  ◎一瀬 光・金 勇・飯田勝吉(東工大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
C-OFDR B-13-10 C-OFDR で観測されるレイリー散乱光波形を用いた温度分布測定の測定距離の拡大
  ◎大野槙悟・飯田大輔・戸毛邦弘・真鍋哲也(NTT)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
C-RAN B-8-30 PONのC-RAN適用時における遅延時間の検討
  ○高橋慶太・中村浩崇・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
C-RAN B-8-31 Split-PHY Processingアーキテクチャの上りリンクにおけるモバイルフロントホール光伝送容量と無線伝送特性の実験評価
  ◎宮本健司・桑野 茂・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
C-RAN B-8-36 整数計画法に基づくモバイルフロントホール網の最適設計法
  ◎阿形直起・西 直也・難波 忍・縣 亮・西村公佐(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
C-RAN B-8-45 5G 携帯基地局の光収容アクセスシステムに関する一検討
  ○西谷隆志・平野幸男・名倉健一・小崎成治(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
C/U splitting B-5-42 Performance Evaluation of Macro-controlled Beamforming Protocol for LTE/WiGig Aggregation in Millimeter-wave Heterogeneous Networks
  ◎Hailan Peng・Kazuya Moriwaki・Yasuhiro Suegara(KDDI R&D Labs.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
C&Cサーバ DI-1-8 マルウェア長期観測・テイント解析の解析手法と観測結果
  高田一樹・◎岡田晃市郎(セキュアブレイン)・井上大介・中尾康二(NICT)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
CAC B-3-20 大規模災害時における地上/衛星共用携帯電話の呼受入制御評価 ―ユーザの再呼行動を考慮した再呼回数による呼受入制御―
  ○遠藤邦夫(NEC)・岡田和則・三浦 周(NICT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
caching BS-3-4 Intra-Domain Video Caching in Content Centric Network with Normalized Popularity
  Zhi Liu・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・○Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
CAESAR AI-2-6 認証暗号とCAESAR
  岩田 哲(名大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1407)
Cannyエッジ D-11-6 エッジ抽出を用いた列車車載カメラ映像におけるレール検出
  ◎折橋翔太・雑賀新太郎・高橋沙季・竹内 健・甲藤二郎(早大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
capacitive cross coupling C-12-6 Accurate Characterization Method for Cross-Line on CMOS Based on Two-Port Measurements
  ◎Korkut K. Tokgoz・Shotaro Maki・Kenichi Okada・Akira Matsuzawa(Tokyo Tech)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
Carrier Aggregation B-5-41 ミリ波ヘテロジーニアスネットワークにおける基地局負荷を考慮したスモールセル選択手法に関する検討
  ○森脇和也・彭 海蘭・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
Carrier Aggregation (CA) B-5-66 Higher Order Modulation to Aperiodic Channel State Information Report without Uplink Data for Carrier Aggregation with up to 32 Carriers
  Lihui WANG・Liu LIU(DOCOMO Beijing Labs.)・○Kazuki TAKEDA・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
CASEツール D-4-5 汎用設計情報リポジトリの実現に向けたデータベース設計の検討
  ○鹿糠秀行・近藤佑樹・山田仁志夫・中村知倫・斎藤 岳(日立)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
Cassandra D-4-2 ページキャッシュの制御によるCassandraの動的規模伸縮時間の評価
  ◎御代川翔平・徳田大輝・山口実靖(工学院大)(3月18日発表 センター2号館 1F 2103)
Cassandra D-6-8 ページキャッシュを利用したKVM環境KVS性能の向上
  ○徳田大輝・御代川翔平・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
CAZAC系列 B-5-124 非直交パイロット系列の適応重畳制御への局所探索法の適用に関する一検討
  ○寺本弦生・衣斐信介・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
CBFM BCS-1-8 Fast Numerical Analysis of Finite Periodic Dipole Array Antenna Embedded in Thin-Stratified Medium Using Novel Characteristic Basis Function Method
  ○Keisuke Konno(Tohoku Univ.)・Robert Burkholder(The Ohio State Univ.)・Qiang Chen(Tohoku Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
CBIR A-2-3 Liver lesion retrieval based on multiphase medical volumes using sparse coding based codebook model
  ◎Jian WANG・Xian-hua Han(Ritsumeikan Univ.)・Yingying Xu・Lanfen Lin・Hongjie Hu・Chongwu Jin(Zhejiang Univ.)・Yen-Wei Chen(Ritsumeikan Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
CBTC A-17-8 A Study on Adaptive Modulation for CSMA/CA Based MIMO Communication-Based Train Control Systems
  ◎QiSheng Dong・Kazunori Hayashi・Megumi Kaneko・Takuya Kamenosono(Kyoto Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
CCDF B-3-10 帯域制限された帰還信号のCCDF を用いてLUT の動作点を変更するディジタルプリディストータ
  ○安藤暢彦・能登一二三・檜枝護重(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
CCN B-6-120 A Data Center Architecture Based on CCN
  ○Lu Zhang・Xin Qi・Di Zhang・Takuro Sato(Waseda Univ.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
CCN B-6-122 DTN環境でのコンテンツ指向ネットワークにおけるキャッシュ判断法の性能評価
  ◎速水祐作(関西大)・柳生智彦(NEC)・山本 幹(関西大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
CCN B-6-132 CCNマルチドメインネットワークにおけるトラフィック削減のためのサーバのコンテンツ分散配置の検討
  ◎杉浦孝太・青木道宏(愛知工業大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2211)
CCN B-7-40 HBHファイル配送方式の多段リンクにおける平均サービス時間低減特性
  ◎米川直孝・山岡克式(東工大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
CCN B-7-41 コンテンツの先読み配信における暗号化通信の一検討
  ◎横田健治・栗原 淳・田上敦士(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
CCN B-8-12 コンテンツ指向ネットワークにおける熱拡散理論を応用したホップ・バイ・ホップフロー制御
  ○伊勢文貴・中里秀則(早大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
CCN B-8-13 拡散現象を利用したContent-Centric Networkにおける複数経路フロー制御の検討
  ○海堀弘太(早大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
CCN BP-2-2 パナソニックのICN研究開発
  ○村本衛一・米田孝弘・大西遼太(パナソニック)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
CCN BP-2-3 コンテンツ名を基調としたリアルタイムストリーミング
  ○松園和久・朝枝 仁(NICT)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
CCN BS-3-4 Intra-Domain Video Caching in Content Centric Network with Normalized Popularity
  Zhi Liu・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・○Yusheng Ji(NII)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
CCN D-23-1 OPRAにおける負荷分散に関する提案
  ◎横山尊人・中里秀則(早大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1608)
CCN (Content-Centric Networking) BS-6-6 大規模 CCN ネットワークのスケーラビリティに関する一検討
  ◎中村 遼・大崎博之(関西学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
CCTV A-7-1 ネットワーク型多目的カメラシステムのプライバシー問題の検討
  ◎馬 小飛・佐々木真由美・黒沢裕太・沖村星児・阪本 圭・慎 祥揆・瀬戸洋一(産技大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
CDC B-10-77 Siフォトニクス技術を用いたCDC-ROADM用光スイッチシステム
  ○柳町成行・中村 滋・竹下仁士・樋野智之・田島章雄・福知 清(NEC)(3月17日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
CDMA B-17-43 差動SFBCを用いた低電力密度ベースバンド無線の伝送特性評価
  ◎豊田敦規・中里 仁・唐沢好男(電通大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
CDN B-7-42 コミュニティ情報を用いたCDNにおけるコンテンツ同期法の検討
  ◎北野拓也・栗野俊一・吉開範章(日大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
Cell Range Expansion B-5-60 ピコ接続比率及び受信SINRを基準とした適応制御型CREの提案
  ○仲澤 翔(工学院大)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Cell Range Expansion B-5-61 高トラフィック環境下における送信電力とCSOの協調制御方式のスループット特性
  ○松岡真吾(工学院大)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
Cellular Automata N-1-26 簡素な特徴量を用いた混合ルールセルオートマトンの解析
  ○多田直樹・斎藤利通(法政大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
CELP D-14-18 損傷した符号化データを検出する低ビットレートCELP復号器
  ○河嶋拓也(パナソニックシステムネットワークス開発研)・江原宏幸(パナソニック)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
CEO Problems BS-3-39 Estimating Source Correlation Online in Massive Multiway Multirelay Networks
  ◎HASAN MOHAMMAD NUR・ANWAR KHOIRUL(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
certificate A-15-10 An Access Control System for Home Based Healthcare Information Sharing using Smart Gateway
  ○Daniel A. Dzissah・Hiroyuki Suzuki(Tokyo Tech)・Lee Joong-Sun(Advanced Research Center for Social Information Science and Technology)・Takashi Obi・Nagaaki Ohyama(Tokyo Tech)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
CG D-11-42 3Dプリンタのサポート材削減のための分割手法
  ◎中川善博・村木祐太・西尾孝治・小堀研一(阪工大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
CG H-4-1 インバースキネマティクスを導入した手話CG制御方式の開発
  ○梅田修一・東 真希子・内田 翼・宮﨑太郎・加藤直人(NHK)・井上誠喜(NHKメディアテクノロジー)・比留間伸行(NHK)(3月15日発表 センター2号館 1F 2103)
CGH D-6-18 MATLAB における計算機合成ホログラム生成の高速化
  ◎根尾 敦・角江 崇・下馬場朋禄・伊藤智義(千葉大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2409)
CGH TK-9-4 魔法の世紀へ:映像と物質を超えて
  落合陽一(筑波大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2407)
CGアニメーション H-3-16 1/fゆらぎを用いた歩行のCGアニメーション
  ○山田光宏・大内貴弘・西木戸亜美・箱崎翔太・栗田大地・中島千紘(茨城大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
CGキャラクタ H-3-3 映像コンテンツ視聴時におけるCGキャラクタを利用した笑いの増幅
  ◎向井 耀・井村誠孝(関西学院大)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
CG合成 H-3-11 雲台カメラによる多視点映像とCGを合成するための三次元位置算出に関する検討
  ○大久保英彦・加納正規・高橋正樹・池谷健佑・三科智之(NHK)(3月15日発表 センター1号館 2F 1210)
Chain cover AS-1-6 A Polynomial-Time Algorithm for a Variation of the 2-Chain Subgraph Cover Problem Related to the Recognition of Simple-Triangle Graphs
  ○Asahi TAKAOKA(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
Channel Assignment B-5-168 Maxmin Optimization Model for Channel Assignment in Wireless LANs
  ◎Mohamed Elwekeil・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Masoud Alghoniemy(Univ. of Alexandria)・Adel Abdel-Rahman(E-JUST)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
channel capacity B-1-181 Enhancing 4x4 MIMO Channel Capacity by Dual Polarized Directional Antenna
  ○Binti Bakar Rohani・Hiroyuki Arai(Yokohama National Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Channel model B-20-6 Preliminary consideration of antenna de-embedding for in-body wireless communication network channels
  ○Takahiro Aoyagi(Tokyo Tech)・Raúl Cháves-Santigo・Ilangko Balasingham(Oslo Univ. Hospital)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
Channel Reciprocity B-5-30 Experimental Trial of Downlink TDD Massive MIMO
  ○Anass Benjebbour・Yuya Saito・Yoshihisa Kishiyama(NTT DOCOMO)・Xin Wang・Xiaolin Hou・Huiling Jiang(DOCOMO Beijing Labs.)・Jianglei Ma・Dageng Chen・Lei Lu・Wenliang Liang・Bojie Li(Huawei Technologies)・Cui Yang(Huawei Technologies Japan)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
Channel routing C-8-19 Development and Demonstration of a Post-Placement Routing Approach for Large-Scale Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Circuits Using Channel Routing
  ◎Yuki Murai・Christopher Ayala・Yuki Yamanashi・Nobuyuki Yoshikawa(Yokohama National Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
Channel zapping BS-3-23 Traffic Analysis on P2PTV Based on User Behavior
  ◎Naoki TAKEUCHI・Takumi MIYOSHI(Shibaura Inst. of Tech.)・Olivier FOURMAUX(UPMC Sorbonne Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
characterization C-12-6 Accurate Characterization Method for Cross-Line on CMOS Based on Two-Port Measurements
  ◎Korkut K. Tokgoz・Shotaro Maki・Kenichi Okada・Akira Matsuzawa(Tokyo Tech)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
Chase復号法 B-5-181 信号点分布近似に基づくMIMO信号検出法の特性改善に関する検討
  ◎吉澤健人・落合秀樹(横浜国大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
Chebyshev多項式 N-1-12 Z/3kZ上チェビシェフ多項式から得られる系列の周期
  ◎河野健人・吉岡大三郎(崇城大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Cipher D-18-4 軽量ブロック暗号FeWのFPGA実装
  ○岡部 忠(都産技研)(3月17日発表 センター1号館 6F 1608)
Circuit A-6-11 スタンダードセル回路定数自動最適化システム
  ○後藤和昭(ラピスセミコンダクタ)・松井悠祐(ローム)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
Circular Polarization B-1-186 Experimental Investigation of a Circularly Polarized Array Antenna With Inclined Linear Polarization Patches
  ◎Muhammad Asad Rahman・Eisuke Nishiyama(Saga Univ.)・Md. Azad Hossain・Quazi Delwar Hossain(Chittagong Univ. of Eng. and Tech.)・Ichihiko Toyoda(Saga Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Circular Poplarization B-1-185 A design of Ring Antenna for Dual-sense Circular Polarization
  ○Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)・Kittima Lertsakwimarn(Rambhai Barni Rajabhat Univ.)・Chuwong Phongcharoenpanich(King Mongkut’s Inst. of Tech. Ladkrabang)・Mareki Honma(NAOJ)・Keitaro Takahashi(Kumamoto Univ.)・Hiroyuki Nakanishi(Kagoshima Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Cladding pumping B-10-33 クラッド励起型小型マルチコアEDFA
  ○前田幸一・土田幸寛・佐々 徹・渡辺健吾・斎藤恒聡・杉崎隆一(古河電工)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
Click B-7-24 FLAREノードによる広域ネットワークSDN制御実験
  ○山本 周・中尾彰宏(東大)・平久 紬・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2209)
Client BS-3-13 Analyzing the Traffic Correlation-Based Attacks on Tor
  ○Timothy Girry Kale・Satoshi Ohzahata・Celimuge Wu・Toshihiko Kato(The Univ. of Electro-Communications)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
closed space B-1-188 Electromagnetic Analysis of Electric Field Distributions for UHF RFID Antennas in Closed Space
  ○Anh Tuan Luong・Naoto Nishiyama・Toshio Sugaya・Naobumi Michishita・Hisashi Morishita(National Defense Academy)・Takayuki Koshi(Komatsu)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Closeness centrality AS-1-7 Multiple Leader Election in Clustered Graph for Distributed Network Control
  ○Hideki Shindo・Norihiko Shinomiya(Soka Univ.)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
cloud computing BS-3-16 Optimal Pricing Strategy for Service Provisioning in the Monopoly Cloud Context with Heterogeneous Users
  ○Xianwei Li・Bo Gu・Cheng Zhang(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
cloud computing BS-3-41 A Job Assignment Algorithm for Cloud Computing in Vehicular Environment
  ◎Jingyun Feng(NII/SOKENDAI)・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Yusheng Ji(NII/SOKENDAI)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Cloud Computing BS-3-9 Orchestration of SDN/NFV Enabled Network Service Chains Using Optoelectronic Routers
  ◎Ali Kashif Bashir・Yuichi Ohsita・Masayuki Murata(Osaka Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Cloud Radio Access Network BS-3-6 Energy Efficient Data Downloading Scheme for C-RAN
  ○ Zin Ko Ko Win・Di ZHANG・Takuro SATO(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
CloudWatch API B-14-26 複数事業者を跨いだE2Eサービス監視,並びに故障切り分け方法
  ◎尾居愛子・武 直樹・大西浩行・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
cluster BS-3-37 A Stable Clustered Technique in Mobile Ad Hoc Networks Using Link Expiration Time
  ◎Pratikshya Shrestha(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Clustering BS-3-38 An Integrated Self-Organized Control Scheme for Transmission Interval and Power in Autonomous Clustering
  ◎Keita Kobayashi・Yoshiaki Kakuda(Hiroshima City Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
CMA B-1-171 マルチビームMassive MIMOのスイッチ構成による性能比較
  ◎亀山航平・西森健太郎(新潟大)・平栗健史(日本工大)・山田寛善・牧野秀夫(新潟大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
CMOS BCS-1-2 ミリ波帯オンチップアンテナの解析におけるダミーメタルの実効媒質定数近似
  ○平野拓一・李 寧・岡田健一・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
CMOS C-2-4 Ku帯ダイレクトRFイメージ除去アンダーサンプリングCMOS受信RFIC
  ◎則島景太・小泉友和・本良瑞樹・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
CMOS C-2-17 ゲートバイアス制御型サブナノ秒電源スイッチングKu帯CMOS LNA
  ○小泉友和・大和田健夫・本良瑞樹・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
CMOS C-2-55 2倍波分波機能を備えた2GHz帯超小型CMOSオンチップバラン
  ◎寺嶋一真・藤井憲一・高木 直(Wave Tech.)・坪内和夫(Wave Tech./東北大)・亀田 卓・末松憲治(東北大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2215)
CMOS C-8-17 64-kb SFQ/CMOSハイブリッドメモリの測定と評価
  ◎今野 元・松本紗弥・山梨裕希・吉川信行(横浜国大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
CMOS C-10-10 CMOSテラヘルツイメージングディテクタの設計
  ◎脇田幸典・池辺将之・佐野栄一(北大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
CMOS C-10-13 InAsナノワイヤ/CMOS集積回路のLOCへの応用
  ◎島本一成・多田共史・荻野雄大・朝倉啓太・下村和彦・和保孝夫(上智大)(3月15日発表 センター1号館 6F 1607)
CMOS C-12-3 差動注入トランジスタを用いた広同期範囲5GHz帯注入同期型分周器
  ◎戸賀﨑悠介・星野裕也・吉野理貴・安田 彰(法政大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-12-5 60GHz帯マルチチャネル局部発振器用バッファ回路の検討
  ○堂目正人・眞木翔太郎・永島典明・Jian Pang・岡田健一・松澤 昭(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-12-6 Accurate Characterization Method for Cross-Line on CMOS Based on Two-Port Measurements
  ◎Korkut K. Tokgoz・Shotaro Maki・Kenichi Okada・Akira Matsuzawa(Tokyo Tech)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-12-7 An X-band CMOS-on-Quartz Pulse Generator for Low Power Applications
  ◎Parit Kanjanavirojkul・Nguyen Ngoc Mai-Khanh・Tetsuya Iizuka・Toru Nakura・Kunihiro Asada(The Univ. of Tokyo)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-12-11 複素型周期時変連続時間回路を用いた広帯域アナログ等化器
  ○森下陽平・水野紘一・高橋和晃(パナソニック)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-12-21 A Programmable Sensor-Independent Interface Technology for Trillion Sensors Era
  ○Ahmed Musa・Tadashi Minotani・Kenichi Matsunaga・Toshihiko Kondo・Hiroki Morimura(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-12-25 40nm CMOSプロセスを用いた25Gb/s DFB-LDドライバの高耐圧化に関する一検討
  ◎川中啓敬・三田大介・吉間 聡・野上正道・野田雅樹(三菱電機)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOS C-15-2 60GHz帯CMOSオンチップアンテナの利得測定におけるプローブの影響
  ◎飯田雄貴・平野拓一・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
CMOS-MEMS C-12-21 A Programmable Sensor-Independent Interface Technology for Trillion Sensors Era
  ○Ahmed Musa・Tadashi Minotani・Kenichi Matsunaga・Toshihiko Kondo・Hiroki Morimura(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOSイメージセンサ A-15-9 カメラセンサノードのイベント検知におけるサーモパイルアレイセンサと焦電センサの性能比較
  ◎芦田浩貴・藤野 毅・熊木武志・白畑正芳(立命館大)・熊本敏夫(阪産大)・上口翔大(立命館大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
CMOSイメージセンサ C-12-23 増幅読み出し回路の切り替え機能を有するイメージセンサの提案
  ◎前川晋太郎・大高俊徳・浜本隆之(東京理科大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
CMOSカメラ A-9-16 120fps CMOSカメラを用いたLED可視光通信のシンボルレート限界
  ◎水野翔太・近藤那樹・北岡涼太郎・中條 渉(名城大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
CMOS集積回路 C-12-4 Push-Push Doublerを用いた20GHz帯VCOの低位相雑音化
  ○桂木真希彦・岡田健一・松澤 昭(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2204)
CMRR測定 B-10-45 2組の2トーン光信号を用いたコヒーレント光受信器における同相信号除去比の測定
  ○稲垣惠三(NICT)・川西哲也(早大)・菅野敦史・山本直克(NICT)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
CNAV B-2-15 次世代SBAS規格のための衛星軌道情報の評価
  ◎北村光教・麻生貴広・坂井丈泰・星野尾一明(電子航法研)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
CNN D-12-19 マルチショット連結画像を入力とする畳込みニューラルネットを用いた人物同定
  ◎高木基希・島田 裕・谷口行信(東京理科大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
CNN D-16-7 畳み込みニューラルネットワークを用いたメラノーマ自動診断システム
  ○吉田拓也・彌冨 仁(法政大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2304)
CNN D-20-2 Convolutional Neural Networksを用いた多種類ウイルス性植物病害自動診断システム
  ◎藤田恵梨香・川崎雄介(法政大)・宇賀博之(埼玉県農技研セ)・鍵和田 聡・彌冨 仁(法政大)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
CNN特徴量 D-12-25 画像の感情識別に影響を与える領域の推定に関する検討
  ◎三條智史・桂井麻里衣(同志社大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
CNR A-16-3 CT画像における確率共鳴と付加ノイズの周波数帯域との関係
  ◎五十嵐健悟・山元勇輝・内藤啓介・藤井啓輔・川浦稚代(名大)・森 政樹(名大附属病院)・池田 充・今井國治(名大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
CNR B-8-22 FM一括変換方式を用いた衛星左旋IF信号伝送システムの検討
  ○下羽利明・吉永尚生・須川智規(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
CO-OFDM方式 B-10-44 CO-OFDMにおける改良擬似パイロット支援法による位相雑音推定法
  ◎田中 匠・有田龍太郎・前田譲治(東京理科大)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
CO2レーザ C-3-63 アニールによるCO2レーザ光照射型LPFGの温度安定性の向上
  ◎村上隼典・高須賀 將・小山長規・飯田 守・草間章博・山田 誠(阪府大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
CO2 emission modeling A-1-8 Traffic Congestion and CO2 Emission Analysis via MITRAM in Tokushima City
  ○Vincent Birundu Getanda・Hidetoshi Oya(Tokushima Univ.)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
Codebook D-12-82 高精度な移動物体検出のための微小変動領域抽出手法の改良
  ◎東山 渡(中部大)・福井真二(愛知教育大)・岩堀祐之(中部大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
codebook learning A-2-3 Liver lesion retrieval based on multiphase medical volumes using sparse coding based codebook model
  ◎Jian WANG・Xian-hua Han(Ritsumeikan Univ.)・Yingying Xu・Lanfen Lin・Hongjie Hu・Chongwu Jin(Zhejiang Univ.)・Yen-Wei Chen(Ritsumeikan Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
CoDel B-6-73 遅延時間制御手法の改良によるTCP公平性の向上
  ○花井雅人・山口実靖(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
Coding rate B-5-73 256/1024-QAMを用いたOFDM伝送の位相誤差特性
  ○中村光寿・大塚裕幸(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Coding rate B-5-74 超多値変調OFDMにおけるSNR対スループット特性
  ○太田智貴・中村光寿・大塚裕幸(工学院大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Cognitive radio BS-3-42 A Database-Assisted Collision Aware Data Channel Selection for V2V Communication: Practical Evaluation
  ◎Hitoshi Nakao・Kazuya Tsukamoto・Masato Tsuru・Yuji Oie(Kyushu Inst. of Tech.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Cognitive radio BS-3-43 Hybrid Sensing/Database Approach to Detect White Spaces for Vehicular Communication
  ◎Yuya Takemoto・Kazuya Tsukamoto(Kyushu Inst. of Tech.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Coherent Ising Machines NS-1-2 Coherent Ising Machine上で動作させたHopfield-Tank Neural Networkによる組合せ最適化手法
  ◎金丸恵輔・安田裕之・黒田香織(東京理科大)・合原一幸(東大)・長谷川幹雄(東京理科大)(3月17日発表 西講義棟 2F 第1講義室 )
Coherent PON B-8-44 5G光収容向け100GコヒーレントPONにおける消費電力の一検討
  ◎芦田哲郎・鈴木巨生・三浦浩志・長沢明子・野田雅樹(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
coherent transmission B-10-52 320 Gbit/s, 256 QAM Coherent Optical Transmission over 160 km with an LD-based Injection-locked Homodyne Receiver
  ◎Yixin Wang・Keisuke Kasai・Masato Yoshida・Masataka Nakazawa(Tohoku Univ.)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
Cole-Coleモデル C-15-20 Cole-Coleモデル解析のためのZ変換を用いたLOD-FDTD法
  柴山 純・◎日下恭毅・山内潤治・中野久松(法政大)・鈴木敬久(首都大東京)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
Collision detection B-1-218 MU-MIMO伝送におけるCollision Detectionのための干渉対熱雑音電力比(INR)距離特性
  ○安藤和真・堅岡良知・西森健太郎・牧野秀夫(新潟大)・平栗健史(日本工大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2406)
combinatorial reconfiguration DS-1-5 A Fixed-Parameter Algorithm for the List Coloring Reconfiguration Problem
  ◎Tatsuhiko Hatanaka・Takehiro Ito・Xiao Zhou(Tohoku Univ.)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)
CoMP B-8-31 Split-PHY Processingアーキテクチャの上りリンクにおけるモバイルフロントホール光伝送容量と無線伝送特性の実験評価
  ◎宮本健司・桑野 茂・寺田 純・大高明浩(NTT)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
complex situations D-11-36 Sea wave extraction in complex situations at long distance
  ◎Lei Yan・Cunwei Lu(Fukuoka Inst. of Tech.)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
composite constellation B-5-65 Investigation on adaptive power ratio in NOMA transmission with Gray mapping
  Xiaohang CHEN・Anxin LI(DOCOMO Beijing Labs.)・Kazuaki TAKEDA・Yosuke SANO・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG・○Hidetoshi KAYAMA(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
computational complexity B-7-44 Network Coding Scheme based on Selection of Number Input Packets in X-topology Network
  ○Rithea NGETH・LIN NYAN・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
concentration D-15-21 A Study on Restoration of User's Concentration by Eyeblink Detection and Audio-Visual Stimuli
  ◎Hasnol Basri Nusyairah Binti・Takashi Yukawa(Nagaoka Univ. of Tech.)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
Concurrent transmission B-5-84 Evaluations of IEEE 802.15.4 Receiver Performance under Concurrent Transmission
  ○Chun-Hao Liao・Yuki Katsumata・Yukou Tashiro・Makoto Suzuki・Hiroyuki Morikawa(The Univ. of Tokyo)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
configuration algorithm BS-3-31 EVALUATIONS OF ACTIVE ACCESS-POINT CONFIGURATION ALGORITHM UNDER LIMITED MOBILE ROUTER ALLOCATIONS
  ◎Md. Selim Al Mamun Sohag・Md. Ezharul Islam・Debnath Sumon Kumar・Nobuo Funabiki(Okayama Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Connected Device CK-3-2 モノのインターネット(IoT)の不都合な真実
  松本直人(さくらインターネット)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
constellation constraint B-5-64 Investigation on R-ML receiver and constellation constraint on NOMA
  Xu ZHANG・Xiaohang CHEN・Anxin LI(DOCOMO Beijing Labs.)・○Kazuaki TAKEDA・Yosuke SANO・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG・Hidetoshi KAYAMA(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
construction machinery B-1-188 Electromagnetic Analysis of Electric Field Distributions for UHF RFID Antennas in Closed Space
  ○Anh Tuan Luong・Naoto Nishiyama・Toshio Sugaya・Naobumi Michishita・Hisashi Morishita(National Defense Academy)・Takayuki Koshi(Komatsu)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Content Centric Network B-7-7 コンテンツ配信の効率を維持するEdge CCN ルータ配置法の検討
  ◎永井翔平・改田高大・水野 修(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
Content-Centric Networking B-7-1 SDNスイッチとCCNルータを用いた協調転送方式に関する一検討
  ◎植田一暁・横田健治・田上敦士(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
Contention Window BS-3-40 QoS Control Method for W-LAN Ad Hoc Network In Accordance with Required Bit Rate
  ○Kazuo Hajikano(Daiichi Inst. of Tech.)・Masaki Hanada(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hidehiro Kanemitsu(Waseda Univ.)・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hee-Dong Kim(Hankuk Univ. of Foreign Studies)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Context-Aware Control BP-3-2 モバイルエッジコンピューティングの技術動向 BP-35G/IoTに向けたエッジコンピューティングの技術動向
  岩井孝法(NEC)(3月17日発表 センター1号館 4F 1405)
Continuous Transmission B-17-39 Capacity Improvement for Mobile Indoor Radio System by Spatial Division
  ○Bingxuan Zhao・Hayato Kakiuchi・Tomoki Sada・Shingo Watanabe(KDDI R&D Labs.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
Convolutional Neural Network D-12-76 人物追跡における粒子フィルタを用いた深層学習の時間領域への拡張
  ◎安本賢司・越後富夫(阪電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2307)
Convolutional Neural Networks D-12-24 入力可変長型 Convolutional Neural Networks の基礎検討
  ◎島田大樹・彌冨 仁(法政大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
Convolutional Neural Networks D-12-90 深層学習による顔の魅力の定量化への試み
  ○安藤 舞・島田大樹・彌冨 仁(法政大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
Cookie B-6-19 優先アクセス機構を持つWebサーバにおける優先アクセス管理機構
  ◎溝渕久哲・最所圭三(香川大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
cooperation BS-3-32 Economic Analysis of Mobile Data Offloading Cooperation Market
  ○Cheng Zhang・Bo Gu・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Kyoko Yamori(Asahi Univ.)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
cooperative data exchange B-7-43 Study of Balanced Cooperative Coding Scheme for Linear Data Exchange Problem
  ○LIN NYAN・Rithea NGETH・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
copier paper A-18-7 Correlation Coefficients for Colored Pixels as Visible-Light Paper Artifact-Metrics
  ○Hidenori Kuwakado(Kansai Univ.)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
Coplanar waveguide B-1-184 A free access transmission line using coplanar waveguide structure for BAN
  ○Thi Lan Tran・Takuya Okura・Hiroyuki Arai(Yokohama National Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
cost BS-3-2 Minimizing Cost in Multi-Core Fibre Optical Networks
  ○Filippos Balasis・Sheng Xu・Sugang Xu・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Coverage Enhancement B-17-21 LTEシステムにおけるD2D UE to Network Relay通信の適用可能性に関する一検討
  ◎北川幸一郎・流田理一郎・末柄恭宏(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
CP decomposition D-20-6 Online Low-Rank Tensor Subspace Tracking from Incomplete Data by CP Decomposition using RLS
  ○Hiroyuki Kasai(The Univ. of Electro-Communications)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
CPRI B-8-32 第5世代移動通信システム実現に向けた超高密度セル構成における光収容技術の取り組み概要
  ○島田達也・大高明浩・寺田 純(NTT)・青木泰彦・滝澤基行(富士通)・有賀 博・名倉健一(三菱電機)・中沢正隆(東北大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
CPRI B-8-46 CPRI over Ethernetのレイヤ2ネットワーク障害通知方式検討
  ○平野幸男・水口 潤・西谷隆志・田野文彦・川手竜介(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
CPRI over Ethernet B-8-46 CPRI over Ethernetのレイヤ2ネットワーク障害通知方式検討
  ○平野幸男・水口 潤・西谷隆志・田野文彦・川手竜介(三菱電機)(3月17日発表 センター2号館 4F 2401)
CPT B-19-9 CPT カスケード処理型符号系列を用いたベースバンド信号の干渉雑音除去シミュレーション
  ◎朝比奈 正(日本テクノリソース)(3月16日発表 センター1号館 6F 1607)
CPU B-14-17 第三者認証に向けたクラウド事業者の評価指標の検討
  ○有田 仁・村川一雄(阪工大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
CRE B-5-62 eICICを実装した適応制御型CREのスループット特性
  ○長沼紀裕・仲澤 翔(工学院大)・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
CRLH C-2-6 CRLH線路ダブルスタブ高調波処理回路を用いたF級増幅器
  ◎小泉聡太・吾妻俊明・田中愼一(芝浦工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2214)
CRLH C-2-31 遮断TMモード及びH型仕切り板装荷遮断TEモードによるバランス型CRLH方形導波管の伝送特性
  ○鵜山和哉・西村茂幸・出口博之・辻 幹男(同志社大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
cross-modal effect BS-3-22 A Study on the Audiovisual Cross-Modal Effect in Multi-View Video and Audio IP Transmission
  ○Toshiro Nunome・Kazunori Sako(Nagoya Inst. of Tech.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
CS B-2-44 圧縮センシングを用いたSAR 画像再構成に関する原理検証
  ○星野赳寛・原 照幸・横田裕也・諏訪 啓(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
CSAR B-2-40 円型軌道合成開口レーダ画像に対するレイオーバ歪み補正法
  ◎中村太一・尚 方・木寺正平・桐本哲郎(電通大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
CSI B-1-171 マルチビームMassive MIMOのスイッチ構成による性能比較
  ◎亀山航平・西森健太郎(新潟大)・平栗健史(日本工大)・山田寛善・牧野秀夫(新潟大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
CSI偽装 B-5-82 低信頼中継局によるCSI偽装を考慮した最適送信重み設計
  ◎白崎裕介・松本健吾・田久 修(信州大)・藤井威生(電通大)・大槻知明(慶大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
CSI推定 B-5-157 SICのためのCSI推定における重み付け合成法に関する一検討
  ◎勝田 肇・大森誓治・赤羽和徳(NTT)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
CSK AS-3-8 (依頼講演)CSKを応用したディスプレイ-カメラ間通信システム
  ○横井敦也・水野宏基(サムスン日本研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2309)
CSKコード B-15-11 CSKコードを用いた可視光通信システムの応用
  ◎北脇孝太・山本貴寛・宮保憲治(東京電機大)(3月16日発表 センター1号館 2F 1210)
CSK方式 AS-3-6 デジタル制御型CSKのための調光法の一検討
  ○村田直也・小澤佑介・楳田洋太郎(東京理科大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
CSMA B-18-6 スペクトル拡散超音波を用いた複数タグ測位システム
  ○藤原亮介(日立産業制御)・西村晴輝・片岸 誠(日立)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
CSMA/CA A-17-5 複数機器無線制御に適用したIEEE 802.15.4の多元接続方式の選択手法に関する一検討
  ◎植松悠至・小林健太郎・岡田 啓・片山正昭(名大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
CSMA/CA A-17-8 A Study on Adaptive Modulation for CSMA/CA Based MIMO Communication-Based Train Control Systems
  ◎QiSheng Dong・Kazunori Hayashi・Megumi Kaneko・Takuya Kamenosono(Kyoto Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
CSMA/CA B-5-154 RREQフラッディングによる経路構築時のパケット衝突の影響
  ◎林 真広・砂田勇介・山尾 泰(電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
CSMA/CA B-5-156 通信成功率向上のための制御を実装した実験検証
  ○國立忠秀・金森勝美・中川雄太・木村恒人(矢崎総業)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
CSMA/CA B-5-171 高密度無線LAN環境下におけるAP選択法に関する検討
  ○岡 真悟(早大)・村上友規・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)・前原文明(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
CSMA/CA方式 B-19-5 無線センサネットワークにおける緊急通知方法の検討
  ○杣 信吾・澤 健太郎・八木章好(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2201)
CT A-16-3 CT画像における確率共鳴と付加ノイズの周波数帯域との関係
  ◎五十嵐健悟・山元勇輝・内藤啓介・藤井啓輔・川浦稚代(名大)・森 政樹(名大附属病院)・池田 充・今井國治(名大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
CT C-2-86 マイクロ波マンモグラフィ実験装置の開発
  ○長山好夫・土屋隼人(核融合研)・山口聡一朗(関西大)・杉戸正治(分子研)・森山敏文・田中俊幸(長崎大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
CTLE C-12-38 タップ係数を用いた適応等化器の検討
  ○高武直弘・乗松崇泰・古後健治・結城文夫・川本高司(日立)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
CUBIC B-6-77 データセンタ環境下におけるTCP間の公平性改善に関する一検討
  ◎奥田周平・松嶋健太・平田孝志・山本 幹(関西大)・李 忠翰・小口直樹・田中 淳(富士通研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
CUBIC TCP B-6-103 同一チャネル2無線LAN端末への下りCUBIC TCP競合通信特性の乗法因子依存性
  ○内田誠人・松本貴明・上野大二郎(東洋大)・喜田健司(Univ. of Kuala Lumpur)・篠永英之(東洋大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
CUDA D-6-7 モバイル端末上のGPGPUによるAGV自律走行制御の高速化
  ◎比嘉優樹・佐藤裕幸(岩手県立大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
Customization B-6-72 SDN/NFVを用いたアプリケーションカスタマイズ基盤の提案
  ◎南 勇貴・持田康弘・市川潤紀(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
CWレーダー BS-1-14 定在波レーダに独立成分分析を適用した心拍・呼吸モニタリング
  ○松本大樹・桑原義彦(静岡大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
Cyber Physical System TK-4-1 都市OSに関する国内外動向
  是久洋一(九大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1403)
Cycle AS-1-7 Multiple Leader Election in Clustered Graph for Distributed Network Control
  ○Hideki Shindo・Norihiko Shinomiya(Soka Univ.)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
Cyclic redundancy check B-5-123 A Study on Iterative Decoding of CRC Code for Bluetooth Low Energy Systems
  ○XIN CAI・Shinsuke IBI・Seiichi SAMPEI(Osaka Univ.)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
cyclicAWG B-10-18 エラスティック光ノードにおけるSimplified OXC Architectureの提案
  ◎松山友理恵・鈴木雄太・藪原 穣・青野義明・竹下仁士・田島章雄・小熊健史(NEC)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
C結合 B-21-27 共振結合型WPTシステムにおける容量可変方式励振回路の開発
  ◎戸井猛裕・山本輝彦(龍谷大)・石田哲也(Wave Technology)・石崎俊雄(龍谷大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2213)
C言語 D-15-38 C言語の初学者を対象としたプログラム実行状況の理解支援ツール
  ○吉本拓斗・三村 明・辻 賢紀・古本顕吾・水谷泰治(阪工大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
Cバンド B-1-149 C / Dバンド水平偏波無指向性アンテナの開発
  ○神田泰明・石川雅澄・今 修二・羽賀俊行(アンテナ技研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)