電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-43
オントロジーと混合ガウスモデルを用いたWebからの階層型画像データセットの自動生成
○藤本椋也(中部大)・山西良典(立命館大)・岩堀祐之・年岡晃一(中部大)
一般物体認識の研究において,学習用の画像データセットをどのように構築するかは重要な課題である.
本研究ではオントロジーと混合ガウスモデル(GMM)によるクラスタリングを利用したWebからの画像データセット自動生成手法を提案する.
オントロジーを用いることで
検索キーワードや画像ラベルの間に意味的な関係を構築すると共に,ノイズラベルの除去を行う.
そしてGMMクラスタリングを用いることでノイズ画像の除去を行う.
これによって階層構造をもつ画像データセットを,高い精度で自動的に生成することを実現する.