電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-15-5
ガウス雑音重畳画像の推定とウィナーフィルタへの適用
◎鈴木貴士・小林恵太・辻 裕之・木村誠聡(神奈川工科大)
データ依存型の雑音除去フィルタではガウス雑音の標準偏差を用いる場合が多いため,劣化画像からそれらを推定する必要がある.劣化画像からガウス雑音を推定する方法としてMADを用いた方法がある.MADを用いた方法は推定精度が画像の種類や性質に依存するが,筆者らは雑音の推定値に補正を施すことで推定精度の向上を確認した.しかしながら,推定精度によって雑音除去の性能が向上するかが示されていない.そこで本稿では,雑音の推定値をウィナーフィルタに適用し,PSNRによって比較する.ガウス雑音が重畳した39種類の画像に対して,ウィナーフィルタを適用させた結果,PSNRが画像全体で約0.7dB向上することを確認した.