電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-9-13
Raspberry Piを用いた遠隔セキュリティ監視システムの開発
○田中 聡(福山大)
空き家などの火災、防犯の監視システムを簡易に実現するためのシステムの開発(ハードウエアおよびソフトウエア開発)を行った。リモートシステムの中心となる部分にはコストの安いRaspberry Piを用いPythonを用いてシステムを開発した。火災、防犯センサーとの接続はより簡便なリモートノードを接続し、希望に応じてサイジングが容易にできる構造とした。
じょうほうを受信するローカルシステムにはWindows PC用のアプリケーションソフトウエア(REMOTES)をC#言語を用いて開発し、リアルタイムに監視できるシステムとした。このシステムは現在、プロトタイプを実験的に運用中である。、