電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-10-1
ARを用いた所内伝送装置保守作業支援システムの図形描画精度評価
○榎本圭高・古敷谷優介・真鍋哲也(NTT)
多彩な通信NWサービスの登場で,通信設備ビル内に様々なNW設備が設置されている.我々は拡張現実感(augmented reality:AR)を用いた所内伝送装置の保守作業支援システムを検討している.今回試作したシステムでARを用いた作業対象の特定に必要な図形精度を評価した結果,作業範囲と描画精度の安定性から所内作業に十分な性能を有していることを確認した.