電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-19-2
Androidマルウェアの動的解析による悪性通信の分析
◎鈴木貴之・鈴木男人(東京電機大)・笠間貴弘(NICT)・島村隼平(クルウィット)・井上大介(NICT)・宮保憲治(東京電機大)
Android端末による大規模なボットネットやAndroid端末からの通信履歴がダークネットにおいても観測されている状況から,AndroidマルウェアがPCに対して何らかの攻撃を行い,Android OS上で動作するマルウェアを急増させている事が考えられる.本論文では,Androidマルウェアの通信動作を分析し,その結果をダークネットトラヒックの解析結果と照合することにより,Androidマルウェアによる攻撃や感染活動を検証した結果を報告する.具体的には,Androidマルウェアデータセットを活用して動的解析した結果を基に,Androidマルウェアの悪性通信について分析・評価した結果を述べる.