電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-12-1
音楽と静止画像の調和度に対する複数特徴量の推定精度の評価
○谷高竜馬・村田 開・北川達也・広兼道幸(関西大)
本稿では,音楽と静止画像の調和度に対する最も推定精度の向上する複数特徴量の組み合わせを評価する.近年,クロスメディア検索やその場の情景に調和する音楽の推薦などの目的で,特徴量を基にした音楽と静止・動画像の調和について様々な研究が行われている.しかし,これらの研究では特徴量の組み合わせを限定した上で検証が行われており,精度の向上に向けた特徴量の組み合わせに関する検証が十分に実施されているとは言い難い.そこで本研究では,データの収集の容易性やデータの評価の分かりやすさを考慮して静止画像に着目し,複数特徴量の組み合わせにより音楽と静止画像の調和度を推定し,最適な特徴量の組み合わせを評価した.