電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-14
変位ベクトル場解析によるひび割れの深さ推定
◎太田雅彦・王 朕・今井 浩・村田一仁(NEC)
インフラ構造物の点検を目的とした、変位ベクトル場解析によるひび割れの深さ推定方法を提案する。提案手法は、外力印加に伴い変形する構造物表面を撮影した動画像に基づいて、画像相関法によって変位ベクトル場を得る。変位ベクトル場から、ひび割れ開閉挙動によって生じる不連続部を抽出し、ひび割れ開閉量を算出する。得られた開閉量と印加外力情報を用いてひび割れの深さを推定する。橋梁を模した両持ち梁構造体に対して載荷する様子を撮影し、提案手法により載荷荷重とひび割れ開閉量及び深さの関係を評価した。実験の結果から、表面汚れなどを誤検出せずにひび割れのみを検出できること、ひび割れの深さは開閉量と印加外力情報から推定できる可能性を示す。