電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-1-1
株式会社シンセシス 設立から17年の軌跡と今後の展開
奥畑宏之(シンセシス)
株式会社シンセシスは、画像・通信分野のシステムLSIのデジタル回路設計、IP(Intellectual Property)開発を得意とする、産学連携のベンチャー企業である。現在は、大阪大学、京都大学、立命館大学、大阪市立大学など10大学18名の教員とその関連研究室が当社に参加している。1998年2月にスタートし、今年で設立から17年目を迎えた。本稿では設立の経緯と、研究開発する最新の技術内容(H.265/HEVCエンコーダ、超解像拡大技術、リチウムイオン蓄電池の残量・劣化推定技術、運動中のスポーツ選手からのリアルタイム・バイタルデータ収集システム)について紹介し、今後のビジネス展開を述べる。