電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-28
円弧探索に基づく楕円検出に関する研究
○三関拓也・小野口一則(弘前大)
画像中から任意の形状情報を自由に取り出す技術は画像処理において重要である.
例えば車載画像処理システムでは信号機の信号灯や道路標識,監視カメラシステムでは自動車や自転車の車輪など円検出が必要とされる場面は多い.
本研究は,これまで研究されていた一部のエッジ情報からの形状情報算出方法ではなく,エッジ情報の当てはめによるテンプレートマッチング的手法により,円を検出する方法を提案する.
画像中の円がありそうな領域を算出するのではなく,既に存在する円形状を人間の目と同じ感覚で捕捉する.
そして,この円検出手法を応用し,楕円を検出する手法を提案する.