電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-25
小中学生を対象とした再利用可能エネルギーを用いた創造力育成教育の試み
○向井しのぶ(香川高専)
本研究では少子化や理科離れに対応すべく,地域の小中学生を対象としたものづくり教室を行った.この教室では思考力・判断力を育む教育として,機械工作や物理現象を用いた制作を通して,知識や技術の習得が可能なものづくり教育を行っている.しかしながら,一般的に行われているような既存の部品を組立てる方法だけでは,子供たちの創造性萌芽に働きかける事が難しい.そこで,知育として働きかけるために,再生可能エネルギーと工作教材を用いて子供たちの思考力・判断力を育む教育を提案・実践することにした.本論文ではその実践と成果について報告する.