電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-22-3
レーザ測域センサを用いた環境情報を考慮した人物追跡
○板垣大二朗・久野義徳・小林貴訓(埼玉大)
近年,人と同じ環境で活動するロボットに注目が集まっている.それらのロボットは周囲の人間の行動に合わせた対応が必要となるため,各種センサから得られる情報に基づいて人物行動を計測する必要がある.本稿では,ロボットの分野で用いられることの多い,レーザ測域センサを用いて,屋内の環境情報を考慮した人物追跡手法を提案する.