電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-47
オプティカルフローと画像認識によるスポーツ映像の分割手法
◎富樫祐太・猿田和樹・須藤 匠・寺田裕樹・陳 国躍(秋田県立大)
近年、スポーツ映像を画像処理技術により分析し、得られた情報を技術の向上や戦術分析に利用することが盛んに行われている。本研究では、卓球映像を対象にオプティカルフローにより選手の動きを検出し、ラリー開始フレームの候補を抽出する。さらに画像認識と組み合わせ、サービス、レシーブ時の構えを検出することで、ラリー開始フレームを特定し、映像分割を行う。この処理を繰り返し、1ゲーム分の動画を1ラリーごとに分割する。提案手法により1映像あたり2件の誤検出で、すべてのラリー開始フレームを検出することができることを明らかにした。