電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-35
ナラティブ・アプローチを用いたマンガテキスト開発法の提案
○戸田和之・高橋 徹(東京理科大)・内田 瑛・高橋 聡(東工大)・宮部博史(東京理科大)
本研究ではナラティブアプローチを用いたマンガテキストの開発手法を提案した.マンガテキストは多様な解釈できるものである必要がある.提案した開発手法は以下の三つのステップから構成される:i)カードソーティングを使ったマンガテキストに適する事例の抽出を行い;ii)抽出された事例に基づきマンガテキストを作成する;iii)マンガテキストとしての評価・改良を行う.評価の結果,マンガの解釈について一部偏りもでたが,概ね意見の割れるマンガテキストの製作ができた.