電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-15-8
UDP/IP通信を用いた組込みシステムのための信頼性を有するプロトコルの提案とハードウェア実装
○仲西 篤・小野塚拓也・畑山奏多・木村誠聡(神奈川工科大)
2015年現在IoT(Internet of Things),クラウド,ビックデータを用いたシステムが数多く提案されている.これらのシステムで重要な事柄の一つが入出力機器をインターネットに接続することである.しかしながら入出力機器をインターネットに接続する際にTCPを利用することは最善とは言えない.また,入出力機器に求められるのは,安定性,安全性,低消費電力化である.けれどもCPUを用いた既存の構成で以上の3点を確保することは難しい.そこで本研究ではUDPを用いて入出力機器をインターネットに接続するためのOSI7階層に準拠した信頼性を有するプロトコルを提案し,入出力機器を管理する部分を含めた全てをハードウェアに実装することで安定性,安全性,低消費電力化を確保したCPUを用いない組込みシステムの実現を試みる.