電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-9-6
実データからエージェントの関心をモデル化可能な微視的シミュレーションのためのアルゴリズム
◎浦田一生・呉 祺深・新熊亮一・高橋達郎(京大)
近距離通信やセンサネットワークなどの研究開発,実用化において,特に屋内での人々の微視的な行動を再現するシミレータの必要性が高まっている.実験を実施し人々の行動に関する実データを収集し,シミュレータ内のエージェントに反映させることで微視的な行動を再現することができるが,このアプローチにはいくつかの課題がある.そこで本稿では,これらの課題を解決するため,各エージェントのオブジェクトに対する関心をリストとしてモデル化する手法を提案する.オブジェクトとは店舗では商品,宅内では文具や電化製品などである.提案方式の有効性を,疑似データを用いた評価により示す.