電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-20
英語プレゼンテーション学習支ソフトウェアの開発
○橋積裕紀・齋藤 光・吉本定伸・堀 智子(東京高専)・野口ジュディー・津多江(武庫川女子大)・小嶋徹也(東京高専)
近年,日本人が,国際大会などの場で英語によるプレゼンテーションを行う機会が増えている.英語での発音練習ソフトウェアは既に存在するが英文を音読するように読み上げるため,英語プレゼンテーションの学習には向かない.本研究では,音声学の知識がない人でも容易に英語プレゼンテーションの学習が行えるソフトウェアの開発を行った.開発に当たり,音声特徴の抽出に必要な母音の抽出を行った.今後この母音の推定システムを強化し,音声のポーズや強調部分の判定を行い,ソフトウェアに組み込むことを想定している.また,ピッチのピアノロール表示の実装を進めており,学習者に対してピッチの上下に関する指導やコメントをピアノロール上に出力する機能を実装する.