電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-5-3
コンピュータシステムの原理を理解させるアクティブ・ラーニング
山崎 進(北九州市大)
本発表では北九州市立大学の授業科目「コンピュータシステム」での取り組みを紹介する。本授業では,コンピュータの基本構成と動作原理から始まってプログラミング言語処理系とオペレーティングシステムを扱う。本授業の特徴は,(1)原理を理解させるために「直観的にイメージさせる」「専門用語を暗記させる」の2つを重視した授業設計(インストラクショナル・デザイン)であることと,(2)現在,注目を集めているアクティブ・ラーニング/反転授業スタイルを採用したことである。