電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-9-14
監視制御システムにおける過去状況再現機能の提案
○高見 愛・原内 聡(三菱電機)
本発表では、監視制御システムにおける過去状況機能について説明する。近年、記憶装置の大容量化に伴い、過去の監視データを蓄積しておき、運用時に活用することが期待されている。本稿では、大量の監視データから過去に起こった事象を短時間で把握するための過去状況提示手法を提案する。具体的には、ある時間帯における過去データを用いて監視画面を再現するリプレイ機能において、再生速度を自動調節する機能と、画面内の指定した領域に変化があれば再生を停止してユーザに通知する機能を提案する。さらに提案した機能を監視制御システム用のGUIフレームワーク上に実現する方式についても説明する。