電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-15
画像変位計測による構造物の内部劣化状態検出
○今井 浩・王 朕・太田雅彦・村田一仁(NEC)
橋梁などの社会インフラ構造物の老朽化による事故は、日本のみならず世界で大きな社会問題として取り上げられている。画像計測による構造物表面の変位計測は、遠隔から非接触で構造物の劣化状態を検出する手段として有効である。今回、構造物表面の変位分布・歪とその時間変化情報から健全、亀裂、剥離、空洞の違いを検出する方法を開発したので報告する。