電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-18
木材の欠陥検知および木取システムの開発
○梁 寛侑・森田雄貴・沓名弘斗・薮 将夫・政清史晃(近畿大高専)
住宅や家具などの構造材として用いる木材の欠陥は,表面の傷の他,内部の空洞・割れ・生き節・死に節・逆目・虫食い・やに・くさり・とびくさりなどがある.現在,木材の製材会社において作業者は,経験と感により,木材の欠陥箇所の切断と木取りを行っている.本研究の目的は,これらの自動化システムを開発するために基礎的検討を行うことである.今回,実験装置の構築,連続画像の接続再構成,HSV値とモルフォロジー処理による欠陥検知処理実験,木取ソフトウェアの作成を行った.