電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-19-5
ベイジアンネットワークを用いた異常検知システム
○石田裕貴・稲永航平・花田真樹・山口崇志・布広永示・永井保夫(東京情報大)
近年,専用のハードウェアを使用せずにIA(Intel Architecture)機器を用いた分散システムの利用が進んでいる.
分散システムでは,障害発生時に全ての分散システム機器やリンクを手作業で確認するため,障害原因の特定が非常に困難である.
本研究では,SNMPを用いて情報を取得し,ベイジアンネットワークを用いて効率的な障害原因を特定する異常監視システムを提案する.