キーワード索引

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

A

A/D変換回路 C-12-14 CMOSイメージセンサの画素に適したパルス周波数変調方式A/D変換回路の開発
  ○後藤正英・萩原 啓・本田悠葵・難波正和・井口義則(NHK)・更屋拓哉・小林正治・日暮栄治・年吉 洋・平本俊郎(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
A/D変換器 A-1-4 圧縮センシングを用いたサブナイキスト・サンプリングシステムにおける圧縮率と復元率に関する考察
  ○深澤直樹・兼本大輔・大木 真(山梨大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
A/D変換器 C-12-16 RFサンプリングを想定した時間インターリーブADCの簡略化
  ◎高橋知也・木原崇雄・吉村 勉(阪工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
A/D変換器 C-12-19 スタンダードセルのみを用いたアナログ参照電圧不要の確率的Flash A/D変換器
  ○湯本涼介・小松 聡(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
ABS B-5-56 eICICにおけるABS割当切替時の適応変調制御に関する実験的検討
  ○緒方大悟・長手厚史・藤井輝也(ソフトバンク)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
access control A-15-10 An Access Control System for Home Based Healthcare Information Sharing using Smart Gateway
  ○Daniel A. Dzissah・Hiroyuki Suzuki(Tokyo Tech)・Lee Joong-Sun(Advanced Research Center for Social Information Science and Technology)・Takashi Obi・Nagaaki Ohyama(Tokyo Tech)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
access point BS-3-31 EVALUATIONS OF ACTIVE ACCESS-POINT CONFIGURATION ALGORITHM UNDER LIMITED MOBILE ROUTER ALLOCATIONS
  ◎Md. Selim Al Mamun Sohag・Md. Ezharul Islam・Debnath Sumon Kumar・Nobuo Funabiki(Okayama Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
access point placement BS-3-35 THROUGHPUT MEASUREMENTS WITH VARIOUS INDOOR AP PLACEMENT CONDITIONS FOR IEEE802.11N WIRELESS NETWORKS
  ○Kyaw Soe Lwin・Nobuo Funabiki・Md. Ezharul Islam(Okayama Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
ACI B-17-37 隣接チャネル干渉を低減する拡張オーバーラップFFTフィルタバンク
  ◎齋藤 晟・田辺素洋・梅比良正弘(茨城大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
ACK B-5-146 高速移動環境における複数ミリ波リンク協調技術の有効性検証
  ◎辻 和良・木下裕介・武 啓二郎・西本 浩・岡崎彰浩・岡村 敦(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
ACO-OFDM AS-3-7 二重化ACO-OFDMを用いた室内光無線通信の一検討
  ◎神津知之・大内浩司(静岡大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
Actinomorphic elliptical-hole lattice core C-15-14 Design of Single TM-Like Mode Holey Fibers With An Actinomorphic Elliptical-Hole Lattice Core
  ◎ZHENG ZHONG・YASUHIDE TSUJI(Muroran Inst. of Tech.)・MASASHI EGUCHI(Chitose Inst. of Sci. and Tech.)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
Active propagation control B-1-5 アクティブ伝搬制御用伝搬特性変化装置の評価
  ◎荒木 凌・蒲原健一郎・岩井誠人・笹岡秀一(同志社大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
Active-MMI LD C-4-9 Theoretical Modelling of Photon-Photon Resonance on Active Multimode Interferometer Laser Diode
  ◎Bingzhou Hong・Mohammad Nasir Uddin・Takuya Kitano(Kyushu Univ.)・Akio Tajima(NEC)・Haisong Jiang・Kiichi Hamamoto(Kyushu Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
ad hoc BS-3-37 A Stable Clustered Technique in Mobile Ad Hoc Networks Using Link Expiration Time
  ◎Pratikshya Shrestha(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Ad Hoc Network B-5-154 RREQフラッディングによる経路構築時のパケット衝突の影響
  ◎林 真広・砂田勇介・山尾 泰(電通大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
Ad Hoc Network BS-3-40 QoS Control Method for W-LAN Ad Hoc Network In Accordance with Required Bit Rate
  ○Kazuo Hajikano(Daiichi Inst. of Tech.)・Masaki Hanada(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hidehiro Kanemitsu(Waseda Univ.)・Moo Wan Kim(Tokyo Univ. of Information Sciences)・Hee-Dong Kim(Hankuk Univ. of Foreign Studies)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
AdaBoost D-8-9 Real AdaBoostを用いた倒産予測指標の抽出
  ○保坂忠明・髙田悠太(東京理科大)(3月17日発表 センター1号館 4F 1403)
Adaptive array antenna B-1-182 Blind Adaptive Null Forming Based on Maximum Moment Criterion Orthogonal Constant Modulus Algorithm for Reactance based UCA Antenna
  ○Thomas Basikolo・Hiroyuki Arai(Yokohama National Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Adaptive Modulation A-17-8 A Study on Adaptive Modulation for CSMA/CA Based MIMO Communication-Based Train Control Systems
  ◎QiSheng Dong・Kazunori Hayashi・Megumi Kaneko・Takuya Kamenosono(Kyoto Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
adaptive power ratio B-5-65 Investigation on adaptive power ratio in NOMA transmission with Gray mapping
  Xiaohang CHEN・Anxin LI(DOCOMO Beijing Labs.)・Kazuaki TAKEDA・Yosuke SANO・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG・○Hidetoshi KAYAMA(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
ADC B-17-30 ADC の非線形性を考慮した同一周波数全二重無線通信向けデジタ ルキャンセラの初期的検討
  ○徳川龍一・岩元 啓・森川博之(東大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
ADC C-12-15 フラッシュADC向け6-bit 4.0-GHz インターリーブ型 Thermometer-to-Binary ROM Encoder
  ◎石井雅樹・佐々木昌浩(芝浦工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
ADC C-12-17 バルク電圧制御型発振器を用いたADCの設計
  ◎吉尾恒洋・木原崇雄・吉村 勉(阪工大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
ADC C-12-19 スタンダードセルのみを用いたアナログ参照電圧不要の確率的Flash A/D変換器
  ○湯本涼介・小松 聡(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2204)
adder C-8-18 An 8-bit Kogge-Stone Adder Optimized for Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Majority Logic
  ◎Christopher Ayala・Naoki Takeuchi・Yuki Yamanashi・Thomas Ortlepp・Nobuyuki Yoshikawa(Yokohama National Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
ADE-FDTD法 C-15-6 光直接記録に向けたナノアンテナ生成光の特性評価―加工ずれの影響と入射光による偏光制御―
  ◎立澤圭輔・大貫進一郎・芦澤好人・中川活二(日大)(3月18日発表 センター2号館 4F 2402)
Adhesive Molecules BS-3-20 Non-diffusion-based Molecular Communication Using Adhesive Molecules
  ◎Takuya Obuchi・Tadashi Nakano・Yutaka Okaie・Takahiro Hara(Osaka Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
ADM B-12-10 仮想エッジADMでの定率光分岐方式
  ○三澤 明・望月このみ・土屋英雄・中川雅弘・服部恭太・片山 勝・可児淳一(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2201)
ADN B-6-72 SDN/NFVを用いたアプリケーションカスタマイズ基盤の提案
  ◎南 勇貴・持田康弘・市川潤紀(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
ADS-B B-2-24 ADS-Bデータを用いた航空機高度維持性能監視の試験システム
  ○松永圭左・宮崎裕己(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
ADSL B-4-57 ADSLのスループットに対するバースト性妨害波の継続時間の影響
  ◎小野孝太郎・岡本 健・立道英俊・高谷和宏(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2203)
AD変換 B-8-23 DRoF伝送に向けた多チャネル地上デジタル放送信号のクリッピングによる量子化数削減効果
  ◎椎名亮太・藤原稔久・谷口友宏・須川智規(NTT)(3月15日発表 センター2号館 4F 2401)
AES暗号 A-7-14 故障解析装置を用いたAES暗号化回路への攻撃手法と耐攻撃設計の評価
  井野昂宜・○三浦克介・中前幸治(阪大)(3月16日発表 センター1号館 6F 1608)
Affine transfrom D-12-3 GAT Correlation Matching with a Factor of Norm Normalization
  ◎Shizhi Zhang(Tokyo Tech)・Toru Wakahara(Hosei Univ.)・Yukihiko Yamashita(Tokyo Tech)(3月15日発表 センター2号館 3F 2306)
AF協調中継 B-5-83 アナログネットワーク符号化を用いる時空間ブロック符号化双方向中継伝送のための選択送信ダイバーシチ
  ○遠藤 力・宮崎寛之・安達文幸(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Ag-Pdブラシ C-5-2 小電力伝達用金メッキスリップリングの長時間摺動試験における接触電圧波形の変動分の検討
  ○武正 豊・上野貴博・澤 孝一郎・渡辺克忠(日本工大)・山野井 勝(日本電産サーボ)(3月17日発表 センター1号館 2F 1210)
AGC B-5-185 アナログトランスバーサルフィルタを用いた時間周波数二次元AGCの回路構成
  ◎山崎直俊・太郎丸 真・太田真衣(福岡大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
AGC B-10-32 遠隔励起EDFAの全光型高速利得一定制御技術の検討
  ○宇田川健太・北村 心・増田浩次(島根大)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
AGV D-6-7 モバイル端末上のGPGPUによるAGV自律走行制御の高速化
  ◎比嘉優樹・佐藤裕幸(岩手県立大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
AGW B-6-15 メタル収容装置のインタフェース実現方法
  佐藤教之・高橋健二・○柴田高穂(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
AGW B-6-16 メタル収容装置の電流-電圧特性の実現方法
  佐藤教之・○高橋健二・柴田高穂(NTT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2210)
AIS A-14-23 AIS自船局記録データを用いた変針領域抽出精度に関わる一考察
  ◎三好竜平・浦上美佐子(大島商船高専)・本木久也・若林伸和(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
AIS A-14-24 簡易型AISの航跡データを用いた応用システムの提案
  ◎岩見将平・浦上美佐子・本木久也・砂田智裕(大島商船高専)・若林伸和(神戸大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
algorithm BS-3-37 A Stable Clustered Technique in Mobile Ad Hoc Networks Using Link Expiration Time
  ◎Pratikshya Shrestha(Waseda Univ.)・Ryo Yamamoto(The Univ. of Electro-Communications)・Yoshiaki Tanaka(Waseda Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
algorithm BS-3-41 A Job Assignment Algorithm for Cloud Computing in Vehicular Environment
  ◎Jingyun Feng(NII/SOKENDAI)・Zhi Liu(Waseda Univ.)・Yusheng Ji(NII/SOKENDAI)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
AlInAs酸化 C-4-7 プラズマ活性化貼付法を用いたAlInAs酸化狭窄構造を有するGaInAsP/SOIハイブリッドレーザの作製
  ◎鈴木純一・林 侑介・井上慧史・Shovon MD Tanvir Hasan・雨宮智宏・西山伸彦・荒井滋久(東工大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
AlN CI-3-4 AlNナノフォトニック構造による深紫外LEDの光取出し効率向上技術
  井上振一郎(NICT)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
Altera FPGA A-6-1 Altera FPGAにおける一般同期式回路の実装フロー
  ○増子 駿・大場琢也・小平行秀(会津大)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
ALU C-8-10 クロッキング方式の異なる8ビットSFQ算術論理演算ユニット
  ○安藤友紀(京大)・田中雅光(名大)・高木一義・高木直史(京大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
AMC B-1-103 小形アンテナMACKEYの広帯域化に関する一検討
  ○諸谷徹郎・牧野 滋・大坪靖治・野口啓介・廣田哲夫・伊東健治(金沢工大)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
AMC基板 B-1-101 オフセット給電により2周波共用化したMACKEY O型の検討
  ◎大坪靖治・小鷹柾樹・牧野 滋・廣田哲夫・野口啓介・伊東健治(金沢工大)・諸谷徹郎(金沢高専)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
AMOLED C-9-8 TFT特性が及ぼすAMOLEDパネルの輝度分布シミュレーション
  ◎月井千尋・沈 昌勲・金 丞謙・服部励治(九大)・宗形恒夫(ジーダット)(3月16日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
amplifier C-3-13 Motor Drive Control Using Power Distar
  ○Kensho Okamoto(LBC Corporation)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
AMSR2 B-2-1 衛星「しずく」搭載高性能マイクロ波放射計AMSR2のためのアンテナパターン整合輝度温度データセット
  ○前田 崇(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
AMUX C-4-14 (依頼講演30分)前置デジタル信号処理とアナログマルチプレクサを用いた160GbpsナイキストPAM4光伝送
  ○長谷宗彦・山崎裕史・金澤 慈・野坂秀之・橋本俊和・佐野明秀・宮本 裕(NTT)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
AM信号 B-1-167 ANSARにおける同期誤差の影響と疑似雑音の効果
  ◎伊藤真也・藤元美俊・堀 俊和(福井大)・原田知育・服部佳晋(豊田中研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2403)
ANC B-5-83 アナログネットワーク符号化を用いる時空間ブロック符号化双方向中継伝送のための選択送信ダイバーシチ
  ○遠藤 力・宮崎寛之・安達文幸(東北大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2304)
Android A-7-3 Androidにおけるプロセスベースのテイント伝搬を用いた個人情報の漏洩を検知するシステム
  ◎今田丈雅・宮永瑞紀・入江英嗣・坂井修一(東大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
Android B-18-18 リカバリーモードを用いた省電力なセンシングにおけるAndroid端末と外部機器の連携手法
  ◎高木 雅・川原圭博・浅見 徹(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2216)
Android BS-2-7 Android端末によるBluetooth Low Energyを用いたMANET構築におけるデータ分割転送技術の実装
  ◎梶川伸廣・南 雄也・河野英太郎・角田良明(広島市立大)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
Android D-6-7 モバイル端末上のGPGPUによるAGV自律走行制御の高速化
  ◎比嘉優樹・佐藤裕幸(岩手県立大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
Android D-6-10 無操作状態携帯端末の消費電力の増加の原因となるアプリケーションの推定
  ○栗原 駿・福田翔貴・濱中真太郎・坂本寛和(工学院大)・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
Android D-6-11 色表現制御によるAndroid端末の消費電力低減手法の評価
  ◎坂本寛和・濱中真太郎・井上知美・山口実靖・小林亜樹(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
Android D-6-12 アプリケーション状態に応じたAndroid GCの選択
  ○濱中真太郎・坂本寛和(工学院大)・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
Android D-6-13 Androidアプリケーション観察を目的とした時計加速環境の構築
  ○福田翔貴・栗原 駿・濱中真太郎(工学院大)・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 4F 2409)
Android D-11-38 低照度LCDスマートフォン表示におけるRGB制御による画面見やすさの向上
  ○井上知美・坂本寛和・濱中真太郎(工学院大)・小口正人(お茶の水女子大)・山口実靖(工学院大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
Android D-12-89 Android端末を用いた顔認証システムの構築
  ◎佐藤 祥・小林積博・陳 キュウ(工学院大)(3月17日発表 センター2号館 3F 2307)
Android D-15-45 Androidタブレットを用いたグループワーク向き画像転送機能の実現
  ◎室田詩織・山守一徳(三重大)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
Androidアプリケーション ADS-1-1 W-DIARY:過去の写真を利用する日記スタイル単語アプリケーションの開発
  ◎菊池 開・長谷川 忍(北陸先端大)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第12講義室)
anomaly detection BS-3-14 Design of HELIOS, a Network Anomaly Visualization Tool
  ◎Matthias Gusenbauer(TU Wien)・Romain Fontugne(IIJ)・Johan Mazel・Kensuke Fukuda(NII)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
antenna B-1-152 Experimental Study of Polarization and Frequency Diversity Antenna in Indoor Environment
  ◎Yiwen Zhu・Hiroyasu Sato・Qiang Chen(Tohoku Univ.)・Takashi Sudo・Takafumi Ohishi・Takuji Suzuki(Toshiba)(3月18日発表 センター2号館 4F 2407)
antenna B-1-188 Electromagnetic Analysis of Electric Field Distributions for UHF RFID Antennas in Closed Space
  ○Anh Tuan Luong・Naoto Nishiyama・Toshio Sugaya・Naobumi Michishita・Hisashi Morishita(National Defense Academy)・Takayuki Koshi(Komatsu)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Antenna B-1-185 A design of Ring Antenna for Dual-sense Circular Polarization
  ○Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)・Kittima Lertsakwimarn(Rambhai Barni Rajabhat Univ.)・Chuwong Phongcharoenpanich(King Mongkut’s Inst. of Tech. Ladkrabang)・Mareki Honma(NAOJ)・Keitaro Takahashi(Kumamoto Univ.)・Hiroyuki Nakanishi(Kagoshima Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Antenna de-embedding B-20-6 Preliminary consideration of antenna de-embedding for in-body wireless communication network channels
  ○Takahiro Aoyagi(Tokyo Tech)・Raúl Cháves-Santigo・Ilangko Balasingham(Oslo Univ. Hospital)(3月18日発表 センター2号館 4F 2408)
AOC A-1-24 バースト光受信回路における高精度AOC回路の提案
  ◎久米沢弥・滝 孝介・中村 誠(岐阜大)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
AODV B-6-98 アドホックネットワークにおけるマルチパス経路制御の評価
  ◎石川慎也・吉本 涼・宮保憲治(東京電機大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2211)
APAA B-5-147 通信用アクティブフェーズドアレイ送信機の一括歪み補償に関する検討
  ○能登一二三・安藤暢彦・檜枝護重(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 3F 2305)
APD C-4-2 高感度・低暗電流動作 共振型25Gbps-APD
  ○竹村亮太・中路雅晴・石村栄太郎・綿谷 力(三菱電機)・山本祐司・松岡裕益(メルコセミコンダクタエンジニアリング)・竹見政義(三菱電機)(3月15日発表 センター2号館 2F 2206)
Aperiodic Channel State Information(A-CSI) B-5-66 Higher Order Modulation to Aperiodic Channel State Information Report without Uplink Data for Carrier Aggregation with up to 32 Carriers
  Lihui WANG・Liu LIU(DOCOMO Beijing Labs.)・○Kazuki TAKEDA・Satoshi NAGATA(NTT DOCOMO)・Huiling JIANG(DOCOMO Beijing Labs.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2304)
API B-6-59 仮想環境における試験リソース管理方式に関する検討
  ◎朱 イ・福田芳巳・菊間一宏(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
API B-14-5 API仕様書間類似度の導出における解析要素の検討
  ◎平石一貴・白井嵩士・副島裕司・大西浩行・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
API D-19-17 APIコール情報を利用したマルウェアの階層型分類
  ○青木一樹・後藤滋樹(早大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Application Customization B-6-72 SDN/NFVを用いたアプリケーションカスタマイズ基盤の提案
  ◎南 勇貴・持田康弘・市川潤紀(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
Application Driven Network B-6-72 SDN/NFVを用いたアプリケーションカスタマイズ基盤の提案
  ◎南 勇貴・持田康弘・市川潤紀(NTT)(3月18日発表 センター2号館 2F 2210)
approximation algorithm AS-1-3 A 3/2-Approximation Algorithm for the Bipartite Dense Subgraph Problem on Bipartite Permutation Graphs
  ○Yuta Inaba・Satoshi Tayu・Shuichi Ueno(Tokyo Tech)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第16講義室)
APT TK-3-2 アジア太平洋地域における標準化活動
  近藤勝則(アジア太平洋電気通信共同体)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
APコーディネータ B-5-128 マイクロ波帯を介してAP連携を行うミリ波無線LANシステムにおけるデュアルバンド媒体アクセス制御プロトコルの高効率化に関する一検討
  ○川原匡史(阪大)・宮本伸一(和歌山大)・三瓶政一(阪大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2305)
AP選択 B-5-171 高密度無線LAN環境下におけるAP選択法に関する検討
  ○岡 真悟(早大)・村上友規・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)・前原文明(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
aqfp C-8-18 An 8-bit Kogge-Stone Adder Optimized for Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Majority Logic
  ◎Christopher Ayala・Naoki Takeuchi・Yuki Yamanashi・Thomas Ortlepp・Nobuyuki Yoshikawa(Yokohama National Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
AQFP C-8-12 HDL-based Modeling Approach for Digital Simulation of Adiabatic Quantum Parametron Logic
  ○Qiuyun Xu・Christopher L. Ayala・Naoki Takeuchi・Yuki Yamanashi・Nobuyuki Yoshikawa(Yokohama National Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
AQFP C-8-19 Development and Demonstration of a Post-Placement Routing Approach for Large-Scale Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Circuits Using Channel Routing
  ◎Yuki Murai・Christopher Ayala・Yuki Yamanashi・Nobuyuki Yoshikawa(Yokohama National Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2205)
AQM BS-3-25 Tackling eNB RLC Buffer Overflow by AQM based Congestion Control in 4G/LTE Network
  ◎Anup Kumar Paul・Hidehiko Kawakami・Atsuo Tachibana・Teruyuki Hasegawa(KDDI R&D Labs.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
AR A-14-17 AR技術による観光業への可能性に関する考察
  ◎長友 誠・関谷裕樹・坂本眞人(宮崎大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2309)
AR B-10-1 ARを用いた所内伝送装置保守作業支援システムの図形描画精度評価
  ○榎本圭高・古敷谷優介・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
AR B-10-2 ARを用いた所内伝送装置保守支援システムの作業正誤判定機能向上
  ○古敷谷優介・榎本圭高・真鍋哲也(NTT)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
AR D-12-60 写実的仮想物体合成のための光源環境推定マーカーの検討
  ◎菊田勇人・山本 強・土橋宣典(北大)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
Arduino D-9-16 手袋型HIDの開発と有用性の検討
  ◎大川湧也・斎藤卓也(愛知工科大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
Arm movement BS-1-15 Bit-Error-Rate OTA Testing of BAN Antennas Based on Shadowing-Fading Hybrid Effects
  ○Kun Li・Keisuke Murata・Kazuhiro Honda・Koichi Ogawa(Toyama Univ.)(3月16日発表 センター2号館 4F 2406)
ARMA BCS-1-4 FDTD法による有理関数モデルを利用した極低周波電磁界解析のためのマルチスケール解析手法
  ○浅野慶太・宇野 亨・有馬卓司(東京農工大)・古川洋之・西村裕之(IHI)(3月17日発表 センター2号館 4F 2406)
ARQ B-7-64 送信者送信ビット数低減情報伝送プロトコルの可能性
  ◎岡本卓也・山岡克式(東工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
ARQ方式 A-2-12 RB-HARQ方式の帰還通信路への送信ビット数軽減について
  ◎埴原貴裕・新家稔央・斎藤友彦(東京都市大)(3月18日発表 センター1号館 4F 1406)
array antenna B-1-192 Direction of Arrival and Magnitude Estimation by the Prony Method with Consideration of Damping Factor
  ○Toshihiro Sezai(JAXA)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
Array-antenna C-14-18 60 GHz帯集積型フォトニックアレーアンテナビーム制御における3.5-Gbit/s QPSK RoF信号伝送
  ◎平澤崇佳・古屋琴子・大石将之・眞木翔太郎・秋葉重幸・広川二郎・安藤 真(東工大)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
artifact-metrics A-18-7 Correlation Coefficients for Colored Pixels as Visible-Light Paper Artifact-Metrics
  ○Hidenori Kuwakado(Kansai Univ.)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
ASE B-2-24 ADS-Bデータを用いた航空機高度維持性能監視の試験システム
  ○松永圭左・宮崎裕己(電子航法研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
ASEアイドラ B-10-57 100Gbit/s偏波多重QPSK信号に対するASEアイドラの波長配置検討
  ○後藤広樹・備海正嗣・松田恵介・吉田 剛・宇藤健一(三菱電機)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
ASIP A-15-7 MU-MIMO向け低演算量プリコーディングとCSIフィードバックのASIP実装
  ○横田裕司(九工大)・吉澤真吾(北見工大)・尾知 博(九工大)(3月18日発表 センター1号館 2F 1209)
ASK AS-3-11 ちらつきを防止したイメージセンサ可視光通信の多値変調化
  ◎北岡涼太郎・近藤那樹・中條 渉(名城大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2309)
ATI B-2-41 ATI位相差マップを彩度に重畳するSAR画像の表示方式
  ○山岡智也・原 照幸(三菱電機)(3月17日発表 センター1号館 4F 1401)
atomic norm A-8-21 連続値パラメータ推定における圧縮センシングの手法の性能比較
  ◎西部洋介・古賀郁海・實松 豊(九大)(3月15日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
ATR分光 BI-8-3 赤外中空光ファイバプローブを用いた非侵襲血糖値測定
  ○松浦祐司・木野彩子(東北大)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
Augmented Reality D-9-27 ARを用いた可視化による情報工学系実習教育支援システム
  ○原槙稔幸・西野浩明(大分大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
Authentication A-18-3 Experimental Results on EEG-based Person Identification with Machine Learning
  ○Felix Putra Sjamsudin・Mutsumi Suganuma・Wataru Kameyama(Waseda Univ.)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
automatic A-6-11 スタンダードセル回路定数自動最適化システム
  ○後藤和昭(ラピスセミコンダクタ)・松井悠祐(ローム)(3月17日発表 センター2号館 1F 2104)
Available Bandwidths BS-3-10 Performance Evaluation A Multipath Routing Method using Available Bandwidths on OpenFlow Networks
  ○Tomoyuki Kamiyama・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
AWS B-14-23 クラウド利用時の価格変動を考慮にいれたリソース選択方法
  ○大西浩行・尾居愛子・佐々木潤子・木村秀明(NTT)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
axonal conduction delays N-1-4 Excitation Level Controls Neural Competition In Recurrent Neural Networks
  ○Hideyuki Kato(Tokyo Univ. of Tech.)・Tohru Ikeguchi(Tokyo Univ. of Science)(3月15日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
Aアルゴリズム B-5-112 MU-MIMO 下りリンクNLP における演算量の低減法
  ◎今村和樹・高畑文雄(早大)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)