特別企画

 

 特別記念講演

 日本国際賞受賞
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月11日 17:00〜18:00 プリズムホール

  「光通信と半導体レーザの研究を振り返って─情報通信社会の到来を目指して─」
  末松安晴 東京工業大学栄誉教授 ・元学長
 ノーベル物理学賞受賞
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月12日 10:00〜12:00 プリズムホール

  「青色LED 開発と今後のエレクトロニクス」
  天野 浩 名古屋大学大学院工学研究科教授
  「InGaN系ダブルへテロ構造高輝度青色LED の開発と将来の固体発光素子」
  中村修二 カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授

 大会委員会企画

TK-1. 関西発ベンチャーの現状と課題 - ベンチャーと大企業のコラボレーション -
(大会委員会)
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月11日 13:00〜16:20 フォレストハウス 1F F106 座長 山崎勝弘(立命館大)

  講演時間:指定以外各20分
座長挨拶:5分
TK-1-1 株式会社シンセシス 設立から17年の軌跡と今後の展開
  奥畑宏之(シンセシス)
TK-1-2 起業の経験と今後
  深田浩嗣(Sprocket)
TK-1-3 株式会社クエステトラの活動
  今村元一(クエステトラ)
TK-1-4 産業ロボットの「目」と「脳」:問題定義・解法・事業化
  徐 剛(立命館大)
TK-1-5 直径1mmのシリコン球との格闘
  高倉秀行(立命館大)
TK-1-6 TakumiVision株式会社の企業間連携
  山内寛紀(TakumiVision)

休 憩(15分)  座長 白川 功(シンセシス取締役会長、兵庫県立大特任教授)

TK-1-7 企業の研究所における産産連携への期待(10分)
  田中健一(三菱電機)
TK-1-8 ドコモのイノベーション創出に向けた企業連携とベンチャー支援の取り組み(10分)
  田居夏生(NTTドコモ)
パネル討論(40分)15時40分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-2. I-Scoverチャレンジ2014 〜応募作品講演会〜(セッションとしての予稿あり)
(I-Scoverプロジェクト)
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月10日 13:00〜16:50 コラーニングハウスⅠ 3F C305 座長 伊加田恵志(OKI)

  講演時間:各10分
TK-2-1 I-Scoverチャレンジ2014について
  千村保文(OKI)
TK-2-2 進化的距離計量学習を用いたI-Scoverクラスタリング
  女鹿野大志(鹿児島大)
TK-2-3 重み付けユークリッド距離を用いた重要文献情報抽出法
  佐々木裕三(首都大東京)
TK-2-4 I-Scover オープンデータによる検索で見つけてもらえる論文のための正しいキーワードの付け方 〜サルでもわかる! やさしい論文キーワードの付け方〜
  五味 弘(OKI)
TK-2-5 研究会への参加による研究者のコミュニティ解析
  宇野毅明(NII)
TK-2-6 論文著者のつながりからイノベーションを生み出す「場」の形成を知る
  岸本康成(NTT)
TK-2-7 中二病?論文おもしろクイズ
  五味 弘(OKI)
TK-2-8 論文紹介TwitterBot
  鈴木英友(所属なし)
TK-2-9 I-Scoverを活用した技術者の自叙伝制作サービスの提案
  黒田幸明(サイバー創研)

休 憩(10分)

TK-2-10 クレイジー文献検索 -普段検索に使用しないようなキーワードから発想を得る-
  小杉篤史(OKI)
TK-2-11 I-Scoverからハイプ・サイクルを作成してみた
  松平正樹(OKI)
TK-2-12 I-Scoverデータベースを用いた時系列・技術要因分析モジュールの開発
  槇 俊孝(福岡工大)
TK-2-13 論文タイトル・概要校正補助ツール
  鈴木英友(所属なし)
TK-2-14 卒業論文タイトルジュネレーター「SRTG v.1.0」
  馬目慎太郎(首都大東京)
TK-2-15 論文推薦アプリ「研究のネタ帳」
  大川内隆朗(立教大)
TK-2-16 Topic-sensitive expert finding and profiling for I-Scover
  Bin Li(Anhui Radio and Television Univ.)
TK-2-17 Academic Event Explorer for i-scover
  Qingliang Miao(Fujitsu R&D center in china)
TK-2-18 Cross-lingual Article Retrieval for I-Scover
  Qingliang Miao(Fujitsu R&D center in china)

休 憩(10分)

TK-2-19 I-Scoverシンポジウム2014開催報告
  伊加田恵志(OKI)
I-Scoverチャレンジ2014表彰式
TK-3. 国際標準化とビジネス戦略
(規格調査会)
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月11日 9:00〜12:15 コラーニングハウスⅠ 2F C203 座長 淺谷耕一(南開大)

  講演時間:各30分
座長挨拶:10分
TK-3-1 国際標準化が社会やビジネスに与える影響の重要性について
  和泉 章(経済産業省)
TK-3-2 IEC TC86における光ファイバ・光ケーブル関連技術の標準化動向
  ○泉田 史・荒木則幸・松井 隆(NTT)
TK-3-3 IEC TC103/WG6におけるRoFの標準化の取り組みと産業への波及
  ○市川潤一郎(住友大阪セメント)・黒川 悟(産総研)・川西哲哉(NICT)

休 憩(10分)

TK-3-4 光通信システムの安全に関するIEC TC76標準化動向
  高良秀彦(NTT)
TK-3-5 IEC TC 100の概要と東京会議の結果
  松村秀一(富士通)
パネル討論(25分)11時50分から開始です。講演者全員による討論となります。
TK-4. イノベーション創出実現に向けた情報通信技術の研究開発
(企画室)
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月11日 13:30〜16:30 コラーニングハウスⅠ 2F C205 座長 村上篤道(早大)

  講演時間:指定以外各15分
座長挨拶:5分
TK-4-1 新たな情報通信技術戦略の検討状況について(原稿なし)(20分)
  野崎雅稔(総務省)
TK-4-2 災害対応ロボットの社会実装プロジェクトにおける無線通信政策への提言の検討状況
  羽田靖史(工学院大)
TK-4-3 大規模災害からの迅速な通信復旧に貢献する災害対策用無線システム
  ○中津川征士・布 房夫・廣瀬貴史(NTT)
TK-4-4 安全安心な社会を支える画像認識技術の現状と課題
  佐藤 敦(NEC)
TK-4-5 ビッグデータ時代のバイオメトリクスにおけるプライバシー保護
  瀬戸洋一(産技大)
TK-4-6 これからのCybersecurityに向けての技術開発の方向性と学会の役割
  三宅 功(NTTデータ先端技術)

休 憩(10分)

パネル討論(65分)15時20分から開始です。全講演者、座長、オーガナイザーにより、パネル討論を行います。
座長挨拶:5分
TK-5. 教育改革と人材育成
(ヒューマンコミュニケーショングループと男女共同参画委員会)
一般無料公開:本企画の聴講は無料です.直接,会場へお越し下さい.

3月11日 9:00〜12:15 コラーニングハウスⅠ 3F C305 座長 小粥幹夫(日経大)

  講演時間:指定以外各25分
セッション資料

座長 遠藤 守(名大)

TK-5-1 アクティブラーニング型授業の拡大 高校から大学へ
  小林昭文(産能大)
TK-5-2 堀川高校の探究基礎とSSH
  飯澤 功(堀川高校)
TK-5-3 コンピュータシステムの原理を理解させるアクティブ・ラーニング
  山崎 進(北九州市大)

休 憩(5分)  座長 山下仁司(ベネッセ)

TK-5-4 これからの大学に求められるもの(10分)
  山下仁司(ベネッセ)
TK-5-5 京都大学デザインスクールの実践教育
  石田 亨(京大)
TK-5-6 COI-T 創造的生活者プログラムの目指すもの
  荒川 薫(明大)

休 憩(5分)

 座長 塙 雅典(山梨大)

パネル討論(50分)11時25分から開始です。講演者全員と原島 博(東大名誉教授)による討論となります。