電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-20-10
Serendipityを考慮した推薦Algorithm
○河合未夢・能上慎也(東京理科大)
推薦システムの目的は,システム利用者に有用な商品の情報を提供することである.しかし実際の推薦システムは,推薦されたアイテムの多くは利用者にとって既知のものであり,推薦がありきたりになって推薦を行う意義がなくなっている.推薦とは,分かり切ったアイテムの推薦だけでは有用であるとは言えないのである.
そこでSerendipityに注目して,Serendipityを考慮した推薦Algorithmを考案する. Serendipityを考慮した推薦を行うことによって,ユーザに意外性や偶然的発見性を与えることが可能になり,従来の推薦手法の問題点であった,ありきたりな推薦を改善することが可能となる.