電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-15-14
物体追跡における画像特徴量に基づくシルエット抽出の一手法
◎新谷岳士・野畑美紗貴・棟安実治(関西大)
我々が提案しているPTZカメラを用いた監視システムでは,人物の行動を識別することが考えられていないという問題があった.これに対し,人物のシルエットを抽出することで人物の行動を推測できると考えられる.本稿では,従来の物体検出・追跡手法を基本とし,検出に用いる特徴量とシルエットを組み合わせたデータベースを用いて,物体の形状に適合したシルエットを抽出する手法を検討する.提案手法により,移動物体の形にあったシルエットをおおむね選択できることを確認した.