電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-15-15
電気モノづくり講座による地域児童への科学技術啓発活動
○木村尚仁・細川和彦・川上 敬・碇山恵子(北科大)・湯川恵子(神奈川大)・槌本昌則・元井和司(北科大)
我々は電気・電子系分野の科学技術の啓発のため, 2008年から北海道内の7つの都市で,延べ14回のモノづくり講座を主に児童向けに実施してきた。その中で我々は,参加児童自身が自らの手で実際にモノを作る楽しさを感じ, また科学の原理との関連を実感できる内容となることをめざしている。これらの講座では主に「クルクル踊るリモコンカー」の作製を行っている。参加児童のアンケートより,子供たちにとってやや難しく感じながらも高い満足度を得ているという結果が得られていることから,これは困難を自力で乗り越え完成させた喜びを自ら実感できていることを意味しており,子供たちの自己肯定感,自己効力感の醸成に繋がっていると考えられる。