電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-13-7
英文の読みやすさ指標の拡張による日本語文の読みやすさ推定
○赤木信也・納富一宏(神奈川工科大)
文章を計算機に判別させる指標として,英文の読みやすさ指標(FRE, FKG, ARI, CLI)を日本語文に対応付けた指標(jFRE, jFKG, jARI, jCLI)を提案している.提案指標は,「形態素単位の文字分割」,「複合名詞単位の文字分割」,「情報量に基づいた文字の重み付け」を用いて英文の読みやすさ指標を日本語に対応付けている.英文に対しては従来指標と同じ結果が得られ,日本語文に対しては全く新しい結果が得られるため,日本語文に対する提案指標の妥当性を検証した.その結果,従来指標と同程度の値域に収まらなかったが,日本語文を大まかに分類できることが示唆された.