電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-19-9
NFCを用いたセキュアな公衆無線LAN接続システムの構築
○宮下悠生・明石雄太・橋本周平・福井千晶・藤村真生(阪工大)
日本に数多く設置されている公衆無線LANのアクセスポイントの多くは、そのアクセスポイント利用時に利用者に悪用されないようにするため、Webでのユーザ認証を行う必要がある。ユーザ認証にはメールアドレスの入力などで手間がかかる。また、接続の容易性のため暗号化されていないことが多く公衆無線LANの電波を傍受するだけで通信内容を盗み見ることができてしまう。そこで当研究では、NFCを用いて無線LAN接続の接続交渉を行い、公衆無線LANに安全に接続するシステムの提案とその運用評価を行う。利用者端末としてはAndroid機を使用し、そのアプリケーション上で接続交渉から接続完了までを行う。実際に接続完了までにかかった時間は7.4秒となった。