電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-21
ヒートマップを用いた移動物体の検出
○大沼和嗣・猿田和樹・寺田裕樹・陳 国躍(秋田県立大)
近年,車載カメラを用いた周囲環境のドライバーへの通知システムが注目されている.特に,車載カメラを用いて自動車や歩行者を検出する研究が行われている。移動物体の検出にはオプティカルフローが用いられることが主であるが,走行中の移動物体の検出は困難である.そこで,本研究ではオプティカルフローを用いてヒートマップを作成することで移動物体を検出する手法について検討する。画像を領域毎に分割し,オプティカルフローを用いて過去数フレームの間の移動量や移動方向の角度の平均値と現在のフレームを比較する.その変化が大きい領域が集中している位置を移動物体として検出する方法を提案し,対向車を検出できることを確認した.