電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-31
マンガの複数キャラクターに対する顔検出率について
○柳澤秀彰・石井大祐・渡辺 裕(早大)
近年,電子コミックの高度な検索システムを提供するために,マンガ画像からメタデータを自動抽出する研究が行われている.マンガ作品において重要な要素である登場人物については,顔画像を学習した検出器によって顔領域を検出する手法が提案されている.しかし,マンガの登場人物は現実のものより個々の顔の特徴変化が大きい傾向がある.本研究では特定の人物の顔画像のみ学習した場合と,複数の人物の顔画像を学習した場合における検出率の変化を検討した.その結果,複数の人物の顔画像を学習することで,変化の大きい顔領域を認識することが可能になるが,一方で顔以外の領域に対する誤検出が増加することが分かった.