電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-20-12
統計量に基づくLASSOの正則化パラメータの設計手法
○金田泰昌・入月康晴(都産技研)
スパース正則化手法の一つであるLASSOに対して、正則化パラメータと観測ガウスノイズの共分散行列との関係性を数学的に示す。そして、観測ガウスノイズの共分散行列からシステマチックに正則化パラメータが設計できる手法を提案する。試行錯誤設計に比べ、成案手法を用いることで設計の物理的な妥当性が得られる。数値シミュレーションにより提案設計手法の有効性を示す。