電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-10-8
制御システム向け兆候開始時刻推定手法の検討
◎遠山泰弘・今村 誠・平井規郎(三菱電機)
本稿では、昇降機、プラント装置、空調機器等の制御システムを対象とした、異常、劣化等の兆候の原因であるセンサを推定する原因推定手法において、誤検出の原因となりうる兆候開始から検出までのタイムラグの影響を軽減するため、兆候開始時刻を推定する手法を検討した。模擬データにより検証した結果、兆候開始から検出までのタイムラグがある複数のデータにおいて、兆候開始時刻を判定し、兆候が開始した順を正しく推定できた。