電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-35
複数のレイヤーを用いた3次元自由視点画像の生成
○吉田智彦・松田弘成・中田崇行(富山県立大)
本研究では、レイヤーを用いた新たな自由視点画像の生成手法を提案する。視差をつけて撮影した複数のカメラで取得した画像を複数のレイヤーに同時に投影する。レイヤー毎に投影した複数の画像が一致する部分は3次元上での物体の位置と一致するため、該当部分のみを描画し、レイヤー毎に貼り付けることで3次元情報が復元され、自由な視点からの画像が生成できる。シミュレーション実験を行い、本手法の有効性を示す。