電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-9-20
スマートフォンを用いた行動予測に基づく情報提示
◎山岸琢也・杉本 徹(芝浦工大)
近年、携帯電話やスマートフォンが社会的な基本的ツールとして普及したことで、個人に負担をかけることなく位置情報を取得できるようになり、位置情報を利用したサービス提供が一般的になってきている。本研究では、スマートフォン上でユーザの位置情報を収集し、収集した位置情報をもとにユーザが滞在した場所がどういった種類のものかを分析し、ユーザごとの行動モデルを作成する。この行動モデルを用いてユーザが行くと予想される場所の種類と周辺の施設情報を提示し、新たな気付きを与えることを目的とする。